ちょっと変わったマニアな作品が集結

A社とB社が合併して新会社C社となりました。
事実上はA社がB社を吸収合併です。
この場合、創立日と設立日はA社のものになるのでしょうか。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

公的なものではないので、会社Cとして決めれるはずです。


合併に関してはどれかが存続会社になるので、その場合に必ずしもどちらが吸収したと言う力関係より、その後の運営を考慮したもので決定されます。
私の経験した例であれば、当初は新会社設立時を記念日としましたが、その後さらに合併が続いたため創立記念日はなくなり、任意で有給以外に1日休暇が取れる制度になりました。
なんとなく旧会社の記念日に休みを取り、非公式のゴルフ大会を旧会社グループで行っていると聞いています。

この回答への補足

お礼が遅くなって済みませんでした。
ご回答ありがとうございました。
「その後の運営を考慮」というのは、それによってA社の設立日かB社の設立日かどちらをC社の設立日とするかを決めるという事でしょうか?

補足日時:2006/01/27 22:06
    • good
    • 0

吸収合併ですから、B社はなくなります。

存続会社Aの創立日、設立日になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では、C社という名前が現れる以前から設立、創立されているような形で良いのですね?
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/24 21:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q授権資本金ってなんですか?

資本金 1,000万円で授権資本金 4,000万円という会社は、
資本金 1,000万円で額面4,000万円の株券を発行していると言うことなのでしょうか?
つまりは1,000万円の出資で額面では4,000万円になっているということなのですか?
ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

授権資本とは、いわば「発行予定の株式数」のことです。
授権資本は、株式会社の「定款」に定められており、この範囲までなら、取締役会の決議だけで、株式の発行(つまり増資)ができます。

授権資本金(ご質問の例では4,000万円)は、払込資本金(同1,000万円)の4倍を超えることができませんので、通常は、株式会社設立時の資本金の4倍を授権資本(金額ではなく株数で表示します)として定款に定めます。

定款に定められた授権資本以上の増資をする場合には、株主総会で定款の変更を議決しなければなりません。
つまり、授権資本を定めておくことで、増資のたびにいちいち株主総会を開く手間が省けるわけです。

Q創業と設立の違いについて

不動産賃貸契約書記入の際、届出書類に創業日と設立日を記入するところがあるのですが、創業と設立はどうちがうのでしょうか。ちなみに弊社は非上場会社です。教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

創業とは、会社が個人で事業を開始した日を云い、設立は商法上の設立登記をして法人組織としてスタートした日をいいます。

Q中黒(・)と読点(、)の区別

中黒(・)と読点(、)の使い分けが分かりません。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%C2%B7
によると、中黒の使い方として次のようにあります。

複数の単語を並列し、まとまった概念を示すときに、その区切りに使われる。
食品・雑貨売り場
海洋・湖沼・河川を航行する船舶
東京・新大阪間の切符
小・中学校、東海道・山陽新幹線
ただし、並列する物が単語でない場合や、併せてまとまった概念を示さない場合には、読点(、)を用いる。
食品、雑貨を買う。

以上がWikipediaの記述です。

(1)「食品・雑貨売り場」は「食品と雑貨の両方を売っている売り場」という意味であって、「食品売り場と雑貨売り場の両方」という意味ではないと考えて正しいでしょうか。

(2)「海洋・湖沼・河川を航行する船舶」は「海洋と湖沼と河川の3つ全てにわたって航行する船舶」という意味であって、「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味ではないと考えて正しいでしょうか。

(3)「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味は、「海洋、湖沼、河川を航行する船舶」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

(4)「東京・新大阪間の切符」は「東京-新大阪間の切符」と書くべきだと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか。

(5)「小・中学校」は、「小学校と中学校」という意味なので、「小、中学校」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

(6)「東海道・山陽新幹線」は、「東海道新幹線と山陽新幹線」という意味なので、「東海道、山陽新幹線」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

(7)「並列する物が単語でない場合」というのがどんな場合なのか分かりません。具体例をいくつかお教えいただけないでしょうか。

中黒(・)と読点(、)の使い分けが分かりません。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%C2%B7
によると、中黒の使い方として次のようにあります。

複数の単語を並列し、まとまった概念を示すときに、その区切りに使われる。
食品・雑貨売り場
海洋・湖沼・河川を航行する船舶
東京・新大阪間の切符
小・中学校、東海道・山陽新幹線
ただし、並列する物が単語でない場合や、併せてまとまった概念を示さない場合には、読点(、)を用いる。
食品、雑貨を買う。

以上がWikipediaの記述...続きを読む

Aベストアンサー

私は専門家ではないので文法的説明は出来ません。もっぱら日常言語感覚からの回答となりますがご了承ください。

> (1)「食品・雑貨売り場」……

どちらかというと「食品と雑貨の両方を売っている売り場」が近いように感じますが、「食品売り場と雑貨売り場の両方」であっても良いと思います。

> (2)「海洋・湖沼・河川を航行する船舶」……

「海洋と湖沼と河川の3つ全てにわたって航行する船舶」というものは実際問題としてほとんど無いので、私は「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味に解釈しました。

> (3)「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味は、「海洋、湖沼、河川を航行する船舶」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

「海洋+湖沼+河川」は文中で並列した一塊の概念なので、「・」のほうが読みやすいように思います。

> (4)「東京・新大阪間の切符」は「東京-新大阪間の切符」と書くべきだと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか。

「どちらが正しい」とは言えないと思いますが、私だったら「東京=新大阪間の切符」と書くでしょう。「-」は「一(いち)」と紛らわしいので。

> (5)「小・中学校」は、「小学校と中学校」という意味なので、「小、中学校」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

