ジョニーデップ&P・クルスが共演した「ブロウ」という映画を探しているのですが、近所のTSUTAYAにはありませんでした。
今年の9月頃に劇場公開されていたのですが、まだビデオ、DVDリリースされていないんですかね・・・?

何でもいいので情報をください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今のところ、「ビデオ化は未定」(参考URL)とのことですが…


http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml …

時々、「TSUTAYA online」で、 検索してみると、新しい情報が得られるのでは?
http://www.tsutaya.co.jp/index.zhtml

レンタル開始日が決定すると「新作情報」にも掲載されます。
http://www.tsutaya.co.jp/lineup/movie/vi0001.zhtml

この作品の公式サイトはこちら…
http://www.blow-jp.com/

アメリカでは、すでに ビデオもDVDも発売されているようです。
http://www.getsomeblow.com/index2.html

参考URL:http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
発売未定なんですね・・・。
はやくリリースして欲しいものです。

お礼日時:2002/01/25 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今月に公開されている洋画で おすすめの作品は?

今月に公開されている洋画で おすすめの作品は?

こんばんは。
何か映画(洋画)を見にいきたいと思っています。

今、調べてみて気になったのは
「トワイライトサーガ」と
「ハリーポッター」

トワイライトは前作をみていないし、ハリーポッターは最初の1、2作しか見ていません。
それでも、楽しめるでしょうか・・・。

どちらがおすすめとか、他におもしろい洋画があれば教えてください。

Aベストアンサー

トワイライトは未見ですが、ハリー・ポッターの最終巻は、原作を読む限りそれまでの伏線を一気に回収しにかかるので、伏線回収がなくてもその場その場のアクションシーンを見られればいい、という方以外はキツいかと想像します。これまでの作品を見ておくと、より楽しめると思います。

ナイト&デイ
アクションの派手さを、頭をひねらずに楽しめるのはこの作品です。日本では作れない、単純明快、勧善懲悪の豪快なハリウッド映画で、笑いもそこそこあり楽しめました。

ミックマック
アメリの監督が描く復讐劇。復讐と言っても人を殺めるわけではなく、「いやな気持ちにさせる」程度なので(ミックマックというのはフランス語で「いたずら」という意味らしいです)笑えました。そして、悪徳武器商人がそのターゲットなので、痛快でおもしろかったです。

小さな村の小さなダンサー
公開館が非常に限られていますが、今年一番感動しました。毛沢東時代の中国で、当局に運動神経の良さを見込まれた田舎の少年が、親元を離れて強制的にバレエダンサーにさせられ、国力を見せるためにアメリカのカンパニーへ送られるが、そこで自我と自由と恋に目覚め、自分の夢と祖国への忠誠の間で葛藤する、リー・ツンシンという実在のバレエダンサーの話です。

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
今週末の公開ですが、前評判を聞いていると間違いない佳作だと思われます。ビートルズ結成前のジョン・レノンと、ポール・マッカートニーの出会いを描いたイギリス製作のドラマです。

悪人
洋画をとのことでしたが、悪人は今年の邦画では個人的にとても好きでした。殺人を犯した男と、男と恋に落ちる女の逃避行・・・がメインではありますが、彼らを取り巻く様々な人間模様や、彼らの一筋縄でない思惑と心情が複雑に絡み合い、映画を見終わった後もかなり心の奥に布石を落とされた感じです。久石譲の音楽も合わせて、映像も美しかったです。ぜひ、「悪人探し」をしないで、どこにでもある人間ドラマを見るつもりで、まっさらな目で見ていただきたいなぁ、、と思います。

ご参考になれば幸いです。

トワイライトは未見ですが、ハリー・ポッターの最終巻は、原作を読む限りそれまでの伏線を一気に回収しにかかるので、伏線回収がなくてもその場その場のアクションシーンを見られればいい、という方以外はキツいかと想像します。これまでの作品を見ておくと、より楽しめると思います。

ナイト&デイ
アクションの派手さを、頭をひねらずに楽しめるのはこの作品です。日本では作れない、単純明快、勧善懲悪の豪快なハリウッド映画で、笑いもそこそこあり楽しめました。

ミックマック
アメリの監督が描く復讐劇。復...続きを読む

Q今年のアカデミー賞受賞作の劇場公開について

今春に発表されたアカデミー賞受賞作品(作品賞以外、ノミネート作も含む)ですが、日本では公開されたのでしょうか?

