この前「ザ・トレンチ」という映画をみました。
内容は第二次世界大戦中のイギリス軍とドイツ軍の塹壕戦なんですけど、ラストの突撃のシーンに疑問が残りました。
ドイツ軍は350M先の塹壕に構えていて、砲撃を受けながらも機関銃を構えている。そこにイギリス軍が突撃していくんですが、なぜかみんな横一列で歩いて突撃しているのです。とうぜんイギリス軍は機関銃で撃たれてばったばった死んでいきます。
普通突撃するときって走ったり、ほふく前進したりするんじゃないんですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

作戦によるんじゃないでしょうか?


専門家で無いので、あんまりそういう場合の適切な作戦は分かりませんが、日露戦争における最大の激戦地である二〇三高地の戦いで、機関銃で陣地を張っていた露軍に対し日本軍が映画の英軍の作戦を取りました。
ただ、その時は横一列に並んだ部隊を何重にも重ね、波状攻撃を行ったようです。つまり、一列目がバタバタ倒れてもその後ろに2列目がそのまま突撃。2列目が倒れても3列目がそのまま突撃と言う作戦です。日本軍はこの作戦で露軍に勝ちました。(ロシア人も狂気の沙汰だとびびっていたらしいです)

もしかしたら映画の英軍も波状攻撃を行っていませんか?
あるいは、全滅しか道がないと思い玉砕にでたとか?
映画を知らないのでそこら辺は分かりませんが・・・。

まあ、波状攻撃作戦として実績のある戦法ではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
波状攻撃ですか、その可能性は低いと思います。その部隊は一列のみでしたからね。
でも、第一波と言っていたので敵にプレッシャーを与えるためだけの玉砕覚悟の突撃だったのかもしれません。

お礼日時:2002/01/13 21:22

「ザ・トレンチ」まさに塹壕、って意味ですね。



 お尋ねの件ですが、ありえない話ではありません。
HNKのドキュメンタリー等に依りますと、少なくとも第一次大戦中までは、英陸軍の「突撃」とは、そういうモノだったようです。
 太鼓に合わせて、綺麗にザッ、ザッ、と行進するのです。陸軍の「伝統」ってヤツだったのです。
 それが、戦車や機関銃等の近代兵器の登場により、無くさざるを得なくなっていったのでした。
 実際に、第1次大戦中には、その映画そのもののシーンが展開したということです。
 正確に、いつ頃、その伝統を撤廃したのは存じませんが、伝統を重んじる部隊であれば、第2次大戦でも、そういう事をしていたのかも知れません。

 後、英国映画には、社会を痛烈に皮肉った作品が多いですから、そのシーンにはそんな意味もあったのかも知れません。

 第1次大戦の「突撃シーン」は、キューブリック監督の「バー・リンドン」等で見ることが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
鼓笛隊は登場しなかったですけど、ゆっくりと前進していたところを見ると伝統の名残かもしれませんね。

戦争映画好きなのでご紹介の映画、ぜひ見てみようと思います。

お礼日時:2002/01/13 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

Aベストアンサー

米国34代大統領のアイゼンハワーは、それを指摘して
いました。軍産複合体といいまして、
大統領でもどうしようも無いみたいです。

戦争の原因は色々ありますが、現在では資源と領土が
主な原因になっています。

イラク戦争は石油を巡る戦争であったし、パレスチナ問題は
宗教対立のように見えますが、本質は領土問題です。

資源や領土で戦争の火種が起こる。
そこへ、武器商人が政治家に、献金や票で
圧力を掛けると、
戦争になりやすくなる、ということは考えられます。

Q第一次世界大戦から第二次世界大戦くらいまでが舞台の戦争映画を教えてもら

第一次世界大戦から第二次世界大戦くらいまでが舞台の戦争映画を教えてもらえませんか?

こんにちは。
戦争映画を探しています。
理想としては、ドイツ軍の話、あるいはかかわる話、
そして銃器への配慮がなされている(私はマカロニウエスタン好きです…)ことです。

勿論あくまで理想ですので純粋に面白い!というのがあればぜひ紹介していただきたいです!
定番物からマニアックなものまで何でも結構です!

お願いします!

