【初月無料キャンペーン中】gooドクター

投資判断をする上で、企業の時価総額を参考にしているのですが、
「時価総額が安いから買いだ」や、その逆のパターンの情報をよく見ます。
時価総額の算出の仕方はわかるのですが、その値段が高い、安いというのは何を持って判断するのでしょうか?

同業他社で同じくらいの業績を上げている企業に比べて…と思っているのですが、
何か具体的な計算式や判断基準などはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (1件)

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9202%2C9205&d=t&k=c …

単純にここの時価総額の大きさを比較するだけです。
6200億のJALに対してANAは7600億ですから、ANAの企業価値が高いと判断します。

業績が上がれば、株価も上がりますので時価総額が上がります。JALは不振でANAが好調であることに対して、市場が時価総額という数値として評価している証明です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング