痔になりやすい生活習慣とは?

はじめまして、多趣味のわたしですがその中の1つにエアーガンのコレクションがあります、昨年いろいろ事件があって販売業者や購入者の取締りが始まっているのは知っていたのですが、私もネット購入者で所持していました、お恥ずかしい話しですがいい年で家・妻・子供もいます
、つい先日刑事さんが数名来てその改造ガンを押収され後に又連絡するとの事、心配になりこの後どうなるのですかと聞きますと、笑顔でしたが殺傷能力など調べた後逮捕するといわれました、その後何回か電話でそのエアガンの取り扱い方やガスの注入の仕方などを聞かれもちろん正直に答えました、今後どういう展開になるのでしょうか?書類送検と逮捕の違いについてQAがありましたがそれを参考にさせていただいたのですが、実際逮捕なのか書類送検なのか?逮捕の状況、又書類送検の場合の状況などわかる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。パトカーー手錠ー新聞テレビー家族の事(近所や学校)ー仕事、、、、眠れない毎日です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その後取り調べ等ありましたか、今後所轄からコンタクトがあったとしても


全て正直に答えておけば大変なことにはならないでしょう。

この期にモデルガンは全て処分して、不要な心配のいらない実銃を所持しましょう。
きちんとした手続きを取り、試験を受ければ善良な市民であれば誰でも所持できます。
健康的ですし、狩猟免許も取ればおいしい肉も食べられます。

ちなみにハンドガンは例外を除き全て殺人専用道具です。
殺人道具のおもちゃで遊ぶのは大人でも子どもでもみっともないです。
対応においても所轄警察も猟銃とは当然区別しています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ほんとうにありがとうございました、その後は2度ガスの充填のしかたなど取扱いについての質問はありました、又、こちらから今回のもの以外に(ほぼノーマル)のガンも持っていきましょうか?と申し出たのですがいいよと簡単に言われましたそれ以外は連絡は有りません。無知が災いでした、今後はおっしゃる通り健全な興味に切り替えていきたいと思います。

お礼日時:2006/01/27 10:00

押収は捜索差押許可状によってなされたのかはっきりしませんが,そのように緊迫した文面にはなっていないので,多分任意捜査だったと推測しますが,そうだとすれば逮捕など実際問題としてないでしょう。

逮捕というのは,逃亡・罪証隠滅のおそれ,氏名不詳,住居不定のいずれかに該当し,しかも逮捕の必要性がある場合になされものです。原則的に犯罪捜査の書類は全部検察庁へ送付されます(逮捕の場合に限りません)。が,本件の銃が銃刀法違反に該当しない場合は送検されません。警察限りの微罪処分というのもありますが,本件の場合はそれには該当しないのではないでしょうか。送検された後の処分は検察官が決定します。公訴提起する,略式起訴する(罰金で済む場合),不起訴にするは検察官が諸般の事情を考慮して裁量により決定します。違法な銃だと判明した場合には警察あるいは検察庁から事情聴取で呼び出されるでしょうがこれには素直に応じなければなりません。不出頭を繰り返すと逃亡のおそれありで逮捕されかねませんから。

この回答への補足

ありがとうございます、早朝だったため許可状を見せてもらったかさだかではありませんが、エアーガンはネット上で缶も貫通しますとか、玉は金属球を使ってくださいとか書いてあったと思います、又付属もしていた記憶があります、殺傷能力のテストをした後逮捕ということでした、押収されたとき 銃砲刀剣類所持等取り締まり法違反被疑事件 と書かれた書類を置いていきました(その中には押収品の名前が手書きで書かれていました)このような内容ですが逮捕でなく書類送検でしょうか。よろしくおねがいいたします。

補足日時:2006/01/20 23:26
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろとありがとうございました、大分気持ちが楽になりました、これを気に怪しいものには手を出さない様に心掛けていきます、ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/25 13:01

「刀剣類の所持に関する法律」に関する捜査ですね。



まずエアーガンとエアーソフトガンは異なります。
あなたはエアーソフトガンですね?
エアーガンというのは、動物(人間)などに対して
殺傷能力がある危険なガンです。

殺傷能力とは物理学で計算する、弾のエネルギー値
で判断します。目安として、規定の距離にある
ターゲットの損傷具合で判断できます。

さて、市販されているタイプは殺傷能力がなく、
所持に関する制限は一切ありません(対象年齢
というものが設定されていますが、成人が持つ場合は
無関係です)

