ESRについておしえてください。まったく何もわかりません。どんな本を読めばよいかでもいいので是非おねがいします。

A 回答 (2件)

物理屋の siegmund です.



ESR は電子スピンの共鳴周波数や吸収を測定することによって,
物質の電子状態などに関する情報を得ることができる,という手段です.
ここで ESR の全貌を解説するのはとても無理な話です.
大体,私にはそれだけの知識はありませんし,
ESR のプロにとっても大変な仕事になるでしょう.

私の手元にある本では
「電子スピン共鳴」(伊達宗行著,培風館)
がおすすめできます.
ちょっと古いのが難ですが,まあ原理が変わるわけではないし...
入門書としてなら十分と思います.
入門と書きましたが,改めてパラパラめくってみたところ,
私が知らないこともいっぱい書いてあります.
著者は ESR の世界的権威(実験家)です.
    • good
    • 0

以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


=====================================
電子スピン共鳴/大矢博昭,山内淳/講談社/1989.9 
電子スピン共鳴入門/桑田敬治,伊藤公一/南江堂/1980.6 
電子スピン共鳴入門/栗田雄喜生/講談社/1975 
=====================================
図書館等でこれらを探して、読みやすいものを選択してはどうでしょうか・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭素原子の混成がこのようになる理由をおしえてください!! 基礎からわかりやすくおねがいします!!高校

炭素原子の混成がこのようになる理由をおしえてください!!
基礎からわかりやすくおねがいします!!高校の分野から掘っていただけると勉強になりますー!!
化学

Aベストアンサー

変なノートですね。
 ゆとり以来、高校では混成軌道は扱わないので高校レベルからという説明はない。
 そもそも、原子軌道や分子軌道の説明は、量子論・波動関数で説明すると、分子の形がきれいに説明できるというだけのもの。だから、「その形になるということは、sp³混成軌道に、わずかなsp²軌道の関与があると考えると説明できる」というような説明がしばしば行われます。
 科学とは、推論を立て、それを実験や観察で確認して、推論を証明または否定する手続きそのものなのですよ。
 理科の教育目標が「科学的な見方や考え方を身につける」なのですから、あなたの「炭素原子の混成がこのようになる理由をおしえてください!!」は、理科を少しでも学んでいたら、ありえない質問なのですよ。

>基礎からわかりやすくおねがいします!!
 理科で「科学的見方や考え方」が最も重要な「肝」・・・それが脱落している。とすれば、小学校の理科から、「理科とはなにか?」を復習すべきです。
【引用】____________ここから
第1 目標
 自然に親しみ,見通しをもって観察,実験などを行い,問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに,自然の事物・現象についての実感を伴った理解を図り,科学的な見方や考え方を養う。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[第2章 各教科 第4節 理科:文部科学省( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/syo/ri.htm )]より


 単結合は、s,sp混成,sp²混成,sp³混成間のσ結合と仮定すると実験や観察と適合する、すなわち説明しうる。
 二重結合は、s,sp混成,sp²混成間のσ結合と、p軌道とのπ結合と考えると実験や観察と適合する、すなわち説明しうる。
 三重結合は、同様に残された二つのp軌道とのπ結合二個と考えると実験や観察と適合する、すなわち説明しうる。

 というだけの問題。

>炭素原子の混成がこのようになる理由をおしえてください!!
  ・・このような結合は、混成がこのように起きていると考えると説明できる。
>基礎からわかりやすくおねがいします!!
 「科学的な見方や考え方」を身に着けることが基礎です。小学校・中学校・高等学校も目標は同じ・・

変なノートですね。
 ゆとり以来、高校では混成軌道は扱わないので高校レベルからという説明はない。
 そもそも、原子軌道や分子軌道の説明は、量子論・波動関数で説明すると、分子の形がきれいに説明できるというだけのもの。だから、「その形になるということは、sp³混成軌道に、わずかなsp²軌道の関与があると考えると説明できる」というような説明がしばしば行われます。
 科学とは、推論を立て、それを実験や観察で確認して、推論を証明または否定する手続きそのものなのですよ。
 理科の教育目標が「科...続きを読む

Qおねがい!おしえて!!!

ウェルナーがノーベル化学賞受賞したその内容などを詳しく教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

初期の頃は、窒素化合物の原子の空間的配置を研究した。
その後、無機化合物の錯塩の研究をして、「無機化合物の構造への寄与」という論文のなかで「配位説」についての理論をいっせいに発表し、弟子とともに、その理論の正統性を実験的に検証した。そして、立体異性体の合成や光学異性体の合成や分割の研究を行った。1913年に高次化合物の研究でノーベル賞を受賞した。

参考URL:http://www.suginami.ac.jp/study/chemistry/chemist009.htm

Q色んな本を読んだのですが・・・。

勉強をしていたんですが、自分ではよく理解できません。簡単に説明するとどういうことなのかどなたかわかりませんか?
その言葉とは「律速」と言う言葉なんですが・・・。
どうかよろしくお願いします。 
ちなみに自分で調べて分かったことは律速とは?
反応速度論で使われる「律速」化学反応の速度を決める段階。です。

Aベストアンサー

 「速度が律せられる」と言う事です。
 化学反応は、単純にみえても実際には活性化、付加、転移など何段階もの反応を経る事が多く、その各々の反応の速度は其々違う訳ですが、そのうちの一番遅い反応で全体の反応速度が決まってしまいます。その一番遅いところを律速とか律速段階とか言います。
 例えば、人の多い駅の階段などは、全体が一番足の遅い人の速度になってしまう、など。

 或るところで見た名言
 「化学屋は、それを律速段階と言い、機械屋は、それをボトルネックと言う」

Q化学の単位について教えてください。 化学でmをミリと読むのか?メートルと読むのか?どっちなのか教えて

化学の単位について教えてください。



化学でmをミリと読むのか?メートルと読むのか?どっちなのか教えてください。
またどうしてそう読むのかも教えてください

Aベストアンサー

mは、前後の文脈などから長さを表わすときはメートルです。そうではなくて単位を1/1,000にして表現する場合はミリです。なので、長さの1mmは「ミリ・メートル」ですね。化学の分野でも同じです。

QLC-ES法とは?

HPLCでの分析法で「LC-ES法」という方法がありますでしょうか。
ESは検出器を指すものと判断しましたが、該当する検出器が分かりません。ESというとエレクトロスプレーイオン化法のESIが思いつきますが、これはLC-MS等に用いられるものという知識はありますが、LCでもこのESIを検出器として分析可能なのでしょうか。または全く別の検出器でしょうか。ご存知の方あればお教え下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。対象となる資料を拝見していないので詳細は言えませんが、多分LC-ES-MS/MSとかの後半のMS/MS部分を略しているだけではないでしょうか?エレクトロスプレーで正解だと思いますよ?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報