BTB溶液の入った試験管に呼気を入れてその試験管をさらに、加熱すると何色に変化するのですか?また、どうしてそのような変化が起こるのですか?誰か知っている人は教えて下さい。お願いします。

A 回答 (3件)

BTB溶液に呼気を入れたのは、二酸化炭素を溶かすためです。


二酸化炭素の水溶液は炭酸水ですので、酸性になります。
BTB溶液は酸性で黄色ですので、まず黄色に変化します。

溶質が固体の場合は加熱すればするほど溶ける量が増えますが、溶質が気体の場合、加熱すると溶ける量が減ります(一般的に)。

つまり、二酸化炭素が追い出されることになるので、BTB溶液の色は中性の緑色に戻ります。(最初青色だったのなら、青色まで戻ります)
    • good
    • 3

BTB液は、アルカリ性は青。


中性は緑色。酸性は黄色と変化し、
呼気を入れると二酸化炭素(CO2)が入り
酸性となります。
加熱は関係ないと思いますので、
答えは黄色です。

ここからは偏見なのですが、
加熱するということは、同レベルの問題で
べネジクト液のことで、糖が入った液体を
加熱すると赤褐色に変化するというものですが、、、
どうなのでしょう。

なぜ変化するのかというのは自分には分かりません

どうしてそのような変化がおきるのかということですが、
    • good
    • 1

黄色くなるはずです。

二酸化炭素(CO2)と反応すると黄色くなってきます。確かBTBは酸性になると黄色を示すように作られていた(原理は構造式などを見ないと解らないのですが)そして、黄色くなった液体に植物を入れると徐々に緑色に変化していきます。これは中性になっているという証明で、植物が二酸化炭素を吸収して酸素を出しているという証明が出来たはずです。加熱しても黄色のままだった気がしますが。すみません良く覚えていません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメチルレッドとメチレンブルーは、それぞれ中和滴定用指示薬か酸化還元滴定用指示薬かについて

メチルレッドとメチレンブルーは、それぞれ中和滴定用指示薬か酸化還元滴定用指示薬かについて、教えて下さい。

Aベストアンサー

メチルレッドは酸塩基指示薬です。これは本来pKa=5.0の弱酸であり、
pH<pKaでは「赤」、pH≒pKaで「橙」、pH>pKaでは「黄」に呈色します。

メチレンブルーは酸化還元指示薬で、酸化形は「青」、還元形は「無色」に呈色します。

QBTB溶液って元々は何色?

BTB溶液をビンから出して使う訳ですが何もしないで
そのまま出した時は何色になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

中性の時は茶色がかった深緑色のような感じです。
酸性やアルカリ性に傾くと色が変わります。

Q中和滴定で用いる指示薬について

学校で中和滴定の実験をしました。
「濃度既知の水酸化ナトリウム水溶液を用いて、濃度不明の塩酸の㏖濃度を中和滴定によって求める」というものでした。
そこで質問です。指示薬にフェノールフタレインやメチルオレンジを使える事は知っているのですが、BTB(ブロムチモールブルー)やリトマスを使う事はできるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

 BTBは、酸性(pH≒6)で黄色、中性で緑、アルカリ性(pH≒9)で青と、変色範囲が広く色の変化も複雑なので滴定終点の判別用としては適していません。

 リトマスも変色が不明瞭でだらだら変わるので、良くありません。
 リトマスは教科書には良く出てきますが、現実の実験室では殆ど使いません。紫陽花や紫キャベツの汁と似たような性能です。

QBTB溶液の色の変化について

BTB溶液の色の変化については小学校の理科でも習いますが、製品としてのBTB溶液の色は青色ですよね(何かアルカリ性の溶質が入っているからかなと思っています)それだと砂糖水や食塩水など中性の液体を多少入れても青色のままであるように思います。それとも緑色に変化するのでしょうか?またなぜもともと緑色にはなってないのでしょうか?

Aベストアンサー

またまた#3の人です

塩化銅...CuCl2ですね。CuClは水に溶けないし
溶液を見たことはありませんが、青~青緑色になりそうですね。

もちろん、BTBを滴下したときの色は無色の溶液の場合とは異なります。とゆうことで普通やりません(笑
どうしてもということであれば、BTBをろ紙にしみ込ませて試験紙とすれば、液の色の影響を受けにくくできます。しかし、前述のように液量が少ないと指示薬自体の液性の影響を受けやすくなります。

ちょっと質問から外れますが、塩化銅溶液にアルカリを加えると、BTBの色の変化以前に水酸化銅の沈殿が出るはずです。pH8くらいで銅はほぼ完全に沈殿してしまいます。

Q中和滴定と中和点と指示薬

メチルオレンジの変色域は3.2~4.4
フェノールフタレインの変色域は8.3~10.0

強酸+弱塩基は中和するとほとんど中性で中和点は7くらい


として、この実験でメチルオレンジの変色域をつかうとすれば、
 ・ そもそも、メチルオレンジは3.2未満では赤色をしていて、4.4より上では黄色、その間では黄~赤へと徐々に変化する、ということなんですか?
 ・ 中和点は7くらいのはずなのに、変色域の上限が4.4ではどうすれば中和した、と分かるんですか? 中和滴定曲線では、変色域より上の7あたりに中和点があるので。(pHジャンプなので、黄色になった瞬間から中和点に一気にいくから、と思ったけど、細かく見れば垂直ではなく若干斜めなので違うかな、と。入れる量が0.1ミリリットルくらいなので、曲線がそもそもアバウトなので、中和点も結構アバウトなのかな、と。)
 ・ 逆にフェノールフタレインではどうなるんですか

Aベストアンサー

まあ、ご自分で結論を得られていたのに……
「pHジャンプなので、黄色になった瞬間から中和点に一気にいくから」
これが正解です。

ところで、強酸と弱塩基の中和だと、中和点は7よりは小さいですね

以下説明
中和点付近では滴下量に対するpHの変化が非常に大きいから。
中和滴定開始直後は0.1mLの滴下量でおこるpH変化は0.1も無いけれど、
中和点付近では0.1mLの滴下量でもpHは2とか3とか一気に変化することも起こりうる。
だから、pHが4.4を過ぎてるの滴下量と、pHが5や6であるときの滴下量にほとんど差がない。

中和点付近を変色域とする指示薬が中和滴定に利用できるのはそういった理由による。

フェノールフタレインだと、中和点を過ぎてしまい再びpHの変化が緩やかになってしまい、
フェノールフタレインの変色するころの滴下量と中和点での滴下量に大幅な差があるので使用できない。

Q酸性で赤くなるBTB溶液

私が勤めていた小学校にあったBTB溶液は濃塩酸で赤くなってしまいました。
こんなことってあるのでしょうか?
ビンにはちゃんとBTB溶液と書いてありました。

そいつには私の記憶しているBTB溶液の性質と違う点が3つあります。
(1)濃塩酸で赤くなる。
(2)もともとの色が緑(普通は青?通常、BTB溶液の色を緑色で保つのはとても難しいはず)
(3)反応が鋭敏ではない(50mlくらいの溶液に対し、10滴くらい入れても薄くしか色が付きません)

以上のことから、私は万能試験紙についている薬品なのではないかと考えましたが、確証がありません。
同じような溶液を知っている方がいましたら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

フェノールフタレインと間違ってませんか。

BTBなら最初緑で、酸に対して赤で間違ってないと思いますが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

Q中和滴定の指示薬について

どの指示薬を使うか教えてください。
強酸を強塩基で滴定する場合はフェノールフタレイン、弱酸と強塩基はフェノールフタレインorメチルオレンジ、強酸と弱塩基はメチルオレンジ、では弱酸同士の場合はどうなるのでしょうか。・・・メチルオレンジ?初歩ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弱酸同士?弱酸と弱塩基同士の意味でしょうか。
その場合ですが、緩衝溶液といってphの変化が緩慢になるため、指示薬による滴定は不可能です。
弱酸も弱塩基も未解離成分があるため、そこへ多少の酸やアルカリを添加し中和されても、その分がまた解離してしまうためpHがほぼ維持されます。これを緩衝溶液といい、標準溶液などに利用されます。生体の体液もこれによって適正なpHが維持されます。…脱線しましたね。

QBTB溶液の変色しない保管方法

先日、実験で使う予定の試験液を自作しました。
BTB溶液に炭酸水素ナトリウムを加えてpHは8.0で青色の液なのですが、
保管していると色が青から緑に変わってしまいます。

時間が経っても色が変わらないようにする方法はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本はもちろん都度調整する。
原因は御存知のように、空気中に含まれる二酸化炭素なのですから、密栓して保管する。

Q中和滴定の実験について

中和滴定の実験で指示薬としてメチルオレンジの使用は可能ですか?

Aベストアンサー

 メチルオレンジの変色域はNo.1さんが回答されています。これを考慮すると,
強酸+強塩基:メチルオレンジ・フェノールフタレインどちらも使用可能
強酸+弱塩基:メチルオレンジのみ使用可能
弱酸+強塩基:フェノールフタレインのみ使用可能
弱酸+弱塩基:どちらも使用不能だが中和点はある
となります。

QBTB溶液を使った実験なんですが…

結果はKNO3が黄緑・NaSO4が青・CaCl2が黄色になりました。

実験のときは気づかなかったんですけど、3個とも強酸と強塩基だから中性で緑になるはずでは・・・?
どうしてもわからないので教えてください!!

Aベストアンサー

 BTB(ブロムチールブルー)ほぼ中性の領域で変色するので、ちょっとした事の影響が大きいと思われます。
 用いた塩の微量不純物が影響したのではないでしょうか。 以下の様に推定します。 
 KNO3が黄緑 → 中性(pH≒7)
 NaSO4(Na2SO4では?)が青 → 弱アルカリ性(pH≒8弱)
 CaCl2が黄色 → 弱酸性(pH≒6)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報