「結論として個別的な価値判断を導き出すような実践的三段論法の構造について、具体的な例を用いて説明しなさい。」

A 回答 (2件)

M は P である。

S は M である。故に S は P であると言える。
(三段論法)
個別の価値判断を導きだすようなってことなので例えばこんな感じ
でいいかと・・。

きみは優しい人がすきだ。
優しい人って僕のことだ。
だからきみは僕が好きってことだ。

応用例
男:僕ってどんなタイプ?
女:優しい感じかな
男:優しい人は好き?
女:どっちかといえば好きね
男:じゃ、僕のことが好きってことだね。
    • good
    • 0

 


        童謡
       「待ちぼうけ」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報