今、O-RINGで高温水用のものに
【EP962-90】という物があるのですが
これについて資料を探しています
分かっているのは
(1)通常のエチレンプロピレンの硬度を
 高めた物(90がショア硬度のようである)
 一般EPはショア80~85
(2)温度限界は190℃程度
 一般EPは150℃程度
(3)耐薬品性などは一般EPと同程度

分からない事
a,この型番があるメーカーの【商品名】なのか
 こういう規格の【材質】なのか
b,その他の技術資料

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エチレンプロピレンゴムと言えば、現在では「エチレン・プロピレン・ジエン三元共重合体、EPDM」のことを指すようです。



世界各国 固形 EPDM,EPM
http://www02.so-net.ne.jp/~katosan/HTML16.htm
このページでもEP962-90と言うのは無さそうですね。

原料のEPDMのコードではなく、製品化したo-リングのコードかもしれませんね。

日本でEPゴムを製造しているのはJSR、三井化学、住友化学工業、出光DSMの4社のようです。輸入品もあるようですが。
EPゴムの製造
http://www.posty.co.jp/q_a_03.html
合成ゴムメーカー一覧表1
http://www.rubberstation.com/POLYMS1.htm

樹脂略称一覧表
http://www.plascom.net/pname/pname.cgi

やはり購入先の業者さんに聞くしかないかもしれませんね。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~katosan/HTML16.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年を越してしまい御礼を書くのが遅れてしまいました。
申し訳ないです。 結果的には分からなかったのですが、これらの表は今後とても役に立つ物でした
有難う御座いました
参考にさせていただきます

お礼日時:2002/01/07 12:02

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「アズワン」(旧井内盛栄堂)
このサイトで検索したのですが、Hitしませんでしたね・・・?

出入りの業者に調べてもらった方が早いのでは・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.as-1.co.jp:1080/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンコの材質は黒水牛はよくないと聞きましたが、どうなんでしょう?

ハンコの材質は黒水牛はよくないと聞きましたが、どうなんでしょう?

自分用の銀行印を、新しく作ろうと考えています。
黒水牛の銀行印を作ろうかと考えていたのですが、今日ネットで調べてみると、黒水牛は動物愛護の点から見てよくない(今ははやらない)とか、動物の死体をつかってるから運気が下がるとか、色々マイナスなことが書かれてあり、購入をためらっています。
やはり、黒水牛はよくないのでしょうか。
ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

ハンコ(印鑑)の材質で代表的に用いられるのは、象牙・水牛(角)・柘植=つげ等です。
水牛は、オランダ水牛と黒水牛があります。
朱肉が最ものりやすい材質は象牙で次に水牛・柘植と続き印鑑に良く用いられます。
しかし、象牙も水牛の角も死んだ動物から採ります。
柘植は植物ですが、伐採した木材です。

死んだ物から採ると運気が下がるなら、印鑑に適した材料はなくなります。

他に、水晶・チタン等が印材に用いられますが、朱肉に馴染み「綺麗な印影」を捺せる印材は、象牙・水牛が優れてます。

私は、古くから象牙の印鑑を愛用してますが運気が下がった実感はありません。
もし、黒水牛の印鑑を用いたとしても印材で運気が左右される事はあり得ないと思っています。
既製品の三文判を銀行印に使っている人も見掛けます。
シャチハタのようなゴム印以外は銀行印に出来ますが、既製品の三文判よりは注文して彫ってもらった印鑑の方が好ましいです。

Q90℃のお茶を70℃にしたい時入れる牛乳量

70℃の飲料280mlを作りたい時
90℃のお茶、5℃の牛乳を
どれ位の比率で入れれば良いか、おおよそで良いので教えてください。

タンブラーを買ったのですが、耐熱70℃だった為
お茶を入れた後、牛乳でも入れて70℃程度にしてから
タンブラーに入れて飲もうと考えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お茶と牛乳の比熱が判らないので、とりあえず両者の値は水と同じとします。
熱量を計算するには、例えば0℃を基準としてそれよりもどれだけ多くの熱量を持つかを考えます。
例えば90℃のお茶100gだと
100*(90-0)*1
初めの100はお茶の質量
(90-0)は基準とした温度(0℃)との温度差
最後の1は比熱(水の比熱 1cal/g/度と同じとしています)

ここでお茶をxg、牛乳をygとします。両者の和は280g(ご質問はmlですがほぼ同じだと思います)なので
x+y=280
上記の熱量の計算から、混合前後の熱量は等しいとして
x*90+y*5=280*70

