非常に難しい事だと思いますが、高速道路などで走る車にCCDカメラを搭載して、前の車との車間距離の計測をやりたいと思っています。

利用する機材は、パソコンとパソコン用のカメラです。
プログラムのほうは、Video for Windows です。
(この質問では、「できる」という前提で結構です)

今回は、
「周囲の景色や明るさが変るので、どうやって車とその他のものを識別できるくらいの映像をCCDカメラに捕捉するか」
という点に絞って、質問させていただきたいと思います。

識者の方、教えていただけませんでしょうか?

質問の情報不足は、補足しますので、具体的に要求して下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

CCDカメラで車間を計るとなるとカメラの視野角を利用して先行車の幅などが何ピクセルに相当するかから割り出す(この方法は先行車両の大きさが様々な為誤差が大きい)か、二つのカメラで先行車両の特定の一点を選択し各カメラの軸線から何度ずれた位置に特定の一点があるかを割り出し三角測量の要領で距離を割り出すかということになるでしょう。



前者の方法は比較的簡便で、車両の中心のずれなども検出できますが、誤差がどの程度になるかが問題でしょう。後者の方法はかなり高精度の計測ができる利点はありますが、システム全体としてはかなり複雑なものにならざるを得ないでしょう。

いずれの方法でも走行中の車両とそれ以外のものを識別するにはこちらの車両の挙動をGセンサーやジャイロや速度などで把握し、その情報で撮影された画像を補正しその中からこちらの挙動と不一致となる部分である範囲(地上高など)にある部分を抽出するということになるでしょうから、これだけでもかなり複雑ですね。

単に車間距離や相対速度のみを測定するのあれば、レーザーや電波を利用した測距システムがありそちらを利用した方が遥かにローコストですむような気がします。送受信のトランスデューサー部分を複数設け、定期的に切り替えながら計測すればかなり広範囲に測定することもできるかもしれません。

この分野は専門外ですので、実際には多くの問題があるのかも知れません。参考意見として聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門外といいながらも、いろんな角度からのご意見をありがとうございます。

レーザー、電波利用のものに比べ、低価格化が顕著なCCDカメラを使えないか(ボチボチ使えるんじゃない?)というのが、話しの発端です。
が、おっしゃるようにシステム全体の複雑さは出てしまうようですね。

特に
>こちらの車両の挙動を・・・把握し・・・
という点は、机上検討の段階で、たいへん参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 09:12

CCDを使うとなると話は簡単ではありませんね。


だから普通は他の距離センサーを利用します(セルシオに搭載されているのもそうですね)

CCDを利用した三次元計測により無人で車をうごかすなどの研究が行われていますので、参考になるでしょう。
下記URLをご参照下さい。
私が知ったのはかなり前になりますが、当時そのシステムでゆっくりではありますが、大学構内を自立走行する車をカーネギーメロン大学で試作されたことがあります。

参考URL:http://www-2.cs.cmu.edu/afs/cs/project/cil/ftp/h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>普通は他の距離センサーを利用します(セルシオに搭載されているのもそうですね)

不勉強で、知りませんでした。
今からセルシオを調べてみます。

>大学構内を自立走行する車をカーネギーメロン大学で試作されたことがあります。
自律走行ですか・・・
かなり環境を限定しているように思います。
ドイツの国防大学(?)では、アウトバーンを90km/hで走らせたそうですが、アウトバーンって、ガラガラで、滑走路向けでほとんど直線ですもんね。

貴重な情報をありがとうございました。

お礼日時:2001/12/27 23:31

私も、専門では無いのでアイディアのみです...。



先ず考えられる方法は、2CCDによる、計測で距離は出せると思います。

後は放射温度計の要領で「温度」の差を捕らえれば、車両か否かの検出がある程度は可能では無いでしょうか?

余り、役には立たない意見ですいません...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>放射温度計の要領で「温度」の差
 追尾ミサイルですね。

絶対CCDカメラでなくてはならないというほどのこだわりはないです。

また、視点を変えたご意見は、大歓迎です。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/27 23:24

高速道路ということなら、ほとんどの場合、動いているのが背景で、動かないのが車ですね。

僅かな時間差で何枚か写真を撮って、相関を見れば、車が抽出できると思います。
ナンバープレートを識別するのは結構難しい問題です。トラックなんぞ、どこについているのか見つけるのが大変でしょうし、白い車だと白いプレートは判別困難。
むしろ、2台のカメラを1m程度離して設置し、三角測量の要領で距離を測るほうが旨く行きそうに思います。これも、抽出した車の像同士の相互相関を見れば分かる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>僅かな時間差で何枚か写真を撮って、相関を見れば、
 おっしゃるように前のフレーム、あるいはそれ以上前の画像からの流れで、認識するのはかなり希望が持てそうですね。

