△ABCでA=75°、B=45°、c=5のとき、
bを求めよ という問題で私は答えは 5√2/√3
だと思うのですが、合ってますでしょうか。
教えて下さい。

A 回答 (3件)

題意より、C=60°です。


正弦定理の公式より
b/sin(B) = c/sin(C) となるから
b/sin(45°) = 5/sin(60°)
よって
b = 5*(1/√2)/(√3/2)
 = 5√2/√3
 = 5√6/3
となります。
    • good
    • 0

答えはあってますが、


念のため、#2のzhideさんご指摘の有理化について説明します。
有理化というのは#1のdotcomさんの最後の方にある
5√2/√3
 = 5√6/3
のプロセスのことで、分母から√をなくすことです。
この場合、分母分子にそれぞれ√3をかけている訳です。
    • good
    • 0

あっています。


でも、答えの有理化をして5√6/3の方がよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

zhideさん、ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/27 20:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qf(a+√b)=c+√b f(a-√b)=c-√b f(a+bi)=c+dif(a-bi)=c-di

f(a+√b)=c+√b
ならば
f(a-√b)=c-√b
は成り立ちますか。
√の中は変わらないので計算後も√bのままでいいでしょうか。

f(a+bi)=c+di
ならば
f(a-bi)=c-di
は成り立ちますか。
前回の質問が締め切られてしまいました。
前回回答いただきましたTacosanさま、かなり考えましたがヒントに最後まで答えることが出来ず、申し訳ありませんでした。一定の条件がわかりませんでした。こちらにも是非回答お願いいたします。詳しい回答本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

反例:
xの一次式
f(x) = x ・(1-√2) + √2

f(1+√2) = (1+√2)・(1-√2) + √2
=1-2 + √2
=-1+ √2

f(1-√2) = (1-√2)・(1-√2) + √2
= 1 -2√2 + 2 + √2
= 3 - √2 ≠ - 1 - √2

---
f(x) = g(a,|x-a|) + (x - a)
と表せるなら
 f(a+√b) = g(a,|√b|) + √b = g(a,√b) + √b
 f(a-√b) = g(a,|-√b|) + (-√b) = g(a,√b) - √b
c = g(a,√b) とすれば
 f(a+√b) = c + √b
 f(a-√b) = c - √b
です。
ですが、 c + √b という形を見ただけでは、√b が「 + (x-a) 」に由来するものなのか、g(a,|x-a|)の|x-a|に由来するものなのか、g()に由来する xに依存しない定数√b なのか、判断できません。

Q急いでますa=3 c=2√2 B=45° のときの面積を教えてください。

急いでます
a=3 c=2√2 B=45° のときの面積を教えてください。

Aベストアンサー

S=(1/2)acsinB=(1/2)×3×2√2×(1/√2)=3

Q△ABCにおいて、サインA=2サインBコサインC、AB=√3のときAC

△ABCにおいて、サインA=2サインBコサインC、AB=√3のときACを求めよ
を教えてくれませんか?
高1なので詳しく教えてくれたらうれしいです

Aベストアンサー

正弦・余弦定理は習いましたよね?

簡単のため BC=a AC=b AB=c とします(もとめる値はbとなります)
正弦定理より
a/sinA=b/sinB

与式sinA=2sinBcosCを代入しますと両辺の分母のsinBが消えますので、整理して
a=2b(cosC)

また余弦定理より
c^2=a^2+b^2-2ab(cosC)
これにAB=c=√3、a=2b(cosC)を代入しますと

3=4b^2(cosC)^2+b^2-4b^2(cosC)^2
∴b=AC=√3 (∵AC>0)

cosCが消えてしますのが不思議な感じです

Q三角比の問題です。△ABCでa=7,b=8,c=5であるとき、その最大

三角比の問題です。△ABCでa=7,b=8,c=5であるとき、その最大の角の余弦の値を求めよ。
またその外接円の半径を求めよ。という問題なのですが、
最大角の余弦までは求めたのですが、外接円の半径が求められません。
答えは7√3/3だったのですが、求め方を教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

最大角は最大辺b=8の対角なので角Bになります。
余弦定理から
cosB=(a^2+c^2-b^2)/(2ac)=(49+25-64)/70=1/7

cosB>0なので角Bは鋭角(0<B<90°)
sinB>0なので sinB=√(1-(cosB)^2)=√(1-(1/49))=4√3/7

外接円の半径Rは正弦定理より
2R=b/sinB=8/(4√3/7)=14/√3
∴R=7/√3=7√3/3

お分かりになりましたか?

Q次の図において、角BAC=75°、角BCA=67°、Oは三角形ABCの

次の図において、角BAC=75°、角BCA=67°、Oは三角形ABCの外心です。

x,yの大きさの求め方を教えてください。

初歩的な問題ですが、解き方が思い出せないのでご協力お願いします。

Aベストアンサー

Oは外心なので、OA、OB、OCの長さは同じです。
ということは三角形OAB、OBC、OACは全て二等辺三角形です。

ということで角OAC=角OCA=zと置くと、
x+z=75
y+z=67
だから
x+y=142-2z
で、三角形の内角の和は180度だから、
x+y=180-75-67=38
2z=104
z=52
したがって、
x=75-Z=23
y=67-z=15


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報