痰の検査でMRSAの陽性反応が出ました。保菌しているようです。その時の先生の対応からあまり心配は要らないんだな…と思っていたのですが、3才の娘がとびひになり、ひとつ治るとまたひとつとできてしまいます。スイミングスクールに通っているので主治医の先生にも「プールかもね」と言われていたのですが、今回おでこにかなり大きいものができ、そんな時に私の結果がでたので、もしかして関係があるのかな?と心配になりました。MRSAについてよく分からないことが多くて的外れな質問になるかもしれませんが、どんな症状でもって発症と疑われるのでしょうか?自然といなくなる事はあるのでしょうか?特に問題無く普通に生活していいのでしょうか?妊娠出産で新生児に与える影響はあるのでしょうか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

痰の検査…誰が受けた検査なのか判りませんが、MRSAが疾患に関連しているのであれば必要な治療が行われるはずです。


伝染性膿痂疹(とびひ)自体は細菌の感染症で、溶連菌、ブドウ球菌などが感染の原因となりえます。難治性の場合は当然潰瘍面から検体を採取して培養検査にまわしますし治療として抗生物質の投与が行われて効果があるのでしたら治療そのものにはなんら問題がありません。とびひは元々が治りにくい皮膚炎ですから(だって子供は掻いちゃうので…)管理自体が大切だと思います。

MRSAですが、一部補足しますと、メチシリンすなわちペニシリン系の薬剤に対して抵抗性のあるブドウ球菌のことですが、バンコマイシン以外はまったく効果がない株というのはそんなに多くなくって、実際は他の薬剤たとえばミノマイシンだとかファロムだとかの薬剤には感受性があるタイプというのが多いのです。詳しくは株についての感受性(つまり抗生物質との相性)を見なければなりません。またバンコマイシン以外は全てR(抵抗性あり)の株であっても健康成人であれば何にも問題はないといえます。

病原性については、元々が体に常在する菌ですので一般の体力のある方にはなんら問題はないんです(だからそのときの先生の反応はあんまり心配が要らないという言い方をした…)gif317さんが書かれている様に大きな病院ではもう虫の息の重症患者もいますからね、薬が効かない可能性のある細菌は大問題となるんです(またそんな人に限ってもらいやすいので)
人の体に常在する細菌というのは入れ替わりがあります。ですから治療によっても時間経過によっても自然といなくなる可能性はあります。出産に関して新生児に関しても重大な障害を伴った子供でなければなんら影響を与えることはありません。だってそこらにいるような細菌なんですから…ブ菌は。

>どんな症状でもって発症と疑われるのでしょうか?

あらゆる細菌感染症の形でありえます。もちろん肺炎やとびひの原因菌でもありえます。難治性の時に検査して初めてわかるのが一般的です。

とびひについては下記参考URLをご覧になってください。

参考URL
○とびひ(伝染性膿痂疹)
http://www.kakogawa.or.jp/kakomed/memo3.html

内科・小児科・皮膚科すべて専門外なので一般人としてのコメントです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。皆さんのご意見とご回答で、年末の慌しい中、子供も私もすぐに対応ができた事、本当に良かったと思ってます。MRSAについてよくわからず軽く考えていましたが、免疫力の落ちた方などには大変な菌であることもよくわかりました。担当医の指示に従いながら、病院などに出かける際にはマスクをするなど気を付けたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/28 14:33

治療は必要です。


感染された状態のままでいると、抵抗力が弱っている小児や高齢者・患者などに、MRSAをうつしてしまういう危険性があります。
また、現在ご相談者様は体力が残っていますが、もっと体力が落ちると、症状が悪化します。
体力がある今のうちに、しっかり病原菌を撃退して下さいね。
大学病院の呼吸器科を受診中ということなので、気軽に医師にMRSAについて判らないところを質問してみるといいですよ。教えてくれるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。今週、もう1度病院に行ってきます。本当にいろいろとありがとうございました。

