ある機器の液晶(電卓の画面のようなタイプ)の偏光板をとって、たてにして張り替えて改造したいと考えています(つまり、今まで黒く見えていた部分を白抜き、何もなかったところを黒くしたい)。しかし、たいてい液晶画面というものは長方形で、そこに張ってあった偏光版をただ縦にして使うと、想像つくとおり、上ははみ出て、横は足りなくなってしまいます。偏光板を切ってつなぎ合わせようとすると見栄えが悪くなるし、扱っているうちに指紋がついて汚くなったりしまいます。
そこで、偏光板って売っていないんですか?知っている方お願いします。

それと、あまり関係ないですが、このような改造って合法ですか、違法ですか?よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

違法では無いですが、保証対象外にはなります。



#1の方の言われる通り、普通の白抜き方法は裏返すだけでOKですね。

後、偏向板は、ハンズ等でも簡単に入手可能です。

この回答への補足

すいません。ちょっと補足します。
完全な電卓型のやつじゃなくて、バックライトつきのやつです。
普通は表示板の上にはってあるのですが、私のは(バックライトがあるため?)表示板の下にあるのです。上から言っていくと、表示板→偏光板→バックライトのシートの順番で重なっています。
この偏光板をもう少し詳しく説明すると、普通のものは光を反射し、見やすくするための銀色のシートが下にはってあるのですが、今回のはそれと一体型なんです。つまり、偏光板にさらに下のバックライトの光を通せるように半透明の銀のシートがはってある(塗ってある?)のです。

ですから、裏返しにすると、銀のほうが上にきて、ディスプレイが見えなくなってしまうのです。こんな偏光板ってないですか?

なお、私は機械に詳しいわけではなく、ただ興味だけで改造する素人ですので、上に書いた説明が必ずしも正しいとは限りません。でも観察したところ、そんな感じになってたということで・・・

補足日時:2001/12/27 11:50
    • good
    • 1

物を見て見ないと何とも言えないかも知れませんが...。



通常、液晶は2枚の偏光板に挟まれている筈ですので、
表面側にも偏光シートが貼られてると思うのですが?

>こんな偏光板ってないですか?
#3の方の言われておられるシール状の物で、作るのはどうです?
    • good
    • 0

 東急ハンズに売っていました。

(最近は不明)

 偏光フィルム
  20x20cm \560
  20x20cm \640 (粘着タイプ=片面が粘着剤付き)



 機器が不明ですが、この程度の改造は、個人の責任で(保証等の
権利が無くなります)行うのであれば違法では有りません。



http://www.tokyu-hands.co.jp/

参考URL:http://www.tokyu-hands.co.jp/
    • good
    • 0

その手の偏光板は斜め45度にライン(って言うのかな?)が走っているものが多いので、裏向けに付けるだけで白黒入れ替わるのではないでしょうか?



液晶クロックモジュールをいくつか買って、試したらすべて入れ替わりましたよ。

別に違法ではないと思いますけど・・・・。違法である根拠がなにもないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円偏光

素人ですみません。教えてください。
(1)偏光子に円偏光を透過させるとどうなるのでしょうか?
 直線成分だけが透過するのか、はたまた全透過するのか?
(2)1/4波長板に無偏光を透過させるとどうなるのでしょうか?
 円偏光になるのか、はたまた円偏光になるけどランダム(結局無偏光)?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)偏光子に円偏光を透過させるとどうなるのでしょうか?
直線成分だけが透過します。

>(2)1/4波長板に無偏光を透過させるとどうなるのでしょうか?
結果的には無偏光になります。
入力光はランダムな偏光の集まりですが、個々の偏光と1/4波長板主軸との相対角度により透過光が楕円偏光、円偏光、あるいは直線偏光になったりします。

Q偏光板についてわかるかた!

