ちょっと専門的な御質問となります。
電子回路基板を用いて消費電流測定をしています。
その際に端子を手で触れると電流値が振れるという現象が出ます。電流値が減少しているのですが、電子回路にとって人間が触れたということはその場所が「アースされた」ということに相当するのでしょうか?それとも「キャパシタを通してアースされた」ことに相当するのでしょうか?それとも他のことがおきているのでしょうか?

質問が抽象的で、かつ専門的なので指示がありましたら補足させていただきます。

以上、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電子回路(電気回路)から見て人体は6つ位のの効果をもつと考える必要があります。


(1)抵抗体(導体)・・・つまりアースとして働く。
(2)コンデンサー・・・触らなくても静電容量で、交流的に結合し、アースになる。
(3)生態電気の電源
(4)静電気のたまったコンデンサー
(5)アンテナ・・・放送や商用電源の60/50ヘルツを受信して回路に供給する電源となる。
(6)回路のインピーダンスを変える要因。同調周波数を変えたりする。

従って、どれが影響しているかは、回路の構成、使用素子、交流か直流か、回路のインピーダンス等によって全く異なります。
    • good
    • 0

電子回路を学んでいるということは、塩水で電流が流れるということはご存知ですよね?



実は、人体は、塩水と同じ成分が含まれると考えて見て下さい。

0.85~0.9%の食塩水は血液と同じ浸透圧を示すところから、生理(的)食塩水と言われます。
人体の治療(輸液)に用いる生理食塩水(0.85~0.9%塩化ナトリウム液)は、体液の浸透圧と同じ浸透圧であるから、静脈内でも皮下にでも注射してさしつかえないのです。「生理」と言われるのは血液と浸透圧が同じで、またそのなかには体液中にある大切な電解質(塩化ナトリウム)を含む溶液だからです。

人体の体液中には電解質である塩化ナトリウムが含まれます。塩水は、電流を通しますよね。


そして、もう一つ。
人体に、電圧が生じていることはご存知ですか?
実は、心電図は人体の心臓の電圧を測定している検査なのです。
ご質問者様は、心電図12誘導の検査をしたことはございませんでしょうか?
両手両足に電極をつけられ、胸にも6個の電極をつけて検査したことはないですか?
それを想像できればわかりやすいのですが、心臓によって人体に電圧が生じているので、人間が触れただけで、電圧の変化が生じるのです。
これは、回路の電圧を測定する方法と原理は同じです。


そして、人体を回路図として書き表すことも既になされています。CとRの回路図であったと記憶します。
実は、自分の本棚を書き分けて、人体の回路図を探したのですが、「生体組織の等価電気回路図」と「細胞部分の等価回路図」に関しては見つかりました。
しかし、ご質問者様の実験に沿う回路図であるかどうかは、私には判断がつきません。


私は、電子工学を選択しているわけではないので、ここに記したことは、参考意見程度です。
もしかしますと、私がここに述べたことは既にご存知であるかもしれませんね。

ご質問者様のこのご質問は、学部の実験内容なのですか?宜しかったらお教ください。
    • good
    • 0

質問の情報が少なすぎるの想像でしか書けませんが、


CMOS ICの入力が不安定だったところが安定して消費電流が減少したのかもしれません。
何をする回路かとか、手を触れる前後の電流値を書けばいい回答が得られると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Q無線工学 回路 電流

図に示す回路において、16〔Ω〕の抵抗に流れる電流の値は?

という回路の問題を理解できていません。
考え方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、この回路の全抵抗を求めて下さい。60オームと40オームを並列につなぐと何オームになりますか?それをR1として16オームと直列につなげば全抵抗Rが出ますね。そこに50ボルトの電圧がかかるのだからオームの法則から電流が出るでしょう。

Q相当応力、相当塑性ひずみについて

SHELL(板)要素の構造解析を行なっております。その解析結果の出力に主応力面についての応力、塑性ひずみがあります。その結果から相当応力、相当塑性ひずみを計算したいのですがよろしくお願いします。
また相当応力、相当塑性ひずみの工学的意味についてもあまりよく分かりませんので分かりやすくお願いいたします。

Aベストアンサー

大学出てからだいぶ時間が経ったので,とんちんかんなこと言ってるかもしれません.

式は,難しいのと,教科書に載ってると思われるので,
書きません.(書けません)

相当応力や相当ひずみというのは,破壊とか強度を論じる
ときに登場するものです.
材料試験をして,その材料がどの程度もつのか調べるわけです.
もしもあなたの注目している現象がその試験と全く同じ条件での材料の破壊や強度を求めたいのなら,その材料試験の値をそのまま適用できます.
しかし,材料はいろいろなかたちに加工され姿を変えて使用されます.荷重のかかりかたもいろいろです.そのため,いわゆる3軸の応力状態となります.6つの面に垂直応力やせん断応力がかかります.これらの応力状態で材料が持つのか持たないのかを議論するときに,その応力状態は,材料試験をしたときの単純な状態(たとえば一軸引っ張りやねじり試験)に換算したらどうなのかをみつけるときに相当応力というのが出てきます.

