量子力学の波動関数から電荷密度を求めるには、一粒子であれば、
q・|φ(x)|^2
ですが、二体の波動関数の場合はφ(x_1,x_2)どうなのでしょうか?
考え出したらわけがわからなくなってしまい困っています。

ボソンとフェルミオンの場合で違うのか、単にスレータ行列式を
一方の粒子の座標だけで、
∫q・|φ(x_1,x_2)|^2 dx_2
のように積分するのか、
混乱してしまい、はまってしまっております。よろしく
お願いいたします。

具体的には、たとえば、調和ポテンシャルあるいは井戸型
ポテンシャルに相互作用の無い二つのフェルミオンあるいは
ボソンを投げ入れたときの問題です。

平面波展開で数表示にしてフーリエ変換するのが正しい
のでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2粒子の波動関数φ(x_1,x_2)がわかっているとして,


確率密度が |φ(x_1,x_2)|^2 です.
座標 x_1 の粒子のみに注目した存在確率は,x_2 の粒子がどこにいてもよいわけですから
(1)  ∫|φ(x_1,x_2)|^2 dx_2
でOKです.
粒子に注目しないのでしたら,x_2 の粒子がいる確率密度も加えないといけません.

相互作用のない2粒子系だというなら,
空間座標の直交規格化波動関数をψ1,ψ2 として(ψ1≠ψ2)
(2)  φ(x1,x2) = 1/√2 {ψ1(x1)ψ2(x2) ± ψ2(x1)ψ2(x1)}
がパウリ原理を満たす波動関数です.
ψ1(x1) は1番目の粒子が波動関数ψ1を持っていることを表しています.
ボソンに対しては,複号は+.
フェルミオンに対しては,
スピン関数が |↑↑>,|↓↓>,(1/√2)(|↑↓> + |↓↑>) のとき
(すなわち合成スピンが1のとき)は複号が-,
スピン関数が (1/√2)(|↑↓> - |↓↑>) のとき(合成スピンが0)は
複号が+です.

|φ|^2 を(2)から計算しますと,4つの項が出ます.
|ψ1(x1)|^2 |ψ2(x2)|^2 のタイプの項2つと
ψ1(x1) ψ2(x2) ψ2(x1)* ψ1(x2)* のタイプ(cross terms)の項2つです.
(1)の積分をやるときに,cross terms は直交規格化波動関数の性質から
ゼロになります.
したがって,残るのは第1のタイプの項だけで
(3)  ∫|φ(x_1,x_2)|^2 dx_2 = (1/2) {|ψ1(x1)|^2 + |ψ2(x1)|^2}
になります.
粒子2が今注目している場所にいる場合も考慮しないといけませんが,
計算は(3)を導くのと全く平行です.
結局,粒子密度は
(4)  {|ψ1(x)|^2 + |ψ2(x)|^2}
で,これが motsuan さんの結果です.

なお,ボソン2個,あるいは合成スピン0のフェルミオン2個が同じ状態ψ1なら,
(2)が
(2')  φ(x1,x2) = ψ1(x1)ψ1(x2)
となり,同様の計算で(4)で ψ2=ψ1 としたものになります.

直感的には,相互作用がない2粒子なのですから,
相手にお構いなくそれぞれの粒子が注目した場所にいる確率密度を考えればよいわけで,
(4)はちょうどそれになっています.

> ただ、非常に不思議なのは、お答えにスレータ行列式を代入すると、
> ボソンでもフェルミオンでも全く同じ空間分布となってしまいます。
> そういうものなのでしょうか?
そういうものです.
疑問は,相互作用のないボソン系でもボーズ凝縮が起きる,
あるいは理想フェルミ気体と理想ボーズ気体とでは圧力が異なる,
などの点との関連でしょうか?
これらはいずれも統計力学が関与した話で,
同じ状態(含スピン)に1個しか入れないか(フェルミオン),何個でも入れるか(ボソン),
が分配関数に影響するために出てきます.
分配関数の計算には,あらゆる状態に関する和があることに注意してください.
今の話は,状態2つを決めた話です.