ただ、急激な変化(トンネルを抜けるとか、ブレーキランプ点灯)の際にどうなるか、が心配です。
(やってみればいいのですが、その前に机上で方法の可能性を検討したいので・・・(^^;)

>三角測量の要領で距離を測るほうが
 なるほど、車の像の相互相関ですか、
動かない部分を車の像のエリアであるとして・・・
(あ、前車が急ブレーキの際に、少々心配ですが・・・)

お知恵をいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/12/27 23:21

車自体の大きさは、車の車種や装備によって大きさが変わると思うので、素人考えでは唯一、ナンバープレートが大きさから距離を割り出すのに適しているのではないかと思います。

そして、ナンバープレートの認識自体はNシステムで実用化されているので、識者の方が示してくださるだろうと思います。認識さえ出来れば、後は距離ごとの大きさの関数を立ち上げるだけですが、ある程度の距離からは、カメラの解像度の関係でこの方法では出来ないような気がいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

松下のNシステムは、距離を限定して(撮像されるプレートの絵のサイズを限定して)読み取っているようです。

>認識さえ出来れば
 おっしゃるように、前の車を認識(検知?)するところが、第1の難関です。

また、検知したあとも、距離測定の精度を考えると、

数10m離れて30cm程度のプレートを距離認識に使うためには、かなり高解像のカメラが必要になりそうです。

ただ、目的からして遠方になるほど精度は必要ないのが、救いなんですが・・

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/27 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCCDカメラ vs. CMOSカメラ

1.優れている点
2.劣る点
知っている方、教えて下さい。
 本、HPを知っている方もお願いします。

Aベストアンサー

まず、CCDというのは、
Charge Coupled Deviceのことで、平たく言うと光信号の電荷をバケツリレー式に転送する方式をさします。これに対してMOS(CMOS,NMOSなど)はトランジスタの構造から来る名前です。つまり、CCDであってもMOSなのです。

ですから、CCDと呼ばずにCMOSとかNMOSと呼ぶ場合は、要するにデータの転送方式がCCD方式でないという意味に過ぎません。

なので、実は感度云々の話ではどちらが優位ということはありません。ただ極めて微小な光を捉える場合はCCD特有のノイズ(転送時に発生する)を嫌いCCD方式ではないものを使う場合があります。

しいて言うとCCD方式をとることで非常に高速に動作させることができる、同じデバイスサイズで多くの画素を詰め込めるという特徴が出てきます。
(CCD方式以外で画素データを読み出す場合は画素周りの構造が複雑になります)

QCCDカメラを取り付けた分光器の分解能

 天体を分光観測をするときに、望遠鏡に分光器を取り付けて観測しようと思っています。このときCCDカメラを取り付ける手法がほとんどだと思うのですが、CCDカメラの分解能の計算はどのように行うと良いのでしょうか。 観測する波長領域は何からわかるのでしょうか。以上お答えいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

残念ながら適当な分光学の歴史の本は心当たりがありませんが、
http://galaxy.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/cd-rom/top.htm
(「可視光編」の中にあります)
に簡単な歴史が書かれています。

こちらのサイトは日本分光学会です。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/spsj/index.html

英語で良ければ、
http://www.thespectroscopynet.com/educational/History.htm
がもう少し詳しいです。

何にしてもそれまでの基礎的な話はともかくとして光がいくつもの波長で構成されていて分離できると言うことはニュートンによるプリズム分光が出発点で発展しましたので1600年代以降ですから割と最近の話ですね。

QCCDカメラのレンズと画角について

CCDカメラのレンズと画角について
CCDカメラにレンズ(長?)3mm等々の記載がありますが確か画角に関連があったと思います。
この場合の長さはどこの長さになるのでしょうか?又長いほど画角は狭くなるのでしょうか?またそのときの計算方法などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

カメラに使われているCCDの大きさもいろいろなのですが、一例として1/3インチで考えて見ます。
このサイズのCCDの大きさは縦3.6mm横4.8mmです。35ミリフィルムと比べてみると
4.8/35=0.14
つまり0.14倍の大きさ(小ささ?)になるわけです。

35ミリフィルムに焦点距離50ミリのレンズを用いた時と同等の画角にするためには50x0.14、つまり約7ミリの焦点距離のレンズをもってくると同等ということになります。
3ミリですと半分以下になりますから35ミリ換算で20ミリちょっとのレンズを用いたような感じになるでしょうか。

もしCCDが1/2インチですと横は6.4mmです。
同様に計算すると
6.4/35=0.18
3ミリのレンズは35ミリ換算で17ミリくらいということになりますね。