気になるのは改造という文字です。
パワーを上げたのですね?
銃身やガス圧などの変更で、法律に触れることに
なります。

悪質で、逃亡の危険があり、身分が不明
というときは逮捕(礼状を裁判所から取得する
普通逮捕)になるでしょう。
しかし、この案件は緊迫したものではないので、
刑事訴訟として告訴する手続き(つまり書類を
検察に送る)の方法をとることが考えられます。

【送検の場合】
まず任意に警察署に同行を求められ、
告訴に必要な証拠と調書を作成し、
書類を送検されます。
その後、告訴が妥当と検察が判断すると
しばらくしてから呼び出しが来ます。
逆に刑事責任が軽微であるという判断で
不起訴になると、そのままなにも起こりません。

【逮捕の場合】
逮捕状を示されて、身柄を拘束されます。
手錠をはめない場合もあります。
48時間を超えない範囲で身柄を
警察署に拘束され、黙秘権の説明のあとに
事情を聴取されます。
このとき被疑者から容疑者となります。
警察は検察に書類を送り、判断をゆだねます。
(警察はアバウトな部分がありますが、
検察では待ったなしで責任追及の本番です)
容疑者は、検察に身柄を引き渡され、刑事訴訟告訴の
後に刑が確定されて、犯罪人となります。
もちろん控訴も可能です。

重大な犯罪でなければ、逮捕後にいったん身柄は
放されると思います。

あなたのケースでは、まず逮捕には至らないと思いますが、再犯の場合や悪質の場合は逮捕に
至ることもあるので、遊びには十分気をつけて
方が良いと思います。

なお、専門家ではないので、一部説明に間違いがある
可能性があります。正確にお調べになりたい
ならば、専門書を頼るか弁護士さんにご相談ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

深夜にもかかわらずお答えしていただいてありがとうございます、大変参考になりました、安易な気持ちで改造したものを購入したことは本当に後悔しています。

お礼日時:2006/01/20 03:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銃刀法違反でいくら位の罰金になるのでしょうか?

友達が、コスプレして模造刀を持って町を歩いていたら、警察官に職質され模造刀を持っていたということで、銃刀法違反として警察署に連れていかれました。
模造刀は亜鉛クロームメッキであり、鑑識に回されたようです。

ちなみに、模造刀は刀用の袋に入れて持って歩いておりました。
銃刀法違反という事でいくら位の罰金になるのでしょうか?
また、罰金の分納は可能でしょうか?

本人は労役に就くのを嫌がっております。
ちなみに、前科はありません。

Aベストアンサー

やりましたね!、
竹で拵えてアルミ箔でも巻いとけば良いものを、
鑑識で殺傷能力有りとなれば立派な銃刀法違反です、
金属なのでそうなるでしょうね、
銃刀法違反は刃渡り6cm以上の物を所持すると問われます、
13歳以上の様ですから「知らなんだ」は通りません、

そうなった場合は恐らくですが、初犯でもあることなので略式起訴、地裁には送られないと思います、簡裁で判決が出ます、罰金の金額は20万円見当、
当日一括納付です、それ以外は有りません、
支払えばそれで釈放です、

出来なければ、刑務所の労役場へ収監されて一日5千円の計算で役務に就労さされます、
本人が望むと望まざるとに関わらず、
収監されるわけですから外部との行き来は当然出来ません、謝絶されます、
当然スマホなんかは持ち込めません、

支払いできなければ、40日程度のお務めを果たして来てください。

Q銃刀法違反で逮捕されました

従兄弟(21歳 男)が家出をし、東京で銃刀法違反で逮捕されてしまいました。
深夜に車で寝ていた所を職務質問されて、カッターナイフか彫刻刀のような物を所持していたため、逮捕されたそうです。

彼は反省しているそうですが、持っていた理由を「珍しい刃物だったため、地元へのお土産にしたい」と警察に話したそうです。その理由をあやふやに思われて、身柄送致後、釈放されずに、勾留されてしまいました。
ちなみに彼は初犯です。

私達は刑事手続き等に詳しくなく、今後家族はどのような行動を取れば良いのか教えて下さい。 
「弁護士を雇う必要性があるのかどうか」
「必要があれば、どのような機関に連絡を取れば良いのか」
「今どのような生活をしているのか」等を教えて頂ければと思います。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

検察庁に送致されたということを前提に回答します。
現在の段階では、検察が起訴するかどうかはわかりません。
起訴猶予になる可能性もあります。
起訴猶予となれば、すぐにでも釈放されますが、起訴されると、約10日間から27日間は、拘留されます。
犯罪性があれば、もっと、長くなるかと思います。
さて、弁護士に依頼するか?弁護士に依頼するに越したことはありませんが、現段階では、裁判になっていませんから、本人への面会、保釈の申請が主な動きになるはずです。本人が犯罪に関与した、または、基礎の可能性が高いとなれば、事前の準備を含め、弁護士への依頼は必要と考えます。
しかし、銃刀法違反、初犯ということであれば、罰金刑で終わるのではないかと考えますが、その際、弁護士への依頼は、費用的にも負担が大きくなり、結果的にあまり効果を生むとは考えずらいものがあります。
弁護士を探す場合は、日本弁護士連盟などにご相談されると紹介をしてもらえると思いますし、相談窓口(有料)もありますので、一度連絡を取られると良いのではと思います。
現在、本人は、当然のごとく、身柄を拘束されていますので、留置場に入っています。
面会はすでにできるはずです。
差し入れも、金属類や機械類、凶器にならないものなら差し入れが可能です。
本人が、お金を持っていれば、出前も取れます。
とりあえず、面会に行かれて、状況を確認されることが良いのではと思いますが。
それから、弁護士のことなどを考えても十分間に合います。

検察庁に送致されたということを前提に回答します。
現在の段階では、検察が起訴するかどうかはわかりません。
起訴猶予になる可能性もあります。
起訴猶予となれば、すぐにでも釈放されますが、起訴されると、約10日間から27日間は、拘留されます。
犯罪性があれば、もっと、長くなるかと思います。
さて、弁護士に依頼するか?弁護士に依頼するに越したことはありませんが、現段階では、裁判になっていませんから、本人への面会、保釈の申請が主な動きになるはずです。本人が犯罪に関与した、または、...続きを読む

Q検察庁からの呼出ということは前科決定ですか?

まだ終了していない事案なので詳述は避けますが、
先日軽犯罪法違反を犯し、書類送検を受けました。
そこから先は、警察でもどうなるか分からない、
連絡が来ないこともある、と聞かされていたのですが、
先日地方検察庁からその事件のことで聴取したいと
呼び出し状が届きました。

これはもう科料刑を受け前科持ちになることは確定なのでしょうか。
あるいは、聴取の内容によっては
起訴猶予、または不起訴となることもあるのでしょうか。
あるとしたらどのくらいの割合でしょうか。

なお、被害者には妻同伴で謝罪を済ませ、
被害弁済については被害が発生していないので不要であると
お言葉を頂戴して参りました。
また、犯行日より反省の日々を過ごしております。
そのことについても聴取で伝えようと思います。

漠然とした内容で申し訳ないのですが、
前科もちになってしまうのか不安でたまりません。
自分が悪いのですが、
どうぞご教示いただけますようお願いいたします。

Aベストアンサー

検察官の判断によって、不起訴とするか起訴するかが決まります。
不起訴や、裁判によって無罪に成れば前科は付きません。
被害者との示談が済んで居れば、不起訴や起訴猶予の可能性は大きくなります。

Q銃刀法違反

 ナイフの不法所持で警察に調書をとられました。検察に書類が送られるらしいです。
 どうなるか教えて下さい。法律の規定などではなく、一般的に初犯の場合どうなるか教えて下さい。起訴猶予または罰金刑などになるでしょうか。また、罰金刑の場合は幾らくらいになるでしょうか。

Aベストアンサー

前提となる具体的な事実関係によって大分変わってきますし,
検察の裁量による面もあるので,一概には言えないでしょう。
起訴猶予か罰金と言っていますが,もちろん,正式裁判になる可能性もあるわけです。

前提として,あなたは,逮捕されなかったわけですね。
ナイフは登山ナイフのような比較的小さいものなのでしょうか。
所持の目的は何でしょうか。など,いろいろな前提条件もあります。