Aベストアンサー

マカロニ好きということで、

「戦場のガンマン」
サルタナシリーズで知られるマカロニ俳優ジャンニガルゴ主演の戦争映画です。
キンスキーも出てますよ。
監督は「サバタシリーズ」で知られるフランククレーマー。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12909

「地獄の戦場コマンドス」
こちらはリーバンクリーフ主演の戦争ものです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9770

「熱砂の戦車軍団」
ジョージ・ヒルトン主演の戦車ものです。
音楽はブルーノニコライ。マカロニチックなメロディを聴かせてくれます。
というかマカロニ作品でもこの映画の曲を流用してますけど。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17232


「地獄のバスターズ」
昨年公開になったタランティーノ作品「イングロリアスバスターズ」の元ネタです。
音楽はフランチェスコデマージ。マカロニ戦争アクションとして人気のある作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9809

となれば「イングロリアスバスターズ」もいいと思います。
使用される音楽の8割くらいはマカロニウエスタンの既成曲(モリコーネが大半)です。
「荒野の一ドル銀貨」のカバーバージョンまで使われてます。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=333858

どれも対ドイツ作品で、娯楽色たっぷりのものですが、ちと毛色の変わったものを
「橋」
敗戦国となったドイツ(西ドイツですけど)が戦後はじめて作った戦争映画です。
故郷の橋を守ることになった少年兵たちの実話です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17962


「女狙撃兵マリュートカ」
スゴ腕の狙撃兵、でもって女性である赤軍の主人公を描いた旧ソ映画です。
ただ世界大戦ものではありませんけど、狙撃兵というのがガンマンぽくってなかなかです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3998#1

まったく無関連ですが、銃器ということでこんな本が出ますよぉ。
『マカロニ・ウエスタン銃器「熱中」講座』 
著者はマカロニDVDの銃器解説でお馴染みの蔵臼氏です。

マカロニ好きということで、

「戦場のガンマン」
サルタナシリーズで知られるマカロニ俳優ジャンニガルゴ主演の戦争映画です。
キンスキーも出てますよ。
監督は「サバタシリーズ」で知られるフランククレーマー。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12909

「地獄の戦場コマンドス」
こちらはリーバンクリーフ主演の戦争ものです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9770

「熱砂の戦車軍団」
ジョージ・ヒルトン主演の戦車ものです。
音楽はブルーノニコライ。マカロニチックなメ...続きを読む

Q日本共産党が戦争に反対していた唯一の政党だった。

日本共産党が戦争に反対していた唯一の政党だった。
しかし、実際はソ連の犬でしかなかったのでたまたま戦争反対の唯一の政党となっただけだ。
たまたま日本が戦争で負けたので日本共産党が美化されているが実際の日本共産党はソ連の飼い犬の集まりの政党だった。

日本共産党嫌いな人の言い分ですが、ソ連側だったので戦争に反対だったという意見に納得出来ません。

ソ連は戦争をやってましたよね?

ソ連は自分からは攻めてない?
いやいや、第二次世界大戦終戦どさくさに北海道の北方領土と呼ばれる日本の領土に進軍してきた。
実際にソ連が自ら戦争をしていた。

日本共産党はソ連側に着いていたから日本国内で唯一の戦争反対政党だったっていうアンチ日本共産党の考えはおかしくないですか?

Aベストアンサー

確かに戦前の日本共産党は戦争に反対していました。
しかし無謀な戦争に、単に反対したから偉かったとは言えません。

無謀な戦争を止めることが重要なことであって、「反対しましたよ」と言うだけでは子供の言い分にすぎません。そのような態度でいるから、いつまで経っても国民の心にその政策が浸透していかないのです。

日本共産党には無謀な戦争を防げなかった反省が不足しています。きちんと反省を行えば戦後の日本でももっと勢力を広げられたと言えます。よく似た体質の公明党の方が勢力を広げられたのは、国民に受け入れられる素地があったからと言えます。(宗教政党がよいとは思いませんが・・・)

単に、「戦争に反対しました」というのは、決して免罪符にはならないことを肝に銘じるべきです。

Q歴史的な動向に主眼を置いた第二次世界大戦の映画を教えてください。

歴史的な動向に主眼を置いた第二次世界大戦の映画を教えてください。

第二次世界大戦を題材とした映画は多くありますが、その中でも戦局の流れや政治動向など、当時の大局的な時代の動きに主眼を置いた映画を探しています。
実在の一個人について掘り下げた作品や、特定の「〇〇作戦」について掘り下げた作品でも構いませんが、そのような場合でもより俯瞰的に、各国の状況や思惑など歴史的な因果関係の中で、それら個々の人物や作戦がどの様な意味を持っているのかが分かる作品をお勧め頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

難しい注文ですね。だいたい、劇場公開映画てのは、せいぜい、長くても、3時間以内という制約があるので。

日本の一番長い日
 これをみるのは、難しいと思うが。

ジョージ・パットン

ヨーロッパの解放(ソ連がつくった、4部作の長編。宣伝色もあるのはあれだが)

War of the Century
 これは、ヒストリーチャネルの製作で、劇場公開ではないが、DVDがある。日本語版があるかはしらない。

Q北朝鮮VS韓国戦争になったら

北朝鮮が韓国に対し挑発的な発言をしております。

北朝鮮と韓国が戦争になる場合どの様になるのでしょうか?

