『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

 先日、浅草演芸ホールで寄席を聴く機会がありました。
 そのとき、大トリで真打ちの噺家さんが25分くらいの人情噺を演っておられ、泣けて仕方がありませんでした。
 あらすじですが、年も押し詰まったある日の夜中、子供のいない老夫婦が細々と営む夜泣きそばの屋台に、親の愛情を知らずに育った心荒んだ若者が訪れ、「今からただ食いするから俺を警察につきだしてくれ」と頼みます。
 その老夫婦は、夜も遅いからと家に若者を連れ帰り、親子芝居の相手を頼みます。親子芝居は「この婆あに一度でいいから「おっかさん、ごめんよ」と言っておくれ。三千円。」「このじじいの夢だ「おとっつぁん、年寄りは引き際が大事だ。息子のこの俺に代替わりしてもらうぜ。後の心配はいらねえ。」と言っておくれ。一万円だ」と次第にエスカレート。
 最初はとまどいながらつきあっていた若者ですが、自らも初めての「親子」の言葉を交わすうち、すっかり心の氷が溶け、「芝居でなく、これからずっと俺にあんたたちを親と呼ばしてくれねぇか。心を入れ替えて働くから。」
 とそこで、おじいさんが「言われなくてもこっちは夜泣きのそば屋だ。「細く長く」が生業であります。」とのオチを付けます。
 ぜひ、この噺をもう一度聴きたい。お題や、定本、ビデオ等のデータや、この噺を得意ネタにしている師匠等ご存じの方がいらっしゃったらどうか教えてください。
 不覚にもプログラムを紛失してしまい、師匠の名前も不詳です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

<ラーメン屋> 柳家金吾楼作、五代目古今亭今輔が、よく演じた物のを、土台にした噺のようです。

 
 NHK落語名人選に、ラーメン屋は、収録されています。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
御教示のもの、近所の図書館に確かにありました。
これこれ、この話です。間違いありません。
CDの今輔師匠は既に他界されているので、当日の演者は御弟子系列の方でしょうね。中堅どころよりちょっとシニアぐらいの方にお見受けしましたので。今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2006/01/24 01:23

 『 ラーメン屋 』という噺に似ています.


 これは,古今亭今輔師匠の得意としていた話です.
 
 ただし,『ラーメン屋』はタイトルのとおりラーメンの屋台が
舞台です.
 この噺は大変に古く,したがって現代には合わない部分があるので
改作して演じたのかもしれません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今輔師匠ですか。確か「おばあさん落語」の旗手ですよね。私が聴いたときも、老夫婦のおばあさんの方がとても味がありました。古い噺だとすると、おそらく屋台のそばが原型で、現代風に合わせてラーメンにしたのでしょうね。当日も「この先の交番に・・・」とか、「ガスコンロでお燗を・・・」とかありました。

お礼日時:2006/01/22 17:41

話の内容からすると、新作落語だと思います、浅草演芸場に、日時と時間で問うあわせてみては、如何でしょうか、寄席では、その日のネタ帳が有る筈です。

 
 大トリの前の演者や、他に出ていた人が、分かれば特定できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
日付・時間と場所はさすがに覚えておりますので、問い合わせができるとなれば訊いてみましょう。落語は人並みに好きなのですが、テレビではどうしても「爆笑話」が中心となり、甚だしいときは大師匠が漫談と大差ないようなものを演ったりしているほどで、じっくり聴かせる人情噺は聴く機会がありませんでした。これを機会に、寄席で生の芸能にふれたいと思います。

お礼日時:2006/01/22 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング