医学療法士というのはどういう仕事をするのですか?


医学療法士についていろいろ知りたいので詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

○全国の医療団体の検索


http://medwave.nikkeibp.co.jp/findx/dantai_lnk.h …
→医学療法士のキーでは出ません。

○各種資格一覧
http://job.gakusei.go.jp/C/C2000300.asp
→コレだけではないけれど、例です。医学療法士はありません。

○厚生労働省公式HP
http://www.mhlw.go.jp/search/index.html
→ここの検索で『医学療法士』と入れても引っかかりません。「他の資格名」と「資格」を入れますと試験方法などの検索結果があります。

う~ん、少なくとも国家資格・公的な資格では存在しないでしょう。あるといわれると…辛いかな。
医学療法士としてヤフーに入れると引っかかります。でもなんだか理学療法士の誤字のようなんだな(書き換えれば意味が通じますし)…また『医学療法士とは』っていれると何も引っかからないから…HPがあればさすがに資格の説明をすると思うんだけどなあ。
    • good
    • 0

多分、医学療法士という職業はありますよ!間違えて無いと思いますが・・・ 私も以前知人の医者に薦められた


覚えがあります。記憶が薄れていますが、確か字の通り医学療法を全国の病院へ講習しに行ったりするとかって聞きたような気がします。
3年制だったかな?専門学校もあるって言われましたよ。
    • good
    • 0

おそらく理学療法士の誤りであると思います。



理学療法士の役割については参考URLの過去の質問にありますので参考にされてください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=180778
    • good
    • 1

 理学療法士かと思いますが、下記URLを参照してください。



参考URL:http://www.fitweb.or.jp/t-fukusi/job2c.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医学系翻訳家になりたいのですが

新しく、医学系の翻訳の仕事をしたいと思っています。地方在住なので自宅でフリーランスの仕事ができればと思っています。

これまで翻訳経験はありませんが、大学院や製薬企業で研究してきたこともあり、医学系の知識には比較的自信があります。英語力、日本語力も留学こそしたことがありませんが、論文を投稿したり海外学会で発表したり外国の研究員とコミュニケーションとることも可能なので、そちらも何とかなると思っています。

がしかし、実際検索してみると
未経験者を採用してくれる会社がなかなかありません。大概、募集要項の所に要経験とあります。
未経験者OKという会社には大体翻訳の勉強をする
学校や通信添削教材といった教育機関が付属しており、未経験者はまず勉強させて、それから自社に登録させる、といった採用方法しかしない方向に見えます。

やはり未経験者は教材や授業に投資して登録してもらうところから始めないと道が開けないんでしょうか??

Aベストアンサー

もちろん翻訳会社さんにはチェッカーの方がいらっしゃいますが、
現状、チェッカーの方の手を介してでさえ、お客様からの品質評価が常に高いとされる翻訳会社は少数といえる状況が続いています。
つまり翻訳会社さんにとっては、「高いアウトプットを出してくださる翻訳者が全て」といった状況であり、それがゆえ、経験者を重視する傾向がある、とお考えになられるのがよいかと思います。
(例えばこちらの翻訳会社が謳っているように”正確かつ自然”というところが、品質をはかるバロメーターになります http://www.iris-research.co.jp/006.html)


もしsakurarararaさんがご自信があれば、医薬翻訳を手がけていらっしゃる会社(できれば小さいところ)に、直接売り込みをされては如何でしょうか? 
もしそこが採用に前向きであれば、何らかの形でsakurarararaさんの実力を測ってくださることと思います。もしそこで高い実力があると認められれば、晴れてお仕事ができることになると思いますよ。
(大きいところですと、採用まで何かと形式的なステップが多いと思いますので、その意味で、実力を見てもらいやすい小さいところへの売り込みがベターと思います)


また、大学院/製薬企業のツテから、翻訳会社を探すことは出来ませんか?
そういった形であれば、紹介してくださる方が、sakurarararaさんの実力をendorsementしてくださるので、お仕事への道も近いと思います。


