ヤマハの指導グレード4級を受けるのに和声の勉強をしようと思っています。ところが和声についての参考書やテキストはたくさんあるのでどれを使っていいか迷っています。わかりやすいオススメの本はないでしょうか。ちなみに私は音大卒ではないので初めて和声を勉強します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

音楽の友社出版の「和声 理論と実習」がお勧めです。

三巻まであって一巻は赤、二巻は黄色、三巻は深緑になっています。初心者の方にはこれが一番分かりやすいでしょう。まずは一巻と二巻を買って勉強されるのがいいと思います。でもところでひょっとして一人で勉強されるのですか?和声を一人で独学で勉強するのはちょっと大変かも。ピアノのレッスンと同じで人に見てもらわないと分からなかったり、ミスに気がつかなかったりするので、専門の先生に教わったほうがいいでしょう。そうしたらその先生に和声の本を紹介してもらうことができるし。ちなみに私は最初和声を一人で勉強していたのですが、分からなくなって途中で投げ出した経験があります。ところが受験にどうしても必要になって、専門の先生についたら「なんだ、そんなかんたんなことか」っなって和声が大好きになり、今は人に教えるまでに至りました。kame-tamagoさんも頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切に回答してくださってありがとうございました。回答がなくて諦めていた頃simanさんからのアドバイスがあり、大変嬉しかったです。早速その本を購入して頑張ってみようと思います。とりあえず基本的な事を自分で勉強してみて、YAMAHAの先生に分からないところをアドバイスしてもらおうと思います。

お礼日時:2002/01/10 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和声の本を紹介してくれませんか?

ヤマハの指導グレード4級を受けるのに和声の勉強をしようと思っています。ところが和声についての参考書やテキストはたくさんあるのでどれを使っていいか迷っています。わかりやすいオススメの本はないでしょうか。ちなみに私は音大卒ではないので初めて和声を勉強します。

Aベストアンサー

音楽の友社出版の「和声 理論と実習」がお勧めです。三巻まであって一巻は赤、二巻は黄色、三巻は深緑になっています。初心者の方にはこれが一番分かりやすいでしょう。まずは一巻と二巻を買って勉強されるのがいいと思います。でもところでひょっとして一人で勉強されるのですか?和声を一人で独学で勉強するのはちょっと大変かも。ピアノのレッスンと同じで人に見てもらわないと分からなかったり、ミスに気がつかなかったりするので、専門の先生に教わったほうがいいでしょう。そうしたらその先生に和声の本を紹介してもらうことができるし。ちなみに私は最初和声を一人で勉強していたのですが、分からなくなって途中で投げ出した経験があります。ところが受験にどうしても必要になって、専門の先生についたら「なんだ、そんなかんたんなことか」っなって和声が大好きになり、今は人に教えるまでに至りました。kame-tamagoさんも頑張って下さい。

Q勉強のための本 どういうコーナーにうっているのでしょう??

よく、効率のよい勉強法・記憶と脳のメカニズム・睡眠と脳…など勉強にさまざまな生活習慣等をあてはめて勉強の効率の良さを解く本がでてきていますがそのような本(受験などに特化しなく、総合的に資格や試験と名がつくものにあてはめられるような)は本屋のどのコーナーにあるのでしょうか?
教えてください。

言葉足らず、乱雑な文でありましたらすみません。

Aベストアンサー

そういうどこに置いてあるのか、ジャンルのわかり難い本は、
本屋や店員の判断しだいで、どのコーナーに置くか違うなんて事が、
しばしばあるので困りものです(苦笑)
私も本屋の店員なのですが、どこに並べるべきか本当に迷います。

新書・文庫といった本の形式に合わせて、その片隅に集めて並べるか、
または実用書コーナーに置くか、のどちらかが多いはずです。
お店によっては専用のコーナーが作ってある場合も。

ココにあるという確実な答えは出来ないのですが、
参考になれば幸いです。

Q和声的短音階、和声という名の由来、属和音との関係

和声的短音階についていくつか分からないことがあります。
たとえば、はてなダイアリーに和声的短音階について以下の通りまとめてあります。
自然的短音階の
「第7音を半音上げることによって主音と第7音の間隔が半音となり音階の導音としての機能が果たせるようになる.
この短音階が和声的といわれるのは半音高くした第7音が属和音を作り出すことによる.このことから「和声的短音階」と呼ばれる.」

