人間はいつから色を意識して衣生活の中に取り入れるようになったのでしょうか?旧約聖書の中でも衣装は染色されていたのだそうですが、そのような事を詳しく知っておられる方がいらっしゃったら、是非、教えていただきたいです。どうぞ、よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本最古の染色技法は縄文時代の摺染法*1です。


弥生時代になると大陸から浸染法*2が伝来します。
着色した衣は、染色技術がなかったから着れなかったのではなく、四季の美しい日本では白(無地)の方が映えるので好まれたようですよ。

 *1鉱物からとる顔料(絵の具)を布地に塗りつけたり、植物の汁を擦り付ける方法。
 *2染液に布や糸を浸して染める方法。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答、どうもありがとうございました。去年の北海道のかリンパ遺跡から
縄文時代と思われる赤い腰紐が発掘されたということを年末に知り、毛皮ではない布製の衣服の着用が、弥生時代ではなく縄文時代からあるという事がわかっていました。しかし、衣生活に色を取り入れるのは何故なのかは、まだ、雲をつかむような気持ちでいました。遺跡から出土した腰紐の赤色と同様に、tootiさんが教えてくださったこと、他の方々から教わったことを良く考察し、自分なりの回答を出せるようにがんばります。
 ご協力、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/30 04:58

色ですか。

うーん。
おそらく、メジャーな考古学者で、色を云々している人はいないでしょう。
今は。
しかし、衣服はともかく、神社・寺院をみると、かなり、ケバイ色を装飾していたようですね。
今では、色あせているけれども。

現代人にはケバイと思われる色が、何か古代人にとっては、「すごい」色だったのかも知れません。

いつから、色を意識するようになったのか?
それは、あなたに託しましょう。
ちなみに、ネアンデルタール人の遺骨の上に
花の花粉が検出されたそうです。
しかし、その花の色は何色だったのか?
それは、わかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、ご解答して頂いてどうもありがとうございした。ネアンデルタール人の遺骨に花の花粉が検出されたとは、興味深いお話ですね。私自身も調べていて、最近新聞記事で、縄文時代と思われる赤い腰紐が発掘された事を知りました。染色の始まりは、弥生時代かと思っていましたが・・・。

お礼日時:2000/12/23 00:24

僕が思うには、祭事などからだと思われます。


一般の人々が身にまとう物に色がついたのは、ずっと
後の事ではないでしょうか?
又、リーダー的存在の証しであったり、権力の象徴であったりと、常に力のある者にだけ与えられる特権だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのとうりですよね、有史以来一般人の衣生活で、色を楽しむことが出来るようになったのはほとんど最近のことのようです。だから、そもそもの始まりを知る為には、観点を変えて祭事や民族という事も調べてみる必要がありそうです。お忙しい中、ご解答下さって本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/16 01:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだ

動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだサイトってないですか?

Aベストアンサー

動詞はともかく「目的語」とは「補語」というのは文における働きなので, そんな一覧を求めることがそもそも全く無意味.

Q【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。 しかし人

【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。

しかし人間の祖先である大腸菌は今や人間にとって毒です。

大げさに言えば自分を産んだ母親が自分にとっての毒となっているのはどういう歴史を辿ったらそうなるんでしょうか?

あと人間の遺伝子情報量はこの地球上で最も多いわけではなくカエルの方が人間より複雑な遺伝子情報で創り出されています。

ということは地球の最も凄い遺伝子を持って産まれて来ているのが人間ではないということです。

人間より優れた遺伝子情報を持ちながら人間がこの地球上の生物の頂点に君臨しています。

本来ならカエルが人間を支配している世界になっている方が不思議ではなかった。

それなのになぜか地球を支配したのはカエルではなく人間だった。

これはなぜでしょう?

人間は現在の猿が進化して人間を淘汰する存在になることを怯えているが人間が恐れるべき存在は猿ではなくカエル、イモリ、肺魚、サンショウウオでは?

カエル→イモリ→肺魚→サンショウウオ→と徐々に進化していっているにが秩序に出ているのになぜか遺伝子情報が劣る人間の方が先に肺機能も手足も先に進化出来たのはなぜでしょう?

