父が、肺癌患者です。10月に宣告されました。手術を諦めて放射線治療を選択しています。

放射線治療には器械を使うのでしょうが、新しい良い器械で治療するのが当然良い事だと理解できますが、地方(四国)なものですから 都会で治療するにはなにかと、不便です。(金銭的には可能)しかし、出来るだけ良い治療もしたいし、とはいえ放射線科の先生の技術的なものの方が 大きく左右されるのだったら 地元で治療しようか。それとも都会(例えば京大病院放射線科)で最高の器械で治療したほうが良いのか。。 本当に迷ってしまってる状態です。(地元は総合病院で約10年ほどの器械) (明日、病院に返事する日です。)

病気の状態は 下記の通りです。
肺癌 非小細胞癌 (3)期 肺門型 (手術した場合でも 再発は70%と言われてる)78歳 男

アドバイス 宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

肺癌」に関するQ&A: 高齢者の肺癌に胸腔鏡手術はどうなのか?

A 回答 (3件)

大変お悩みになること、心中ご察しします。


肺癌で、 非小細胞癌、ステージは (3)期で部位は肺門型ということですから、もちろん治療可能です。治療方法も、非小細胞癌ですから、放射線療法ですね。
 書かれておられる京大病院放射線科(呼吸器外科)は、放射線療法においては、国内最高レベルです。ほかに、放射線療法の国内最高レベルの医療機関を挙げてみますと、宮城県立がんセンター、国立がんセンター中央病院、名古屋大病院、国立病院四国がんセンターが有名です。
 このうち、病態から、特に実績のある病院は、
●名古屋大病院(第一内科、胸部外科)
 非小細胞癌に対する放射線療法と化学療法の同時併用で高い実績があります。症例も豊富で、国立がんセンターと連携しています。
●国立病院四国がんセンター(胸部内科、胸部外科)
 上記病院と同様に、非小細胞癌に対する放射線療法と化学療法の同時併用で高い実績があり、症例も豊富です。
 放射線療法は、ご存知のように、がん細胞の成長と増殖を阻止することにあります。そのために、放射線療法といっても、さまざまな治療法があり、それぞれ実績が違います。また、がん治療の場合は、転移と再発を考えねばなりません。名古屋大病院が発表している、同じ病態の再発率は70%です。ですから、放射線療法だけでなく、化学療法も含めた、総合的な治療が出来る病院を選ぶべきだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとう御座いました。
今は、父も落ち着いて順番待ちとなっています。待つことに少し心配していましたが良い治療をして頂くためにじっくりと待っています。安心できる病院をご紹介くださり、ほっとしています。 有り難う御座いました。

お礼日時:2002/01/12 13:22

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「医療機関情報」
このページの左端で「45.肺ガンの治療を行う病院」をクリックすると病院名が表示されます。

四国でもどちらか分かりませんが、可能であれば
・府立羽曳野病院
・近畿中央病院
・岡山大2内
が全国レベルでも有名です(但し、肺癌の化学療法で!)。

http://plaza27.mbn.or.jp/~wjlcg/maillist.htm
(西日本肺癌治療共同研究グループ)
http://www.med.kindai.ac.jp/naika4/lc.html
(近畿大4内)

http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
(肺がん)
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)

セカンドオピニオンとして上記の病院で受診されても良いかもしれませんね・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.iryo-joho.com/hospital.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい資料を本当に有り難う御座います。
治療はこれからなので、更に参考させて頂きます。
特に(がん克服)総合リンク集」で調べさせて頂き、なお参考にして行きたいと思っています。
本当に有り難う御座いました。

お礼日時:2002/01/12 13:35

東京慈恵医科大学の呼吸器外科が運営している肺がん治療の情報の専門サイトです。



○肺がん治療ネット
http://www.akiba.gr.jp/tcp/index.htm#第一線の医師が答えるがん

放射線療法に関わらず最新の治療法が報じられる可能性があります。

内容的に専門外のものが口を挟める状況でないと思いますのでサイトの推薦にとどめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事有り難う御座いました。

早速 連絡サイトを調べました。理解し易く本当に良く分るところで参考になりました。
でも 、まだ迷っています。
が、本当に難しい質問をしてしまった事にお詫び申し上げます。
有り難う御座いました。。