液晶?などに使われている偏光板を使って、電圧がかかているときに
は光を通さない、透明の板を作りたいのですが、具体的な作り方(何を使用するなど)がわかりません。

普段 → 透明(光を通している)
電圧 → スモーク状態(光を通さない)

自分で探したのですが、どこにも載っていなかったので
大学などで習ったことがある方、教えてください><

Aベストアンサー

まぁ、まずこれでも見てください。
EPSON 液晶ディスプレィの仕組み
http://www.epson.jp/sense/tankentai/display/shikumi03.swf

偏向板と液晶の両方があって「そのままでは透明、電圧をかけると不透明」
という装置を作れます。
偏向板だけでも2枚を90度ずらして重ねれば黒くなるので、
「電圧をかけると90度回転する」仕掛けが作れれば実現可能です。

QTM偏光とTE偏光

TM偏光とTE偏光/s偏光とp偏光・・・混乱しています。

s偏光とp偏光はなんとなくわかりました。
s偏光:入射面に垂直な偏光方向
p偏光:入射面に平行な偏光方向

以前にあった質問(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=152029)で
>偏光の方向を示す言葉として、TE(Transverse Electric field)、
>TM(Transverse Macnetic field)という言葉も使われます。
>TEは電場が横方向なので「水平偏光」、TMは磁場が横方向なので「垂直偏光」となります。
という回答があったのですが、これも入射面に対して横方向(つまり平行?)なのでしょうか?
とすると、s偏光=TM偏光(p偏光=TE偏光)といえるのですか?
そもそもTM偏光とTE偏光/s偏光とp偏光に相関はあるのですか??

なぜ混乱し始めたかというと、別の観点からの説明で、TM偏光とTE偏光について
線状の格子(もしくは溝)への入射では、
格子に垂直な偏光:TM偏光
格子に平行な偏光:TE偏光
と書いてあるものがありました。
二つの説明が正しいとすると、格子が入射面に垂直方向にある場合のp偏光は、TM偏光なのかTE偏光なのか・・・???

とくにTM偏光とTE偏光というのはどういう偏光を指すのかが知りたいです。
まとまらずすみませんが、詳しい方教えてください。

TM偏光とTE偏光/s偏光とp偏光・・・混乱しています。

s偏光とp偏光はなんとなくわかりました。
s偏光:入射面に垂直な偏光方向
p偏光:入射面に平行な偏光方向

以前にあった質問(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=152029)で
>偏光の方向を示す言葉として、TE(Transverse Electric field)、
>TM(Transverse Macnetic field)という言葉も使われます。
>TEは電場が横方向なので「水平偏光」、TMは磁場が横方向なので「垂直偏光」となります。
という回答があったのですが、これ...続きを読む

Aベストアンサー

ご当人が説明いたします。

通常光の偏光方向は電場の方向を指します。
s偏光というと電場が入射面に垂直というわけです。

さて、TE,TMと言う場合は「何に対して横なのか」が問題となります。
格子を取り上げた場合は、格子の方向に横に並ぶ方向が電波方向=TE偏光となります。
これがわかれば直交する方向はTMになりますね。
(transverseに対する言葉はlongitudinalになります)

つまり何かの基準となる方向に対してTEとかTMとか言うわけです。

一方s,p偏光は「入射面」に対して言うことが決まっています。

では両者の関係はというとTE,TMを入射面に対して使うことはありません。(理由はよくわかりませんが必要性がないのでしょう)

で、s,p偏光とTE,TMでは決定的な違いがあります。
s,p偏光はある境界面があり、「斜め方向に入射」するときしかs,p偏光という区分はありません。
なぜならば、境界面に垂直であればそもそも入射面が定義できないからです。

一方TE,TMは、たとえば格子を基準に取れば入射角によって区別できないと言うことはありません。
(強いて言うと、格子の方向と光の進行方向が一致するとそういう状態になりますが、普通そういう状態はありませんよね)

だから、たとえば格子面に光が入射するとき、垂直入射であればTE,TM偏光などと言うことは出来ますが、このときにはs,p偏光という区別はありません。

以上で両者必要に応じて使い分けている訳です。

ご当人が説明いたします。

通常光の偏光方向は電場の方向を指します。
s偏光というと電場が入射面に垂直というわけです。

さて、TE,TMと言う場合は「何に対して横なのか」が問題となります。
格子を取り上げた場合は、格子の方向に横に並ぶ方向が電波方向=TE偏光となります。
これがわかれば直交する方向はTMになりますね。
(transverseに対する言葉はlongitudinalになります)