まあ,起訴猶予か罰金の可能性もあるでしょうが,
本当に心配なら,弁護士に5千円払って相談すべき事柄でしょう。

Q書類送検から検察(起訴、起訴猶予)にいたるまでの流れを教えてください。

先日、警察に事情聴取を受けました。(まだ5日くらいです。)内容は、酔っ払って、女性にしつこく声をかけ、またしつこくコンビニまでついて行き、にらみつけていたとの事です。女性のご主人と、コンビニから通報があって連行された模様です。というのも、私はこの時、泥酔状態で内容を全く覚えていなく、取調べも出来ない状態だったので、その夜は警察に留置され、朝目が覚めたら留置所といった具合でした。この後調書を作成しましたが、この現状は私自身も認めて、今は反省と後悔の毎日です。
【質問1】
多分、被害届けは出ていないと思うのですが、通報をしたことで、被害届けとなるのでしょうか?被害届けが出でいるとは言ってなかったように思います。
【質問2】
事情聴取(供述書に氏名捺印)をした以上は、検察に送検されるんですよね?送検されたかどうか調べることは出来るのでしょうか?
【質問3】
送検されたあと、起訴されるか、起訴猶予になるか判断されて、結果の連絡はどのように届くのでしょうか?
起訴猶予の場合は、何の連絡もないのでしょうか?
それとも、どうなったかの連絡がどちらの場合でもあるのでしょうか?
【質問4】
起訴となった場合は、呼び出しがあるのでしょうか?
それとも、どうするかを決めるための呼び出しとかもあるのでしょうか?
【質問5】
都の迷惑条例違反だと警察官は言っていましたが、供述書には罪名みたいなものは何も書いていなかったと思うのですが、どんなものでしょうか?
罰金となった場合は、どのように支払うのでしょうか?
この連絡は、個人に届くもので、会社とかには知られる事はないんでしょうか?
長文の質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒宜しくお願いします。

先日、警察に事情聴取を受けました。(まだ5日くらいです。)内容は、酔っ払って、女性にしつこく声をかけ、またしつこくコンビニまでついて行き、にらみつけていたとの事です。女性のご主人と、コンビニから通報があって連行された模様です。というのも、私はこの時、泥酔状態で内容を全く覚えていなく、取調べも出来ない状態だったので、その夜は警察に留置され、朝目が覚めたら留置所といった具合でした。この後調書を作成しましたが、この現状は私自身も認めて、今は反省と後悔の毎日です。
【質問1】
多分...続きを読む

Aベストアンサー

1)被害届がなくても立件できます。今回は現行犯のはずですから。後から出すことも出来ますし、当日は夜遅かったでしょうから被害女性が帰ったとしても後日提出することもありえますし、あなたが話を聞いていないだけかもしれません。被害届はあなたの供述調書を裏付ける有力な証拠です。捜査が始まって既に立件されている以上、急ぐ必要はありませんから。
2)警察が微罪処分として処理するか、検察に送るかは警察の判断です。送検されたかどうかは警察に聞くしかありません。
3)基本的には封書です。起訴されたら通常裁判になるから国選弁護人をつけますか?という通知と、略式裁判になったので罰金の納付書が送られてくるかどちらかです。起訴猶予の場合も基本的には封書で通知があるはずです。が、それを待つまでもなく、検察の捜査に出頭命令が来て、出頭した際にだいたい検察がどうするつもりか教えてくれるのが通例です。
4)検察が供述を取りたいという場合は出頭命令があるはずです。その日に行けなければ、事実上逮捕という形を取られることもあります。起訴は裁判とは違い、「検察が原告、あなたを被告として刑事事件で裁判所に控訴を提起する」という意味ですので、裁判のようにあなたには発言権はありません。あなたの供述を聞いて、被害者の裏づけと総合判断して検察が決めます。
5)供述書は「あなたが供述した内容を文書化した証拠品」ですから、罪名は書かないでしょう。あなたが「迷惑防止条例違反だ」と判断するわけではないので。検察が、起訴状を作る際にどの刑法や条例を適用するか判断するだけのことですので。