一式目からy=280-xなのでこれを二式目に代入して
x*90+(280-x)*5=280*70
式を整理して
x*85=280*65
x=280*65/85
 ≒214
y≒66
大体3:1位というところでしょうか。

もっと簡単な解き方として(これも両者の比熱が等しいとして)
90度のお茶が70度になる→温度変化は20度
5度の牛乳が70度になる→温度変化は65度
お茶と牛乳の比率は65:20=3.25:1
というのもあります。

ご参考まで。

お茶と牛乳の比熱が判らないので、とりあえず両者の値は水と同じとします。
熱量を計算するには、例えば0℃を基準としてそれよりもどれだけ多くの熱量を持つかを考えます。
例えば90℃のお茶100gだと
100*(90-0)*1
初めの100はお茶の質量
(90-0)は基準とした温度(0℃)との温度差
最後の1は比熱(水の比熱 1cal/g/度と同じとしています)

ここでお茶をxg、牛乳をygとします。両者の和は280g(ご質問はmlですがほぼ同じだと思います)なので
x+y=280
上記の...続きを読む

QEPDM 四酸化ルテニウム 染色 実施詳細

NBRとEPDMのブレンドゴム材料の混合状態(海島構造)を観察したいのですが、四酸化ルテニウム染色法の具体的な試薬、購入方法と詳細な処理手順等を教えてください。また、もっと適切な観察方法があればご教示ください。

Aベストアンサー

手元にTEMがあって、他の染色剤(例えばOsO4など)を使っているのでしたら、同じようにやれば良いと思います。
試薬の購入は、例えば応研商事
http://www.okenshoji.co.jp/index.html
で取り扱っています。(その時に訊くのも良いのかもしれません)
または、TEMのサービスセンター等に訊いてみれば、ある程度答えてくれると思います。

全くの初心者で論文等でRuO4が出てきたけど、どうすれば良いのか分からない、という状態でしたら、まずは下記の本をどうぞ。
「新高分子実験学6 高分子の構造(2)散乱実験と形態観察」
高分子学会編 ISBN 4-320-04331-6

Q大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻

大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻みで教えてください。

大気中の水分量
-5℃ :
0℃ :
5℃ :
10℃ :
15℃ :
20℃ :
25℃ :
30℃ :

湿度は外気とします。

Aベストアンサー

こんなものかな?
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~yamamasa/tenki/situdo/situdo/howasui.htm
こんなのも。
http://idea.eco.coocan.jp/kousaku/k1-tsuri/seidenki/suijyouki.html
普通はこんなので、
http://www.eccj.or.jp/b_tuning/gdbook/6_1.pdf

Qポリオレフィン樹脂の材料区分・成分について教えて下さい

ポリオレフィン樹脂について教えて下さい。
種類と材料記号は以下で正しいのでしょうか。

●材料区分(種類)・・・熱可塑性エラストマー
●材料記号・・・・・・TPO-(EPDM+PP)

WEB上の環境データ登録システム(IMDS)にて、自動車メーカー向けに納入部品中の化学物質の登録作業をしているのですが、ポリオレフィンの登録について困っています。材料名は手入力ですが、その区分・材料記号等の入力項目は選択式でリストから選んで入力するようになっています。ポリオレフィン樹脂の材料記号は「TPO」かと思っていましたが、『TPO-(EPDM+PP)』という項目しか選べません。

ポリオレフィンというのは、EPDM(ゴム)とPP(ポリプロピレン)の混合物のことを指すのでしょうか。ネットで調べたところ色々書かれているのですが、化学に詳しく無く良く分かりませんでした。

基本的な質問なのかもしれませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ポリオレフィンはオレフィンのポリマーの総称です。
オレフィンは二重結合をもつ有機物質でC,Hで構成されます。
オレフィンはアルケンと同じです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3
PPは代表的ポリオレフィンです。
で、ポリオレフィンは、エラストマー、ゴムではありません。熱可塑性とはいえません。

EPDMはエチレン-プロピレン-ジエンゴムです。
アルケンもそうですが、エン(ene)は二重結合があることを示します。ジエンは、2つ二重結合があることを示します。
二重結合やSによる架橋がないとゴムにならない、といってもいいでしょう。

以上2つは、物質(この場合、ポリマー)を示す化学用語と考えていいと思います。

これに対し、TPOは熱可塑オレフィンゴムという材料の特徴を指す名称です。TPOの中に、EPDMとPPが入っていても不思議でないです。

これ以上は私もよくわかりません。環境情報として納入先に要求されるため、入力する必要があるのでしょうが、材料区分から選びなおすことになるでしょう。

ポリオレフィンはオレフィンのポリマーの総称です。
オレフィンは二重結合をもつ有機物質でC,Hで構成されます。
オレフィンはアルケンと同じです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3
PPは代表的ポリオレフィンです。
で、ポリオレフィンは、エラストマー、ゴムではありません。熱可塑性とはいえません。

EPDMはエチレン-プロピレン-ジエンゴムです。
アルケンもそうですが、エン(ene)は二重結合があることを示します。ジエンは、2つ二重結合があるこ...続きを読む

Q37℃は何Kですか?あと100Kは何℃ですか?

