塩化銅(CuCl2)を電極を銅にして電気分解をした時の陽極・陰極での反応をそれぞれ教えてください。

化学の先生に聞いてみたのですが先生を悩ませてしまい答えが出ませんでした。
できるだけ早くお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おそらく、電極に金属の銅を用い、塩化銅(CuCl2)水溶液を電気分解したら陰極では銅が析出するけど、陽極の反応は銅の溶解と塩素の発生のどちらが起きるのか、というのが質問の趣旨だと判断したのですが、違いますか?


とりあえず、そのつもりで答えますと、どちらも起きると思います。
どちらが多いかは塩化銅水溶液の濃度や電極の表面積などによって違うと思います。塩化銅の濃度が高かったり、電極表面積が大きい場合には塩素発生が盛んに起きるでしょうが、濃度が低かったり電極表面積が小さい場合、塩化物イオンの酸化は起こりにくくなるわけですから(確率的に)、銅電極からの銅の溶解が盛んになると思われます。
塩化物イオンが酸化されて塩素になるのと銅が酸化されて銅イオンになるのと、どちらが容易かは知りませんが、通常の電気分解でどちらも起こる反応なので、その一方だけが起き他方が起きないということはありません。ただ、どちらがより多く起きるかというのが状況によって変化するだけです。
    • good
    • 1

固体塩化銅を電極として使うのですか.金属銅を電極に使うのですか.


「電気分解」をする場合の電極を入れる「もの」は何ですか.
溶けた銅.塩化銅の水溶液.....?

程度がどの程度で答えたら良いのか.文面から読み取れません。学校では.溶融塩電解(アルミニユウムの精製他)を教えていますか.水溶液の場合だけですか.有機溶剤の場合を含みますか?
    • good
    • 0

陽極での反応


電極がCuやAgの時は、電極が溶解します。Cu→Cu2++2e-

陰極での反応
水溶液中にCu2+,Ag+などのイオン化傾向が小さい金属イオンがあると
金属が析出します。Cu2++2e-→Cu 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陽極と陰極が両方銅電極の場合における溶出

陽極を銅電極、陰極も銅電極として、NaOH水溶液中で電圧を印加したとき、銅が水溶液中に溶け出すことはありますか?

Aベストアンサー

2つの反応が混ざって起こるだろうと思います。
陽極
4OH^- → 2H2O+O2+4e^-
Cu → Cu^2++2e^-
陰極
2H2O+2e^- → H2+2OH^-

水酸化ナトリウムがかなり濃いですから生じた銅イオンは陽極付近で反応してしまうでしょう。青白いゲル状の沈澱が観察されるだろうと思います。陰極での銅の析出はほとんど起こらないでしょう。

Q塩化銅(CuCl2)の水に対する溶解度積

塩化銅(CuCl2)の水に対する溶解度積
…が知りたいのですが、調べてもどこにも見当たりません。ある吸着剤を用いたpH依存性実験をやっているのですが、1mMの銅濃度で行おうとしたところ高pHでは沈殿が生じてしまったためpH5まででしか実験しませんでした。がやはりpH8付近までのデータを取りたいので、銅濃度を沈殿が起こらない濃度まで下げようと思い、溶解度積からその濃度を求めようと考えています。ちなみに緩衝液には0.1Mの塩酸および酢酸ナトリウムを使用しています。できるだけ高い銅濃度で実験を行いたいと考えているので、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩化銅の溶解度積をお尋ねですが、
ご質問の状況では、
塩化銅の溶解度積は問題では無いはずです。

pHがアルカリ性になると、
水酸化銅の沈澱が生じるはずですので、
調べるべきなのは、水酸化銅の溶解度積でしょう。

塩化銅の溶解度積の数値が見当たらないのは、
塩化銅がたいへん水に溶けやすい物質だからで、
たぶん「溶解度」を調べれば見つかると思います。

Q銅電極と亜鉛電極の標準電極電位

ダニエル電池の実験を行ったときのレポートで、「銅電極と亜鉛電極の標準電極電位を調べよ」とあるのですが、自分では解りません。
どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴方は、化学系の学生ですか。物理化学(量子化学、統計力学、熱力学)は、化学の基礎です。化学系の学生であれば、参考URLを示しますが、図書館などで調べてください。

参考URL:http://m-hagura.parfe.jp/sub2_2.htm

Q電気分解、陽極がCuやAgの場合は陽極が溶解

数研出版の化学重要問題集145番に次のことがかいてありました。

硝酸銀水溶液で、陽極の電極には銀を、陰極の電極には白金を用います。

陰極では、イオン化傾向がH2>Agなので、H+またはH2Oは還元されず、Agが析出する。

Ag+ + e- → Ag

陽極では、電極がCuやAgなどの場合、電極の金属が解ける。

Ag → Ag+ + e-

ここで疑問なのですが、陽極では、

イオン化傾向がH2>Cu>Agなので、AgよりH+またはH2Oが陽イオンになりやすく、

ここでは、2H2O → O2 + 4H+ + 4e-

となると思うのですが。

陽極がCuやAgの場合、(水の分解でなく)陽極の溶解がおこる理由をどうか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

ます、電気分解で気体が発生するためには、酸化還元電位だけではなく、
過電圧も必要なので、単純にイオン化傾向だけでは比較できません。

わかりやすい考え方を書いておきます。
(1)MgやZnは塩酸に溶けます。
これら金属のイオン化傾向がHよりかなり大きいからです。
(2)CuやAgは塩酸には溶けませんが、硝酸には溶けます。
これは硝酸によって酸化されるからです。
しかし、硝酸もPtやAuは溶かせません。

酸化されるとは電子を奪われることです。
電気分解の陽極とは電子を奪われる場所です。
ですから、CuとAgは溶けてPtやAuは溶けません。

Q「硫酸銅の水溶液を両極とも炭素棒を用いて電気分解すると、陰極で銅が析出

「硫酸銅の水溶液を両極とも炭素棒を用いて電気分解すると、陰極で銅が析出し、そのうちその水溶液は硫酸になる」これは正しいでしょうか?

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムは食塩水を電気分解して作ります。
食塩水の電気分解で水酸化ナトリウムができるという表現は可能です。
100%の水酸化ナトリウムができるわけではありません。食塩が100%消費されるというわけでもありません。
そういう意味では「硫酸ができる」という表現は可能です。
でも「そのうち硫酸になる」という表現ではなくて「だんだん硫酸の濃度が高くなる」とか「濃い硫酸ができる」とかの表現にとどめておいた方が誤解が少ないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報