『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

資産分散として、全ての財産を日本円で持つのではなく、一部(200万円くらい)を米ドルに替えておこうと考えています。
目的は資産分散によるリスク回避なので、一度ドルに替えたら、日本円に再度戻す予定はありません。
銀行だと1ドルにつき1円の手数料、証券会社だと50銭の手数料が必要と聞きます。
また、外国為替証拠金取引ではさらにその十分の1程度の手数料とも聞きますが、手持ちの現金の中での換金なので、手持額の何倍も取引する必要はなく、逆に損する時も大きいと聞くので、近寄りにくいです。
そこで質問です。

USドルに換金するのは、どんな方法、またはどこの会社で換金するのが手数料が少なくてすみますか?

ただし、以下のような点を希望しています。

1)ドルに換金した後も、米ドルMMFのように放っておいても運用益が出るもの。

2)急激な為替変動やその他の事情に対応できるよう、いつでも解約できるもの。

3)海外旅行などの際にドルをそのまま使うこともできるように、希望すれば、現金やトラベラーズチェックなどで使えるもの。

良い方法や会社について、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1~3を全て満たす方法は証券会社と銀行をセットで使う方法があります。


但し、手数料の50銭は仕方が無いと諦める代わりに非課税運用が出来れば手数料相当分を非課税金利1年で挽回できます。

野村證券の例で考えます。
まずはBST(ボンドセレクトトラスト)を活用します。
BSTは信託終了日前に売却すれば金利部分も非課税です(外貨MMFは金利部分は20%源泉分離課税)。
つまり、税金の非課税特典を活用すれば、手数料分を1年で取り戻せます。

必要な時に円転できますが、実は銀行に送金する事が出来て、しかも送金手数料が無料です。
つまり、銀行の外貨預金口座に外貨送金して、後はT/Cや外貨の現金に換えれば良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
金利部分も非課税になる商品というのはとても魅力的でね。
BSTは初めて聞く商品で、どんな商品内容なのか、またどうして金利を非課税にできるかなど、内容を詳細にチェックしてみます。

お礼日時:2006/01/24 10:45

シティカレンシーは米ドルMMFと同様の運用をしますが分配金を出さないタイプの投資信託商品です。


BSTと同じようなものです。
全く宣伝していませんしネットでの購入はできません。シティバンクのコールセンターに電話して目論見書を取り寄せて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のアドバイスありがとうございます。
全く宣伝していないというのも不思議で何か秘密がありそうですが、とりあえず商品内容を把握するため、目論見書を取り寄せてみます。

お礼日時:2006/01/25 09:35

もし1つの金融機関で済ませたいのならシティバンクが良いかも。


通常の為替手数料は片道1円ですが、現在はキャンペーン中ですので新規に円資金で外貨預金を始める場合は片道0.5円にディスカウントされます。さらに、外貨預金の最初の満期まではキャンペーン金利が適用されます。
とりあえず上記を利用してドル転し、外貨預金は自動継続にせず満期後はドルのままシティカレンシーで運用します。
外貨預金の最初の満期までは中途解約できませんが、それ以降は全ての条件をクリアしますし実質無税で運用できます。
ついでに、シティバンクならT/Cの発行手数料は無料ですしね。

ドル転コストだけを考えれば安いのはFXですが、レバレッジをかけないと運用(スワップポイント)は悪いし、海外旅行などの際に使いたいなら銀行送金が必要で送金手数料が発生しますので(東京三菱なら手数料無料ですが)200万円程度だとあまり得にはならないと思います。

参考URL:http://www.citibank.co.jp/campaign/camp1205/fcy/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
「シティーカレンシーで運用」とありますが、シティーカレンシーとはどのようなものなのでしょうか?また運用利率は年何%ぐらいですか?シティーバンクのHPから探そうとしたのですが、見つけられませんでした。

FXは両替コストは安いけれど、運用が悪いのですね。FXは素人では難しそうなので、手を出さないことにしておきます。

お礼日時:2006/01/24 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q買収された会社の株価はどうなるのでしょうか?

経済のことをほとんど知らないで、初歩的な質問ですみません。
買収されたA社の株価が100円だとします。
このA社がB社に買収されたとします。
買収されたのでA社はなくなってしまうと思うのですが、買収されたA社の株価はどうなるのでしょうか?
また、A社の株を持っていた人の株は、どうなってしまうのでしょうか?
すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化(株式を100%持つ)されれば上場は廃止されます。その前にTOB(株式公開買い付け)が行われて、市場に出回っている株を回収します。TOBに応募する人を増やす目的で、市場価格より高い価格で買い付けるのが一般的です。もしこれに応募しないで株を持ち続けても、臨時株主総会で定款を変更し株に全部取得条項を付して、すべての株を強制的に買い取ることになります。

合併の場合や持株会社の傘下に入る場合は、元の企業や○○HDといった持株会社の株と交換となる場合が多いです。この場合、交換比率によっては株価が大きく動きます。元の企業1株につき、新しい企業の株が何株割り当てられるかによるのです。
投資家に不利益が出ないようにはなっています。しかし高い価格で買ってしまって、仕方なく塩漬け状態となっている株を安くで買い取られたり、違う企業の株と交換となってしまって投資家が損をするのは良く有りますね。

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化...続きを読む


人気Q&Aランキング