他の設問にも言えることですが、読点「、」は文章の切れ目に使うのが普通のイメージなので、「小」と「中学校」の間で文章が切り離されてしまうかのような不安定感を覚えます。私だったらこういう場合は「・」を使います。下記の例文をご覧ください。
「今年度の○○市内の小・中学校における設備改修費用は、昨年度と比べて……」
「今年度の○○市内の小、中学校における設備改修費用は、昨年度と比べて……」

> (6)「東海道・山陽新幹線」は、「東海道新幹線と山陽新幹線」という意味なので、「東海道、山陽新幹線」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

これも(5)と同じ理由で、「・」のほうがよろしいかと思います。

> (7)「並列する物が単語でない場合」というのがどんな場合なのか分かりません。具体例をいくつかお教えいただけないでしょうか。

「赤・青・黄の花々にはそれぞれ虫がとまっていた」
「赤い花には蜂が、青い花には蝶が、黄色の花には青虫がとまっていた」
……などはいかがでしょう。

私は専門家ではないので文法的説明は出来ません。もっぱら日常言語感覚からの回答となりますがご了承ください。

> (1)「食品・雑貨売り場」……

どちらかというと「食品と雑貨の両方を売っている売り場」が近いように感じますが、「食品売り場と雑貨売り場の両方」であっても良いと思います。

> (2)「海洋・湖沼・河川を航行する船舶」……

「海洋と湖沼と河川の3つ全てにわたって航行する船舶」というものは実際問題としてほとんど無いので、私は「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川...続きを読む

Q会社合併の履歴は謄本で解りますか?

このカテゴリーでは初めての質問です。会社合併が行われ、消滅会社と存続会社が当然にありますが、存続会社の登記簿謄本を見れば合併の記録が記載されているのでしょうか!?或いは、登記事項に変動が無ければ、特に「何月何日消滅会社○○と合併」といった履歴は記載されないのでしょうか? 合併するということは、必ず資本金の変動(必須登記事項)があると思いますがいかがでしょうか?謄本を見ただけで合併の履歴がわかる方法があれば教えてください!

Aベストアンサー

>存続会社の登記簿謄本を見れば合併の記録が記載されているのでしょうか!?

 商業登記がコンピュータ処理されていることを前提にすれば、登記簿の会社履歴区に

 平成19年5月31日株式会社甲商事を合併
 平成19年6月1日登記

 というように記録されます。

>謄本を見ただけで合併の履歴がわかる方法があれば教えてください!

 気をつけなければならないのが、例えば、合併の登記がされた後に、A法務局管内からB法務局管内に本店移転したような場合、B法務局の登記簿には合併の登記は記録されないということです。
 ですから、その会社が過去に合併を行ったかどうか確認するには、場合によっては、会社設立時まで閉鎖事項証明書(閉鎖登記簿謄本)をたどって取得する必要があります。

Qエクセルで、頭に0をつけて数字の桁を揃える方法

エクセルで、必ず5桁の数字を入れる列があるとします。
ところが、数値データとして最初に作っているので、0が頭になく桁が足りない場合があります。
任意文字として5桁の数字にしたいのですが、

何かいい方法はありませんでしょうか?

例)
A列 A列
50      00050
1000  ⇒  01000
11111    11111

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

次の方法は如何でしょうか。
(1)表示だけで良いのならば、セルの書式設定→表示形式→ユーザ定義で00000を設定
(2)データとして必要ならば、空き列(仮にB列)B1に=TEXT(A1,"00000")を入力、下方向にコピー→B列をコピー→A列に形式を選択して貼り付けで「値」を選択→OK、B列を削除

Q契約を結んでいる相手が合併等をした場合

例えば今契約を結んでいる相手Aが他の同業企業Bと合併して新しくCという企業になった場合、今Aと結んでいる契約書は読み替えを行ったりまたは新しい契約書を結びなおしたりする必要はあるのでしょうか?

契約を結びなおす等の対応を行っていなかった場合に、どのような問題が発生する可能性があるのかについて教えていただければと思います。できれば自分に不都合な問題点と相手にとって不都合な問題点とに分けて教えていただければ幸いです。

それと、こういう場合にはどのような法律を読めばいいのでしょうか?どのあたりに書かれているのでしょう?

ちなみに自分も相手Aもその他も全て株式会社です。

Aベストアンサー

合併の場合はさほど問題ではないです。

合併の場合、債権債務は法律上当然に、存続会社に承継されます。

会社法に書いてあります。

第七百五十条  吸収合併存続株式会社は、効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。

上は株式会社が存続する吸収合併の場合の条文ですが、その他の合併の場合でも基本的に同じです。上記の周辺の条文を読んでください。

権利義務を承継する、ということは、それまで結んでいた契約書上の地位も、自動的に移る、ということです。

したがって、別段、読み替えのための新契約や当事者を書き換えた契約書を結ばなくても、今までの契約は存続会社・新会社との間で有効に生き続けることになります。

商号の変更は契約書上の権利義務に何ら影響を与えません。

実務的には、混乱を避けるために、タイミングを見て契約書を巻きなおしたり、更新の際に合併があったことを契約書に入れ込むというようなことを行うこともありますけれどもね。


なお、合併と似て非なるものとして事業譲渡があります。この場合は債権債務は当然には移転しないので、よく確認する必要があります。

合併の場合はさほど問題ではないです。

合併の場合、債権債務は法律上当然に、存続会社に承継されます。

会社法に書いてあります。

第七百五十条  吸収合併存続株式会社は、効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。

上は株式会社が存続する吸収合併の場合の条文ですが、その他の合併の場合でも基本的に同じです。上記の周辺の条文を読んでください。

権利義務を承継する、ということは、それまで結んでいた契約書上の地位も、自動的に移る、ということです。

したがって、別段...続きを読む

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。


人気Q&Aランキング