絶対温度=セ氏温度+273なので、
37℃は何Kか?
37℃+273=310K
100Kは何℃か?
100K-273=173℃

上の答えであっているのでしょうか?

Aベストアンサー

 
K = C + 273.15
37℃は何Kか?・・310.15K

C = K - 273.15
100Kは何℃か?・・・-173.15℃
 

Q共重合体の構造について

ランダム、交互、ブロック、グラフトなどいろんな構造があると
思いますが。
EPDM(エチレン・プロピレンゴム)、クロロプレンゴムや、ブタジエン系ゴムといった場合、EPDMはランダム共重合体であるとか、クロロプレンは、交互共重合体であるなどと、決まっているものなのでしょうか?
決まっている場合、上記のゴムは、どの構造にあてはまるのでしょうか?

Aベストアンサー

共重合体に於いてランダムになるか交互、ブロック、グラフトになるかはその重合方法によって決まります。
2種類以上のモノマーを混合してから重合するのが共重合で、それによって生成したポリマーが共重合体ですが、何も工夫せずに共重合した物がランダム共重合体で、高分子主鎖中に使用したモノマーが不規則に入ります。
EPDMはエチレン、プロピレン、第3成分を配位イオン重合で合成した物で
ランダム共重合体です。
エチレンもプロピレンもそのまま単独重合すればプラスチックですが
共重合することによってゴムになります。
それは主鎖中にエチレンとプロピレンがランダム(無秩序)に入ることによって結晶化するのを防いでいるためです。
PEもPPも結晶化しているのです。
また、クロロプレンゴム、ポリブタジエンゴムは1種類のモノマーを使用しているので共重合体ではありません。
ポリブタジエン系のゴムでSBR,NBR,SBS,SISなどはスチレンやアクリロニトリルと共重合していますから共重合体ですね。
SBR,NBRはランダム共重合体ですがSISやSBSはブロック共重合体です。
またこれらを水添したSEPS,SEBSもブロック共重合体です。
SISはアニオン重合を利用したリビング重合で、まずスチレンを重合します。ポリスチレン末端の活性点が生きている状態でイソプレンを添加しスチレンの末端からイソプレンの重合を開始します。
するとスチレン-イソプレンのブロックポリマーが生じます。
イソプレンの活性点が生きている状態でカップリング剤(イソプレンの活性末端と反応できる官能基を複数持った物)を添加してトリブロックやスターポリマーを合成します。
クロロプレンゴムは一般にラジカル重合をエマルション系で行います。
エマルション重合の特徴は、分子量がとても大きくなることです。
分子量が大きすぎると加工性が悪くなるので、連鎖移動剤を添加して分子量を適度な大きさに調整します。
一般的にはメルカプト(チオール)を用います。
これが非硫黄変性系(メルカプト系)のクロロプレンです。
連鎖移動剤として硫黄(S8)を使うこともあります。
これは分子内に硫黄(-S-S-S-S-)がランダムに入ります。
素練り作業で硫黄の部分が切断するので、素練りが出来るタイプのクロロプレンゴムとなります。
ブタジエンやクロロプレンはモノマー中に2重結合を2つもっています。
C=C-C=C  通常は1番端に活性種の攻撃を受け、活性点が移動して両端(1-4の部分)で重合が進行します。
C=C-C=C  →  -C-C=C-C- 
モノマーからポリマーになるときに2重結合の位置が移動します。
しかし、ほんの少し確率的に1-2の部分で重合したり1-4の部分で重合します。
               |           |
つまり C=C-C=C → -C-C-C=C または C=C-C-C-
これらが分子内に存在するからと行ってあくまでホモポリマーであって、共重合体ではないと思います。
触媒の種類で1-2の割合を増やしたり、減らしたりいろいろなゴムが作られているようですから、これらの割合によって特性は変化するでしょうね。

