http://consul.mz-style.com/item/112

清水一行、黒岩重吾、映画で田宮二郎がK・Y氏の役をやっていた、証券外務員とくれば、加藤嵩氏のような気もしますが、違うような・・・・?みなさんはどう思いますか?

また、映画のタイトルは何でしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

上記のリンク先さらに下の参考URLも見ましたが


田宮二郎は山崎豊子の原作の映画に何本か出ていて
そこに金融関係の人間がよく出てきますね
清水一行や黒岩重吾の作品の映画にも出ています。
参考にして下さい

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/cast/97792/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。失礼ですが、mat1922様はご存知なのですね。華麗なる一族に出ている田宮二郎ですか?とすると加藤嵩ではない?教えてください(^_-)-☆

お礼日時:2006/01/23 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィスコの黒岩さんどうなの?

最初(2~3週間前)彼が言う事は良いかなと思ったけど、
昨日は「買い時だ。」と言ったり、今日は「これからは下げだ。」って言ったり、、、、、、、、、、、、、、、

Aベストアンサー

 相場は完璧には誰も予測出来ません。
 予測と違う結果が出た時に、それが単なる一時的なものなのかそれとも予測に反して逆向きにトレンドが変化したのかを早く判断することも重要です。
 株式投資の世界では(投資であればほとんどについて)一つの見方をしても、それに固執すると決定的なチャンスもしくは危機を逃してしまうことになりかねません。
 臨機応変さもこの分野では重要なことです。

 今回は、彼が基準としているラインを超えて下げてしまったためこれはトレンドが反転した、という風に見たわけです。

Q証券外務員二種と株式投資

30代 株式投資を始めて4年 今度証券外務員二種をとろうと思っているのですが、株式投資は独学でがんばっておりますが知識を増やすのにやくたつのではないかと思うのが動機です。この資格についてはどのようなものでどのような役に立つのでしょうか?株式投資をするにあたってやくにたつ資格がほかにあるなら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券外務員って証券会社の手先になって(いやな表現ですいません)一般の人に株を売り歩く人の事ですか? だとしたら資格を取った時点でインサイダー取引の点で個人の株式投資ができなくなりませんか?

私も初心者で証券会社に口座はつくりましたが勉強中で、まだ売買していませんけど・・。どなたか詳しい方、ご回答お願い致します。

Q証券外務員2種 株式業務の受渡金額の計算

タイトルの件で質問です。
ある個人が、成行注文で買い委託した場合、委託手数料を加えた金額を支払いますが、売り委託した場合は、委託手数料を差し引いた金額を支払うらしいのですが、

・買い委託時と売り委託時の受渡金額は、それぞれ、誰が誰に支払うお金なのでしょうか?(金の流れがイマイチわかりません)

・委託手数料を加えたり引いたりするのはなぜですか?

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

委託手数料は、端的に言えば売買する顧客
(投資家)が証券会社に支払うものです。

委託手数料の流れはこんな感じです。
投資家 → 証券会社 → 証券取引所

昔は証券会社の人が投資家の電話連絡に
もとづき、証券取引所の『場立ち』に
売買注文を伝え、どの株をいくらで買う
売るを手振り身振りでやっていたんです。

その手間賃が投資家が証券会社へ支払う
売買行為を委託する手数料です。
証券会社は証券取引所を利用する場立ちや
連絡係が占有するショバ代を証券取引所に
納めていましたが、今ではシステムの利用
料なので、イメージは変わりましたね。

委託手数料は単純に客が証券会社に支払う
だけです。
具体例です。

みずほFG(8411)を
楽天証券(超割コース)で購入。
210円で1万株を購入。
購入価格210万円+手数料549円
投資家は、2,100,549円使って
みずほの株を買ったわけです。

1ヶ月後
230円で1万株を売却。
売却価格230万円-手数料549円
みずほの株を230万円で売ったの
ですが、手数料が549円かかったので
手元には2,299,451円返ってくる
というわけです。

儲かったお金は230万円-210万円=20万円
ですが、手数料は549円×2回分=1098円
を取られているので、
20万円-1098円= 198,902円となります。
(さらにこの金額から、20.315%の税金が
引かれます。)

一応確認のために
売った時に戻ってきたお金から
買った時にかかったお金を引くと
2,299,451円-2,100,549円
=198,902円
となり、符合します。

とにかく委託手数料は投資家にとっては
買っても売ってもとられる費用なんです。
それを儲けから引くか、別に取られるか
の見方次第なんです。

いかがでしょう。分かりましたか?

