130℃前後の炉の中でパレットを置く棚を作成したいのですが、
棚自体はステンレスで作成しますが、パレットを置く部分には
鉄粉が出ないように何か樹脂を取りつけたいと思っています。
耐熱・難燃性に優れた樹脂はないでしょうか?
詳細と一緒にお願いします。
(耐熱温度、伸縮率等が気になります。)
ガラエポが候補に上がったのですが、ガラエポ自体の特性が分かりません。
ガラエポについての詳細もよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

PTFEなどのフッ素樹脂はどうでしょう?


参考URLのページには300℃以上の耐熱性とあります。
http://www.nipponfusso.com/ja/tec_pro/characte.h …

酸、アルカリ、有機溶媒にも安定です。

ガラエポとはガラスエポキシ樹脂のことでしょうか?こちらはちょっとよくわかりませんでした。

参考URL:http://www.nipponfusso.com/ja/tec_pro/characte.h …

この回答への補足

回答有難うございました。
上記のガラエポとは、ご承知の通りガラスエポキシ樹脂のことです。

ガラスエポキシ樹脂について、良いサイト等があれば教えてください。
よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/07 08:26
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐熱樹脂の種類について

耐熱樹脂について、勉強する必要に迫られておりますが全く予備知識なく、
お教え下さい。
耐熱樹脂で、ポリイミド、ケルイミド、キネルなどの種類があるようですが
何処がどう違うのでしょうか?
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

ポリイミドには、1.熱可塑型、2.熱硬化型があります

更に、1.熱可塑型には、A.全芳香族ポリイミド、B.半芳香族ポリイミドがあります
一例がA:ポリピロメリットイミド、B:ポリエーテルイミド(GEプラスチックの商品名ウルテムと呼ばれます)です

2.熱硬化型ポリイミドの代表例はビスマレイミドです
その中にA.ビズマレイミドと芳香族ジアミンを反応させたものがケルイミド、キネルと呼ばれます(フランス ローヌプーランの商品名で、溶媒の無い成形材料がキネルで、溶媒を含む物がケルイミドだったと思います)
B:芳香族ジアミンがジアリルビスフェノールになると チバガイギーの
○○○(忘れてしましました)と呼ばれます、C.芳香族ジアミンがシアン酸エステルになるとビスマレイミドトリアジン樹脂とも呼ばれます

以上 こんな感じですが

Q0価の鉄粉を水の中に入れて、かき混ぜると鉄粉の塊ができました。

0価の鉄粉を水の中に入れて、かき混ぜると鉄粉の塊ができました。
そしてそれを薬さじで水から出すと塊がはじけるように分裂します。
そしてどうやら表面がぬれていないようです。
鉄粉の表面は疎水性なのですか?
磁性が関係しているのかも?と指摘していただいたのですが、
強磁性のFe3O4は水に混ぜても塊にならないので磁性が関係しているとは思えません。
最近、環境の分野で還元剤として0価の鉄粉が使われていますが、表面が濡れないのに還元剤としてなぜ使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

お手持ちの製品が、濡れにくい性質なのでしょう。

私が使っている鉄粉は、水に良く馴染みます。
固まってしまったりしません。

アルミの一円硬貨が水に浮くことは ご存じだと思いますが、
これは水に濡れにくいことが原因です。

鉄が疎水性だということはないのですが、
金属の表面が水に濡れにくい状態になることはよくあることです。

還元剤などとして使う場合には、あらかじめ水に濡れる状態にするのが普通です。

Q樹脂製品の耐熱性について

質問させてください。
耐熱性を売りにしている樹脂製品には使用最高温度というのが記載されていると思いますが、
この使用最高温度を裏付ける評価方法というのはどういう試験になるのでしょうか。
例えば電子レンジ使用可のプラスチック容器で、耐熱温度が140℃と書かれている場合、どのような評価をした結果を根拠にしているのでしょうか。

Aベストアンサー

JIS規格にプラスチック製食器類の耐熱性試験というのがあります。JIS S 2029です。

合成樹脂加工品品質表示規定(家庭用品品質表示法)では、合成樹脂製品(皿、お椀、コップなど)に耐熱温度の表示を義務付けられているものがあり、JISにしたがって耐熱温度を評価する試験をします。

引用規格:JIS S 2029
試料(プラスチック製食器類)を表示耐熱温度±2℃に調整した恒温槽に入れ、1時間保持後、取り出し、常温で30分間放冷します。
家庭用品品質表示法における耐熱温度を求める場合は、50℃を起点として、10℃おきに温度を上げて上記の試験をし、以下の式に基づいて耐熱温度を算出します。
耐熱温度=(試験により機能の異常又は著しい変形が生じた温度)-10℃

なお、電子レンジを使用して温める場合は、均等に加熱されませんので、注意が必要です。

QCOC樹脂とPC樹脂のSP値

少し特殊な樹脂かもしれないのですが、
 ・COC(シクロオレフィンコポリマー)樹脂
 ・PC(ポリカーボネイト)樹脂
のSP値がわかる方がいらっしゃれば、教えて下さい。
PCはよくあるのですが、COC樹脂があまりありません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

SP値は、ポリマーの構造がわかれば計算式によって推定できると思います。COCの測定値がなければ、計算式で求めるのも1つの方法ではないでしょうか?
種々の計算式が提案されていますが、その一つとしてFedorsの式があります。添付URLを参照してみてください。

参考URL:http://kazuo.gozaru.jp/sp1.htm

Q端面が光る樹脂板や線状の樹脂

一つのLED光源を少し離れた場所にリング状に配光しようとしています。

光るクリスマスツリーに使われるような光ファイバー(?)の線状の樹脂が、筒状に直径30ミリ厚さ2ミリ程度であればできないかな?と考えています。

アクリル板のようなもので端面から光を照射すると
他の端面が、ほぼ均一に光るものを見たことがあります。(自動車用品のアクセサリーランプなど)
それらは、多くは板状の透明の板です。

また、(通常のアクリル板では光らないですが、)ブラックライトを照らすと、樹脂そのものや板端面光って見える物もあります。

これらの材質は何でしょうか?
端面が光る樹脂は、屈折率など?がアクリル板とは違うのでしょうか?
表面や樹脂内に細工があるのでしょうか?
端面が光ることと、ブラックライトによって光ることは無関係でしょうか?

Aベストアンサー

多くの場合、材質は、アクリルで間違え無いと思います。一部にポリカーボネート製の物もあります。
しかし、端面から光を当てると他端面が光って見えるのは、上記のベース材料によるものではなく、特殊な蛍光剤(BASF Lumogen F)が、ベース樹脂中に分散されている事によるものです。
また、ブラックライトによって光るのは、紫外線により蛍光剤が励起状態になるからです。

自動車のアクセサリーにも用いられますが、駅等にある時計(正面から見るとやや黄色~黄緑色)も正面から入射した光を端面に集光させ、この光が太陽電池に導かれることで、動いています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報