お礼日時:2001/12/27 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学四年生の女です。 お父さんが肺がんのステージ4です 昨日先生から、小細胞癌は進行が早く 寿命は1

大学四年生の女です。
お父さんが肺がんのステージ4です
昨日先生から、小細胞癌は進行が早く
寿命は1年だと言われました。

57歳のお母さんと21歳の私
20歳の妹がいます。

内定を頂いたので私は来年就職します。

しかしまだ妹は大学2年生。
まだ2年あります。

私が家族のためにできることは
なんですか?
長女なので私が残された家族を
支えたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。私は今40代。息子が19です

私は長女ではありませんが、自分自身20歳のころに母を亡くしました
しかし、うちの場合は父がいましたし、経済面ではなんとかなりました
その今のあなたの気持ちは想像を絶するものだと思います。

当時私の兄はちょうど就職1年目。私は大学2年生でした
しかし、兄はとてもおろおろと日々動揺しているのが
目に見えてわかりましたが、私は意外と落ち着いていました。
仕方ないことは仕方ない。泣こうがわめこうが、こういうことは
現実になってしまった。。。と。

もしかしたら、あなた自身は色々と考えてしまうかもしれませんが
妹さんは案外落ち着いているかもしれませんよ。
先のことをどうするよりも、妹さんは2年まで大学には行けてるので
万が一のことがあり、その時に奨学金など色々なことを
それから考えたほうがいいですよ。

確かに長女で責任や背負うものも多いかもしれませんが
みんな人間は弱いです。お父さんもきっと不安などとても
弱い気持ちも持ってるはずです。
お父さんもわがままいいたいし、甘えたいかもしれません
あんまりピンピン気持ちはりつめず
どうなるか分からないですが、できる限り一緒にいる時間を大切にして
過ごすことがよいかもしれません。

学費ですが、妹さんもきっとバイトもするでしょうしお母様も
パートなどもするかもしれません。お父さんの生命保険なんかも
降りるかもしれません。
足りない分は、そのあと計算して、どうしても厳しかったら
奨学金を申請して、足りない分を一緒に返すために
働いてお金を入れてあげたら妹さんも勉強に集中できる
かなと思います。

あまり自分をそうやって追い込んで張りつめず
辛いものはつらいし、そういう面も見せて
家族みんなで乗り越えて、そのことできっと
団結してこれからも長いのですから
気を落とさず、一生懸命お父さんの看病を
してあげてくださいね。後悔のないように。

こんにちは。私は今40代。息子が19です

私は長女ではありませんが、自分自身20歳のころに母を亡くしました
しかし、うちの場合は父がいましたし、経済面ではなんとかなりました
その今のあなたの気持ちは想像を絶するものだと思います。

当時私の兄はちょうど就職1年目。私は大学2年生でした
しかし、兄はとてもおろおろと日々動揺しているのが
目に見えてわかりましたが、私は意外と落ち着いていました。
仕方ないことは仕方ない。泣こうがわめこうが、こういうことは
現実になってしまった。。。と。
...続きを読む

Q放射線治療法

放射線治療法について出来れば、専門家の方に回答お願いします。
ラジエーション治療というと放射線治療法の中の1つに入るのでしょうか?
放射線治療法の中にも色々と種類があるのですか?
使う機械やものにより呼び方が変わるのでしょうか?
お手数ですが、なるべく詳しく回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ラジエーション治療とは放射線治療のことだと思いますが、一般的にはそのような呼び方はしません。
放射線治療法の中にもいろいろ種類はあります。放射線の種類もいろいろありますからね。
使う機械やものにより、いろいろ種類分けされるのです。
たとえば、現在の放射線治療の主流は、高エネルギーのX線治療であり、ライナック(リニアック)が使用されています。
検索サイトで放射線治療と検索すれば沢山のサイトがでてきます、一度、ご覧になってください。
参考までに以下のサイト添付しておきます。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~m-brooks/

Qこんにちは。私の父が肺がんの肺腺癌と診断されステージ4と言われました。

こんにちは。私の父が肺がんの肺腺癌と診断されステージ4と言われました。現在骨と脳に転移していて、先生からは余命二ヶ月と診断されました。現在は抗がん剤治療と放射線治療を行っています。右手右足が麻痺していて少し光が眩しいみたいなんですけどそれ以外は特に体調も悪くなく食欲もあり元気です。いきなり容態が急変したりするのでしょうか?本人は治す気満々で日々を送ってます。体格もよく53歳という若さなのでこのまま体力で長く生きてくれるのではと思っているのですがどうでしょうか?稀に末期でも回復したという話を聞きます。回答おねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ご本人もお若く、治療も続けておられるということで、ご家族様も信じられない気持かと思います。

ステージ4ということですが、骨と脳に転移していることから考えると、回復するのは難しいと思います。麻痺と光の眩しさは神経に影響が出ていると考えられます。
放射線治療で全ての転移がなくなればいいのでしょうが、おそらく進行のほうが早いと思われます。

今の状態からは除々に悪くなっていくと思います。
呼吸状態が悪くなり、食事も難しくなってくるかもしれません。

今、お父様に闘病意欲があれば、突然の治療中止は返って意欲の低下につながることもあります。

奇跡のような結果を期待するか、その場の現実を少しずつ受け止めていくかはご本人とご家族の自由です。

私個人としては、病状から余命がわかっているなら、最後は本人の思い通りに過ごさせてあげたいです。
病院で過ごす時間より、家族で過ごす時間を持ちたいです・・・ありきたりかもしれませんが。

お父様ご本人が治療に積極的なら、それを支えてあげるのもいいかもしれません。
ただ、ご家族は治るという期待だけでなく、余命を受け止める気持ちも持っていてくださいね。

こんばんは。

ご本人もお若く、治療も続けておられるということで、ご家族様も信じられない気持かと思います。

ステージ4ということですが、骨と脳に転移していることから考えると、回復するのは難しいと思います。麻痺と光の眩しさは神経に影響が出ていると考えられます。
放射線治療で全ての転移がなくなればいいのでしょうが、おそらく進行のほうが早いと思われます。

今の状態からは除々に悪くなっていくと思います。
呼吸状態が悪くなり、食事も難しくなってくるかもしれません。

今、お父様に闘病意欲が...続きを読む

Q放射線治療について教えて下さい

先日父の抗がん剤治療について質問をしました。多くの方に回答を頂き大変感謝しております。今現在は抗がん剤治療の一回目なのですが、担当の医師より
放射線治療については何も話は無く、ネット上でたくさんの体験談などを読んでいたところたいていは放射線治療を単独か併用でされているように思います。放射線治療について医師に問いかけてみるつもりですがその前に知識が欲しいのでどなたか教えて下されば有り難いです。父は、肺癌(扁平上皮癌)ステージ3Bリンパに転移あり(N2~N3)で現在、シスプラチン、ドセタキセルによる抗がん剤治療中です。

Aベストアンサー

転移性癌の切除不能な3B期症例には、従来放射線療法が標準的治療とされてきましたが、
シスプラチンを含む化学療法と放射線療法による併用療法が 放射線療法単独に比べて優
れていることが報告され、標準的治療となっています。 また、化学療法単独では、5年
生存率が5%前後ですが、化学療法同時放射線療法では奏効率86%、2年生存率35%、5年
生存率16%と優れた成績が報告されおり、最近では化学療法と放射線療法の同時併用を標
準的と考える方向になりつつあります。

ただし、放射線療法における照射量は、CTなどの検査時と比較すると数千倍から数万倍の
放射線を一度に照射し、回数も十数回に及ぶこともあり、健康な組織の損傷や癌化する可
能性も否定できず相当のリスクを伴います。 また、癌発症部位や転移部位によっては、
極めてリスクが高いため放射線療法が適さない場合もあります。


実際に、治療を開始してから治療方針や方法を変更することは、治療計画に混乱を来し、
予測できない事態を引き起こすことがあります。 したがって、事前の説明で化学療法
同時放射線療法が選択枝になかったのであれば、効果対リスクを比較考量した結果と考え
られますので、化学療法単独による治療を最善の治療と信じて担当医に委ねることも一つ
の考え方です。

転移性癌の切除不能な3B期症例には、従来放射線療法が標準的治療とされてきましたが、
シスプラチンを含む化学療法と放射線療法による併用療法が 放射線療法単独に比べて優
れていることが報告され、標準的治療となっています。 また、化学療法単独では、5年
生存率が5%前後ですが、化学療法同時放射線療法では奏効率86%、2年生存率35%、5年
生存率16%と優れた成績が報告されおり、最近では化学療法と放射線療法の同時併用を標
準的と考える方向になりつつあります。