あと植物も人間より優れた遺伝子情報を持つ植物が存在している。

そら豆、ムラサキツユクサ、百合は人間より優れた遺伝子情報を持っている。まあ、さすがに手足がない植物に人間がヤラれて淘汰されるとしたら人間がそら豆、ムラサキツユクサ、百合を食べない限り大丈夫だし、植物が人間を淘汰するために毒性を急に進化させてきたら食べなければ良いだけなので植物の進化は人間の脅威にはならないと思う。人間より劣る遺伝子の植物を食べていれば生きられるのでわざわざ人間を殺す能力を発揮出来る進化した植物を相手にする必要はない。

恐るるはカエル、イモリ、肺魚、サンショウウオである。

【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。

しかし人間の祖先である大腸菌は今や人間にとって毒です。

大げさに言えば自分を産んだ母親が自分にとっての毒となっているのはどういう歴史を辿ったらそうなるんでしょうか?

あと人間の遺伝子情報量はこの地球上で最も多いわけではなくカエルの方が人間より複雑な遺伝子情報で創り出されています。

ということは地球の最も凄い遺伝子を持って産まれて来ているのが人間ではないということです。

人間より優れ...続きを読む

Aベストアンサー

最近でも「動物の王国」みたいな、アフリカの野生動物の番組で、弱肉強食、強いものしか生き残れない、強いやつしか子孫を残せない、みたいな番組やってるじゃないですか。あれって大ウソなんです。弱いやつでも生き残るし子孫を残すんです。でも、そういう価値観を植え付けられちゃうと、このような考え方になっちゃうのだろうなぁなどと思います。

E.coli(大腸菌)は、人間にとって馴染み深く、一番研究されている真正細菌(バクテリア)ではありますが、我々の祖先に一番ちかい生物でもなく(アーキア:古細菌が一番近いのではないかと言われています)、もちろん我々の祖先でもありません。

Q日本語における色の表現方法について

赤味がかった色、青味がかった色、という表現はよく耳にしますが、
黄味がかった色、紫味がかった色、という表現はあまり耳にしない気がします。
黄色がかった色、は耳にする気がします。
紫色がかった色、も耳にする気がします。
紫がかった色、も耳にする気がします。
黄がかった色、は耳にしない気がします。
赤色がかった色、赤がかった色、は耳にしない気がします。
「がかった」の前に来る色の表現方法にルールはあるのでしょうか?ないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語で「色名+い」と形容できる色は「赤・黒・白・青」の4色だけ。
古代の色名(和語の)はそれしかなかったということです。

 赤(あか) = 明(あか)
 黒(くろ) = 暗(くろ)
 白(しろ) = 顕(しろ)
 青(あお) = 漠(本来は灰色がかった白)

次に古いらしい「黄(き)」は、「黄い」ではなく「黄色い」と言います。
古語では「黄な」だそうです(形容詞ではなく連体詞?)。
ほかに「茶(ちゃ)」も、「茶い」ではなく「茶色い」と言います。