北朝鮮も戦争をする気がなさそうなのは分かるのですが、もし始まってしまう場合どの様な始まり方が考えられどの様な終結が考えられるのでしょう?
また北朝鮮が勝つにしろ韓国が勝つにしろ、戦争中、戦争終結後、日本にはどの様な影響があるのでしょうか?

韓国や北朝鮮を差別する様な回答では無く客観的にみた考えをお教え頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Takahito0830
さんはご存じないかもしれませんが、挑発を繰り返しているのは北朝鮮だけではありません。実は韓国の方が毎日、放送ジャックや反政府宣伝ビラ攻撃など北朝鮮を挑発しております。

さて、両国が軍事衝突したらどちらが勝つのか?解りません

兵器の性能は圧倒的に韓国が優っています。では勝てるのか?答えはノーです。
 北朝鮮軍がソウルに接近してくれば迎撃し撃滅する事は可能です。ですが、韓国軍の戦車は最新装備であるため重量が50tを超えています。この戦車は北朝鮮の道路を走るのはほぼ不可能です。そうなると平壌への攻撃はヘリか歩兵で行くしかありません。ヘリはベトナム戦争時代の物が主流ですので、対空機関砲に弱いタイプです。それで軍事侵攻するのは自殺行為です。
 航空機に関しては韓国はF-15やF-16など米国製の高性能機を持っていますが、それは全戦力の半分です。半分はベトナム戦争時代の兵器であり、中国によって近代化改修された北朝鮮の戦闘機の方が性能が優ります。また、F-15やF-16は高価であるのと同時に米国製戦闘機の欠陥である贅沢な作りが災いしまして、整備性が悪いんです。1回運用すると24時間は運用できませんので、F-15で20機、F-16で50機しか飛ばす事が出来ません。それのミサイルが300発未満ですので一般的命中率でいくと30機迎撃できるのがオチです。これに対して北朝鮮軍の戦闘機はミグを中心とする格安・共食い整備型戦闘機です。値段は韓国空軍が使用する対空ミサイルよりも安い物です。運用も1日3回ほど飛ばせるのでほぼ毎日、全力投入出来ます。もし、北朝鮮上空に韓国軍の戦闘機が侵入したら1機に対して6機で体当たり攻撃をかけます。北は2機ミサイルで食われたとして1機が体当たりに成功すれば減数は韓国の方が多くなります。
 海軍は目くそ鼻くそなので論外です。
 地上師団の腕前は先日の砲撃戦で明白でしたが三級部隊の北があれだけ戦果を出したのに対して最精鋭の韓国海兵隊が無戦果でした。更に北の一線級部隊は未だに映像その他で確認されていないのです。3ヶ月以上戦争が続いたら南が破綻する可能性が大です。

 日本としては北を応援する理由はありませんが、南を支援するという事=竹島問題はなしにも繋がる可能性がありますので、韓国が竹島問題その他で反日政策を止めない限り日本を味方にする事は出来ないと思います。
 世界としては北が勝つのは嫌だが、戦争が直ぐに終わるのも嫌。だからダラダラ戦争をさせるという行動すると思いますよ。

朝鮮半島に兵器体系はG8各国が持つ不良在庫の塊ですから、戦争が長引けば不良在庫の処分ができるんです。

Takahito0830
さんはご存じないかもしれませんが、挑発を繰り返しているのは北朝鮮だけではありません。実は韓国の方が毎日、放送ジャックや反政府宣伝ビラ攻撃など北朝鮮を挑発しております。

さて、両国が軍事衝突したらどちらが勝つのか?解りません

兵器の性能は圧倒的に韓国が優っています。では勝てるのか?答えはノーです。
 北朝鮮軍がソウルに接近してくれば迎撃し撃滅する事は可能です。ですが、韓国軍の戦車は最新装備であるため重量が50tを超えています。この戦車は北朝鮮の道路を走るのはほぼ...続きを読む

Q第二次世界大戦下のユダヤ人とドイツ人について、

第二次世界大戦下のユダヤ人とドイツ人のそれぞれの生き方を知りたいと思っています。お薦めの映画作品がありましたらお教えください。
現在見ようと思っているのは、「ライフ・イズ・ビューティフル」「シンドラーのリスト」「戦場のピアニスト」「聖なる嘘つき/その名はジェイコブ」「白バラの祈り」です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ナチスを描いた映画は沢山あります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%8F%B0%E9%A0%AD%E3%82%92%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