ただし、放射線療法における...続きを読む

Q肺がん ステージ4

60代男性 健診で肺がんみつかりました。肺がんは腺癌で大きさは3cmです。脳転移があり、それはガンマーナイフで処置済みです。これから抗がん剤といわれました。本人はとても元気なので抗がん剤はいやと言っています。抗がん剤をしなければどれくらい生きられるのでしょうか。逆に抗がん剤をすれば完治できるのでしょうか

Aベストアンサー

ステージ4とは末期の呼び方なのです
末期とは,普通余命3ヶ月が医学界の相場なのです
抗がん剤でステージ4から完治したという前例は皆無と考えます
抗がん剤投与により遠隔転移を防いだり、遅らせたりが目的です
もちろん肺がんの進行を留める役割もいたします
しかし今の医療では1年持てば抗がん剤は効果があったとみなしています
世間の声は抗がん剤は役に立たない、拒否だという声もあります
家族としては少しでも長く生きてほしいというのが本音です

Q放射線治療についておしえてください

62歳の母が便が前々から便がなかなか自力で出すことができずに、週2回ほど下剤を使っています。それでも最近は便が出ないので、病院でMRIをやったところ、リンパが腫れていて、便を出す部分を圧迫しているので、リンパの腫れを抑えるために、放射線治療をすることになりました。一体、何の病気なのでしょうか?13年前に卵巣がんになり、手術をしました。その後、便がなかなか出ずらくなり、下剤を飲むようになりました。4年後にがんが、骨盤に転移して、抗がん剤の治療をしていました。その後は月に2回ほど、通院してがんが大きくなっていないか検査をしています。いまのところ日常生活に支障はでていませんが、今月初めに一過性脳虚血発作で倒れ、3日ほど入院しました。今は血圧を下げる薬と、血液をさらさらにする薬を服用中です。リンパの治療は千葉市稲毛区にある放射線専門のところで、やるそうです。何の病気か、なぜ便がでないかなど、アドバイスください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

〉放射線治療をすることになりました。
この説明・治療方針の話をお聴きになったとき、質問者はお母様と一緒に話をお聴きになりましたか?それとも他の家族の方が同席されましたか?
お母様1人で話をお聴きになったとは、思えないのですが。
診察を受けた結果、解からない事は診察した医師に、理解できるまで、お聴きになってください。遠慮・気がね・機嫌とりをしては、いけません。
放射線治療開始のときには、ご本人の承諾書の提出を求められると思います。今説明を受ける気持ちをしっかりさせておかないと、又何もわからないまま、承諾書に署名する事になると考えます。

Q肺腺がんステージ4の咳と痰・終末期の疼痛について

肺腺がんステージ4の父(63)ですが、12/8の通院で抗ガン剤の打ち切りとなりました。予後は緩和治療に専念となっております。主治医からは年内の可能性もありますとの診断もくだっております。

腫瘍マーカーCEA199.6で、血中酸素90ですが父はさほど息苦しさを訴えず酸素マスク等のボンベなどもしておりません。

普通に歩行も出来きており、介護も必要なくごく普通の健常者と変わりありませんが、首の頚椎に骨転移があり、モルヒネでは痛みは良くならず、モルヒネが効かない人が服用出来るメサペイン(メサドン)を服用しております。

12/8の通院翌日から咳と痰が出始め、一旦咳と痰が出ると中々止まらず大変苦しそうです。今まで咳と痰が殆ど出ていなかったのが逆に不思議だとは思うのですが• • •


そこで質問です。
今の咳と痰はなぜ出てきているのでしょうか?(痰に色味はなく、鼻水のような痰)終末期の予後1ヶ月ほどで出てき始める症状なのでしょうか?


終末期のがんによる息苦しさや痛みは、モルヒネより強いとされているメサペインを服用している事によって本人は感じずに済んでいるのでしょうか?