お礼日時:2002/01/07 14:20

とりあえずMRSAについての解説をします。


MRSAというのはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌と訳されます。まずメチシリンとはペニシリンとゆう抗生物質のタイプの薬で感染症などの治療に使われる薬です。黄色ブドウ球菌というのは雪印の牛乳の事件で有名になりましたが、あのような食中毒(黄色ブドウ球菌を栄養素のある場所に置いておくと毒素を作るため)を起こすほかに院内感染の原因菌として注目されています。gostさんが指摘しているようにとりあえずバンコマイシンがききますが菌によってはこのバンコマイシンにまで耐性を持つものがでてくる可能性があり医療機関では危険視されています。特に大型の病院などでこれが見つかった場合はかなり重大視されると思うんですが…。お話によると医師が気にする必要ないようなことを言われたみたいですが、診療所や医院(入院用のベット数が20未満)みたいな小さなところだったのでしょうか?
 黄色ブドウ球菌自体は人の鼻の中などに良くいる菌(不顕性感染(フケンセイカンセン))なので普通のものなら危険視はしないんですがMRSAの場合は治療した方がいいかもしれません。とりあえず保健所や病院に電話をかけ治療してもらえるかどうか聞いてみたらどうでしょう。風邪など引いている時に行ってくしゃみで病院に菌をまき散らすようなことにならないような対策をとってください。
 あと子供のとびひとの関わりですがあまりないように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。大学病院の呼吸器内科なんですよね。咳が止まらずかかっていました(今は治ってます)。今日早速病院に電話をかけてみたのですが担当医が年明けにならないといらっしゃらないという事で、電話に出た方に治療の必要はないか確認した所、現在傷が治らないとかそういう事がなければ、担当医の指示に従っても良いのでは…との事なんです。マスクをするなどの対策をとっていればいいのでしょうか…?

お礼日時:2001/12/28 14:20

ご質問者様は、MRSAの保菌者であるからと、何も治療をなさらないのでしょうか?


バンコマイシンは、よくMRSAに対する抗生剤として、使用されていますよ。
ご質問者様が、まずMRSA(+)から(-)になるように、病院に治療をしてもらってはどうでしょうか。
バンコマイシンを使用して、MRSAが陽性から陰性になる人は多いですよ。

お子様のとびひが気になるのであるならば、皮膚科の専門医に診察してもらいましょう。皮膚の疾患部位の細菌を調べる検査もありますよ。
心配ならば皮膚科医に相談し、調べてもらうという方法もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。やはり治療は必要なんでしょうか。子供の方は皮膚科に行ってみました。皮膚科の先生も今までが薬を飲むと治るので…という事で今回はいつもより長めに飲んでみて様子を見ることになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/28 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q院内感染?MRSA・大腸菌

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出てきたり、大腸菌もでてきたりで何が起因になったのか実はいまだに不明というか病院からわかりませんといわれました。意識障害も進み、そのまま急性脳症へと移行し、重度の障害を残しました。別の病気で入院していて突然の予期せぬ出来事に理解も納得もできません。
娘に何がおこったのでしょうか・・カテーテル感染でもなくMRSAも保菌、大腸菌も採血でまじっただけかも・・と言われ他にウイルス等はいろいろな培養でも見つからず、結局原因は不明ですといわれました。1年の入院を経てもうすぐ退院のメドがついていたときのことで毎日何故?なんで?といった気持ちでとても苦しいです。抗生剤の投与はあったらしいですが
CRPが7日目位には0,8くらいまで戻ったせいか
カテーテルはそのまま留置し抜去はなしでした。
咽頭培養からMRSAはよくでますが(特に娘は長期入院IVH長期施行なので)咽頭が真っ赤に炎症をおこし
急激な高熱、意識障害などがでていても、この値だと
MRSAや大腸菌による敗血症やショック状態とは言わないのですか?混乱しています。何でもいいので情報をください。お願いします。

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろなことを考えました。IVHとは不適切な表現で、通常はCVカテーテルで、高カロリー輸液をIVHといってますので、区別しましょうね。
1歳だと全身麻酔で鎖骨下穿刺、またはカットダウンでいれたのでしょうか。定期的な入れ替えを考えると、その手技と将来的な困難さから極力そのままに、という気持ちも分からないではありません。たしかに8ヶ月は長いでしょうが、問題が起こる前に入れ替えていたら、そのことで問題が起きそうな気もします。
いずれにしても、このような人工的な管理をせざるを得ないとなると、さまざまな合併症を覚悟しないといけないのでしょう。それを問題視するなら、医療行為を中止して自然経過にゆだねるか、という極論までいきかねません。
むずかしい問題ですね。