1軸応力だけなら,100kgf/mm^2もつとしても,
ねじりも同時にかかっていたり,他の2軸にも力がかかっていると単純に材料試験の結果を適用できないわけです.

相当応力は,破壊のメカニズムによりいろいろな式が提案されているので,逆に言えばどのような材料にも適用できる決定打はありません.

ここまで書いたことは,もしかして,違う相当・・・と勘違いしているかもしれません.
その際はご容赦を.

大学出てからだいぶ時間が経ったので,とんちんかんなこと言ってるかもしれません.

式は,難しいのと,教科書に載ってると思われるので,
書きません.(書けません)

相当応力や相当ひずみというのは,破壊とか強度を論じる
ときに登場するものです.
材料試験をして,その材料がどの程度もつのか調べるわけです.
もしもあなたの注目している現象がその試験と全く同じ条件での材料の破壊や強度を求めたいのなら,その材料試験の値をそのまま適用できます.
しかし,材料はいろいろなかたちに加工され...続きを読む

Q電圧源、電流源が混在する回路

こん××わ。

電圧源、電流源が混在する回路の中で、

全体の電流(理論値)を求めるには、


   10 - 0.1*R_2
I=――――――――
   100 + R_2

ここで、100というのは、
R_1に抵抗、100Ωを用いたから、
分子、10は、電圧を10Vにしたからです。

どうして、このようになるのか、

・重ねの理の法則
・キルヒホッフの法則
・テブナンの法則

を用いるなら、どのようになるのでしょうか?

大変困っています教えてください。

Aベストアンサー

おそらく少し前の質問の回路と同じでしょう。(参考URL)
1.重ねの理
  電流源をを開放して,電圧源だけで電流計算をします。
    次に電圧源をショートして電流源だけで電流計算    をします。
    最後に2つの電流を足します。
2.テブナンの定理
  右下の電流源とR2に着目します。
  R2の両端の電圧は0.1R2です。
  電流源を開放したときの抵抗はR2です。
  したがって元の回路は0.1R2とRの直列で代用できます。
  
  これをオームの法則を使うと質問の式が出ます。
  ただし電流源の向きは上向きです
3.キルヒホッフは2つのループがあるので式を建てると出来ます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=557985

Q無線工学 回路 電流

図に示す回路において、R1を流れる電流 I1 が0.24Aのとき、ab間に流れる電流 I2 は0[A]であった。R3に流れる電流 I3の値は?ただしR1=90Ω,R2=60Ω,R3=60Ω,R4=40Ω,R5=120Ωとする。

回路図が複雑で理解することが出来ません。
知識のある方がおられれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 すいません、これは見えないですね(汗

 それぞれのループ回路に流れる電流をIx,Iy,Izととする。
 それぞれの電流に対してのオーム式を立てる。

 Ixのループ
 
 V=R1*(Ix-Iy)+R2*(Ix-Iz) ←Ixに対してIy,Izは逆向きにループしてるのでマイナス
直流電源の電圧は、R1とR2の流れる電流と抵抗を掛けたものに等しい(オームの法則)

 Iyのループ

 R1*(Iy-Ix)+R3*Iy+R5(Iy-Iz)=0  (回路を一周すると同電位)

Izのループ
 
 R2*(Iz-Ix)+R5*(Iz-Iy)+R4*Iz=0 (同じく同電位)

 これに与えられた値を代入してIx,Iy、Izが求まり、本題の電流に対しての相関関係がわかります。
 これがループ解析です。

 ただこの問題はヒントがあって、R5に流れる電流I2は0といってますよね?
 ってことはa-b間は同電位ってことです。
 だから、この場合は、R1*I1=R3*I3ってことで簡単に解けてしまいますね。
 解析を使わなくても解くことができます。

 って図のなかに書いてます。
 すいません(汗

 すいません、これは見えないですね(汗

 それぞれのループ回路に流れる電流をIx,Iy,Izととする。
 それぞれの電流に対してのオーム式を立てる。

 Ixのループ
 
 V=R1*(Ix-Iy)+R2*(Ix-Iz) ←Ixに対してIy,Izは逆向きにループしてるのでマイナス
直流電源の電圧は、R1とR2の流れる電流と抵抗を掛けたものに等しい(オームの法則)

 Iyのループ

 R1*(Iy-Ix)+R3*Iy+R5(Iy-Iz)=0  (回路を一周すると同電位)

Izのループ
 
 R2*(Iz-Ix)+R5*(Iz-Iy)+R4*Iz=0 (同じく同電位)

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報