共重合体に於いてランダムになるか交互、ブロック、グラフトになるかはその重合方法によって決まります。
2種類以上のモノマーを混合してから重合するのが共重合で、それによって生成したポリマーが共重合体ですが、何も工夫せずに共重合した物がランダム共重合体で、高分子主鎖中に使用したモノマーが不規則に入ります。
EPDMはエチレン、プロピレン、第3成分を配位イオン重合で合成した物で
ランダム共重合体です。
エチレンもプロピレンもそのまま単独重合すればプラスチックですが
共重合することによ...続きを読む

Q100℃液体に氷を入れて20℃液体にする時の分量比

こんにちは。
字数の関係で変なタイトルになってしまいました。

熱量計算ができないので教えてもらえませんでしょうか?
精密な値は必要ないので(生活お役立ち程度です…)、必要な情報でなければ(重要でなければ)砂糖は無視しても構いません。

(砂糖1.5kg程度を溶かした)100℃の液体と、0℃の氷とを混ぜ合わせて20℃~25℃程度の液体10[L]にしたいのですが、この二つはそれぞれどういう比率が良いと思われますか?

後学のため計算方法も教えて頂けると幸いです。

お願いします!

Aベストアンサー

砂糖1.5kgをどの程度の量の水に溶かすのですか?

Qオンラインの印鑑ショップ

今日印鑑について書きましたが、
オンラインショップでの印鑑は
すごく安いので魅力を感じています。

実際使われたかたいますか?
私が見たのはイイハンコヤドットコムです。
柘は品質で心配かなって思ったので、
黒水牛を考えていたのですが、ここなら
予算内で黒水牛で作ることができるみたいなので、

まだ会社を作っているわけではありませんから
印鑑の品質の重要度がわかってないのですが
どうなんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私もオンラインで購入しましたよ。私はそういう経費は掛けたくないほうなので黒水牛より安い柘の3本セットを購入しました。
あくまでも私の個人的意見ですが、印鑑については考え方でしょう。印相等をとても気にする人もいるし、そうでない人もいるし・・
すごく高い印鑑を使ったから会社が儲かる。とかは別の話ですよね?確かに実印はそうそう作り変えるものではないのでよい品質の方がいいかもしれないですね。

会社実印、銀行印とも毎日毎日使う印鑑ではないので私の場合は柘で充分でした。
実は会社を登記する際、実印を司法書士さんに1日預けたのですがその1日で紛失されてしまいました。もちろん再登記も必要ですので弁償していただきましたが、領収書を持っていったら「こんなに安いんですか?」と驚かれてしまいました(^^ゞ
高い印鑑だったら司法書士さん、何のために仕事したかわかんない!ですよね・・もちろん失くされた時は腹立ちましたが。
同じオンラインのはんこ屋さんに頼んだのですが微妙に彫り方も違いましたよ。(同じだったら困るけど)
納期も早くて私としては納得の買い物でした。
質問の意図とずれてしまっていたらごめんなさい。

こんにちは。
私もオンラインで購入しましたよ。私はそういう経費は掛けたくないほうなので黒水牛より安い柘の3本セットを購入しました。
あくまでも私の個人的意見ですが、印鑑については考え方でしょう。印相等をとても気にする人もいるし、そうでない人もいるし・・
すごく高い印鑑を使ったから会社が儲かる。とかは別の話ですよね?確かに実印はそうそう作り変えるものではないのでよい品質の方がいいかもしれないですね。

会社実印、銀行印とも毎日毎日使う印鑑ではないので私の場合は柘で充分でした。...続きを読む

Q5000リットル、20℃の水を5℃に液体窒素で冷やしたい。

5000リットル、20℃の水を5℃に液体窒素を入れて冷やしたいと考えていますが、可能でしょうか?可能なら何リットルの液体窒素を入れればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 どのような方法で水を冷却するのかが分からないので何ともいえませんが、もし液体窒素が5℃になるまでに受け取るエネルギのすべてが水の冷却によって得られるものだとする理想的な条件で考えれば次のようになるかと思います。

 (水の体積[g])×(水の比熱[cal/g℃])×(水の温度変化[℃])/[(窒素の気化熱[cal/g])+(窒素の比熱[cal/g℃])×(窒素の温度変化[℃])/(液体窒素の比重[g/kl])
 =5000×1000×1×(20-5)/[47+4.1868×1.040×{5-(-196)}]/(0.808×1000)
 =101 [kl]

 どえらい量になりますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%92%E7%B4%A0
http://subsite.icu.ac.jp/people/yoshino/Physicaldata_water.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報