以上徒然ですが、もしご参考いただける部分ありますと幸いです。。。

もちろん翻訳会社さんにはチェッカーの方がいらっしゃいますが、
現状、チェッカーの方の手を介してでさえ、お客様からの品質評価が常に高いとされる翻訳会社は少数といえる状況が続いています。
つまり翻訳会社さんにとっては、「高いアウトプットを出してくださる翻訳者が全て」といった状況であり、それがゆえ、経験者を重視する傾向がある、とお考えになられるのがよいかと思います。
(例えばこちらの翻訳会社が謳っているように”正確かつ自然”というところが、品質をはかるバロメーターになります http:...続きを読む

QPT(理学療法士)OT(作業療法士)ST(言語聴覚士)の重なり合う領域(仕事)はどんなものでしょうか。

PT・OT・STそれぞれの「専門領域」と「重なり合う領域」について調べているのですが、専門領域については、文献を調べればわかったのですが重なり合う領域については、患者さんへの精神的ケアや家族への助言といったものしか分かりませんでした。具体的にどのような部分で(リハビリをする時等)重なる仕事があるのでしょうか?医療の現場で働く方、是非お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

病院で勤務している作業療法士です。

領域毎の違いもあると思うので、一概には言えないですが・・・

リハビリは患者様の退院後の生活を想定して行っていきます。
それはPT、OT、STともに変わりません。
うまく歩けない患者さまがいた場合、
PTは下肢の筋力訓練や歩行の練習、
OTは立ちながら行う家事やお風呂の立ちまたぎの練習といったように
情報交換しながらそれぞれの視点から訓練を進めていきます。

また、食事ができない患者様がいるのなら、
嚥下機能をSTがみて、食べる姿勢や箸・スプーンの操作をOTがみて・・・というように、情報交換しながら訓練をすすめていきます。

患者様の状態によってはPT、OT、STが協力しながら訓練すすめていきます。

PTだからADLはわからなくていいということはないし、
OTでも筋トレやROMなど機能訓練を中心にすすめることもあります。

それぞれの職種で全然違う訓練をすることもあれば、似たような訓練をすることもあります。
教科書的には、それぞれの領域があるとは思いますが
実際の現場では、おおよその区分はあるものの入り混じってると思った方がよいと思います。
お互いにお互いの職種を理解した上で、しっかりと目的を持って行うことであれば、特に決まりはありません。

質問の意図とは違うかもしれませんが、なんとなくご理解いただければと思います。

ご参考までに。

病院で勤務している作業療法士です。

領域毎の違いもあると思うので、一概には言えないですが・・・

リハビリは患者様の退院後の生活を想定して行っていきます。
それはPT、OT、STともに変わりません。
うまく歩けない患者さまがいた場合、
PTは下肢の筋力訓練や歩行の練習、
OTは立ちながら行う家事やお風呂の立ちまたぎの練習といったように
情報交換しながらそれぞれの視点から訓練を進めていきます。

また、食事ができない患者様がいるのなら、
嚥下機能をSTがみて、食べる姿勢や箸・スプーン...続きを読む

Q医学翻訳目指してます 電子辞書 英語モデルVS医学モデル

こんにちは。

医学翻訳者を目指しています。
現在の状況として、TOEIC920 英検準1級
通信教育と医学英語のクラスを受講予定
医学関係の仕事の経験はなし です

これまで使ってきた電子辞書は、英英、英和、和英とシンプルなもので、さすがに頼りなく、新規購入に当たり、
英語モデルがよいのか、医学モデルがいいのかで迷っています。
(どちらも専門向け最上位機種で考えています)

自分は医学のバックグラウンドがないこともあり、
医学モデルの方がよいのではないかと思うのですが、
医学モデルにすると、英語の辞書はとても足りないのでしょうか。
英語モデルの方がずっと安いのでそれも迷っています。
実務翻訳を目指すにあたり、ジャンルは最初から医学と決めていました。

そもそも英語が翻訳者としてまだまだな時点で
迷っている問題なのかどうかも疑問ですが、
どうぞご指導おねがいします!!