つい最近レンタルDVDで、「クラッシュ」、「ウォークザライン」、「シリアナ」「プライドと偏見」「ミュンヘン」は見ましたが、「グッドナイト&グッドラック」とか作品賞最有力だった「ブロークバックマウンテン」、「カポーティ」はまだDVD化されていませんよね。

以上に挙げた映画だけでも構いませんので、日本公開の有無とDVD化の予定など、わかる範囲で教えてください。

Aベストアンサー

 今晩は。
 『グッドナイト&グッドラック』は劇場公開されているので、いずれDVDも出るのではないでしょうか。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=323374
アメリカでもDVDが出されたのは公開後5ヵ月経ってからでした。

 『カポーティ』は9月30日に東京地区で公開予定です。以後は順次全国ロード・ショーとのこと。
 数日前のここの質問にソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントが配給する作品に関するものがありました。その際にこの題を見かけたので再度見直したところ、こちらのようになっています。
http://www.sonypictures.jp/movies/capote/index.html
 各地の公開予定などはここを見てください。現時点では東京の2館より先は未定になっていますが、10月以後に更新されて行くでしょう。

 『ブロークバック・マウンテン』に付いては既に回答がありますね。これは今年3月4日に劇場公開されました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=323840

 今晩は。
 『グッドナイト&グッドラック』は劇場公開されているので、いずれDVDも出るのではないでしょうか。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=323374
アメリカでもDVDが出されたのは公開後5ヵ月経ってからでした。

 『カポーティ』は9月30日に東京地区で公開予定です。以後は順次全国ロード・ショーとのこと。
 数日前のここの質問にソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントが配給する作品に関するものがありました。その際にこの題を見かけたので再度見直したところ、こちら...続きを読む

Qおすすめの洋画、洋楽、海外ドラマは?

おすすめの洋画、洋楽、海外ドラマは?

Aベストアンサー

私がおすすめする洋楽はone directionです(^^)
私自身も知り合いにおすすめしてもらい聞き始めたのですが、とにかくいい曲がたくさんあります!!
パッピーな気分のとき、悲しい気分のとき、ぼんやりしている気分のときなど…どんな気分のときでもマッチする曲です♪♪

Qハリーポッター公開中の劇場について

ハリーポッターの前売り券を買ったのですが、受験の為ずっと行くことが出来ずチケットが無駄になってしまいそうです。関東地区でまだ公開している劇場を一つでも知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

まだ結構やっていますよ。
参考URLは、「Yahoo!ムービー」(http://movies.yahoo.co.jp/)のハリーポッター作品情報のページですが、この中に「この作品の上映情報」検索がありますので、rexkunさんのお住まいの都道府県を入力してみてください。

参考URL:http://movies.yahoo.co.jp/m1?ty=rs&id=137428

Qおすすめの洋画!(ミニミニ大作戦みたいなやつw

自分は、ミニミニ大作戦など盗む?泥棒系とかTaxi NYなどがスキです!
何かおすすめの洋画ございませんか?
また、大学を舞台とした洋画など知りませんか?(例・ドラムライン等・・・)
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

車&泥棒系なら「60セカンズ」でしょうか。
兄弟の命を救うために高級車ばかり24時間以内に50台盗む話です。N・ケイジ&A・ジョリー出演

カーチェイスがお好きなら、断然「ワイルドスピード」です。路上レースのお話。パート2もありますし。

確か大学じゃなくて高校だったと思いますけど、部活学園系(?)で言えば「チアーズ」は観ましたか?チアリーディングで全米選手権に挑むスポコン系の映画です。これも続編があります。(続編は未見ですが)

今思いついたのはこれだけです。
また、思い出したらやってきます。

Qジョニーデップの作品

ジョニーデップが好きです!
作品全部制覇してる方いますか?

制覇してる方は、レンタルされてない作品はネット注文してるのですか?

私が、観てないのでこれは観た方がいいというのがありましたらお願いします。

グロさがある作品は苦手です。(スリーピーホロウやスウィーニートッドなど。雰囲気は好きですが。)

以下は観た作品です。

これ以外で宜しくです(^^)


パイレーツオブカリビアンシリーズ

チャーリーとチョコレート工場

シザーハンズ

ネバーランド

妹の恋人

ショコラ

シークレットウインドウ

スリーピーホロウ

スウィーニートッド

Aベストアンサー

改めてデータベースを確認してみたら、デップ出演作は9割がた観ていますね。デップが好きなのもさることながら、彼が出演するような映画が好きなのです。その点、正直言うと、近年の『パイレーツ~』など、派手な映画は、私としては今ひとつピンときません。さて、デップ作品はどうしても多少のグロさが入ってしまうのが常ですが、できるだけ排除して、まだ挙がっていないおすすめを、古い順に申しますと以下のとおりです。

『プラトーン』
言わずと知れたオリヴァー・ストーン監督のベトナム戦争三部作。デップは脇役ですが、すでに彼らしい魅力が漂っています。デップ・マニアにはおすすめ。

『クライ・ベイビー』
カルト的なロックンロール映画です。かつてレンタルVHSで観た記憶が。大手レンタル店などでリクエストすれば、取り寄せてくれるかもしれません。

『ブロウ』
実在する麻薬売人を演じています。70年代を知らない世代には、ひょっとしたら面白みに欠けるかもしれませんが、まさしくデップ自身が育った世代なので、押さえておきたいところです。

『パブリック・エネミーズ』
そろそろ上映が終わりDVD発売はもう少し先、といったところでしょうか。久々のデップ作品らしい映画でした。ちなみに、共演しているクリスチャン・ベールも質の良い映画にばかり出演する俳優です。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=41401&ct=

改めてデータベースを確認してみたら、デップ出演作は9割がた観ていますね。デップが好きなのもさることながら、彼が出演するような映画が好きなのです。その点、正直言うと、近年の『パイレーツ~』など、派手な映画は、私としては今ひとつピンときません。さて、デップ作品はどうしても多少のグロさが入ってしまうのが常ですが、できるだけ排除して、まだ挙がっていないおすすめを、古い順に申しますと以下のとおりです。

『プラトーン』
言わずと知れたオリヴァー・ストーン監督のベトナム戦争三部作。デ...続きを読む

Qおすすめの名作洋画

以前「サタスマ」で、
~90年代前半位までの名作映画特集をやっていました。
洋画は金曜ロードショーで観る程度なので、「永遠に美しく」「ホームアローン」「バックトゥザフューチャー」等
コメディー系のものはよく観るのですが、その特集を見たら、もっと洋画を見たいと思いました。

とりあえず覚えていた「フットルース」「クレイマークレイマー」は観ました。面白かったです。

みなさんのおすすめの洋画を教えてください。
ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

こんにちは。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を映画館へ観に行った世代です。

「恋人たちの予感」1989年
ラブコメです。
この映画でメグ・ライアンのファンになった人が多いです。
私もその1人。^^

「スプラッシュ」1984年
トム・ハンクスとダリル・ハンナのラブ・ファンタジー。
ダリル・ハンナの人魚姿が美しい。

「黄昏」1981年
今は亡きヘンリー・フォンダと娘ジェーン・フォンダが共演した
家族の関係などを見つめなおす親子を描いた人間ドラマ。

「赤ちゃんはトップレディがお好き」1987年
ダイアン・キートンがキャリアウーマンを演じたコメディ。

「ハンナとその姉妹」1986年
ニューヨークで暮らす三姉妹を描いた人間ドラマ。

こんなんで参考になれば、幸いです。

Qペネロペ・クルス主演の「17歳」という映画について

こんばんは、タイトルにあるとおり、この映画を見ていて(と、言ってもレンタル期間内に全て見切れなくて、始めのほうしか見ていませんが)、疑問に思ったのですが、ペネロペさんってアメリカの出身ですよね??しかし映画で使われている言語は英語ではないです。。どういうことでしょう??それと、短髪で少し気が強めの女性、ソル(アナ)についてくわしく紹介されているHPをご存知でしたら教えてください!!
おねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。No.3で回答した者です。

ご質問の回答ですが、(1)に関しては、彼女の普段の様子を見たことありませんのでわからないです。現地のワイドショーでも見ればわかるかもしれませんが…。一応、色々調べて見たのですが、公表されているプロフィール以外のことはほとんど見つかりませんでした。

ただ、スペイン人はタバコをよく吸います。日本ではなかなか見られないことですが、マナーがあまり良くなく、若い女性でも歩きタバコは当たり前です。今年になってようやく禁煙法(禁煙場所の増加など)が導入されてたそうですが、それ以前は公共の場(お店、病院、教会など)でも自由でした。歩きタバコどころか、店員がタバコ吸いながらレジ打つことも珍しくないんです。すごい国でしょ(笑)

また、スペインでは女性でも自分の意見をしっかりと主張しますので、日本人からみると性格がきつく感じてしまいます。決して全てのスペイン人がタバコをよく吸い、自己主張の強い人とは限りませんが、アナが典型的なスペイン女性であれば、普段の彼女も映画で演じている役に近いかもしれません。

(2)についてですが、スペインでこの映画が公開されたのが1995年です。アナの公式サイトに載っています。もう少し詳しく調べると、翌年に世界の何ヶ国で公開されているらしく、日本語や英語のサイトでは1996年と表記されています。同年(1996年)にビデオが作成され海外では発売されています。日本では未公開でしたが、2004年になってようやくビデオとDVDが発売されています。それで、ここ最近レンタル屋さんにも置いてあるんでしょうね。

・スペイン語の映画紹介
http://es.movies.yahoo.com/db/f/2/0/202283.html

・日本語での紹介
http://www.taki-c.co.jp/cont/BRUJAS/
※サイト内で、DVDの制作が1994年とありますが、2004年の間違いです。

