こんばんは。gawkとbashを用いてlogの集計を行っています。
その際にお小遣い帳のような機能を実現することがなかなか出来ずに
困っています。perlだったら、ネットでもかなり情報が豊富だし、
書籍も多いと思うけど、awkってUNIXの基本的な知識ってことでUNIX管理系の
書籍にちょこっと載ってるってケースが多いですよね。それか
ものすごく分厚い本でなかなかなじめないようなのとか。。。助けて下さい。
例えば

1/1 gohan 1000
1/1 kaimono 5000
1/1 kaimono 2000
1/2 karaoke 3500
1/2 gohan 1200
1/2 gohan 1500

といったデータがあったとして、これを

1/1 gohan 1000
1/1 kaimono 7000
1/2 karaoke 3500
1/2 gohan 2700

のように集計したいのです。月日の部分を基点にして、1/1の部分についてだけ
for(i in count)の形式を用いて集計する。その後1/2の部分について集計する。
というのをずーっと続けていくには、どのようなスクリプトを書けば
いいんですか?教えて下さい。どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

{


sum[$1,$2] += $3
}

END {
for ( item in sum ) {
split(item, t, SUBSEP );
printf("%s %s %d\n",t[1],t[2],sum[item]);
}
}

こんなのでなんとかなります。
後はパイプでソートするなり、読み込みで空白行を飛ばすなり、・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わぉ。ご回答ありがとうございます。これだけ情報を頂ければ
あとは自分で頑張ってみますね。コードもURLも参考にします。
嬉しいですぅ。

お礼日時:2001/12/27 13:08

集計のやり方については No.1 の回答がズバリなので、私は、情報の紹介を。



確かに、awk は perl に比べて情報が少ないですよね。
私は、awk のマニュアルを主体に憶えました。

参考URLには、gawk のマニュアルと、awk を使った数値計算の情報を載せている
ページの awk のガイドの URL を載せておきます。

後者のページは、以下の URL からリンクが貼られています。他の人が書いた
スクリプトが、意外と良い教科書になったりします。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/Hanasi/Algo/algory …

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_gawk/man1/gaw …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

Qgawkの書式について

gawkについて勉強しています。

最終目的とは違うのですが、動作検証のため、以下のようなスクリプトを書いています。

/usr/local/bin/awk -F, '{system("/usr/bin/echo $1 $2")}' < /dev/console

これを実行して、コマンドラインから、test,testと入力すると、
test testと表示させたいのですが、何にも表示されません。
どこがおかしいのでしょうか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

何がやりたいのかイマイチよくわかりませんがこんな感じでしょうか。。

$ awk -F, '{print $1" "$2}'
test,test  ←入力
test test  ←出力
aaa,bbb,ddd ←入力
aaa bbb   ←出力
^C      ←ctrl+cで終了
$

QRange("K" & TR).Formula = で、セルにマクロで式を書きたいのですが

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています
エクセルは2013です

わけあって、セルにマクロで式を書いています
例えば TRは行を表す変数ですが
Range("K" & TR).Formula = "=IFERROR(AY" & TR & ","""")" と書いたマクロの結果は
=IFERROR(AY43,"") という式がRange("K" & TR) に書かれます

それでは、いま、マクロで下記のように書いているコード(TRは行を表す変数です)
Range("Z" & i) = Range("Z" & i - 1) - Range("AG" & TR) * 10000 は
Range("Z" & i).Formula = 
で書く場合、=の右側をどう書いたら良いでしょうか

色々とやってみたのですが狙った式になりません

この場合 変数 i を使っているので、もしかしたら、そもそも無理なことでしょうか

うまく説明できていませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1です。申し訳ありません大ボケな回答をしていましました。

要するに↓ってことですよね? また勘違いしていたらスミマセン。

Range("Z" & i).Formula = "=Z" & i - 1 & "-AG" & TR & " * 10000"

Qawk と gawk の書き方の違い

PCでAWKコマンドを使いたくてgawkを使ってみたのですが、
やっぱりawkのような書き方では上手く実行できないみたいです。
gawkのバージョンは v3.1.6です。

コマンド (awk) awk -F, '{printf("copy aaa\%s bbb\%sn",$0,$0)}' list.txt

単純にDOSのバッチをファイルから作りたいだけなのですが・・・gawkではどのように書けば良いのか教えてください。お願いします。

仕事でUNIXを使っていたのですがPCに移行するという話がでていて、今までのunixコマンドをPCで動くようにソースを書き直して行かなくてはならないのにパスを『/』から『\』にしただけでは全く動きませんでした。やっぱりUNIXのawkでは出来てPCのgawkでは出来ないこともあるのでしょうか?それとも書き方の問題でしょうか??