Aベストアンサー

こんにちは、No2です。 お礼ありがとうございます。

<単語数たりないんですね。
やっぱり英語モデルに傾いてきました
お聞きしてよかったです。
もしよかったら、
お使いの電子辞書の型番をお教えくださいませんか?>

どうしてもと言うならば、、、、

電子辞書(英和)は、ジーニ○ス英和が丸ごと入っているもの、
医学英和辞典は、研○社の物を持っています。(←営業妨害にはならないと思いますが、伏字にしておきました。)

しかし、悪いのはその辞書に限ったものではありません。

英語でかかれたmedical dictionaryという物でもサイズは電話帳ほどの大きさがあっても、やっぱり『載っていない単語が多い』ですよ。(他の方へのお礼から海外にいるとの事ですが、お近くの大学図書館に入ってみて実際に見てみればよくわかると思いますが、 やはり英語のMedical dictionaryも、医学英和辞典も専門書を理解するために使うには無理があると思います。)

おそらく用語によっては、『1~2ページくらい説明が必要』なものがあるから、そんなものは辞書に載せないのではないないと思います。(1年生の時は始めのテストの問題に○○という専門用語の意味を説明しろという問題もありました。)

ところで、私はNo3様の見事なアドバイスに大賛成です。

<辞書よりも、まず、医学関連の教科書などを読んで基礎知識を身につけた方がいいと思います。>

教科書関係の本は、難しい文法が一切使われていません。
『超簡単に読めます。』

私は有名な教科書では日本語訳が出ていることを全く知らなかったのですが、そういうものが有るならば、双方を読み比べれば辞書に載っていない専門用語も、その意味も、日本語訳も、理解できますね。

質問者様ほどの、強い意志があれば何でもできてしまうと思います。

では、医学翻訳を目指してがんばってください。^^

こんにちは、No2です。 お礼ありがとうございます。

<単語数たりないんですね。
やっぱり英語モデルに傾いてきました
お聞きしてよかったです。
もしよかったら、
お使いの電子辞書の型番をお教えくださいませんか?>

どうしてもと言うならば、、、、

電子辞書(英和)は、ジーニ○ス英和が丸ごと入っているもの、
医学英和辞典は、研○社の物を持っています。(←営業妨害にはならないと思いますが、伏字にしておきました。)

しかし、悪いのはその辞書に限ったものではありません。

英語で...続きを読む

Qなぜ作業療法士ではなく理学療法士になりたいかの理由

自分は今年理学療法士の専門学校を受ける者です。

小さい時に体の歪みを治す整体院へ行っていて、そこではアトピーも治せるみたいなことも言っていて、1年くらいでアトピーは凄く綺麗になりました。しかし理学療法士と関連がある理由かと考えると、そうではないような気がしています。

面接で理学療法士を目指す理由として、上記のことを言うのはどうでしょうか?また説明会に行った際に、なぜ作業療法士ではなく理学療法士なのかを聞かれるらしいので、それについてもどう答えたらいいのか迷っているので、どなたかアドバイスください。

個人的に理学療法士を選んだのは、直接患者さんの体に触れているリハビリ時間が長いから、作業療法士のように物を扱うことが多いリハビリよりも、患者さんと密接に関われるためにやりがいを感じれるのではないかという理由です。

これらについて、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>面接で理学療法士を目指す理由として、上記のことを言うのはどうでしょうか?

プラスには絶対にならないと思います。私が面接官ならむしろマイナス的な評価をします。だって整体師とPTって別物ですもん。整体師は無資格者ですからなおさらです。面接官としては 「整体師と同じするな」 とか 「この人は整体師とPTの区別もつかないのか」 と思うでしょうね。


>なぜ作業療法士ではなく理学療法士なのかを聞かれるらしいので、それについてもどう答えたらいいのか迷っているので、どなたかアドバイスください。

それって誰かにアドバイスを受けることですか?これはあなた自身の動機ですよ。そんな根本的な理由すらないのなら、この先厳しい競争社会に勝ち残っていけますかね?PTは数年後過剰状態になるといわれています。進路も含めて考え直してはいかがですか?