疑問(1)VIIの音は、7番目に位置することと主音と半音の関係にあるという2つの条件を満たさないとと導音と呼ばれないのか。主音とはVIIの音と半音の関係にあって初めて主音と呼ばれるのか。
  (2)和声的短音階に比べてVIIが半音低い自然的短音階にも属和音Vm7があるではないか。自然的短音階のVm7は属和音にはならず、和声的短音階のV7は属和音になるのか?VIIが属和音を作るとはどういう意味か?
  (3)和声的とは何か?別のサイトで、和声的短音階はVm7をV7に変えて、和声的不備を解消するという説明を見つけましたが、そもそも「和声的」の意味が分かりません。
  V7がVm7と違って不安定なコードで、それゆえトニックに帰りたがるという説明がありました。和声的短音階の役割にVm7を不安定なV7にしV7→Iのドミナントモーションを強力にすることは分かりました。しかし、今度は新たな疑問が浮かび上がって来ました。
 (4)何故V7が不安定か、そして不安定でなければ5番目の和音でも属和音にならないのかということです。

一人で考えても分かりませんでした。良かったら教えてください。

和声的短音階についていくつか分からないことがあります。
たとえば、はてなダイアリーに和声的短音階について以下の通りまとめてあります。
自然的短音階の
「第7音を半音上げることによって主音と第7音の間隔が半音となり音階の導音としての機能が果たせるようになる.
この短音階が和声的といわれるのは半音高くした第7音が属和音を作り出すことによる.このことから「和声的短音階」と呼ばれる.」

疑問(1)VIIの音は、7番目に位置することと主音と半音の関係にあるという2つの条件を満たさないと...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的には前の方がお答えの通りですが。

(1)導音とは「導く音」という名の通り,「主音に動こうとする力が非常に強い音」の事です。曲の中で中心的な役割を持つ主音に近い音は,人間に「主音に移って安心させてほしい」という感覚を呼び起こします。
教会旋法であるフリギア旋法では第一音と第二音の間が半音になっており,この第二音も導音を呼ばれる場合があります。

(2)例えば,Am調の中のEm(7)の和音は,「属和音としての和声的な機能」を持っていません。
「属和音の和声的な機能」とは,主和音に移って安定をもたらす(調性を確定させる),というものです。これは,主に導音が主音に動くことによってもたらされるので,導音を持たない和音(Am調でのEm)はその機能を果たせないのです。
一般的には,属和音といった場合,この機能をもった和音のことを指します。
ただし,少し調べたところ,属和音は長和音でなければならない,という記述は(意外なことに)見つからず,厳密には,属和音としての機能・役割を持たなくても,五番目の和音なら属和音と呼んでよいのかもしれません。(ただし,そう呼ぶことに対して,個人的には違和感はあります)

(3)「和声的な不備」というのは,具体的な内容は(2)で述べた通りで,「自然短音階では五番目の音を根音として構成する和音が長和音(メジャーコード)にならないため,主和音に移って調性を確定させるという属和音の和声的な機能を持っていない」という事を指しています。

(4)不安定かどうかは,和音進行・調性の中で決まる内容であり,和音単体で聴いても分かりません。Amの調の中におかれたE(7)の和音はAmの和音に動いて安定しようとするがEm(7)ではそうならない,という意味です。
不安定でないと五番目でも属和音と呼べないかどうかについては,前述した通り,厳密な決まりは見つけられませんでしたが,個人的には,属和音としての和声的役割を持たないものは,たとえ五番目の和音であっても属和音ではないと感じています。

こんにちは。
基本的には前の方がお答えの通りですが。

(1)導音とは「導く音」という名の通り,「主音に動こうとする力が非常に強い音」の事です。曲の中で中心的な役割を持つ主音に近い音は,人間に「主音に移って安心させてほしい」という感覚を呼び起こします。
教会旋法であるフリギア旋法では第一音と第二音の間が半音になっており,この第二音も導音を呼ばれる場合があります。

(2)例えば,Am調の中のEm(7)の和音は,「属和音としての和声的な機能」を持っていません。
「属和音の和声的な機能」と...続きを読む

Q「蟲」とか「化物語」の怪奇の話とか読んで思ったので

「蟲」とか「化物語」の怪奇の話とか読んで思ったのですが、それらの話のルーツはなんなのでしょうか? 

古典のような物にまとめられたりしているのでしょうか?