Q再生不良性貧血発症後、膠原病(強皮症?)発症

経験談や知っていることを教えてくださるとありがたいです。

2年前に再生不良性貧血(aa)で入院、その後ネオーラルを150mg/日飲んでいます。
昨年夏より、関節のあちこちの激痛が始まりました。また、同時に身体のだるさ等で一ヶ月近く寝込んでいました。
整形外科でレントゲンをとったのですが、異常なし。
その後、秋ごろに再度、激痛で受診。レントゲンをとったのですが、異常なし。
血液検査を行ったところ、リュウマチではないとのこと。
しかし、そのころから、手足のレイノー現象が出始め、年末に整形と同じ病院の内科にいったところ、秋の血液検査の結果を見て、「膠原病だから、主治医の血液内科の先生に相談しなさい。」といわれました。(血液内科は大きな病院で、内科・整形外科は地元の医院です。)
抗核抗体2560倍、パターンSPECKL、抗CCP抗体は0.6未満でした。
今年に入って、aaの定期検査と一緒に膠原病の検査もしていただいたところ、抗ds-DNA IgG抗体14、抗RNP抗体<ELISA>500、抗SS-A抗体<ELISA>500という高い数値になり、大学病院の膠原病科を紹介していただきました。
おそらく強皮症ではないか、とのこと。

(1)検査結果について、ネットなどでいろいろ調べてみたのですが、ほとんどヒットしなくて、数値の高さがどう病気に結びつくのかわからないので教えて頂きたい。
(2)免疫抑制剤(ネオーラル)を飲んでいるのに、新たな自己免疫疾患を発症したことを血液内科の先生も「よくわからない。」と。
同じように膠原病以外の自己免疫疾患にかかっていて、膠原病を発症した方はいらっしゃいますでしょうか。
(3)強皮症にかかっておられる方の治療方法など

以上3点について、わかることを教えてください。
よろしくお願いいたします。

経験談や知っていることを教えてくださるとありがたいです。

2年前に再生不良性貧血(aa)で入院、その後ネオーラルを150mg/日飲んでいます。
昨年夏より、関節のあちこちの激痛が始まりました。また、同時に身体のだるさ等で一ヶ月近く寝込んでいました。
整形外科でレントゲンをとったのですが、異常なし。
その後、秋ごろに再度、激痛で受診。レントゲンをとったのですが、異常なし。
血液検査を行ったところ、リュウマチではないとのこと。
しかし、そのころから、手足のレイノー現象が出始め、年末に整形と...続きを読む

Aベストアンサー

1)これらの抗体値と病勢とは関係なく、治療効果の判定にも使いません。
2)免疫抑制剤を飲んでいるから他の膠原病にはならないという事はありません。
3)皮膚症状にたいしてステロイドやネオーラルを投与する時もありますが、腎障害をきたしやすくなるので投与は慎重に行います。ただし、強皮症の関節症状がでてくる頃には普通はなんらかの皮膚症状があるのが普通です。

QMRSA(メシチリン耐性菌)感染で困っています。助けて下さい。

MRSA(メシチリン耐性菌)に感染し、耳・鼻・喉が膿んでいます。MRSAに感染した場合、抗生物質が効かないので治療方法が難しいということはわかっていますが、最終的にはどのような経過をたどって、どのようになってしまうのでしょうか。これからの心構えとして知っておきたいのですが。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=554967

外耳道真菌症でしたでしょうか?先に質問された質問のお礼といいますか、その後の経過観察が全く回答されてませんどうなりました?

MRSAに感染した場合、抗生物質が効かないとは何方から聞かれたのでしょうか?タゴシット、バンコマイシンなどMRSAに効く抗生剤はあります。かなりの奏功は望めます。

患者が、貴方の先の質問に関連してるのでしたら、先生に聞くのがまずより一番。素人が素人知識で勉強しても、先生には及びません。

聞け!先生に。ちなみに、恐ろしく体力が落ちている患者出なければ死にません。貴方も私も多分MRSAという菌が体のどこかに付着しているでしょう。ですが健康体なので、跳ね除けます。

更にちなみなのですが、私たち人間には数億?という細菌が付着してます。貴方も私もです。免疫力があるから共存できてます。

Q狂犬病は何故発症したら助からないか、何故発症しない動物がいるのか教えて下さい

狂犬病について書かれたものをちょっと読んだのですが、

1)いったん発症してからは治療法がない。
2)吸血コウモリなどは感染しても発症しない(犬は発症しやすい)。

この2点について、どうしてかなあと思っています。
素人にもすんなりわかる解説をしていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウイルスは増殖しやすい場所が決まっています。
たとえば腸に行きやすいウイルスでは下痢を起こしたり、呼吸器に行くウイルスでは風邪を起こします。
狂犬病ウイルスは末梢神経を通って中枢神経に達し、そこで大量に増えてさらに各神経へ伝わり、唾液腺で増殖します。唾液腺に行く事により噛んだときに次の人、動物にウイルスをうつします。中枢神経に行く事により麻痺、痙攣を起こし最終的に死亡します。
という説明ではいかがでしょう?
どうしてウイルスによって好きな場所が決まっているのかは下の参照URLをご参照下さい。

ウイルスは基本的に感染相手を決めています。鳥インフルエンザでいえばカモ類は保菌しているけど発症しない。鶏にいって初めて症状を出します。
日本脳炎も豚では症状が出ないけど人に行って初めて病気になります。これについては参考URLをごらん下さい。
たまたま狂犬病ウイルスはイヌや人などたくさんの哺乳類に相性がよく発症するけどコウモリでは症状を出すほど相性がよくないという事です。

ということでご納得頂けたでしょうか?

参考URL:http://www.uni-science.org/old/uni08/annai_6.html

ウイルスは増殖しやすい場所が決まっています。
たとえば腸に行きやすいウイルスでは下痢を起こしたり、呼吸器に行くウイルスでは風邪を起こします。
狂犬病ウイルスは末梢神経を通って中枢神経に達し、そこで大量に増えてさらに各神経へ伝わり、唾液腺で増殖します。唾液腺に行く事により噛んだときに次の人、動物にウイルスをうつします。中枢神経に行く事により麻痺、痙攣を起こし最終的に死亡します。
という説明ではいかがでしょう?
どうしてウイルスによって好きな場所が決まっているのかは下の参照URL...続きを読む

Qカルバペネム耐性菌(CRE)とドクターに言われたのですが MRSAと同じに捉えていいのでしょうか?

カルバペネム耐性菌(CRE)とドクターに言われたのですが
MRSAと同じに捉えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

全く同じではないですが、同じように考えていいです。
要は抗生物質が効きにくいので、本人の体力次第ということです。

Qマラリアの検査は発症前でも有効ですか?また、発症までの症状もあれば教えてください。

今週はじめよりフィリピンへ旅行へ行き、今日(木曜日)帰国しました。
現地滞在中、火曜日に蚊にさされてしまいました。
刺されたときには気づかず、痒くなってから気づきました。
持参した虫さされの薬を塗るとすぐにかゆみもおさまり、そのときはあまり気にしなかったのですが、帰国した今になって感染症が少し心配になってきています。
帰宅後ネットでいろいろ調べてみると、代表的な病気のマラリヤは潜伏期間が一週間から長いものでは数年の場合もあるとのことです。
私は蚊にさされてからまだ3日目なのですが、発症前に病院に検査に行って血中に異常は発見できるものなのでしょうか?
なお、現時点までには微熱(36.5度←平熱が35度台なので・・)と頭痛がありましたが、これは恐らくエアコンのせいで、現地のホテル併設の診療所でもらった鎮痛剤をもらって昨日(水曜日)一日中寝ていたらおさまりました。(恐らく関係ないのですが、一応・・・)
刺されたときには気づかなかったので、どんな蚊だったのかは見ていません。というより、蚊かどうかも確認はしていないのですが、オープンエアーのレストランで夜食事をしていて、一箇所のみなので恐らく蚊かと。。
刺された後は特に大きく広がるとかかぶれるとかはなっていません。