つまり何かの基準となる方向に対してTEとかTMとか言うわけです。

一方s,p偏光は「入射面」に対し...続きを読む

Q2mmスチール板からアルミ板に変更方法を教えて下さい。お願いします。

オートバイTL125のレストアをしています。エンジンとフレームをボルトでつなぐプレートの2mmスチール板をアルミに変更したいのですが、アルミの種類(A2017,A5052等)と厚さをどの様にすれば良いか判りません。すみません、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。私は設計をしたこともないですし、物性について良く知っているわけでもありません。以下は参考までにどうぞ。

 そのプレートの材質は多分S45CかSCM材辺りというところでしょう。SCMはデータが見つからなかったので、以下はS45Cとしておきます。データはこちら。
http://www.toishi.info/sozai/sxxc/s45c.html
降伏点 345以上。引張強さ 570以上 。
この辺を比較すると良いと思われます。
 アルミ合金では性状が鉄鋼とは異なるため、降伏点の代わりに耐力という概念を用いるようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%8D%E4%BC%8F_(%E7%89%A9%E7%90%86)
 具体的なデータはこちら。
http://www.zairyo-ya.com/info/zaisen_tebiki_2.html
このページで、数値が近いものを選ぶと、A2017かA7075のいずれかというところでしょう。
 A2017だと耐力で25%、引張強さで20%程度不足します。単純に元の部品の厚みに当てはめると2.5くらいですが、なんだか少々足りなそうな気もします。第一、素材寸法が2.5という既製品は無いようですから、最低でも3㎜ということになります。
 A7075だと数値はほとんど同じです。念のために多少厚めの板を選択すれば十分かもしれません。ただし材料販売サイトで確認すると、7075は最も薄いもので8.5とあります。
http://fawos.misumi.jp/fas/cadroot/MetalPlate.php
ここでは薄めのものを扱っていないというだけのことかもしれません。現にA7075に匹敵する強度を持つANP79というアルミ合金もここに出ていますが、やはりかなり厚いものしか出てきません。しかし私のところで以前加工した材料は4mmでした。

 ということで、より一般的なA2017で厚みを3か4にしておけば良いのではないかと思います。

こんにちは。私は設計をしたこともないですし、物性について良く知っているわけでもありません。以下は参考までにどうぞ。

 そのプレートの材質は多分S45CかSCM材辺りというところでしょう。SCMはデータが見つからなかったので、以下はS45Cとしておきます。データはこちら。
http://www.toishi.info/sozai/sxxc/s45c.html
降伏点 345以上。引張強さ 570以上 。
この辺を比較すると良いと思われます。
 アルミ合金では性状が鉄鋼とは異なるため、降伏点の代わりに耐力という概念を用いるようです。
https://ja...続きを読む

Q偏光顕微鏡

液晶の温度変化による観察で偏光顕微鏡を使いました。
このとき、上下二枚の偏光板をクロスニコルにして観察を行ったのですが、こうすることでいったい何が違うのでしょうか??
偏光顕微鏡を使うことで、おそらく普通の顕微鏡では見えない色の変化が見えるから、だから偏光顕微鏡を使っているのだと思うのですが、試料と光源の間にある偏光板、試料と観測者の間にある偏光板、この位置にある偏光板はどういう原理で、観察にどう影響するのかがわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは。
直交と平交では、非旋光部分の見え方が逆になります。
つまり、平行ニコルでは、下(光源側)の偏光が旋光されて角度が変わり、その分、上の偏光版でさえぎられて陰影になります。
非旋光部分は偏光の軸は変わらないのでそのまま上の偏光板を通過し、背景は明るくなります。

見え方としては、明るい視野の中に、偏光の程度によって色が付いて見えるわけです。
色の変化がきれいに見えるので、偏光状態の分布や場所による変化を観察するのに適しています。

直交ニコルでは、下から来る偏光はそのままでは上の偏光板と軸が違うので真っ暗になります。
旋光部分があると、その程度により、上の偏光板を通過できる成分が増えるので、光って見えます。