なお,粒子間に相互作用があってそれを摂動で扱うなどの場合は
cross terms が効いてきて複号がどちらかが重要な意味を持ってきます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明を大変ありがとうございます。まず、特定の系(特定の外場)
だけではなく、一般的にフェルミオンとボソンで同じになることがよく
わかりました。

ただ、フェルミオンとボソンで差が出ないのが不思議、と私が申しま
したのは、有限温度(=統計力学)の話からの類推ではありませんで、

具体的には、よく、入門の教科書にポンチ絵が載っている、水素分子イオン
の結合軌道と反結合軌道の絵なのです。あの絵は、結合軌道の方が、
中心部分に集まって描かれています。
(ただし、H_2^+ですから一体問題ですが)

これが頭にあったので、スレータ行列の符号が変われば、電荷密度分布
も変わるかなあ、と思ってしまったんですが、、変わらないのですね。

これからも何卒よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/01/06 23:33

よくわからないでのすが、しかも、遅い反応ですが、なかなか回答がつかないので。


電荷をある場所に見出す確率という意味であれば
2つの座標で書かれているので
座標x1,x2(スピンも含む)に電子を見出す確率P(x1,x2)=|φ(x1,x2)|が決まって
いるのであれば
Σ{x2についての和}P(x,x2)+Σ{x1についての和}P(x1,x)-P(x,x)
として重複を取り除けばよいような気がしますが粒子を入れ替えても
確率密度では区別できないので(それはφ(x1,x2)の対称性にすでに含まれているので)
最後の項-P(x,x)はいらないような気もします
そこでフォック空間で考えて
座標x,x1,x2(スピンも含む)に対する基底をとって状態を
|φ> = Σ{x1,x2の和}φ(x1,x2)a_{x1}^{+} a_{x2}^{+}|0>
と表し(φ(x1,x2)は適当な規格化係数)
<φ|a_x^{+} a_x|φ>
を計算すれると予想したとおり
Σ{x2についての和}P(x,x2)+Σ{x1についての和}P(x1,x)
となってしまいました。本当でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。専門家の方から答が返ってきまして大変うれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
一瞬、フォック空間という単語にたじろいでしまいましたが、数表示のような
ものなのですね。

質問を投稿してから自分でも必死に考えまして、二つのスピン<1|, <2| の磁化
(あるいはS_z)の値を求めるときの話のアナロジーを考えてある程度納得できました。

ただ、非常に不思議なのは、お答えにスレータ行列式を代入すると、
ボソンでもフェルミオンでも全く同じ空間分布となってしまいます。
そういうものなのでしょうか?
自分としては、ボソンの方が、中心に片寄った電荷分布が出て来ることを
勝手に期待したのですが、、、、。

お礼日時:2002/01/05 01:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波動関数の2乗 |ψ|^2 の次元

波動関数の2乗 |ψ|^2
の次元は無次元で良いのでしょうか?
ある区間内に粒子の見つかる確率を表しているのは分かるのですが。
どうでしょうか?

Aベストアンサー

確率が無次元です。|ψ|^2になにを掛けると確率に
なりますか?それがヒントです。だから空間の次元数
によります。

Q物理です x^2+y^2<=1 x>=0 y>=0で与えられる重心を 求める問題で重心のx座標を

物理です
x^2+y^2<=1 x>=0 y>=0で与えられる重心を
求める問題で重心のx座標を
1/S∮(0→1)x√1-x^2となっているのですが
なぜこうなるのかがよく分かりません
解説お願いします