また、発症後の症状(周期的な39度程度の高熱,悪寒など)はサイトでも載っているのですが、発症前の前兆というか、そのようなものは何かあるのでしょうか?(いつもと違う倦怠感など)

今週はじめよりフィリピンへ旅行へ行き、今日(木曜日)帰国しました。
現地滞在中、火曜日に蚊にさされてしまいました。
刺されたときには気づかず、痒くなってから気づきました。
持参した虫さされの薬を塗るとすぐにかゆみもおさまり、そのときはあまり気にしなかったのですが、帰国した今になって感染症が少し心配になってきています。
帰宅後ネットでいろいろ調べてみると、代表的な病気のマラリヤは潜伏期間が一週間から長いものでは数年の場合もあるとのことです。
私は蚊にさされてからまだ3日目なの...続きを読む

Aベストアンサー

発症前は原虫の数が少なく、直接の検査では難しいかと思います。
蚊に刺されたら、すぐにマラリアと言うわけではありません。そうなら、地域の国民は全員がマラリアになってしまいます。
しかし、ご心配なら予防薬を飲む事が出来ます。お近くの内科医にご相談下さい。
外務省の感染症サイトも参考になるかと思います。

Q最近の MRSA菌対策

入院中MRSA菌発症の場合、その方の隔離がベストと認識していましたが、最近色々なガイドラインがある中で、院内感染より空気感染重視とされてきており、必ずしも隔離は必要なしとの病院の説明を受けました。
母親のことですが同室の方がMRSA菌を出されており、その方と吸引器を共有して、二股のチューブでいることのリスクはないのでしょうか。心配でなりませんし、医療的には二股チューブは問題ないとされていても、心情的に気分の良いものではありません。少しでも改善をお願いしたところ、
その病院は、有料個室が開いていればその部屋での対応は可能だが、
満床時には、MRSA患者との同室、又、吸引器の二股チューブを使用することを家族が同意した場合は入院を受け入れますとの返事でした。
母は特別養護老人ホームに入所中で、その病院は、施設の協力医療機関に指定されております。母が再度入院を余儀なくされる事態になった場合、他の医療機関に救急でみて頂くか、病院側の条件をのんで今までどおり、協力医療機関に診て頂くか、今後どうするべきなのか返事を迫られています。(病院と施設から)まず、病院の言われるガイドラインが本当であるなら、部屋のドア閉めや、ガウンの着替えや、手指の消毒も必要ないのではないかと感じましたが、母入院中は、それはなされていました。病院側の言い分は、医療常識的に通るものなのでしょうか?
母親の一番良い方法はどうなのか、(母四肢麻痺ですが意識はあり、話せるし食事も介助要ですが出来ます)大変迷っています。
どなたかご教示よろしくお願い申し上げます。

入院中MRSA菌発症の場合、その方の隔離がベストと認識していましたが、最近色々なガイドラインがある中で、院内感染より空気感染重視とされてきており、必ずしも隔離は必要なしとの病院の説明を受けました。
母親のことですが同室の方がMRSA菌を出されており、その方と吸引器を共有して、二股のチューブでいることのリスクはないのでしょうか。心配でなりませんし、医療的には二股チューブは問題ないとされていても、心情的に気分の良いものではありません。少しでも改善をお願いしたところ、
その病院は、有料...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
二股云々より、説明の最初の部分に疑問を感じます。
>院内感染より空気感染重視とされてきており・・・はちょっと変です。

言葉がこの通り使われたのなら、感染ルートが空気であろうと何であろうと、病院の中で感染するのが院内感染ですので、この説明は無茶苦茶です。

二股チューブは空気が流れている間は菌が逆流する可能性は非常に少ないですが、通気が止まった状態で長く置くと判らなくなります。
一端菌が逆流して先端が汚染されてしまった場合は再度通気しても汚染は消えません。
そういう管理がどの程度成されているかが結構重要ですのでこれだけでは判りません。
二股部分はつけっぱなしでもその先は毎回使用毎に変えているのならまず心配はないと思われますが、接続部の操作の際に指先が汚染される可能性など、全く安全であると言い切れるものでもないです。