暗い中に光る場所が見えるので、旋光部分の存在を検出するのに向いています。

以上は一般論であって、実際には観察する標本によって、どっちが見やすい、というのも出てきます。

Q円偏光フィルタについて

カメラ初心者です。デジイチ(nikonD200)で円偏向フィルタを付けたら、ピントが合いにくくなり、シャッターが思うようにきれなくなりました。これはこういうものなのですか?なにか回避法があるのですか?教えてください。もちろんレンズとフィルタは汚れて無く、フィルタを外すと普通に撮れます。

Aベストアンサー

被写体が暗いとか、コントラストが少ない場合、合わない時がありますよ。
レンズの開放F値(3.5~4.5とかの、カタログに載ってる数値)が暗い場合も合いづらいです。
逆に真っ白とか光っているものの場合も。

逆に言えば、合焦させたいポイントと同じくらいの距離にある、よりコントラストが高い場所に向かってAFで合わせれば、合うかもしれません。
出来れば中央のAFターゲットを使って、それだけで測距した方がいいと思います。
周囲のターゲットは中央よりも性能が落ちるので。

カメラの性能も落ちてきていると思います。
古いカメラですので。
一度サービスセンターでチェックしてもらうのもいいかもですね。

Q偏光

光の偏光についてです。

光の偏光について勉強しているのですが、例えばある物質(生体でもいい)に光を当てその偏光の変化とかを調べたらどういうメリットがあるんですか?

光には散乱や吸収や偏光や回折といった現象がありますが、光計測をするにあたって、偏光の最大の特徴ってなんですか?

生体に直線偏光のレーザーを照射した時に生体から出射した光の偏光は当然変化するわけです。

このように偏光の変化を調べることは何に応用されるのでしょうか?

偏光に詳しい方、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 人間など脊椎動物は偏光を知る視覚は持っていませんが、昆虫などは偏光を知覚することができますから、青空さえ見えていれば方向を知ることができますね。
 偏光を用いたものだと、鉱物の観察に使用される偏光顕微鏡、材料の歪を調べる偏光フィルター、濃度を調べる旋光濃度計
 利用したものだと、液晶テレビ、3Dめがね、釣りで使う偏光めがねなどでしょうか?

Qエンビ板、アクリル板を上手にカットしたい。

市販のエンビ、アクリル板910mm(2mm~3mm位の厚さ)を上手く直線にカットしたいのですが、DIY店で木材ならカット可能であるが断られてしまいました、上手に切断する方法やカットを扱う所などお知りの方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
のこぎりなどの切断方法や熱線による切断方法もありますが、両者とも機械による切断向きです。
のこを使うと摩擦で樹脂が溶け歯にこびりつきます。
歯にこびりつかない様にするには熱の持たない様な粗い歯で、機械の様に正確に素早く動かしゆっくりとカットしていかなければ成りません。
多分失敗してクラック(ヒビ)がかなりいくでしょう!
 熱線での切断ですが、細い線ですので、こちらも機械の様に一定のテンションで力を加えないと、
溶けた樹脂が絡み付き左右に波打つ様にゆがみます。
私は、アクリルカッターで、0.5mmの余裕をおいて、5mmまでの板をカットしていますが、
非常に綺麗です。
前者の2種類も何回かしましたが不適でした。
熱線は、0.5mm厚以下と発泡スチロールのカットには有効でした。
余分なところがあるのなら試しに色々なカットをしては如何ですか!

Q偏光フィルターで円偏光は?

偏光フィルターの仕組みをそれなりに調べたところ
「電場の共鳴によってカットする」と理解しました。
まずは、この理解の仕方でよいでしょうか??

もしあっているのであれば、
円偏光、楕円偏光、直線偏光のどれであっても
電場の方向次第で透過するのでしょうか??
位相がバラバラなものから直線偏光のみを取り出す方法は
世の中には存在しないのでしょうか?