参考URL
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/commission/

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

委託手数料は、端的に言えば売買する顧客
(投資家)が証券会社に支払うものです。

委託手数料の流れはこんな感じです。
投資家 → 証券会社 → 証券取引所

昔は証券会社の人が投資家の電話連絡に
もとづき、証券取引所の『場立ち』に
売買注文を伝え、どの株をいくらで買う
売るを手振り身振りでやっていたんです。

その手間賃が投資家が証券会社へ支払う
売買行為を委託する手数料です。
証券会社は証券取引所を利用する場立ちや
連絡係が...続きを読む

Q証券総合口座用ファンドについて(証券外務員試験)

証券外務員2種の試験勉強をしていて、気になることが出てきました。

追加型公社債投資信託の種類に、証券総合口座用ファンド(MRF)というものがあります。
MRFとは何かを調べると、
「株式や他の投資信託の購入・売却代金の受払いに対応するなどの機能を持つ総合口座」とありました。
しかし、公社債投資信託とは、そもそも公社債を中心に運用され、株式を一切組入れない証券投資信託のことをいうんですよね。
では、なぜ証券口座用ファンドが、追加型公社債投資信託に分類されているのですか。
気になりましたので、わかる方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

MRFは「マネーリザーブファンド」というように、広い意味での投資信託です。国債やCPなどの流動性の高いもので運用され、毎月月末に決算を行い分配金も支払ってます。もちろん、信託報酬も取られています。

元金割れを起こせば即運用が終了します。

Q証券外務員二種の試験

2つの異なる問題集から出ている問題に食い違いがあるように思います。

問題集A
1:1.4の株式分割を行うある株式の権利付き相場は28万円であったが、権利落ち後の値段が22万円になったとすれば、権利付き相場の28万円に対して2万円値上がりしたことになる。

答え:× 
22万円x1.4=30.8万円 
30.8万円-28万円=2.8万円(の値上がり)


問題集B
権利付相場で1500円だった株式が、1対1.5の株式分割をして、権利落ち相場で1000円となったとしたら、実質的な値上がり、値下がりは、どうなるか。

(1)0円
(他割愛)

答え:1
権利付相場で1500円の株式を1対1.5で分割すると
権利落ち相場=1500円÷1.5倍
1000円が理論上の権利落ち相場となり、実際の権利落ち相場と同じ株価であるため、0円となります。



Bと同じ様に考えると、Aの場合は、
28万円÷1.4=20万円となり、2万円の値上がりとなるのではないのでしょうか?
それともAの問題にある、「権利付き相場の28万円に対して」という文言のみでその意味が変わるということでしょうか?

2つの異なる問題集から出ている問題に食い違いがあるように思います。

問題集A
1:1.4の株式分割を行うある株式の権利付き相場は28万円であったが、権利落ち後の値段が22万円になったとすれば、権利付き相場の28万円に対して2万円値上がりしたことになる。

答え:× 
22万円x1.4=30.8万円 
30.8万円-28万円=2.8万円(の値上がり)


問題集B
権利付相場で1500円だった株式が、1対1.5の株式分割をして、権利落ち相場で1000円となったとしたら、実質的な値上がり、値下が...続きを読む

Aベストアンサー

>問題集Aの『1:1.4の株式分割を行うある株式の権利付き相場は28万円であったが、権利落ち後の値段が22万円になったとすれば、権利付き相場の28万円に対して2万円値上がりしたことになる。』
ということですが、
つまり、問題集Bと同じで実質的な値上がり、値下がりは、どうなるか。という問題ですよね?

単純に求めると

28万円÷1.4=20万円となり、2万円の値上がりが正解のように思えますが、ここで問われているのは、権利付相場に対して、いくら値上がりしたか?値下がりしたか?ということですから

権利付相場=権利落相場22万円×分割比率1.4=30.8万円

と権利落相場から権利付相場を逆算し、それと28万円を比較したら
「2.8万円の値上がり」が正解ということになります。

問題集Bも同じように考えて、

権利付相場=権利落相場1000円×分割比率1.5=1500円

権利落ち相場と権利落ち相場が同じであるため、0円となります。


資格は持ってますが、仕事であまり計算することがないので
間違えていたら、すみません。

>問題集Aの『1:1.4の株式分割を行うある株式の権利付き相場は28万円であったが、権利落ち後の値段が22万円になったとすれば、権利付き相場の28万円に対して2万円値上がりしたことになる。』
ということですが、
つまり、問題集Bと同じで実質的な値上がり、値下がりは、どうなるか。という問題ですよね?

単純に求めると

28万円÷1.4=20万円となり、2万円の値上がりが正解のように思えますが、ここで問われているのは、権利付相場に対して、いくら値上がりしたか?値下がりしたか?というこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報