>個人的に理学療法士を選んだのは、直接患者さんの体に触れているリハビリ時間が長いから、作業療法士のように物を扱うことが多いリハビリよりも、患者さんと密接に関われるためにやりがいを感じれるのではないかという理由です。

ん~。患者さんの肌に触れていたいのですか?患者さんを治すこと、笑顔でありがとうという言葉を聞きたいのが大前提ではないのですか?貴方が触れていたくても、出来るだけ触れられたくないと思う方もいますよ。

PT、OTの違いは置いておくとして、ではなぜあんまマッサージ指圧師、鍼灸師ではないのですか?肌に触れていたい前提で言えば、マッサージ師のほうが長いです。病院での勤務もあります。


やはり 「なぜPT」 かってのが弱いです。これは貴方の問題です。他人がアドバイスして「あーそうか」 という心構えでは、志の高い立派なPTには絶対になれません。その前に続くかどうか・・・


厳しいことを書いたかもしれませんが、貴方の将来に関わることなで自分で悩んだ方がいいと思います。

>面接で理学療法士を目指す理由として、上記のことを言うのはどうでしょうか?

プラスには絶対にならないと思います。私が面接官ならむしろマイナス的な評価をします。だって整体師とPTって別物ですもん。整体師は無資格者ですからなおさらです。面接官としては 「整体師と同じするな」 とか 「この人は整体師とPTの区別もつかないのか」 と思うでしょうね。


>なぜ作業療法士ではなく理学療法士なのかを聞かれるらしいので、それについてもどう答えたらいいのか迷っているので、どなたかアドバイスくださ...続きを読む

Q医学日英翻訳会社

医学に関する日英(日本語→英語)翻訳会社を探しています.
ネットで見つけた翻訳会社に依頼してみたのですが,正直満足するものではありませんでした.
英文の校正と違い,日英翻訳が難しいのはわかっているつもりなのですが,よりよい翻訳会社をご存じな方,教えてください.

Aベストアンサー

#1です。補足していただきありがとうございます。(お返事遅れてすみません~)

料金に関して言えば、平均か安めでしょうか。
それにしても、「分野特有の単語訳」もきちんとしていないようでは、医学を知らない翻訳者が訳しているとしか思えません。翻訳者の側から言わせていただければ、分野特有の単語が決まっている場合は事前に資料として提出していただければありがたいのですけれど、たとえ質問者様の研究分野についてまったく知らなかったとしても、仕事として受けたからにはその分野特有の単語はもちろんのこと日英両方の言い回しまで調べてから訳文を作るのがプロの翻訳者です(その分野の専門家が読んでおかしくない文章を作るのがプロです)。その意味では、よい翻訳者に巡り会えたとはとても言えない状況だったのですね。(同業者として私も肝に銘じなければ。。。)

ただ、アブストラクトの翻訳というのはプロの翻訳者にとっても、字数の割に苦労するタイプの文書です。その理由としては、(1)アブストラクトは長い論文のエッセンスだけを抜き出した部分であり、情報の不足が往々にしてみられること。(2)特に日英の場合ですが、もともとの和文抄録のまとめ方が論理性を欠いておりそのまま英語に訳すと不自然になる。などがあります(ごめんなさい、質問者様がそうであるという意味ではないです)。ですので、できればアブストラクトだけを翻訳して欲しい場合も、論文全体を翻訳者に見せていただいた方が、より正確な翻訳ができることになります(なかなかそこまでやって下さる依頼者は少ないようですが)。

それらを踏まえた上で、翻訳会社に依頼なさる場合は「少々値段が高くなっても品質のいい翻訳をしてもらいたい」旨を告げて、経験豊富な翻訳者に回してもらえるよう依頼すると良いと思います。結局そのほうが、泣く泣く再度ほかの翻訳会社に頼み直すよりも安く上がることになるのです。良心的な翻訳会社でしたら、満足のいかない翻訳文が仕上がってきた場合には依頼者側がフィードバックを入れるなどしてやり直してもらうことも可能です。いい翻訳会社が見つかりましたら、フィードバックを入れていただくことで翻訳者側にもノウハウが蓄積され、よりよい関係を築いていけるものと思います。

