最新閲覧日:

BTB溶液の入った試験管に呼気を入れてその試験管をさらに、加熱すると何色に変化するのですか?また、どうしてそのような変化が起こるのですか?誰か知っている人は教えて下さい。お願いします。

A 回答 (3件)

BTB溶液に呼気を入れたのは、二酸化炭素を溶かすためです。


二酸化炭素の水溶液は炭酸水ですので、酸性になります。
BTB溶液は酸性で黄色ですので、まず黄色に変化します。

溶質が固体の場合は加熱すればするほど溶ける量が増えますが、溶質が気体の場合、加熱すると溶ける量が減ります(一般的に)。

つまり、二酸化炭素が追い出されることになるので、BTB溶液の色は中性の緑色に戻ります。(最初青色だったのなら、青色まで戻ります)
    • good
    • 2

BTB液は、アルカリ性は青。


中性は緑色。酸性は黄色と変化し、
呼気を入れると二酸化炭素(CO2)が入り
酸性となります。
加熱は関係ないと思いますので、
答えは黄色です。

ここからは偏見なのですが、
加熱するということは、同レベルの問題で
べネジクト液のことで、糖が入った液体を
加熱すると赤褐色に変化するというものですが、、、
どうなのでしょう。

なぜ変化するのかというのは自分には分かりません

どうしてそのような変化がおきるのかということですが、
    • good
    • 1

黄色くなるはずです。

二酸化炭素(CO2)と反応すると黄色くなってきます。確かBTBは酸性になると黄色を示すように作られていた(原理は構造式などを見ないと解らないのですが)そして、黄色くなった液体に植物を入れると徐々に緑色に変化していきます。これは中性になっているという証明で、植物が二酸化炭素を吸収して酸素を出しているという証明が出来たはずです。加熱しても黄色のままだった気がしますが。すみません良く覚えていません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報