ガウンテクニック(予防衣の着脱)や入室時の手の消毒などは防ぐ内容が全く違いますので、これは重要なものです。
入室した人が外部の菌を持ち込む(あるいはその逆)のを防ぐ為の物です。

直接話を聞いたわけではないので、はっきり「こうです」とはいえませんが、私ならあまり信頼できる所ではない印象を受けます。

ただ、MRSAは抗生物質に強いという以外はどこにでもいるブドウ球菌です。
なので、MRSAだから隔離云々というのは、免疫力が非常に落ちてる人や重病の人の話ですので、今現在、それを徹底するという意味がイマイチあるのかな?という印象を受けます。

こんにちは。
二股云々より、説明の最初の部分に疑問を感じます。
>院内感染より空気感染重視とされてきており・・・はちょっと変です。

言葉がこの通り使われたのなら、感染ルートが空気であろうと何であろうと、病院の中で感染するのが院内感染ですので、この説明は無茶苦茶です。

二股チューブは空気が流れている間は菌が逆流する可能性は非常に少ないですが、通気が止まった状態で長く置くと判らなくなります。
一端菌が逆流して先端が汚染されてしまった場合は再度通気しても汚染は消えません。
...続きを読む

Q母の体調についてです。最近、母(60歳)の体調が思わしくないので心配し

母の体調についてです。最近、母(60歳)の体調が思わしくないので心配してます。

先週、車を運転中、手足がしびれめまいがしたといって、救急車で運ばれました。近くの病院に搬送されましたが、検査の結果問題ないということで、「軽い熱中症と疲労」との診断、点滴をしてすぐ帰ってこれました。

ですが、その後も運転しようと足に力を入れると足がしびれ、普段も足が異常にむくみ、毎日足がつるし、体もだるいといっているので、心配です。

実は今、父が闘病中(おそらく持ってあと2週間程度)で、夜以外は常に病院に付き添い、精神的にも極限状態ですし、帰ってきて仕事をこなしているため、睡眠時間は1日3~4時間程度、とかなり疲労困憊なのは確かなのですが、なにか病気なのでは・・・と気になってしまいます。

もう一度病院にと進めてはいるのですが、行こうとはしません。

この間、救急搬送された際、血液検査の数値では問題ないとのことでした。

血液検査データに反映されないような何か病気の可能性はありますでしょうか?
やはり精神的なものと疲労の影響なのでしょうか・・・?

専門家の方、詳しいかた、アドバイスいただけたらと思います。

母の体調についてです。最近、母(60歳)の体調が思わしくないので心配してます。

先週、車を運転中、手足がしびれめまいがしたといって、救急車で運ばれました。近くの病院に搬送されましたが、検査の結果問題ないということで、「軽い熱中症と疲労」との診断、点滴をしてすぐ帰ってこれました。

ですが、その後も運転しようと足に力を入れると足がしびれ、普段も足が異常にむくみ、毎日足がつるし、体もだるいといっているので、心配です。

実は今、父が闘病中(おそらく持ってあと2週間程度)で、夜以外は常に...続きを読む

Aベストアンサー

肉体的にも精神的にも極限状態なのでしょう。
毎日のこの暑さで、汗も掻きます。汗から失われるミネラルは、新聞やテレビの報道で叫ばれているよりももっと深刻なものがあります。特に、カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄など、汗によるこれらの喪失は深刻なのです。
足が攣るのをこむら返りと云いますが、マグネシウムの欠乏でこむら返りがおきます。その他、カルシウム、カリウムの欠乏もその原因になっています。
そして”だるい”と訴える原因の一つにカリウムの欠乏があります。

病院検査では、カルシウム、マグネシウム欠乏は見分けが難しいものです。体はそれらを基準値内に収めてしまう仕組みになっています。その欠乏は、僅かカリウム低下、として現れることが多いので、医療ではさほど重要視されなくて「異常なし」と結論される。

カルシウム剤を薬局で購入して、マグネシウムは調理用ニガリで、カリウムは積極的に生野菜、果物で補給されることを強くお勧めします。

QESBLなどの菌について

院内感染で問題となるMRSA、ESBL、あと緑膿菌とはどのようなものでしょう??
MRSAはよく聞きます。たとえば医療者であれば、MRSAを保菌していることは多いと聞きます。
(1)MRSAは一度保菌すると消えないのでしょうか??
(2)MRSAは保菌しているときは赤ちゃんや免疫力の低い病気の人などに触れたりするとMRSAをうつしてしまうのでしょうか??
(3)MRSAは、抗菌薬などで消滅させれないのでしょうか??
(4)MRSAは自分がもともと持っている常在菌が変化したものなのでしょうか??