在宅であれば、罰金はたいてい納付書が送られてくるので期日までに支払を済ませればいいです。出来なければ労役しかありません。罰金には分割はありませんから。

個人には届きますが、罰金刑の場合は市役所の犯罪者名簿に5年間記載されます(いわゆる犯罪者カードです)。それは門外不出ですが、報道で知られないということも絶対ではありませんから、就業規則は確認しておくべきかも。
今後も転職する際には履歴書の賞罰欄には必ず記載しなければなりません(判決が確定したら)。記載しなければ経歴詐称になります。

1)被害届がなくても立件できます。今回は現行犯のはずですから。後から出すことも出来ますし、当日は夜遅かったでしょうから被害女性が帰ったとしても後日提出することもありえますし、あなたが話を聞いていないだけかもしれません。被害届はあなたの供述調書を裏付ける有力な証拠です。捜査が始まって既に立件されている以上、急ぐ必要はありませんから。
2)警察が微罪処分として処理するか、検察に送るかは警察の判断です。送検されたかどうかは警察に聞くしかありません。
3)基本的には封書です。起訴され...続きを読む

Q軽犯罪法の任意出頭について

先日友人と新宿を歩いていると、若い制服の警官と背広の警官から職務質問を受けました。素直に応じたほうが面倒にならないだろうと思いました。やましいものは何一つ携帯していない、そんな自負もありました。しかし正確には…私が無知でした。ジーンズに(上着に隠れるように)ぶら下げていたジットクナイフが軽犯罪法にあたるとのことでした。罪の意識はありませんが、無知であったとの認識はあり、この点は後悔しています。

そのやりとりは初めは路上でしたが、すぐ近くの交番に移されました。その後「このあと新宿署に移動して手続きを行う」と言われました。私は用事があり急いでいること、署までの移動は任意なのではないか、この2点を主張するとしぶしぶ了解してくれました。ただ「後日連絡にて指定する日時に署まで来なさい」と言われたので「全て弁護士に相談の上、行動しますので約束はできない」と言って了解して頂き、その場を去りました。なお、こちらは免許証と携帯番号を提示、所持していたナイフは預けました。その際、もうそのナイフは不要なので破棄して欲しいと伝え、破棄の旨の書類を書かされました。

後日、携帯に新宿署からの電話番号で着信がかなりの数ありました。仕事で忙しかったのと、少し様子を伺いたかった為に出ませんでした。また、先日別れる際に「こういった番号から貴方の携帯に電話する」と言われなかったので、その時点では着信番号が警察からだという確証が持てなかったのも事実です。その後、104で調べたのか自宅固定電話にまでも電話がありました。もし家族が出たら余計な心配をしかねません。たまたま在宅だった私が出たのですが、家族のふりをし、本人は不在だと言いました。相手は新宿警察署とは名乗っていましたが、用件に関しては濁していました。ただ、このまま無視し続けるのも心苦しいので、こちらから架電し先日の制服の若い巡査と対話しました。

巡査は「いつごろ署まで来れそうか?」と聞くので私は「いつ、ではなく行くか行かないかを弁護士とともに問うている最中です」と伝えました。こんなやり取りが延々続いたのち、巡査は「また電話します」と言って電話を切りました。

後日、職質時に私服だった警官から電話がありました。こちらは「出頭はあくまでも任意だ」と主張すると、話は相変わらず押し問答でした。その際、相手はかなり高圧的でした。

今の時点では任意なのだから、任意というスタート地点からは私が動かない限り事が進展しないはず。そう思っていたのですが、権力は強いみたいです。

素直な気持ちで書けば「どうなっても構わない…」というところまでの覚悟までは無いので、出頭しようかな…なんて思っています。ただもう少し検討したいので、お考えをお聞かせ頂きたく存じます。勝手ながら宜しくお願い致します。

先日友人と新宿を歩いていると、若い制服の警官と背広の警官から職務質問を受けました。素直に応じたほうが面倒にならないだろうと思いました。やましいものは何一つ携帯していない、そんな自負もありました。しかし正確には…私が無知でした。ジーンズに(上着に隠れるように)ぶら下げていたジットクナイフが軽犯罪法にあたるとのことでした。罪の意識はありませんが、無知であったとの認識はあり、この点は後悔しています。