Aベストアンサー

>やっぱりawkのような書き方では上手く実行できないみたいです。
エラー箇所と内容を返してくると思いますが具体的にどういう状況でしょうか。

単純に引用符の問題だけのように思えますが↓でどうでしょう。
※一部単純な誤記と思われる部分(\→\\、n→\n)も変更しました。

gawk -F, "{printf(\"copy aaa\\%s bbb\\%s\n\",$0,$0)}" list.txt

QVBA マクロ実行時エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

*********************************************************
*********************************************************
Sub 日報別ファイルに保存したい1()
Worksheets("日報").Range("A3:AF36").Copy
With Workbooks.Add
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
:=False, Transpose:=False
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False
Range("A1").Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False

ApplicationDisplayAlerts = True '同名FILEが存在する場合'
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:= _
"c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & ActiveSheet.Range("l2") & "月" & ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls" _
, FileFormat:=xlNormal
.Close file


End With

End Sub

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

***********...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-------------------------------------------
''もし、そのままでダメでしたら、 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する のところのコメント・ブロック('コードの手前のアポストロフィ)を外して、再度試してみてください。

Sub 日報別ファイルに保存したい2()
Dim myRng As Range
Set myRng = Worksheets("日報").Range("A3:AF36")
 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する

With Workbooks.Add
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
 
  Application.CutCopyMode = False
 
 ApplicationDisplayAlerts = True '**これは、そのままでは必要ないはずです。'
 
 ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & _
                 ActiveSheet.Range("l2") & "月" & _
                 ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls", _
                 FileFormat:=xlNormal
 .Close file
End With
Set myRng = Nothing
'Application.EnableEvents = True 'イベントマクロの活動を戻す

End Sub

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-----------------------------------------...続きを読む

Qgawk複数ファイルを同ファイル名でフォーマットする方法

gawk複数ファイルを同ファイル名でフォーマットする方法


gawkを使いcsv形式のファイルをjson形式のファイルにフォーマットしようと考えています。


簡単に説明しますと、

●csvファイル

test1.csv
test2.csv
test3.csv

↓↓↓↓

●jsonファイル

xxx-test1.json
xxx-test2.json
xxx-test3.json

という風にフォーマットさせたいのです。


現在、

jsonファイル出力後の記述を

●aaa.awk

BEGIN{
FS = ",";
printf("{");
}
{
printf("%s,%s,%s,%s", $1,$3,$4,$5);
printf("],");
}
END{
printf("}");
}

このようにし

●コマンドライン

gawk -f aaa.awk test1.csv > xxx-test1.json

これで一ファイルずつのフォーマットはできたのですが、
ファイル数が複数あり面倒なため、一気にフォーマットしたいのです。


その方法をご教授お願い致します。

gawk複数ファイルを同ファイル名でフォーマットする方法


gawkを使いcsv形式のファイルをjson形式のファイルにフォーマットしようと考えています。


簡単に説明しますと、

●csvファイル

test1.csv
test2.csv
test3.csv

↓↓↓↓

●jsonファイル

xxx-test1.json
xxx-test2.json
xxx-test3.json

という風にフォーマットさせたいのです。


現在、

jsonファイル出力後の記述を

●aaa.awk

BEGIN{
FS = ",";
printf("{");
}
{
printf("%s,%s,%s,%s", $1,$3,$4,$5);
printf("],");
}
END{
printf("}");
}

このよう...続きを読む

Aベストアンサー

sh 的な構文なら

for i in *.cvs; do gawk -f aaa.awk $i > xxx-${i%.csv}.json; done

場合によっては xargs や find なんかも併用というかんじ。

QExcelマクロでRange("A1:A5,C1:C5")をCellsで書きたいのですが

マクロ初心者です。
Excelマクロでグラフを作成するときに、元データを指定する所で、
Source:=Range("A1:A5,C1:C5")とするような場合、
「A1」とかアルファベットでの番地指定ではなく、
Cellsを用いて書きたいのです。

Source:=Range("A1:A5")であれば、
Source:=Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1))と書けばいいことは分かるのですが、範囲指定を複数にする場合が分からないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Unionを使用したらできると思います。

Source:=Union(Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1)), Range(Cells(1, 3), Cells(5, 3)))

今Excelがインストールされてないパソコンで作業していないので確認はしていないのですが・・・。

よかったら参考にして下さい

QUNIX & TCP/IP に関するプログラムの入門書

 現在、サーバサイドで通信を利用したプログラム作成をする可能性がありまして、急遽勉強をしたいと思っております。
 そこで、タイトルのような入門書を探しているのですが、お薦めの書籍はありますでしょうか?