最後に、今後のためにおすすめできる翻訳会社を挙げておきます。

アスカコーポレーション
http://www.asca-co.com/index.shtml

メディア総合研究所
http://www.media-int.net/index.html

#1です。補足していただきありがとうございます。(お返事遅れてすみません~)

料金に関して言えば、平均か安めでしょうか。
それにしても、「分野特有の単語訳」もきちんとしていないようでは、医学を知らない翻訳者が訳しているとしか思えません。翻訳者の側から言わせていただければ、分野特有の単語が決まっている場合は事前に資料として提出していただければありがたいのですけれど、たとえ質問者様の研究分野についてまったく知らなかったとしても、仕事として受けたからにはその分野特有の単語はも...続きを読む

Q理学療法士>作業療法士??

受験を控えている者ですが・・。
倍率等PTの方が人気が高いようです。どうしてでしょう?同じリハビリの専門職なのに・・。
職場の待遇面では同じ位と聞いていますが、まさか作業療法士の仕事は理学療法士でもできるとか?
逆は無理とか?
PT>OTと思われてるのですか?
理学療法士の方と作業療法士の方の意見が聞きたいです!!

Aベストアンサー

 No.1の者です.三たび登場です(すみませんこれで最後にします).
 私は、20年ほど医療業界に身を置く者です.職種は・・・勘弁して下さい.といっても人に言えないような職業ではありませんし、この仕事には誇りを持っています.
 作業療法の未来は(理学療法もそうですが)必ずしも明るいとは言えませんが(これはどの職種も一緒です)、誰もが誇りを持って仕事をしていると思いますよ.あなたが見た掲示板の作業療法士の方も自虐的には書いていても、辞めるとは言っていなかったんじゃないですか? 作業療法は先にも書きましたように、一言(一目)では表現できない分野です.だから特に経験の少ない若い方は悩むことも多いようですね.それから様々なことを経験し幅広い作業療法を身に付けていくのではないかと思います.作業療法士だけではなく医師や理学療法士なども免許を持って数年はまともに患者様の治療はできませんね。そこから自己研鑽を進め成長するものだと思います.
 未来がある方に説教じみたことを書いて申し訳ありませんでした.それでは受験で最大の力を発揮されることを祈念しています.頑張って下さい.

 No.1の者です.三たび登場です(すみませんこれで最後にします).
 私は、20年ほど医療業界に身を置く者です.職種は・・・勘弁して下さい.といっても人に言えないような職業ではありませんし、この仕事には誇りを持っています.
 作業療法の未来は(理学療法もそうですが)必ずしも明るいとは言えませんが(これはどの職種も一緒です)、誰もが誇りを持って仕事をしていると思いますよ.あなたが見た掲示板の作業療法士の方も自虐的には書いていても、辞めるとは言っていなかったんじゃないですか? ...続きを読む

Q医学関係の翻訳について

基本的な英語が出来る程度です。知りたいことがあって、英文で書かれた医学関係(耳鼻咽喉科)の論文を翻訳し始めました。専門用語などはパソコンを駆使して翻訳しておりますが、何度も行き詰っております。そもそも、素人が医学関係の翻訳を試みようとすること自体が無理がありますか?もうよそうか、でもここまできたから後もう少し・・と、気持ちは行きつ戻りつつ、ボツボツと作業をすすめております。お金を出せば、その道の専門に頼むことも可能ですから、そちらに頼んだほうが手っ取り早いかなとも思っているのですが。

Aベストアンサー

医学論文は英語そのものはたいして難しくありません。大学受験の長文読解問題ほどもひねってありません。問題は書かれた内容についての基礎知識と見慣れない専門用語への対策です。専門用語の検索サイトは探せばすぐ見つかります。訳語がどうしても見つからなければその単語だけとりあえず英語のまま訳文に混ぜても大丈夫です。