こんにちは。No.3で回答した者です。

ご質問の回答ですが、(1)に関しては、彼女の普段の様子を見たことありませんのでわからないです。現地のワイドショーでも見ればわかるかもしれませんが…。一応、色々調べて見たのですが、公表されているプロフィール以外のことはほとんど見つかりませんでした。

ただ、スペイン人はタバコをよく吸います。日本ではなかなか見られないことですが、マナーがあまり良くなく、若い女性でも歩きタバコは当たり前です。今年になってようやく禁煙法(禁煙場所の増加など)が...続きを読む

Q映画でおすすめの洋画

洋画の映画でおすすめを教えてください。

サスペンス系かアクション系が嬉しいです。

Aベストアンサー

アクション系ですと、「ザ・ロック」、「ブロークンアロー」、「ボーン」シリーズ、「沈黙の戦艦」「沈黙の要塞」「暴走特急」、「エネミーライン」、「スピード」、「ヒート」、サム・ライミ監督の「スパイダーマン」、「パッセンジャー57」あんまり多くてもあれなんでこのへんで。

サスペンスの定義はあやふやですが、「セブン」、「LAコンフィデンシャル」、「CUBE」、「エクザム」、「逃亡者」は面白かったと思います。

QDVDが出ているのに劇場公開しない理由

日本で劇場未公開のまま、DVDになっている作品がありますが、なぜパッケージ化は出来るのに劇場で上映出来ないのでしょうか?

上映に伴うコストを賄うだけの、観客を動員する事が困難だからでしょうか。
でも、DVDの場合も翻訳や販売店の経費が掛かりますよね。

Aベストアンサー

簡単に言うと掛かる経費がまったく違うからです。
また製作した会社と契約して配給はしたものの、上映する映画館がどこにも無い、なんてこともありまして、映画の劇場公開はかなりのリスクを負っているということも理由のひとつです。

海外の映画を買い付ける場合には、劇場公開のみの契約とか、DVDなどビデオ化して販売する契約も含んだり、TV局に売ることも含む、などなどいろいろな契約の仕方があります。
ただある程度大きな配給会社じゃないとDVDを作成して売るという、販売ルートを持っていないのが普通です。
単館ロードショーのアート系作品に力を入れている配給会社などは、DVDの販売会社を持ってはいません。

これとは逆にマイナーな映画を買い付けてDVD化する会社は、映画を配給して、興行会社と手を組んで映画館で上映してもらう、というルートを大半が持っていません。

DVDの場合にはデジタル化したデータ(多くが放送業務用のビデオテープですが)だけがあれば、後は翻訳や字幕付けなど日本国内でぜんぶの作業を完結できますが、映画そのものだと、上映の規模によっては上映用プリントを作るためのネガ、あるいはマスターポジというフィルムそのものを製作会社から送ってもらう必用がありまして、それがかなりの荷物になります。
で、全国100館で上映となれば、100本分のフィルム、デジタル上映ならばそのデータを作らないといけません。

で、日本の興行システムだと、入場料金として売り上げたお金を映画館が半分は持っていきまして、残り分から宣伝費や、上映用のプリント費なんかを差し引いて、残った分が配給会社の取り分となりますが、この宣伝費がバカになりません。
全国紙に1面広告を打てば、それだけで数千万円です。
プリント代も数が多ければ多いほど1本分が安くなるものの、100本だとだいたい3500万円はかかります。
ということで、宣伝とプリント費だけでも億円に手が届くほどなんです。邦画だと製作費よりも宣伝費の方が高かった、なんてこともあるんです。

で、DVD発売だけだと、そこそこ有名な欧州の映画でも契約料は100万円くらいからですし、それに字幕を入れてDVDの原版を作ってもたいした金額にはなりません。台湾あたりの工場でDVDをプレスすれば、1枚50円くらいで出来ちゃうところもあります。

さらに映画館で上映する予定で買い付けたけど、上映してくれる映画館が見つからず、そのままお蔵入り、ということもけっこうあります。
近年だと3.11の震災の影響で、「唐山大地震」という映画がお蔵入りのままです。
これです。去年の夏前には上映予定だったと思うんですけど。
http://tozan-movie.jp/iphone/

上映直前に出演者がトラブルを起こして上映は延期とか(押尾学作品がトラブルで無期延期になってます)、様々なリスクがあるわけです。


こういったことから、DVD販売はしても映画館では上映しない映画はたくさんあるわけです。

簡単に言うと掛かる経費がまったく違うからです。
また製作した会社と契約して配給はしたものの、上映する映画館がどこにも無い、なんてこともありまして、映画の劇場公開はかなりのリスクを負っているということも理由のひとつです。

海外の映画を買い付ける場合には、劇場公開のみの契約とか、DVDなどビデオ化して販売する契約も含んだり、TV局に売ることも含む、などなどいろいろな契約の仕方があります。
ただある程度大きな配給会社じゃないとDVDを作成して売るという、販売ルートを持っていないの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報