Aベストアンサー

重心は、任意の点の周りのモーメントを考えたときに、「微小部分の重量のモーメントの総和=全重量が重心位置にある場合のモーメント」となる点です。

 与えられたのは、半径 1 の 1/4 円の扇型です。その「微小部分」を、x座標を x ~ x+dx の「縦割り」部分にすると、面積は「高さ」が √(1 - x) 、幅が dx ですから
 ΔS = √(1 - x)*dx
です。
 この部分原点回りのモーメントの「腕の長さ」は x ですから、物理的な「力」を考えるために密度を ρ として、モーメントは
  ρ*xΔS = ρ*x√(1 - x)*dx
です。従って、「微小部分の重量のモーメントの総和」は
  ∫[0~1] ρ*x√(1 - x) dx    (1)
です。

 これに対して、「全重量が重心位置にある場合のモーメント」は、重心の x 座標を x0 とすると
  ρ*S*x0     (2)

(1)と(2)が等しくなるので
  ρ*S*x0 = ∫[0~1] ρ*x√(1 - x) dx

 従って
  x0 = (1/S)∫[0~1] x√(1 - x) dx

 S は 1/4 円なので
   S=(1/4)パイr^2 = パイ/4
ですね。

重心は、任意の点の周りのモーメントを考えたときに、「微小部分の重量のモーメントの総和=全重量が重心位置にある場合のモーメント」となる点です。

 与えられたのは、半径 1 の 1/4 円の扇型です。その「微小部分」を、x座標を x ~ x+dx の「縦割り」部分にすると、面積は「高さ」が √(1 - x) 、幅が dx ですから
 ΔS = √(1 - x)*dx
です。
 この部分原点回りのモーメントの「腕の長さ」は x ですから、物理的な「力」を考えるために密度を ρ として、モーメントは
  ρ*xΔS = ρ*x√(1 - x)*dx
です。従っ...続きを読む

Qハイパスフィルタ回路の入力電圧が(E_0/s + tanθ/s^2)e^(-st_0)とあらわされる過程を説明してほしいです。

過渡現象の問題の解説を読んでいます。
o----C--------------o 
↑       |        ↑ 
e_i       R        e_o
|       |        |
o--------------------o  

ハイパスフィルタ回路の伝達関数が
H(s) = R/(R+1/(sC))とあらわされるのはわかったのですが、入力電圧e_iが、

E_1(s) =(E_0/s + tanθ/s^2)e(-st_0)とあらわされる導出ができません。E_0というのはt=0のときの初期電圧だと思います。
上記導出についてアドバイスいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>E_1(s) = (E_0/s + tanθ/s^2)e(-st_0)

前稿を訂正。
(まったく見当違いをしてました)

e_1(t) は正弦波じゃなくて、ステップ波形に直線波形(傾斜角 = θ)を重畳したものですね。
 ステップ波形のラプラス変換がE_0/s
 直線波形のラプラス変換がtanθ/s^2
 e(-st_0) は時間シフトをかけたことを示す
.... ようです。

Q回折格子 |Δ(d)|、|Δ(θ)|

回折格子とスクリーンを平行におき、これらに垂直にレーザー光を当てるとスクリーン上に明暗の縞があらわれました。d:格子定数、θ:回折角とすると、
dsinθ=mλによりθからdを決定しました。次数の高い回折像から求めたdのほうが正しい値に近づく。それはd=m・λ/sin(θ)より

Δ(d)=-m・λ・cos(θ)・Δ(θ)/(sin(θ))^2=-d^2・Δ(θ)/λ/m
すなわち
|Δ(d)|=(d^2/λ/m)・|Δ(θ)|

mが大きいほうが誤差が小さい。と以前答えをいただいたのですが、何故微分するのか、|Δ(d)|・|Δ(θ)|またこの2つが何を示してるのかわからないので、改めて質問します。教えてください。何を示してるのかを

Aベストアンサー

正しい角度 θ から計算した値を d、
測定した角度 θ' から計算した値を d' とします。
ここで、
 d=m・λ/sin(θ)
 d'=m・λ/sin(θ')
がそれぞれ成り立っています。

測定値 θ' が θ から少しずれていた場合、
d の値も d' へとずれてしまいます。
θのずれをΔθ、dのずれを Δd とおくと
 θ' = θ + Δθ
 d' = d + Δd
ですね。