書かれた内容に関しては、

http://merckmanual.banyu.co.jp/
メルクマニュアルという医療従事者向けの解説書ですが日英ともにネット上で公開されています。関係のある疾病について両方の言語で基本的な知識を得るのに役に立つと思います。

もし基礎的な医学英語を一から身に付けるとすれば、安くて内容がしっかりしている看護学生向けの英語教科書や解剖学用語集を。大きい書店へ行けば見つかります。英語版の医学用語辞典もペーパーバックのがあります。全部そろえても5000円でお釣りが来ます。医学生向けだと高価だし、短期間に使いこなせるようになるのはむずかしいです。「医学翻訳者養成講座」などの教材も似たようなものですし、こちらは数十万円かかることもありますよ。でも医学英語はやる気次第で独学可能です。

医学論文は英語そのものはたいして難しくありません。大学受験の長文読解問題ほどもひねってありません。問題は書かれた内容についての基礎知識と見慣れない専門用語への対策です。専門用語の検索サイトは探せばすぐ見つかります。訳語がどうしても見つからなければその単語だけとりあえず英語のまま訳文に混ぜても大丈夫です。

書かれた内容に関しては、

http://merckmanual.banyu.co.jp/
メルクマニュアルという医療従事者向けの解説書ですが日英ともにネット上で公開されています。関係のある疾病につい...続きを読む

Q理学療法士と作業療法士の違い

タイトルの通りなのですがちがいってなんなんですか?いまいちわからないのでおしえてください

Aベストアンサー

 理学療法とは、身体に障害のある者に対し、
主としてその基本的動作能力の回復を図るため、
治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、
温熱その他の物理的手段を加えることをいう。
作業療法とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は
社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。
(理学療法士及び作業療法士法)

 ということで、両職とも障害を持った人たちに、日常生活動作を行う機能を
回復・改善するための指導・支援をします。
 違いは、理学療法士は「座る・立つ・歩く」というような
大きな日常生活動作を対象とするのに対して、
作業療法士はさらに細かい動作、例えば「文字を書く・髪をとかす・着替える」
などの動作を対象としています。
 また作業療法士は身体だけでなく精神に障害を持った方々に対するケアも行います。

Q医学翻訳の辞書

医学系の翻訳者を目指して、医学のほうの勉強を始めようと思い、辞書を探しているのですが、あまり、予算がなく、今買えるのは1万円未満の物しか無理なのですが、どういったものがおすすめでしょうか?

「ステッドマン」の看護師用のものか株式会社じほうの英和・和英医薬実用英語ハンドブックが値段的に手ごろでいいかなと思ったのですが、やはり無理してでも、ステッドマン医学大辞典とか最新医学大辞典とか南山堂医学大辞典を買ったほうがいいのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
掲示板のルールにつぎのようにあります。
これは試してごらんになりましたか。
「メンバー認証があります。
* 掲示板に入るときに会員認証があります。
* 本サイトのユーザ名とパスワードを持っている人は、それを入力してください。
* 持っていない人は、何も入力せずに「OK」を押してください。
(それでうまく行かなければユーザ名 'guest'、パスワード 'guest' としてください。)
* メンバー登録をすると、もっと便利にご利用いただけます。」
さらに、この登録というのは、ニフティのIDではなく、単なるハンドルの登録だと思いますよ。
ここは辞書さがしだけでなく、いろいろと訳にたつサイトだと思うので、お勧めします。

Q作業療法士・理学療法士について

作業療法士・理学療法士・・これらの呼称がOT、PTなのですか。先ほどETについての質問があったのですが、OT、PTについての業務領域等についてご存知の方、教えていただけないでしょうか。
それからOT、PTは何の略ですか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

OTは、Occupational Therapist

PTは、Physical Therapist


 業務領域は、OTの場合にはいろいろな作業活動を用いて治療を行い、仕事や家庭への復帰を目指します。PTは、医療面から、医師をはじめ他の多くの専門職の人々とチームを組み、治療計画を立てて治療を行います。詳細は、下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.fukushiokayama.or.jp/text/fukushi/shikaku/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報