色にかんする形容詞はこの5色だけ。

それ以外の色は「~色い」とは言えず、「~色の」と言います。
「緑い」「緑色い」「紫い」「紫色い」などとは言いません。
「ピンクい」などと言うのは極めて例外的。

「~味(み)がかった」と言えるのは、「赤・黒・白・青」と「黄(黄色)」だけだと思います。
「~色がかった」は、それ以外の全般的な色名に使えると思います。

  ~~~~

印刷・出版や工業デザインなどの分野では、一般的にJIS規格の色名の表現を用います。
実際には色名や修飾語に対応する英語の略号の組み合わせで明確に色を指定します。

その中で、「△味がかった」は、「△みの」「△みを帯びた」と表現します。
△ = 赤、黄、緑、青、紫、(灰) です。


JIS Z 8102「物体色の色名」 (主な用語)

有彩色の基本色名(色相名)
 基本色名(読み方)    対応英語(略号)
 赤   (あか)     red (R)   
 黄赤  (きあか)    yellow red (YR), orange (O)
 黄   (き、きい)   yellow (Y)
  または 黄色(きいろ)    
 黄緑  (きみどり)   yellow green (YG)
 緑   (みどり)    green (G)
 青緑  (あおみどり)  blue green (GB)
 青   (あお)     blue (B)
 青紫  (あおむらさき) purple blue (PB), violet (V)
 紫   (むらさき)   purple (P)
 赤紫  (あかむらさき) red purple (RP)

無彩色の基本色名
 基本色名(読み方)    対応英語(略号)
 白   (しろ)     white (Wt)
 灰色  (はいいろ)   grey(英), gray(米) (Gy)
 黒   (くろ)     black (Bk)

有彩色の明度・彩度に関する修飾語
 修飾語   (読み方)  対応英語
 あざやかな        vivid (vv)
 明るい   (明るい)  light (lt)
 つよい          strong (st)
 こい           deep (dp)
 うすい          pale (pl)
 やわらかい        soft (sf)
 くすんだ         dull (dl)
 暗い    (くらい)  dark (dk)
 ごくうすい        very pale (vp)
 明るい灰みの(あかるいはいみの)
              light greyish(英), light grayish(米) (lg)
 灰みの   (はいみの) greyish(英), grayish(米) (mg)
 暗い灰みの (くらいはいみの)
              dark greyish(英), dark grayish(米) (dg)
 ごく暗い  (ごくくらい)very dark (vd)

無彩色(灰色のみ)の明度に関する修飾語
 修飾語 (読み方)    対応英語 (略号)
 うすい          pale (pl)
 明るい (あかるい)   light (lt)
 中位の (ちゅういの)  medium (md)
 暗い  (くらい)    dark (dk)

色相に関する修飾語
 修飾語 (読み方)    適用する基本色名    対応英語 (略号)
 赤みの (あかみの)   紫、黄、白、灰色、黒  reddish (r)
 黄みの (きみの)    赤、緑、白、灰色、黒  yellow (y)
 緑みの (みどりみの)  黄、青、白、灰色、黒  greenish (g)
 青みの (あおみの)   緑、紫、白、灰色、黒  bluish (b)
 紫みの (むらさきみの) 青、赤、白、灰色、黒  purplish (P)

彩度の低い有彩色及び色みを帯びた無彩色に用いる色相に関する修飾語
 修飾語 (読み方)          重複する修飾語
 紫みを帯びた(むらさきみをおびた) 赤みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みの
 赤みを帯びた(あかみをおびた)   黄みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みの
 黄みを帯びた(きみをおびた)    赤みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みの
 緑みを帯びた(みどりみをおびた)  黄みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みの
 青みを帯びた(あおみをおびた)   明るい灰みの、灰みの、暗い灰みの


伝統的な色名も規定されていますが、基本の色名や修飾語を組み合わせた系統色名と記号で表現できます。


慣用色名 (読み方)     系統色名        略記号
小麦色  (こむぎいろ)   やわらかい赤みの黄   sfr-Y
青磁色  (せいじいろ)   やわらかい青みの緑   sf-bG
浅葱色  (あさぎいろ)   あざやかな緑みの青   vv-gB