Aベストアンサー

そのおはなしはよく知らないのですが、
古典の怪奇のおはなしなら結構あります。

有名なものでは、
これはご存じかもですが「今昔物語集」や「宇治拾遺物語」。
中世の国内外の説話を集めたもので、怪奇談も結構あります。

江戸時代には上田秋成が「雨月物語」という怪異小説九篇をあつめたものを書いています。
あと鳥山石燕の妖怪画を転用しているものも見かけます。

また新しいところでは柳田國男の「遠野物語」、土俗的な風習をききがきした文章、これも有名です。

現代の娯楽小説や娯楽アニメ・漫画に出てくるたぐいのものが、もし下敷きにするとしたら、このへんだと思います。
ただ、名前だけとってきてあとは現代人好みの筋書きに沿わせているだけ、あるいは「こんなかんじかなー」ていう雰囲気だけのものもあって、その是非はともかく、そんなふうに見受けられます。

Q和声進行からのクラシック作曲

コード進行(和声進行)から、クラシックを作曲するのは、邪道だとは分かるのですが、本当に邪道でしょうか?過去の作曲家で旋律からでなく和声から作曲されていた方っているのでしょうか?

また和声からの作曲が許される場合、クラシック音楽らしい和声進行を作るにはどうしたらいいですか?(楽曲を調べるのが一番ですが楽してすみません・・・)

お願いします!

Aベストアンサー

>>邪道でしょうか?
邪道じゃないですよん(^。^)数字付き低音っていうベースラインを最初に考えるんスね♪それからメロディーを紡ぎ出してスコアに書き込むんね★
>>過去の作曲家で旋律からでなく和声から作曲されていた方っているのでしょうか?
モーツァルト以前の作曲家、特にバッハなどの時代では常識でした♪
>>クラシック音楽らしい和声進行を作る
ちょっとだけ出血しちゃいますね★
四度上行三度下降二度上行の進行が基本で、1625進行って巷では言われますね。C Am Dm G7 Cです。私の場合は16425進行のC Am F Dm G7 Cが好きです。短調でしたらAm F Dm E7 Aで、最後はAmではなくAです。ピカルディの3度と言うてマイナーを強引にメジャー化する事がバロック時代までは流行っていました。その他ベタなものを上げていきますと...
Am Dm E7 Fの偽終止、Am E7 Am E7 Am F G7 CとAm調からC調への平行長調転調、Am E7 Am E7 Am F G Em Am B7 Emで属短調への転調、C G7 C G7 C D7 GのC調からG調への属調転調、バロックっぽい雰囲気を出したいときは、緩徐楽章のコーダのお決まりパターンであるフリギア終止Am E7 Am Dm Eを使うと効果的です。楽式も参考にした方がよいかと思います。
古典派の楽曲ではトニックとドミナントを繰り返して強調することが流行りました。基本は伝授しましたのであとは...m(__)m
No.1サンの言うとおりバス課題を一度なさってみるとよいかと思います。
困難を感じるでしょうが自分のものになりますので是非やってみて下さい。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~sak/wasei_dokuhon/400.htm

>>邪道でしょうか?
邪道じゃないですよん(^。^)数字付き低音っていうベースラインを最初に考えるんスね♪それからメロディーを紡ぎ出してスコアに書き込むんね★
>>過去の作曲家で旋律からでなく和声から作曲されていた方っているのでしょうか?
モーツァルト以前の作曲家、特にバッハなどの時代では常識でした♪
>>クラシック音楽らしい和声進行を作る
ちょっとだけ出血しちゃいますね★
四度上行三度下降二度上行の進行が基本で、1625進行って巷では言われますね。C Am Dm G7 Cです。私の場合は16425進行のC A...続きを読む

Q建築について自分で勉強したいのですが何からやっていいのか分かりません。

建築を学び始めた大学(1)年生です。自分で何かを勉強したいと思うのですが、何をやっていいか分かりません。

Aベストアンサー

58kgさん、今晩は。
貴方の質問に対して、何点か補足説明をお願いいたします。

・大学生ということなのですが、現在の専攻科目は何でしょうか?
・将来的に、建築の仕事に携わりたいのでしょうか?
何の為に「建築」を学ぶのでしょうか?
・性別を記載してください。

Q非和声音

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E9%9F%B3#.E9.9D.9E.E5.92.8C.E5.A3.B0.E9.9F.B3和音と和音を連結して和声を形成する過程で、ある和音が響いているときに、その和音の構成音以外の音が鳴らされるとき、これらの音を非和声音、和声外音などと呼ぶ。非和声音は、解決を必要とする等、和音の連結や音楽の時間的経過といった要素を無視できないため、あくまで「和声」のなかから生まれるものであり、時間の経過や連結を無視した単一の和音に、元の和音の構成音以外の音を新たに加えても、別種の新たな和音(不協和音など特殊な和音を含む)になるだけなので「非和声音」とはいえない。

