燐酸ナトリウムは燃えますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

問題のないようが幼稚すぎてよくわかりませんが、まあ単純にいえば


燃えないと思うなー。
リンは燃えるけど、リン酸は燃えないです。
    • good
    • 0

第一燐酸ナトリウムと第二燐酸ナトリウムですか。


日本語のMSDSは見つかりませんでした。

SODIUM PHOSPHATE MONOBASIC(水和物)
http://www.jtbaker.com/msds/s4750.htm

SODIUM PHOSPHATE, DIBASIC, ANHYDROUS
http://www.jtbaker.com/msds/s4760.htm

どちらも Flammability Rating: 0 - None 、
Not considered to be a fire hazard.
とあります。やはり燃えなさそうですね。

参考URL:http://www.jtbaker.com/msds/s4750.htm,http://www.jtbaker.com/msds/s4760.htm
    • good
    • 0

International Chemical Safety Cards (ICSC) (参考URL)にはNa3PO4は不燃性とあります。


http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj/icss1178.html

加熱すると分解し、有毒で腐食性のフューム(リン酸化物など)を生じる、とあります。

参考になるでしょうか?

参考URL:http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj/icss1178.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/28 00:10

以下の参考URLサイトで「第三リン酸ナトリウム(無水)」のことでしょうか・・・?



補足お願いします。

参考URL:http://www.rinka.co.jp/p-03.html

この回答への補足

第一燐酸ナトリウムと第二燐酸ナトリウムです。よろしくお願いします。

補足日時:2001/12/28 00:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナトリウムと食塩

加工食品などにナトリウム含量が表示されていますが、そのナトリウムの量から食塩の量を知るにはどうすればいいですか? ナトリウム○mg=食塩○グラムというような換算方法はありますか? 

Aベストアンサー

前の回答者の補足をします。ナトリウム含有量のすべてを食塩と考えると前の回答者の換算式でよいと思います。もう少し細かく言うと、Naの原子量が23、Clの原子量が35.45ですので食塩(NaCl)は分子量58.45になります。
 58.45÷23=2.54 
 ナトリウム量(mg)×2.54÷1000=食塩量(g)です。ただし、これは正確に言うと食塩換算量であり、ナトリウムをすべて食塩に置き換えた場合です。食品の中には食塩以外にNaの化合物が含まれているのが普通です。例えば、グルタミン酸ソーダ(調味料)、核酸系の調味料などがあります。ですから、Na量=食塩量と考えるのは間違いです。食品にナトリウム量が表示されているのは、ナトリウムの摂取量が健康に与える影響が大きいため、その摂取量の目安を知らせるために表示しているのです。

Q農家用(?)の硫黄(80%)は燃えますか?あの青い火になりますか?また硫化鉄や硫化銅などは出来ますか

農家用(?)の硫黄(80%)は燃えますか?あの青い火になりますか?また硫化鉄や硫化銅などは出来ますか?回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1で回答したのも土壌改良用です。
いままで80%は見たことなかったので検索したらありました。
細井硫黄粉剤 80
http://cgi3.hosoi-chem.co.jp/wp2/wp-content/uploads/2015/05/1d5644f23c762806300b65bf841125eb.pdf

残りの20%が不明ですが、間違いなく燃えます。危険物第二類となっています。硫化鉄や硫化銅ができるかはわかりません。80%で正確に硫黄の量を換算しても残りの20%がなんだかわからないのでは。

Qナトリウムは、食塩等量で0.7%程度とはどういう意味?

私はある食品のナトリウムの含有%を問い合わせたのですが、「ナトリウムは、食塩等量で0.7%程度」という回答が来ました。これはどういう意味ですか?ナトリウムが0.7%・・・ではないんですかね??食塩等量でというのは塩化物がということですか?

Aベストアンサー

>食塩等量でというのは塩化物がということですか
そうです。
栄養成分を言うときは「食塩相当量」を使います。
通常、食品のナトリウムを原子吸光法で分析し、食塩に換算した値で表します。
これは一般に高血圧などで食事制限する場合、食塩の量として表す方が計算及び制限しやすいからです。

Na=23
Cl=35.5
NaCl=58.5
なのでナトリウム量から食塩相当量に換算するときは、2.54をかけます。
この場合、反対に2.54で割って、
0.7/2.54≒0.28
食品中のナトリウム含量は、100gあたり280mgとなります。
ただし、食塩相当量は小数点以下第1位で表しますので、
実際は、0.650~0.749gの間です。
よってナトリウム量は、256~295mgの範囲となります。
必要であれば、ナトリウム280mg(食塩相当量より換算)と表記すると良いと思います。

Q【化学】カリウムとナトリウムの違いを教えてください。 ナトリウムは塩ですよね? カリウムは何ですか?

【化学】カリウムとナトリウムの違いを教えてください。

ナトリウムは塩ですよね?

カリウムは何ですか?

カリウムを摂取して大丈夫ですか?

あと融雪剤は塩化ナトリウム、塩化カリウムだそうなんで塩ってことですよね?

塩を撒いてもったいなくないですか?

融雪剤を舐めても大丈夫ってことですよね?

融雪剤が混じった雪を外国人が空港から降りてすぐに見た人生初雪に興奮して食べる。融雪剤付着の雪を食べても問題ないですよね。

Aベストアンサー

塩は、「しお」と読めば、普通は食卓塩のようなものを指します。化学式で書けば、NaCl です。「えん」と読めば、化学で広く、酸とアルカリ金属の化合物を指します。塩化カリウム(KCl)は、「えん」ですが、普通の意味の「しお」ではありません。

カリウムは、人間(人間だけではありませんが)に必要な元素です。カリウム異常によって、神経伝達に影響がでます。場合によっては、死にいたるものです。

Q塩化ナトリウムは中性なのに食塩水がアルカリ性なのは

塩化ナトリウムは中性なのに食塩水がアルカリ性なのはなぜですか?

食塩水って中性ですか?

Aベストアンサー

食塩水だけじゃなく食塩も栄養学的にはアルカリです。
 栄養学では、食品を燃やして(酸化させて)、それを溶かして液性を測りますから・・。体内での燃焼とは違うので、食品の酸性食品、アルカリ性食品は意味のない基準です。

>塩化ナトリウムは中性なのに食塩水がアルカリ性なのはなぜですか?
アレニウスの定義( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA#.E3.82.A2.E3.83.AC.E3.83.8B.E3.82.A6.E3.82.B9.E3.81.AE.E5.AE.9A.E7.BE.A9 )ではあくまで水溶液での性質ですから、塩化ナトリウムは議論の対象ではなく、水溶液が中性です。

Q金属ナトリウムと水の反応で、ナトリウムが球状になるのはなぜ?

金属ナトリウムと水(自然発火しない十分な量)との溶解反応で、水面でナトリウムが溶解中に球状になるのはなぜですか?回答お願いします。

(質問者は高3です)

Aベストアンサー

球体がいちばん安定した形状だからです。

Q飽和食塩水と水酸化ナトリウム…

飽和食塩水に水酸化ナトリウム(固体)を入れても塩化ナトリウムが析出しますが、これはなぜ析出するのですか?これによってできた塩化ナトリウムは精製できたといえるのですか?

Aベストアンサー

飽和食塩水にはナトリウムイオンと塩化物イオンが飽和している状態です。
ここに水酸化ナトリウムを入れますと、ナトリウムイオンが過剰となり存在できなくなります。水酸化物イオンは塩基性環境下では、電離してしまい、その代りに塩化物イオンが存在できなくなります。
そのため、塩化物イオンとナトリウムイオンが結合し塩化ナトリウムが析出するのです
精製といえるかは?ですが、確かに、純粋な塩化ナトリウムですね。
ただ濾過して蒸発させても微量の水酸化ナトリウムは混入の可能性があります。
塩酸を飽和食塩水に加えても同様の理由で、塩化ナトリウムが析出します、蒸発させることを思うと、こちらのほうが純粋な塩化ナトリウムを得やすいとは思います

Q高校、化学の質問です。炭酸ナトリウムNa2CO3 1.06gに含まれるナトリウムイオンNa➕は何

高校、化学の質問です。

炭酸ナトリウムNa2CO3 1.06gに含まれるナトリウムイオンNa➕は何個か。

という問題で、

1.06➗106✖️6.0✖️10(23乗)までは分かるのですがそれに ✖️2をしますよね?それはなぜですか?分かりにくいですが、早めの回答をお願いします。。

Aベストアンサー

Na2CO3のイオン式は
2Na+➕CO32- ➞Na2CO3
となっているので、
比が2:1:1です。

つまりNa2CO3:Na+=1:2です。
Na2CO3の個数がわかったので、✖️2をすればNa+の個数がでます!

反応式の係数の比は、各物質の物質量の比を表すことをつかいます(›´ω`‹ )

Q食塩(NaCl)と食塩以外のナトリウムについて。

食塩はNaClと表記されるようにClも含まれていると思うのですが、
食塩以外の食品にもClは含まれているのでしょうか?

例えば脱脂粉乳の成分表示で、
ナトリウム50mgとあります。
脱脂粉乳にもナトリウムと一緒にクロールも含まれている、
ということでしょうか?

Aベストアンサー

一般に塩と呼ばれるもの。

塩化ナトリウム:NaCl(食塩とも呼ばれる)
塩化カリウム:KCl
塩化リチウム:LiCl
塩化水素:HCl

塩化物は塩素(Cl)が含まれるものを指します。
そのため食品の成分表には単に「食塩」と書かれているものもありますが、「ナトリウム」と書かれていることがあります。
「塩」では塩化カリウムも含んでしまいますからね。

・・・
塩化ルビジウムや塩化セシウムなんてものもできるのだろうけど、
自分はそんなもの見たくもない。
(塩化物は元素の周期表の一番左の縦一列に塩素がくっついてできるものと覚えると良い)

Qカルボン酸ナトリウム塩と水酸化ナトリウムの反応

C7H15-C00NaとNaOHを混合するとC7H16とNaO-CO-ONaが生じるとあるのですが、どうしてこのような反応が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

これ、水溶液をただ混ぜただけですか?
それでこの反応が行くとは考えにくいでしょう。
固体をものすごく強熱したとかそんなんでしょうか?私も良く知りません。

形としては、OH^-がカルボニル基を攻撃した後、n-ヘプチルアニオンが脱離し、これは強塩基なので、相手方の炭酸水素ナトリウムを中和したことになります。
単純アルキル基がアルキルアニオンとして脱離することになるので、大変不利な過程です。この反応が普通にそこらへんの水溶液で進行するなら、酢酸の水酸化ナトリウム中和実験では酢酸ナトリウムは得られないことになってしまいますね。

脱離するカルボアニオン種が、なんらかの安定化を受けている場合なら脱炭酸はより穏和な条件で進行します。
たとえば、有名なEatonのキュバン合成など。
http://www.geocities.jp/junk2515/omosiro/omosi_20.htm
他にも、ベータケトエステルからの脱炭酸、いわゆるマロン酸エステル合成などが上げられますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報