体験談でもかまいません。何かヒントとなる答えをおまちしております。宜しくお願い致します。

肺腺がんステージ4の父(63)ですが、12/8の通院で抗ガン剤の打ち切りとなりました。予後は緩和治療に専念となっております。主治医からは年内の可能性もありますとの診断もくだっております。

腫瘍マーカーCEA199.6で、血中酸素90ですが父はさほど息苦しさを訴えず酸素マスク等のボンベなどもしておりません。

普通に歩行も出来きており、介護も必要なくごく普通の健常者と変わりありませんが、首の頚椎に骨転移があり、モルヒネでは痛みは良くならず、モルヒネが効かない人が服用出来るメサペイン(メサドン)...続きを読む

Aベストアンサー

平成17年の5月に母の体調に異変が発生して、病院で診察してもらったところ、すでに末期の肺がんで肺内転移があり、ステージ4で手術による根治は、不可能で抗癌剤による延命治療しか出来ないと言われました。その後、すぐに専門医のいる大きな病院へ転院し、組織検査による確定診断で肺線癌とわかりました。分子標的薬のイレッサが効いてくれたので、1年半ほど平穏で安定した状態を保てたのですが、だんだん癌細胞が薬に対する耐性を示すようになり、治療をあきらめざるを得なくなり、あとは痛みや苦痛の緩和のみとなりました。そしてホスピスへ転院し、そのころには胸水が右肺に溜まり左肺のみで呼吸している状態になり、徐々に衰弱していって、平成20年6月に亡くなりました。治療の出来ない終末期の癌患者と向き合う家族の精神的な苦痛は、経験者でないと解らないと思います。私には質問者さんの今のつらい気持ちが、よくわかります。咳と痰の原因ですが、癌細胞が大きくなったか、太い気管に転移した為ではないでしょうか。それと息苦しさや痛みについては強い鎮痛効果のあるメサペインを服用されているので、今のところ本人は苦痛を感じて無いと思われます。ただもうそれほど残された時間は、無いと思いますので、後悔の無い看取りをしてください。もう少し希望のもてることを書けたらいいのですが、今の医学では残念ながら進行した癌には、専門医でさえも無力なのが現状です。

平成17年の5月に母の体調に異変が発生して、病院で診察してもらったところ、すでに末期の肺がんで肺内転移があり、ステージ4で手術による根治は、不可能で抗癌剤による延命治療しか出来ないと言われました。その後、すぐに専門医のいる大きな病院へ転院し、組織検査による確定診断で肺線癌とわかりました。分子標的薬のイレッサが効いてくれたので、1年半ほど平穏で安定した状態を保てたのですが、だんだん癌細胞が薬に対する耐性を示すようになり、治療をあきらめざるを得なくなり、あとは痛みや苦痛の緩和のみと...続きを読む

Q放射線治療を開始する同僚のとなりの席

に座って仕事しています。1ヶ月、毎日放射線を浴びに通院するみたいで、治療後、会社に戻って来て仕事するって言っていますが、正直家族より、放射能の影響が濃いんじゃないか、不安です。
間違った知識でしょうか?

Aベストアンサー

放射線治療に一般的に使われるのはX線や電子線です。
これによって放射化することはないので心配はないです。

http://ponto.cs.kyoto-wu.ac.jp/~mizuno/q-and-a-20011023.html

Q乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリ

乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリタクセルの抗がん剤治療をしていますが、足の痺れの副作用がひどいと医師に言うと、50%減量して治療しましょう、と言われ、2ヶ月になりました。副作用で抜けた髪の毛がまた生えてきました。50%減量して、効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

トリプルネガティブ乳がん患者会「ふくろうの会」 tnbc.fukurounokai@gmail.com
こちらに入会されるのもよろしいかと思います。

Q腹部放射線治療への副作用について

腹部への放射線治療によってどのような副作用が出現がするのかを
くわしく知りたいです。
本で調べてみると、膀胱刺激症状、腹部刺激症状、皮膚の変化などが
挙げられていましたが、それらの症状がいつ、どれくらいの割合で、
出現するのかを知りたいです。また、その他の副作用があればそれらも
教えて頂きたいです。(約60Gyあてるとのことなのですが、、)

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは「国立がんセンター」のHPからのものですが、参考になりますでしょうか?
「放射線療法」
このページで「副作用」の項を参考にしてください。
頻度等の記載はないようですが、臨床関係の論文を検索しなければ詳細はわからないのではないでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010706.html#08


人気Q&Aランキング