わたしが観て印象に残っているのは
クロード・ルルーシュの「愛と哀しみのボレロ」「遠い日の家族」(現在DVDで観られるかどうかわかりませんが)

「夏に抱かれて」「暗い日曜日」「さよなら子供たち」「禁じられた遊び」「ソフィーの選択」あたりです。

http://movie.goo.ne.jp/movies/p12022/index.html

「炎のランナー」も時代背景は違いますが、参考になるかも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%8E%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC

ナチスを描いた映画は沢山あります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%8F%B0%E9%A0%AD%E3%82%92%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

わたしが観て印象に残っているのは
クロード・ルルーシュの「愛と哀しみのボレロ」「遠い日の家族」(現在DVDで観られるかどうかわかりませんが)

「夏に抱かれて」「暗い日曜日」「さよなら子供たち」「...続きを読む

Q遺族年金とは?

遺族年金とは国民年金・厚生年金問わずにもらえるのでしょうか?
その人の子として以外にもらえるにはどのような条件があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険庁のHPです。

国民年金には遺族基礎年金、
厚生年金には遺族厚生年金があります。
子、妻、両親等がもらえます。

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi04.htm

Q第一次世界大戦の空軍をテーマにした映画ってありますか?

以前から興味があったのですが、「木でできている飛行機」が飛ぶところを見たくなって、第一次世界大戦の空軍が描かれている映画を探しています。
レンタルビデオ屋さんに置いてありそうなもので、私の希望と合致するような作品はあるでしょうか。

国名は不問ですが、やはり題材になりやすいのはレッドバロン…リヒトホーフェンが活躍したドイツかな、と予想をたてています。

Aベストアンサー

リヒトホーフェンを主人公にしたのが
『レッドバロン』(1971:米)
近代戦争の中で騎士精神が失われていく過程を描いた名作です。


その他
『ブルーマックス』(1966:米)
『暁の出撃』(1970:米)
『スカイエース』(1976:英)

ちょっと毛色の違うのが
『華麗なるヒコーキ野郎』(1975:米)
第一次大戦のちょっと後の頃の曲芸飛行パイロットの話ですが、ドイツのエースがハリウッドに招かれて自分の伝記映画に出演しているというエピソードがでてきます。ラストはこのエースと主人公の一騎打ちになります。

Q本当に戦争放棄は人類の理想でしょうか?現在の人類が有るのは戦争のおかげとも言えるのではないでしょうか

本当に戦争放棄は人類の理想でしょうか?現在の人類が有るのは戦争のおかげとも言えるのではないでしょうか?

戦争が無ければ、人類は怠惰になり、ゴリラやチンパンジーとさして変わらない生活を送っていたのではないでしょうか?

確かに平和で良いかもしれませんが、それが、人類の理想でしょうか?

Aベストアンサー

確かに、そういう面は否定できません。

次のような言い方をする人もいます。

原始以来、人は常に競い合い、凌ぎ合い、いのちを賭けて戦った。
その闘争本能と生存本能のせめぎあいの中で、人は知能を磨き
力を養い、心と体を鍛え、一面で道徳律を築き上げた。

カントも次のように言っています。

戦争は、国民に数多の困難を与えながらも、それを乗り越えて戦い抜く
ことで、国民を崇高な存在にできる。
平和は、商人気質を旺盛にするが、卑しい利己心、怯儒や臆病の風を
はびこらせ、国民の心意を低劣にする




確かに平和で良いかもしれませんが、それが、人類の理想でしょうか?
   ↑
戦争が無かったら、人類はここまで繁栄しなかった
でしょうね。
ネットだって軍事技術でした。

殺し合いをしながら繁栄の道を選ぶか、
平和に浸って、衰退滅亡の未知を歩むか。

戦争を肯定するなんてタブーになっていますから
まともな議論も行われてきませんでした。

Q第三次世界大戦を防ぐ米映画のタイトル

1980年代の米映画と思います。 アメリカのケーブルテレビて見たので日本で公開されたかどうかは不明です。 ソ連軍の跳ね上がり分子が米国に核ミサイルを撃ち込み、それに乗じてソ連に反撃をして第三次世界大戦を起こそうとする米国の副大統領たちが乗ったエアーフォースワンを、民間の747が体当たりをして、大戦を回避するという話です。 最後の場面で、副大統領たちを乗せたエアーフォースワンの乗員と747の乗員がお互いの意図を理解して、敬礼をした後に衝突するのが印象的でした。 タイトルには「DAWN」という単語が入っていたと記憶します。 この映画の正式名をご存知の方、教えてくだささい。

Aベストアンサー

「ラスト・カウントダウン/大統領の選択」というテレビムービーかもしれません。
こちらでご確認ください。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24567#1
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1360794743


人気Q&Aランキング