ESBLはあまり聞かないのですが、MRSAみたいなものですか??
(1)ESBLは一度保菌すると消えないのでしょうか??
(2)ESBLは保菌しているときは赤ちゃんや免疫力の低い病気の人などに触れたりするとMRSAをうつしてしまうのでしょうか??
(3)ESBLは、抗菌薬などで消滅させれないのでしょうか??
(4)ESBLは自分がもともと持っている常在菌が変化したものなのでしょうか??

緑膿菌もあまりきかないですが、どのようなものでしょうか??
(1)人にうつして悪さしますか?簡単にうつりますか?
(2)抗菌薬などで体からいなくなりますか?

たくさん質問ですが、どうか教えてください。よろしくお願いします。

院内感染で問題となるMRSA、ESBL、あと緑膿菌とはどのようなものでしょう??
MRSAはよく聞きます。たとえば医療者であれば、MRSAを保菌していることは多いと聞きます。
(1)MRSAは一度保菌すると消えないのでしょうか??
(2)MRSAは保菌しているときは赤ちゃんや免疫力の低い病気の人などに触れたりするとMRSAをうつしてしまうのでしょうか??
(3)MRSAは、抗菌薬などで消滅させれないのでしょうか??
(4)MRSAは自分がもともと持っている常在菌が変化したものなのでしょうか??

ESBLはあまり聞かないのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は誤解を招きやすく、いい加減な知識しかない人たちが、たとえばMRSAキャリアの人を老人施設を入所させないなどの無意味な差別をするようになってしまいました。

こういうところで適当に知識を得ず、ちゃんと細菌学や感染制御論などの本を読んで確実で正確な知識を得てください。

Qとびひ、について

大人のとびひになりました。気になったことを教えてください。

とびひの原因となる黄色ブドウ球菌は常在菌らしいですが、普段は蚊に刺されたくらいじゃ化膿しませんよね。

でも一旦とびひになるとその化膿した汁によってどんどん広がります。

これは黄色ブドウ球菌は化膿すると強力になるってことでしょうか。
(化膿菌になるとパワーアップする?)

例えば、伝染るという理由で、とびひになった子供は幼稚園に登校できなくなりますが、とびひじゃない子供も常在菌として黄色ブドウ球菌が肌にあるわけですよね。それなのにとびひが発症した子が危険と見なされるのは発症して化膿した黄色ブ菌は常在してる黄色ブ菌よりずっと凶暴なモノになってるから、ということなのでしょうか。

Aベストアンサー

とびひの原因菌は数種類あります。主なものは黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)です。
前者は表皮剥脱毒素という毒の成分が皮膚を侵して水疱ができ、表皮がべろんとめくれます。正式には水疱性膿痂疹といいます。
後者も毒の成分が皮膚を侵して浅い水疱ができ、後に厚いかさぶたができるのが特徴です。正式には痂皮性膿痂疹といいます。

抵抗力の弱い子供や病人、抵抗力が低下している人のあせもや傷口等からとびひの菌が進入すると、どんどん繁殖して毒素を出し、水疱を作るわけです。水疱内には菌と毒素等がものすごい数有り、水疱が破れると、それらが外に出ます。そしてわずかでも皮膚が傷ついていると菌が進入し、毒素によって皮膚が痛み、菌が進入して・・・広がるのです。

感染したら、入浴はシャワーにし、身体を洗うときに皮膚を傷つけないようにナイロンタオルなどは使用せず、よく石鹸を泡立てて優しくなで洗いをしましょう。
とびひは免疫ができないので、何度でもかかります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報