 ちなみに当方はビンボーなので、万単位のお金は出せません(せいぜい5千円くらい)。また、できればサンプルソースが多い本が好みです。
 また、クライアント側のプログラムは多少作ったことはありますので、通信の仕組みなどの説明は少なくてもいいです。

 どうか教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと値段が高いですが(8000円)
UNIXネットワークプログラミング(Vol1)
ピアソン・エデュケーション発行
はどうでしょうか。C言語での解説になっています。
これがUNIXの世界ではTCP/IPのバイブルとして使われています。大きい本屋にはあると思いますので、
まず手にとって見てはいかがでしょうか。

Qエクセルのマクロ(range)について

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S       U     V
個数 金額  累計個数 金額金額 (=M+Q) (=O+S)
0、   0、   100、   1000、    100、   1000 
1,初期状態

10、  100、  100、   1000、    110、   1100
2,個数を入力すると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる

10、  100、   110、   1100、    120、   1200
3,マクロを実行すると、UとVの数がQとSに入力され、計算式を入力してあるUとVの数がさらに変わる。

0、   0、    110、   1100、   110、    1100
4,MとOの数をゼロ(クリア)にすると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる。     


なかなか理解できないのは、Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Valueの部分で、
2,の後にマクロを実行すると、U 110、V 1100がQ 100とS 1000に書き込まれることです。
通常の計算式だと=は対象となったセルをそのまま表示していると思うのですがのですが、
マクロに書いてある式だと3,のところでUとVの数をQとSに書き込んであります。
なぜ=なのにマクロでは一方のセルに数を書き込んでいるのでしょうか。
また、QやSをUやVへ書き込んでいないのでしょうか。

どなたか詳しく教えていただけると幸いです。

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S...続きを読む

Aベストアンサー

プログラミング言語では、一般的に、
「=」は、右辺から左辺への「代入」
を意味します。

マクロ = Visual Basic = プログラミング言語
なので、Excelにおける「=」とは少し意味合いが違っています。

Qシェル(Unix/Linux)を使用してDBアクセス

上題どおりなのですが

シェルスクリプトを使用してORACLEなどDBへのアクセス・データ操作は
可能なのでしょうか?。

仮にできないとなると、業務系開発ではORACLEとシェルはどのように
組みあわせて使うのでしょうか?。。想像としては

・Oracleのコマンドでデータをテキストに出力しシェルで読みこみ

などが考えられますが・・。他にもDB関連で「こんな時にも使う」など
ノウハウがあれば是非教えて頂ければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>シェルスクリプトを使用してORACLEなど
>DBへのアクセス・データ操作は
>可能なのでしょうか?。

は可能です。ぐだぐだ説明するより例を示した方が
分かり易いと思うので...

#!/bin/sh
sqlplus system/manager@ORACLE_SID << EOF
select table_name from user_tables;
EOF #必ず行頭に!!

要するにEOFとEOFの間にSQL*Plus上で実行したい
コマンドを入力するだけです。
ここで気をつけないといけないのは2つ目の終わり
を示すEOFは必ず行頭に記述しなくてはいけない
という点です。
if文やwhile文の中で使うときについついインデント
をつけてしまいますが閉じる意味のEOFは必ず
行頭です。

ただ、業務系開発となるとあまりシェルスクリプト
でプログラムを開発することは少ないかと思います。
理由は2つあって

1.性能が悪い
2.セキュリティ的に好ましくない

1はシェルスクリプトでDBにアクセスする場合、
SQL*Plusで接続することが多くなりますが、SQL*Plus
は管理用モジュールの意味合いが強く、あまり
アクセスの最適化は計られていません。
よって同じ命令を投げてもPro*CやOCIと比較して
性能は良くないです。
また、シェルは実行毎にコンパイルが行われるので
それもあまりよろしくありません。

2はサーバ側にviなどで簡単に開けるtext形式ファイル
として配置するためサーバにさえログインすれば
どういった処理が行われているのかが簡単に把握でき、
やろうと思えば書き換えだってできてしまいます。
Pro*Cプリコンパイル、Cコンパイルなどを行えば
ロードモジュール化されるので実行はできても
内容の閲覧や修正は不可能です。
またご存知かもしれませんがOracleには
ストアドプロシージャという昨日もあり、
事前にコンパイル済みの状態でOracleのメモリ領域に
プログラムを常駐させておくことも可能です。

シェルスクリプトによるSQL*Plus経由のOracleアクセス
は主に非定期、非定型で行われるDB管理などに
用いると思ったほうがよいかと思います。

>Oracleのコマンドでデータをテキストに出力しシェルで読みこみ
はちょっと意味がよく分からないのですが、
Oracleの出力結果をログファイルに
吐き出したいのであればSQL*Plusであれば一番最初に
spool log.txt
と入力しておけばそれ以降の出力はlog.txtに出力
されます。
先述したEOFを使う場合は

#!/bin/sh
sqlplus system/manager@ORACLE_SID << EOF > log.txt
select table_name from user_tables;
EOF #必ず行頭に!!

としても同様にlog.txtにその結果が出力されます。

>シェルスクリプトを使用してORACLEなど
>DBへのアクセス・データ操作は
>可能なのでしょうか?。

は可能です。ぐだぐだ説明するより例を示した方が
分かり易いと思うので...

#!/bin/sh
sqlplus system/manager@ORACLE_SID << EOF
select table_name from user_tables;
EOF #必ず行頭に!!

要するにEOFとEOFの間にSQL*Plus上で実行したい
コマンドを入力するだけです。
ここで気をつけないといけないのは2つ目の終わり
を示すEOFは必ず行頭に記述しなくてはいけな...続きを読む


人気Q&Aランキング