■「非和声音」についてお尋ねいたします。
上記のサイトで調べますと、「非和声音」は、こう記述されていますが、いまいち、よく、わかりません。

-------------------------------------------------------------

例えば、Cの場合ですと、
(1)「3和音(トライアト・基本構成)」は、Cです。
(2)「4和音(付加音・テンションなど)」は、C△7などです。

【質問】「元の和音の構成音」とは、(1)(2)のどちらを指すのでしょうか?

--------------------------------------------------------------

自分としては、「(1)」のことだと思うのですが、ただ、「元の・・・」の文言が気になります。

「元の和音」とは、作曲する場合、「直接、4和音」で考える場合もあります。
そうしますと、「元の和音」とは、「4和音」のことも指すような気がします。

ということで、「元の和音の構成音」とは、(1)(2)のどちらを指すのでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E9%9F%B3#.E9.9D.9E.E5.92.8C.E5.A3.B0.E9.9F.B3和音と和音を連結して和声を形成する過程で、ある和音が響いているときに、その和音の構成音以外の音が鳴らされるとき、これらの音を非和声音、和声外音などと呼ぶ。非和声音は、解決を必要とする等、和音の連結や音楽の時間的経過といった要素を無視できないため、あくまで「和声」のなかから生まれるものであり、時間の経過や連結を無視した単一の和音に、元の和音の構成音以外の音を新たに加えても、別種の新たな和音(...続きを読む

Aベストアンサー

回答者No1です。

そうですね。

しかし、自分では和声的な意味をC△7と決めていても、無意識に次のコードを導くための経過音として、△7を使っている場合もあると思うのです。
そうなると、それは「非和声音」となるようですね。

例えば、D→D/B のBを「非和声音」とするか「Bm7の根音(構成音)」とするかは、状況によって変わると思うのです。

Q 金融系の勉強を土日に集中して作業しているのですが...

 金融系の勉強を土日に集中して作業しているのですが...
月~金曜日まで働いて

 土日に金融系の勉強ばかりしていると、太るは 目は悪くなるは 白髪は生えてくるは
遊びたくないのですが

 遊ばないと、体に異変を起こしそうです。
なにか良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

考えられる要因としては、

太る
→運動不足だから。もしくは勉強しながら菓子など食べてしまうから。
 ストレス太りなど。

目が悪くなる
→近くを見過ぎ。PC画面を見過ぎ。遠くを見ていないのでピントフリーズ。
目が悪くなるのはドライアイ、近視など色々考えられますが、気になるようなら一度眼科で診てもらうと安心です。
何でもないなら何でもないで済みますし。

白髪
→単なる年齢的なもの。あるいは疲労でエネルギー不足。あるいはストレス。


気分転換をしないと、根を詰めたままではかえって効率が良くないのではありませんか。
しかし「読書」と何が関係あるのでしょうか??
勉強内容は読書だけではないのだろうと推察しますが・・・・。

読書なら疲れたらやめて休むしかないですよ。

Q和声学について

和声学・和声法が今、広くみんなに使われているものとなるまでの歴史、みたいなものが知りたいです。サイトでも本でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

音楽やっているみたいですね。

和声を勉強しているということで、もうこのサイトには
訪れているかもしれませんが、結構いろいろな話を例にあげ
説明をしてくれているサイトなので、参考に見てみてください。

学生時代、私も電車の中などで和声の本を読んだっけな~

自信っていうところは無視してください。(笑

参考URL:http://www.jeugia.co.jp/~se/riron.html

Q雑誌のバックナンバーについて 花とゆめという雑誌の2017年9号が欲しいです! 付録が欲しかったので

雑誌のバックナンバーについて
花とゆめという雑誌の2017年9号が欲しいです!
付録が欲しかったのですが、もう10号が出てしまっているようで、書店に行って店員さんに伺ったのですが、ないということでした。
もうひとつ大きな書店があるので、そちらの方でも聞いてみようと思います(恐らくないと思いますが...)なかった場合、書店からその雑誌を取り寄せることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

直接「白泉社」に問い合わせてみられてはどうでしょうか。
問い合わせ先をのせておきます、ご参考にしてみてください。

http://www.hakusensha.co.jp/contact/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報