そのやりとりは初めは路上でしたが、すぐ近くの交番に移されました。その後「このあと...続きを読む

Aベストアンサー

今後の展開については、警察の方針次第でしょう。
検挙数が低く、少しでも検挙件数を上げたいと考えれば、本件のように処理の簡単な事案を事件として立件することになるでしょう。
すなわち出頭拒否を続けていると、逮捕状を用意して強制連行となる可能性があります。
その後は身柄を拘束されての調書作成、その後送検と同時に釈放となり、後日区検察庁から呼び出されて、略式起訴となり軽犯罪法違反による科料を納付すれば全て終わりといった経過を取ると思われます。
しかしながら現段階で弁護士に依頼できれば、警察も軽犯法程度で手間をかけたくないので、お咎め無しで終わる可能性も高いことでしょう。
要は相手署の考え方一つなので、今の段階では何とも言えないことになります。ただ軽犯法とはいえ身柄を拘束されることで、職業によっては解雇等のダメージを負うことも多いので、その意味で注意が必要と思います。
本当に弁護士に依頼する気が無いのであれば、早めに出頭することで、たかだか軽犯法違反と言うこともあり、悪くても調書~書類送検~略式起訴で済み、身柄の拘束の可能性はほとんど無いと思われます。

今後の展開については、警察の方針次第でしょう。
検挙数が低く、少しでも検挙件数を上げたいと考えれば、本件のように処理の簡単な事案を事件として立件することになるでしょう。
すなわち出頭拒否を続けていると、逮捕状を用意して強制連行となる可能性があります。
その後は身柄を拘束されての調書作成、その後送検と同時に釈放となり、後日区検察庁から呼び出されて、略式起訴となり軽犯罪法違反による科料を納付すれば全て終わりといった経過を取ると思われます。
しかしながら現段階で弁護士に依頼でき...続きを読む

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。

Q銃刀法違反での罰金について教えてください

質問は、
父から譲り受けた散弾銃を保持していて、先日警察からの
自宅への立ち入り検査を受け、本来は別々に保管しなければ
ならない銃と弾をたまたま同じロッカーに
いれて忘れていたところを見つかってしまい、
警察の方に書類送検の手続きをとられ、散弾銃と弾を没収されて
しまいました。

簡易裁判だとは思うのですが、仕事が公務員のはしくれということも
あり、罰金や処罰などを考えると、落ち込んでしまいます。
もし法律に詳しい方がいましたら、ぜひどのくらいの刑罰に
なるのか教えていただけると助かります。
ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

十条の四(銃と弾薬の同位置保管の禁止)違反は
20万円以下の罰金です。
刑事罪ですので前科がつきます。

Q供述調書や取り調べなどについて教えて下さい。

供述調書や取り調べなどについて教えて下さい。
あまり詳しくは書けませんが、
先日釣りに行き、川の土手に車を止めてその中に居ました。その後パトカーが巡回して警察官に職務質問をされました。
「危険物などありませんか?」のような事を言われたので正直に車の運転席の近くに置いてあった「釣り用のナイフ」を渡しました。以前にも釣行時に車の中で同じような出来事が何度かありましたがお咎め無しだったからです。
ナイフの他にも釣り道具は車内の後部座席やトランクに常時積んであり、この時も警察官は確認しています。
しかし今回は「釣りで使うナイフです」と主張したにも関わらす警察署に連れて行かれました。

私の主張はことごとく否定され、供述調書をとられました。刑事の取り調べ(?)は3時間くらいだったと思います。
私の主張は受け入れてもらえず、動揺・寝不足・刑事の怒鳴り声(言い過ぎかも知れませんが)・早く帰りたい等の心理が働いて、内容に納得できないながらも調書にサインしてしまいました。
「納得できないならサインはするな」と言う文言を以前に何度もネット上で見ていたにも関わらずです・・・
夜遅くなったためか、もう1つの書類(略歴?)などを作るから後日呼び出しすると言われました。今後どうなるかは検察官が決めるとも言われました。
その後家に返されましたが、身柄引き受け(?)の書類に父がサインしました。

ここで質問なのですが、
1.先の供述調書の変更(修正)はもうできないのでしょうか?
2.後日作成する書類の取調べ時に、言いたくない事を聞かれた時はどの程度のことから言わなくてもいいのでしょうか?
(住所・氏名・年齢・学歴などは言うと思いますが、恋人は居るか?とか、趣味は何だ?とか、など)
3.携帯電話などを見せる義務はあるのでしょうか?
4.私が帰りたいと主張した場合引き止められる権利は無いと聞きますが、黙秘が多いと帰れなくなるような事はあるのでしょうか?
5.厳重注意、不起訴などで済む可能性はどのくらいあるのでしょうか?

