築十年になる分譲マンションを購入しましたが、天井の凹凸が気になり、リフォームしたいと思っています。(現在の天井は、以下にあるキューブという製品だと思います)
http://users.arcmedia.co.jp/nitb/tenjo/mine/nbka …
DIYについては、全くの素人ですので、皆様のアドバイスを頂きたいのですが、この天井を何とか平らにする良い方法は無いものでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

No.3の方の回答と同じになりますが、ロックウール天井材は、見た目の表面は固そうですが、中はぶかぶかで引き剥がす方向の力には、ほとんど強度が期待できないようです。


その凹凸の表面をどうするかが思いつきませんが、凹んだ部分に軽量のロックウールを埋め込み接着することが可能かどうかですが、表面を平面に仕上げるのは、かなり困難だと思います。出来たとすれば、その上にやはりクロスを貼ればよいわけですが、仕上がりに期待できないと思います。たぶんプロならこんな方法は、避けるでしょう。
毎日眺めるものですから、気分良くするには、同じ天井材で表面の体裁が気に入った物に張り替えるのが、ベストと思います。平面の物もあると思います。
我が家も集合住宅ですが、ロックウールの部屋とクロスの部屋があります。
クロスの部屋は、簡単に張り替えましたが、ロックウールの部屋は、気に入ったロックウール天井材が見つかったら張り替えようと考えていましたが、前回述べました理由で、現在は見合わせております。
ちなみに照明器具は、天井材と無関係に強度を持たせた取り付けになっていると思います。
なお参考に述べますが、我が家の経験では、天井がロックウールでなく、クロス直貼りの部屋は、若干反響があるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のような素人の戯言にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。大変勉強になりました。また何かありましたら、皆様の豊富な知識によるアドバイスをお願いするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/28 09:56

目地をシーラーと呼ばれる軽量のパテで埋めた上で、壁紙素材のような薄くて軽い素材を張り合わせることは可能だと思います(目地に重量をかけられないので凹凸の残存は了解済みの上で…)。

しかし、漆喰や珪藻土のような重量素材は下地の強度が足らないために落下や破損の危険が付きまとうと思います。昨日、家にあった建材のカタログを見たのですが、ロックウールの天井材というのは、みためが違いますが、音楽室の天井材として使われているのと同じタイプのもので、天井部材の支えとともに強度については自重でいっぱいいっぱいの可能性があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のような素人の戯言にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。大変勉強になりました。また何かありましたら、皆様の豊富な知識によるアドバイスをお願いするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/28 09:56

この内容からしますと厚さが十数ミリのボード状の材料を、工法が捨て張りとなっていますので、天井がモルタルの平面であれば、接着剤で張ってあると思います。


程度は不明ですが、防音・反響防止・断熱の効果が持たせてあると思います。
従って、同様の材質の表面が平面のものを求めて、前の物を剥がして張り替えることになると思います。
注意点としては、まず、リホームに関しての共同住宅の管理規定があると思いますのでそれをチェックすること。
廃材の処分の方法を、調べておくこと。基本的に産業廃棄物になります。
壁と違って、長時間の天井を見ている作業は、訓練されていない人には、頸部に負担が掛かり故障が出る危険が有るそうです。特に体を後ろに反らせるのが不足すると首に来るそうです。
私も、それを知ってフローリングや壁はやりますが、天井は、見合わせています。まあ、わたしは、結構年配なので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、まことにありがとうございます。
また、専門的な知識、アドバイスをいただきまして、大変参考になりました。

恥を承知でお尋ねさせていただきたいのですが、既存の天井材に何かを張り合わせるということは、見栄えは抜きにして、安全上問題はありますでしょうか?または、漆喰や珪藻土などを厚塗りすることなどは可能でしょうか?

当方素人であり、突拍子もない考えなのかもしれませんが、できましたら、ご助言いただければ幸甚でございます。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/27 09:17

この商品のことを深く知らないのですが、ロックウールと書いてあることからすると、いわゆる遮音効果ももったタイプの部材だと思います。

こうした機能性素材を変える場合は隣接住居に与える影響が無視できない(床材でないので目くじらを立てないほうがいいのかもしれませんが、基本はリホームで基本性能を低くしてはいけないはず。)ため、リホームされる場合は同等の製品か、総合して同等の状況にしなければならない義務があります。

壁の場合ですと、表面の仕上げ部分、つまり壁紙の部分だけが個人の自由で変更できるところ(あとは回りこなど)です。天井が壁紙素材であればDIYで可能なんですが、素材そのものを変える場合は強度と施行条件をを考え(中には照明器具の重量を考えないといけない)なければならないため、総合的に判断するとDIYには向きません。業者を入れるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、まことにありがとうございます。
また、専門的な知識、アドバイスをいただきまして、大変参考になりました。

恥を承知でお尋ねさせていただきたいのですが、既存の天井材に何かを張り合わせるということは、見栄えは抜きにして、安全上問題はありますでしょうか?または、漆喰や珪藻土などを厚塗りすることなどは可能でしょうか?

当方素人であり、突拍子もない考えなのかもしれませんが、できましたら、ご助言いただければ幸甚でございます。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/27 09:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