それでは実際にΔdを計算してみます。
 Δd = d' - d
    = mλ/sinθ' - mλ/sinθ
    = mλ{ 1/sin(θ+Δθ) - 1/sinθ }
    = mλ{ 1/{sinθ*cos(Δθ) + cosθ*sin(Δθ)} - 1/sinθ}
Δθ が小さいとき、cos(Δθ)≒1, sin(Δθ)≒Δθ とすると
    = mλ{ 1/{sinθ + Δθ*cosθ} - 1/sinθ }
    = (mλ/sinθ)*{ (1 + Δθ/tanθ)^(-1) -1 }
ここで x が小さいときに (1 + x)^n ≒ 1 + nx
という近似が成り立つことを用いると
    = (mλ/sinθ)*(-Δθ/tanθ)
    = {- mλcosθ/(sinθ)^2} * Δθ
と成ります。

微分を知っているならこのような作業をせずに、
楽に同じ結果が出てきますね。

正しい角度 θ から計算した値を d、
測定した角度 θ' から計算した値を d' とします。
ここで、
 d=m・λ/sin(θ)
 d'=m・λ/sin(θ')
がそれぞれ成り立っています。

測定値 θ' が θ から少しずれていた場合、
d の値も d' へとずれてしまいます。
θのずれをΔθ、dのずれを Δd とおくと
 θ' = θ + Δθ
 d' = d + Δd
ですね。

それでは実際にΔdを計算してみます。
 Δd = d' - d
    = mλ/sinθ' - mλ/sinθ
    = mλ{ 1/sin(θ+Δθ) - 1/sinθ }
    = mλ{ 1/{sinθ*cos(Δθ) + cosθ*sin(Δ...続きを読む

Q∫Kπ~K+1π|sint|dt=|∫Kπ~K+1πsintdt|

∫Kπ~K+1π|sint|dt=|∫Kπ~K+1πsintdt|
は、なぜいえるのですか?

解説では、Kπ~K+1πにおいてsintの符号が一致するため・・・
と書いてあるのですが、いまいちよくわかりません。

Aベストアンサー

たぶんこの問題には、Kは整数とする、または自然数とする、と書いてあると思います。さらに、K+1にはカッコが付いているはずです。

このとき、Kが自然数の時積分範囲は単位円の上半分または下半分となります。Kが偶数のときは上半分で、奇数の時は下半分になります。実際に積分してみましょう。
Kが偶数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは2になります。|sint|を積分しても、2になります。
Kが奇数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは―2になります。その絶対値は2となります。|sint|をせきぶんすると、2になります。
ちゃんと一致していますね。と言ってもわかりにくいと思うので、成り立たない場合を考えます。

sintをπ/2~3π/2の範囲で積分します。そうすると答えはゼロになります。|sint|を同じ範囲で積分すると、答えは2になります。

グラフを書いてみましょう。関数を積分するということは積分範囲とx軸と関数によって囲まれた面積を求めることと一致します。ただしこれは、積分範囲において関数が正の場合の話で、関数が負の値を取っている範囲ではマイナスが付きます。つまり、グラフをかいて、x軸よりも上にある、x軸と関数によって囲まれた図形の面積をすべて足して、x軸よりも下にある、x軸と関数によって囲まれた図形の面積を引くと、積分した値になるのです。グラフを書いてみると、積分範囲において、sinxの値が常に正、または負の場合、∫|sinx|dx=|∫sinx dx|が成り立つことがわかります。

たぶんこの問題には、Kは整数とする、または自然数とする、と書いてあると思います。さらに、K+1にはカッコが付いているはずです。

このとき、Kが自然数の時積分範囲は単位円の上半分または下半分となります。Kが偶数のときは上半分で、奇数の時は下半分になります。実際に積分してみましょう。
Kが偶数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは2になります。|sint|を積分しても、2になります。
Kが奇数のとき、sintをこの範囲で積分すると、答えは―2になります。その絶対値は2となります。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報