朱色   (しゅいろ)    あざやかな黄みの赤   vv-yR
桜色   (さくらいろ)   ごくうすい紫みの赤   vp-pR
鉄紺   (てつこん)    ごく暗い紫みの青    vd-pB
水色   (みずいろ)    うすい緑みの青     pl-gB
群青色  (ぐんじょういろ) こい紫みの青      dp-pB
江戸紫  (えどむらさき)  こい青みの紫      dp-bP 
利休鼠  (りきゅうねずみ) 緑みの灰色       g-mdGy    
生成り色 (きなりいろ)   赤みを帯びた黄みの白  r・y-Wt
朽葉色  (くちばいろ)   灰みを帯びた赤みの黄  mg-rY

日本語で「色名+い」と形容できる色は「赤・黒・白・青」の4色だけ。
古代の色名(和語の)はそれしかなかったということです。

 赤(あか) = 明(あか)
 黒(くろ) = 暗(くろ)
 白(しろ) = 顕(しろ)
 青(あお) = 漠(本来は灰色がかった白)

次に古いらしい「黄(き)」は、「黄い」ではなく「黄色い」と言います。
古語では「黄な」だそうです(形容詞ではなく連体詞?)。
ほかに「茶(ちゃ)」も、「茶い」ではなく「茶色い」と言います。

色にかんする形容詞はこの5色だけ。

それ...続きを読む

Q恐竜の起源は、いつ頃ですか?

恐竜の起源、祖先となるといつごろなのでしょうか?

Aベストアンサー

Wikipedia記事を見たところ、恐竜に関連する記事(「有羊膜類」「爬虫類」「恐竜」など)の間で書いてある内容の一部につじつまが合わないことがあるようなので、別の資料で説明します。

t87300さんがご説明のように、恐竜がいたことがはっきりしているのは中生代三畳紀(2億5千万年前)ごろからだそうです。

「恐竜の起原」 http://www.nichinan-city.com/14_kyouryu/4_kyouryu_kigen.htm より引用
>現在知られているかぎり、このような特徴をもつ最古の、あるいは最も原始的な恐竜とされるの は、後期三畳紀の初頭に南米(アルゼンチン北西部)に生息していた、エオラブトルと呼ばれる小型肉食恐竜です。この恐竜は、原始的な特徴が多すぎて、獣脚類の中に分類することはできないという意見もありますが、多くの研究者は、今のところこれをすべての恐竜の最も基幹に近い位置にあるものと考えています。(中略)
>後期三畳紀の初頭には、すでにある程度恐竜の多様化が進んでおり、後期三畳紀の初期またはそれ以前の中期三畳紀に、そのさらに祖先にあたる動物がまちがいなくいたのです。

上記によると、記述が前後しますが、三畳紀中期には恐竜らしい動物がいて、三畳紀後期にその後の大多数の恐竜の先祖となった(と言う意見が多い)「エオラブトル」が出現したということになります。

「恐竜の先祖」 http://www.nichinan-city.com/14_kyouryu/3_kyouryu_senzo.htm より引用
>爬虫類と鳥類、唖乳類は、総称して「羊膜類」と呼ばれます。羊膜類の胎児は羊膜に包まれ、その内部に満たされた羊水の中で成長し、親(成体)と同じ形となって肺化を迎えます。彼らは羊膜の発達によって一生を陸上で生活できるようになったのです。最古の羊膜類の化石は、約3億4000万年前(前期石炭紀)の地層から発見されています。

どこからどこまでを「先祖」と呼ぶかによりますが、恐竜を含む爬虫類・鳥類・哺乳類の先祖(羊膜類)が両生類と分かれたのは、約3億4千万年前(古生代石炭紀)だそうです。

爬虫類の先祖(双弓類)と哺乳類の先祖(単弓類)は、次の古生代ペルム紀(2億9千万年前から2億5千万年前)には違いが見られるということです。

まとめ
爬虫類や恐竜と哺乳類の共通の先祖の出現:約3億4千万年前ごろ(古生代石炭紀)
爬虫類と哺乳類の分岐:約2億9千万年前から2億5千万年前ごろ(古生代ペルム紀)
恐竜の出現:約2億5千万年前2億1千万年前ごろ(中生代三畳紀)

Wikipedia記事を見たところ、恐竜に関連する記事(「有羊膜類」「爬虫類」「恐竜」など)の間で書いてある内容の一部につじつまが合わないことがあるようなので、別の資料で説明します。

t87300さんがご説明のように、恐竜がいたことがはっきりしているのは中生代三畳紀(2億5千万年前)ごろからだそうです。

「恐竜の起原」 http://www.nichinan-city.com/14_kyouryu/4_kyouryu_kigen.htm より引用
>現在知られているかぎり、このような特徴をもつ最古の、あるいは最も原始的な恐竜とされるの は、後期三...続きを読む

Qau W43S 着信・メールをLED色で区別できる?

w43sは誰からのメールか着信かを色で区別できますか?
また、その設定方法を教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

http://au-pro.kddi.com/phone/torisetu/pdf/w43s/w43s_torisetsu.pdf
56ページにあるアドレス帳の所にある、指定着信ランプの設定では無理ですか?

あとは、グループ分けの登録が20件以下でしたら、グループ分けを利用して、着信ランプの設定しては?