偏光というものを調べていると
電場と磁場の合成ベクトルとしての「偏光」と
電場ベクトルの方向を代表させて「偏光」と言っている場合と
使われ方は様々で混乱しております。

ちなみに、今回は「合成ベクトルとしての偏光」が
偏光だということにしていただけると幸いです。

わかりやすい回答、お待ちしております

Aベストアンサー

1) 偏光フィルターを通った光は直線偏光ですが、これは円偏光がすべてカット
された結果なのか、もしくは円偏光が直線偏光にされてしまうからなのか、
どちらなのでしょうか?
さすがに後者はないよなと思いつつ、念のため質問させていただきます。
   ↓
 ある物理量がベクトル量であるときに、そのベクトルの分解・合成がイメージ
 として掴めていますか?

 これが適切なアナロジー(相似)になっているかどうか自信はないのですが、
 例えば、ここに1次元のレールがあってその上にレール方向に摩擦なく動ける
 台車が載っているとします。この台車のおしりにレールに沿う方向に力を
 加えると、もちろん台車はレールに沿って動きますね?
 では、台車のおしりをレールと角度θをなす斜め方向から押したらどうで
 しょう? 台車はレールに束縛されてレールと直交方向には動けません(脱線
 は考えない)が、斜めの力でも押されて(レール直交方向にも押し付けられて
 いますが摩擦はないので)レール方向に動き出しますよね? このときの動き
 は、押した斜めの力をレール方向とその直交方向に分解して、レール方向の
 力だけを考えたときと同じになりますね。
 偏光子の方位に対して傾いた直線偏光や円偏光を入れた時に、偏光子を透過
 する振動=直線偏光のイメージはちょうどこんな感じではないでしょうか?

(2) 一部の偏光フィルタは波長の二分の一以下幅の「スリット」が並んでいる構造
ですが、これが「スリット」単体だと光は伝播光として通過できるのでしょうか?
 私の混乱は「スリット」一つでも偏光方向によって通過できると思い込んでいる
ことが混乱の原因なのではないかとわかってきたので、このような質問をさせて
いただきます。
   ↓
 もちろん、スリット1つでもある程度の偏光特性は持つと思います。ただし、
 不完全(反対成分もかなり抜けてくる)なはずです。通常のフラウンホーファー
 回折でも単スリット→複スリット→回折格子、で回折パターンが鮮鋭化していく
 のと同様、複数等間隔で並んでいることによる"合成効果"で、作用が完璧に
 近づくのだと思います。

(3) 偏光フィルタや波長板の構造・原理等がしっかり書いてある良い本がある
でしょうか?
   ↓
 ワイヤーグリッド偏光子の作用については、「第3・光の鉛筆」(鶴田匡夫著、
 新技術コミュニケーションズ刊)に詳しい説明があります("グリッド偏光器"
 で載っています)。

1) 偏光フィルターを通った光は直線偏光ですが、これは円偏光がすべてカット
された結果なのか、もしくは円偏光が直線偏光にされてしまうからなのか、
どちらなのでしょうか?
さすがに後者はないよなと思いつつ、念のため質問させていただきます。
   ↓
 ある物理量がベクトル量であるときに、そのベクトルの分解・合成がイメージ
 として掴めていますか?

 これが適切なアナロジー(相似)になっているかどうか自信はないのですが、
 例えば、ここに1次元のレールがあってその上にレール方向...続きを読む

Qウレタン板でアタッシュケースの仕切り板を作りたいのですが

こんにちは
アタッシュケースにデジタル小物(PDA、デジカメ、バッテリー、各種ケーブルなど)をしまうのに、中でごちゃごちゃにならないように仕切り板(各品物の外形に合わせて穴を開け、そこにはめることで固定する)を作りたいと思います。
こんな用途に合う加工が比較的簡単に出来る材質の板を探しているのですが、ウレタンがいいかなと思っています。
そこで、ウレタンの板を少量でも販売しているお店をご存知の方がいらしたら教えてください。
(東京都内で実際に販売してくれるお店があればベストですが、通信販売でも良いです。)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

カメラ用の「ウレタンブロック」という製品が該当します。
切れ込みが入っていますので、簡単にくりぬくことが出来ます。
サイズもいろいろあります。
例としてエツミのURLを記載します。

参考URL:http://www.etsumi.co.jp/catalogue/catalogue.cgi?id1=1&id2=18&id3=183


人気Q&Aランキング

おすすめ情報