※細かな数値については誤差もあることでしょうから目安としてください。CCDの大きさと画角の関係はわかると思います。

Q写真に写っている明るさと実際の明るさ

卒業論文の実験で、
部屋と部屋の明暗さでドア(半開き)の見え方がどの程度変わるかという実験を行う予定なのですが、(被験者は弱視の方です)
実際に部屋を用意して実験を行うのが困難なので、
明暗の違う写真を提示して行おうと考えていました。

しかし、写真でみる明るさは、あくまでも平面から得た色彩情報であって、実際に明るさを認識するのというのは光を感じているため、写真を提示しても、実際に明るさを認識しているのとは違うのでは、ということを思ったのですが、どうなのでしょうか?

もし、この考えていた実験方法がダメなら、どのような方法が考えられるか、よろしければアドバイスいただけないでしょうか?

わかりにくい文章で申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>見た人の脳が認識する写真の明るさと、実物の明るさは同じなのか
>ということをお聞きしたかったのです。

>写真に写っている色としての明るさの視覚情報の認識と、
>実空間での明るさという光の量の視覚情報の認識とは同じことなのかということです。


同じとはなりません。他の方の回答も参考にしてください。



>>僕なら蛍光灯に半透明のフィルターをかまして暗くするとか考えますが。
>
>この方法をとると、どうなるのでしょうか。
>よくわからないので、よろしければ説明をいただけないでしょうか?


ただの思い付きですが、同じ部屋で半透明フィルターをつけた状態(部屋が暗い状態)
とフィルターがない状態(部屋が明るい状態)の二つの状態を用意して、実験を
行なうということです。


部屋の明暗さでドアの見え方を見る場合、「部屋」と「明るさ」の二つを変えると
結果がどちらによるものかわからなくなります。上記の方法では「部屋」は
変えないで、「明るさ」のみを変えるという方法です。



フィルターなど使用の場合は、火事にならないようには気をつけてください。

>見た人の脳が認識する写真の明るさと、実物の明るさは同じなのか
>ということをお聞きしたかったのです。

>写真に写っている色としての明るさの視覚情報の認識と、
>実空間での明るさという光の量の視覚情報の認識とは同じことなのかということです。


同じとはなりません。他の方の回答も参考にしてください。



>>僕なら蛍光灯に半透明のフィルターをかまして暗くするとか考えますが。
>
>この方法をとると、どうなるのでしょうか。
>よくわからないので、よろしければ説明をいただけないで...続きを読む

Q冷却CCDカメラのオフセットって?

冷却CCDカメラのオフセットって何ですか?また、何のためにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「オフセット」はいろいろな場面で使われる用語ですが、一般的な意味は辞書で確認してください。簡単に言うと、ある基準点を定めて、その差分をとる場合の基準点のことです。

冷却CCDの場合、CCDから出力される信号の強度に対してある基準値を定めて、それ以下の信号は無いもの、つまり0とし、それを越えた信号だけを有効として、基準値との差分を強度の値とするとしたとき、その基準値がオフセットです。

たとえば、出力される信号の強度が0から100まであるとしましょう。オフセットを10とすると、10以下信号は0、信号が20だとたら値は10、
50だとしたら40という具合です。

なんのために、こういうことをするかというと、信号にはノイズがつきものなのでノイズをカットするためです。ノイズのレベルが多くても10だとすれば、オフセットを10にしておけば、ノイズを除いて真の信号だけを相手にすることができます。

冷却CCDの場合、ノイズとはどういうものかというと、例えば暗電流で、これは光が当たっていないのに信号が発せられる現象です(これを極力抑えるために冷却するわけですが)。

私は、特異的核酸を相補鎖の核酸プローブで検出するとか、特異的タンパク質を特異的抗体で検出するとかの目的で冷却CCDをよく使います。
ところが、プローブや抗体は特異的な標的に強く結合するだけでなく、試料全体にごく微量に吸着するので、バックグランドを生じます。バックグランドから信号をカットし特異的信号だけをみるためにも、オフセットを利用します。

「オフセット」はいろいろな場面で使われる用語ですが、一般的な意味は辞書で確認してください。簡単に言うと、ある基準点を定めて、その差分をとる場合の基準点のことです。

冷却CCDの場合、CCDから出力される信号の強度に対してある基準値を定めて、それ以下の信号は無いもの、つまり0とし、それを越えた信号だけを有効として、基準値との差分を強度の値とするとしたとき、その基準値がオフセットです。

たとえば、出力される信号の強度が0から100まであるとしましょう。オフセットを10とすると、10以下信...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報