Q創世記(旧約聖書)の解釈

創世記(旧約聖書)の解釈

出エジプト記なんかでは神をヤハウェという唯一神で表現しています
創世記ではエロヒムと複数形のニュアンスで表現し、他の宗教色(多神教)が若干出てます
しかし、創世記も出エジプト記も含めて一神教であるユダヤ教のモーセ五書です
おかしくないですか?
当時のユダヤ教徒は創世記の表現、複数形になったことに何の違和感も感じなかったのでしょうか

自分は創世記の1章と2章では作者が違う、創世記はバビロン捕囚のときに編集されたものである、と考えてます

Aベストアンサー

聖書学者のジョセフ・ベンソンは1800年代の初めに、聖書中のミカエルに関する記述が「メシア(=ギリシャ語キリスト)を指していることは明白である」と述べました。同様に、神学者のJ・P・ランゲは「ミカエルとは…サタンに対する戦闘の準備を整えたキリストであると、我々は初めから考えている」と書きました。

以上の点から、ユダヤ教の方が聖書の記述からユダヤ人を導き出したミカエルの存在を信じていらっしゃるのであれば、神エホバがイエスつまりミカエルに「われわれ」と語られていることに疑問の余地はないはずです。

Q「目の色」、あるいは「髪の色」が入っている曲

お好きな曲がありましたら教えてください。目の色と髪の色については一つが入っていれば OKです。

<例>

「シエリト・リンド」(メキシコの曲)

https://www.youtube.com/watch?v=5DrwY21nP1Q
(1:09)Un par de ojitos negros 二つの黒い瞳


「ジョリーン」(ドリー・パートン)
https://www.youtube.com/watch?v=nwBNBcFAFso
(0:49)~
Your beauty is beyond compare
With flaming locks of <auburn hair> 赤茶色の髪
With ivory skin and <eyes of emerald green> エメラルド色の目


※ おひとり <3曲>まででお願いします。
※ クラシック曲は除いてください。

Aベストアンサー

もう1つお願いします。
「フレディもしくは三教街 」

♪ヘイゼルウッドのおじいさんのなんて深くて蒼い目…

ここの投稿で何度か見た曲ですが自分も好きな曲の1つです。当時はさだまさしの曲の中でベスト3に入ってました。

Q投網漁の起源

日本では投網漁はいつ頃から行われてきたのでしょうか?
私の母方の家には貝塚があり、貝殻や土器が出土しています。
以前に、野菜のウドの生産をしていた頃、深い穴を掘った時に
穴の開いた小石が数個出てきました。
投網の重石に使った物だと聞かされました。
今も母方の家に保管されています。
縄文とか弥生時代の頃にも投網漁は行われていたのでしょうか?

Aベストアンサー

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-umi-deai-l.pdf

鹿児島県水産技術開発センター
http://kagoshima.suigi.jp/ayumi/book/01/a01_01_14.pdf 
このHPの最初の一節です。

「貝塚にマイワシ・カタクチイワシの魚骨が見られることから,既に石器時代にその走りがある。イワシは,釣るに困難な魚であるので,網で操業していたことが想像される。このころは沿岸近く寄せてきたものを曳網・敷網の類で漁獲していたと想像される。」

「投網漁」の歴史については分かりません。

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-um...続きを読む

Q発達障害者は、年齢の割に顔が子供っぽい人が多いと思いませんか?

発達障害者は、年齢の割に顔が子供っぽい人が多いと思いませんか?

Aベストアンサー

ニートや引きこもりなどにも言えることですが
精神的ストレス、肉体的ストレスが少ないと
老ける速度も全然違います

社会人になってから急に老ける人とかが多いのはそのためです
大統領の就任前後の写真で顔を比べるのが有名ですが
一般人にはありえないほど老けてしまっています

そのため、ストレスを受けにくい発達障害の方なんかは
老けにくいのだと思います
もちろん度合いや個人差がありますが

Q【人間の寿命】とは なんぞや? 自分は 人間というDNAで作られた 身体に 魂が宿ると考えていて。

【人間の寿命】とは なんぞや?
自分は 人間というDNAで作られた 身体に 魂が宿ると考えていて。
iPhoneの処理能力が高ければ 優秀になるし。
iPhoneの処理能力が悪ければ馬鹿にもなる。

車に人間【魂】が乗るから 動き パーツを変えるから 長生きする。

車から 離れたら死。

なら 人間の死て 魂が その劣化した 身体は 使えないから 【人間の死】となるのだけど。

仮説的に どうですか??

Aベストアンサー

どうなんですかね!質問者様は自分の存在を棚にあげての質問なのかどうかもわかりませんが…魂の存在を否定はしません!
自分が生きていたことを忘れない人が一人でもいたら素敵な事だし、目に見える事だけで片付けて欲しくないですね❗


人気Q&Aランキング