以上、乱文長文で申し訳ありませんが、何卒ご教示をお願いします。

供述調書や取り調べなどについて教えて下さい。
あまり詳しくは書けませんが、
先日釣りに行き、川の土手に車を止めてその中に居ました。その後パトカーが巡回して警察官に職務質問をされました。
「危険物などありませんか?」のような事を言われたので正直に車の運転席の近くに置いてあった「釣り用のナイフ」を渡しました。以前にも釣行時に車の中で同じような出来事が何度かありましたがお咎め無しだったからです。
ナイフの他にも釣り道具は車内の後部座席やトランクに常時積んであり、この時も警察官は確認...続きを読む

Aベストアンサー

1.出来ることにはなっています。あいまいな言い方なのは、してもらうためにはかなり根気強く交渉が
必要ということです。なかなか、応じてはもらえません

2.任意にしろ、本当の逮捕にしろ、黙秘権がありますから話す必要はありません

3.ありません。あくまでも任意です。警察の取調べはあなたの協力のもとに行われていることになっているためです。裁判所の命令書等(逮捕状など)がある場合は強制です

4.なかなか帰してはくれないでしょうね。ただし、任意であるわけですから、4~5時間ぐらいが限度かと。

5.持っていたナイフの刃渡りの長さによります。銃刀法 第22条ただし書で、刃体の長さが8センチメートル以下に刃物の携帯が認められるものとして、施行令第9条に

折りたたみ式のナイフであって、刃体の幅が1.5センチメートルを、刃体の厚みが0.25センチメートルをそれぞれ超えず、かつ、開刃した刃体をさやに固定させる装置を有しないもの

と規定されているので、これに該当するならば、注意すらなく、逆に超えるなら、銃刀法違反で逮捕になります。

Q検察に呼ばれたら、検察庁で何するのですか??

(1)検察に呼ばれて検察庁にいったらどんな事するのですか?

(2)その日に不起訴や罰金刑とかある程度の処分は分かるのですか?

(3)略式裁判って裁判所に出頭して行われるのですか?
 普通のテレビでみる裁判と何が違うのですか?


私は器物損壊で現行犯で捕まってます。
一応謝罪と弁償は済んでますが、自分がやった馬鹿さにあきれています。反省もしています。
毎日が不安なのです。

Aベストアンサー

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と違う点は裁判官が書類上で決めてしまう、被告が出頭しない、被告が裁判官と会わないの3点くらいですか。

大体これくらいですね。こういう経験って普通の人はなかなか無いので不安かと思います。実際、当方も少し不安でした。それと経験談からのアドバイスです。おそらくこの程度の事件でしたら起訴猶予(前科がつかない)で済むと思います。器物損壊は軽い罪の方ですし謝罪と弁償が済んでいるのなら大丈夫でしょう。ただ検察官は事件の程度が低いため経験の少ない人に当たる可能性が高いです。(経験を積んだ検察官ってどうしても凶悪犯罪の方に回されますからね)ひたすら反省している態度を見せてその上で下手な事(主に調書の内容と違うことです)は言わないほうがいいです。検察官といっても所詮同じ人間ですから経験が低い人間に当たると進め方がなかなかわからないってことにもなりますからね。(当方の場合経験がない成り立ての検察官で苦労しました)それとあくまで検察官の機嫌が損ねないのがポイントです。検察官の態度次第で机上は不起訴の事件でも平気で起訴にしてきますからね。特に経験が無い検察官はなおさらです。裁判所側だって忙しいのです(ですから裁判員制度の導入が決まったわけですしね)ですがレベルの低い検察官だとそういう事実も無視して平気で起訴にしますからね。国家権力を盾に罵声、暴言、大声はもちろんの事、平気で嘘ついたりしますからね。あくまでキレずに冷静に対処してくださいね。事件の場であったことや調書の内容をそのまま言って反省していれば大丈夫ですから。あまり不安にならずにがんばってくださいね。

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と...続きを読む


人気Q&Aランキング