こんにちわ。先日の昼、信号のある十字路交差点で右折をしようと交差点に入って直進車通過するのを待っていました。その後、信号が黄色から赤に変わろうとしたので私は右折をしかけました。そうしたところ前方から直進車が信号がほとんど赤になりかけている状態にもかかわらず直進してきました。そのせいで私の車のフロント部分と相手のフロント部分とがぶつかりました。このような場合、過失割合は何:何にんるのでしょうか?おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

貴方の質問を、相手の立場で書き直すと、


「信号のある交差点で直進して通り抜けようとしたところ、対向から来た右折車と衝突しました。ちょうど信号の変わり目だったので、相手車は急いで交差点内から出ようとしていたようでした。このような場合、過失割合は何:何になるのでしょうか」
そうなると、貴方は前方不注意、進路妨害になりますから、8:2 ぐらいの過失割合で貴方に不利になります。
二輪車や歩行者と衝突しなかっただけ、不幸中の幸いだったと思います。
    • good
    • 0

損害保険のアジャスターが良く使う、基本的な判例を元に回答すれば…


右折車Bが青信号で交差点に入って、信号が赤に変わるのを待って
右折を仕掛けた時の基本は…
直進車Aが黄色から赤に変わる所で減速無しで進入した場合は、
A:B 80:20が基本の過失割合になり、
B車の右折合図無しの場合Bの過失+10加算
更にA車の速度超過15キロ以上でAの過失+5加算、
30キロ以上だと+10加算と言う形が基本になります。
但し、A車が黄色で進入して、B車が青で交差点に進入して黄色で
右折をした場合は基本は
A:B 70:30になります。
ただ、A車が黄色になったときに交差点に近接していて、安全に停車できない時は
A:B 20:80が基本になります。
道路が渋滞していたとか、見通しが良いとか…各種状況により過失割合は大きく異なってきます。
但し、事故証明を取った時に『甲・乙』どちらに貴方の名前があるかで、
加害者被害者の関係が出てきますので…その辺で判断されるのも手です。
甲欄に貴方の名前があれば貴方の過失が大きい事になるし、
乙欄であれば貴方は被害者になります。
    • good
    • 0

過失割合はいろいろな事情が加味されますので、一概には正解は出ませんが、一般的な基準で答えますと、、



黄から赤に変わる寸前のようですが、未だ変わっていない間でしたら黄ですね。
両車とも黄で進入した場合、直進車40、右折車60が基本です。
あと、直進車速度違反、右折車合図なしなどの修正要素で加減します。

また、直進車が赤で進入し、右折車が黄で進入して赤で右折した場合は
直進車70、右折車30が基本です。
    • good
    • 0

過失割合は、裁判所で判事が決定しますので、ここで問い合わせても答えは返ってきません。


示談をする上での、保険会社が出す割合は過去の実績から、この程度と勝手に判定しているだけです。
その割合を知りたいのであれば、ご自分の加入している保険会社にお問い合わせください。保険を利用する、しないにかかわらず相談に乗ってもらえます。(そのための保険ですから)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信号機のない交差点での直進者同士の事故

信号機のない、道幅がほぼ同じの交差点で事故してしまいました。
お互いの車線に停止線はなく、自分も不注意に進入してしまい、自分の右前輪部分に相手がぶつかった状態で、相手は首が痛いと言って近くの病院に運ばれました。
道幅が同じで信号機のない交差点で、停止線もない交差点だと左方の車が優先だと知っていたんですが、交差点の事故はお互い様だと思ってたので僕は特に相手に何も言うことなく穏便に終わっていけばいいと思って何も言わずにじっとショックに耐えてました。

ところが相手の旦那さんが外人さんで、あなたが止まるべきたったとか、なんで一旦停止もせずに入ってきたんだとか、私の弁護士に連絡しますとかすごい挑発的で、病院に行った奥さんもピンピンして帰ってきて、あなたが止まるべきですよね?とか、なぜ当たった後すぐに私の安否を確かめに来なかったのかとかやたら言われて・・・。

自分も買って一か月の新車で事故してしまったことのショックと、ドアが簡単に開かなかったこととか、右前輪のシャフトが折れてしまって車が動かせなかったこととか頭の中に色んなことが渦巻いて暫くショックで動けなかったんです。相手を見たら携帯ですぐさまどこかに連絡してたし、相手も無事なんだなと見えてましたし。

車を買った車屋さんとか、保険会社さんに連絡しても、余計なことを言ったり、変な約束はせずにこちらに任せてくれと言われたんで、言われるがままじっと我慢して聞いていたんですが、現場検証に来てた警察官にいくらお互い様とは言え、一言あやまっておいた方がこれからのことの運びがすんなり行くかもしれないから、あなたも一言言ってきなさいと言われたので、すいませんでしたねと謝ったんですが、この行為が後々こちらに不利になることってありますか?

お互いノーブレーキで進入して、僕の右前輪部分に相手が突っ込んだ形の事故なんですけど…。僕は危ないと思って踏んだブレーキ痕が残ってたんですが、相手側には一切ありませんでした。僕はお互い様だと思ってたんですが、あまりにもそっちが悪いそっちが悪いと言うもので何だか腑に落ちなくて。

信号機のない、道幅がほぼ同じの交差点で事故してしまいました。
お互いの車線に停止線はなく、自分も不注意に進入してしまい、自分の右前輪部分に相手がぶつかった状態で、相手は首が痛いと言って近くの病院に運ばれました。
道幅が同じで信号機のない交差点で、停止線もない交差点だと左方の車が優先だと知っていたんですが、交差点の事故はお互い様だと思ってたので僕は特に相手に何も言うことなく穏便に終わっていけばいいと思って何も言わずにじっとショックに耐えてました。

ところが相手の旦那さんが...続きを読む

Aベストアンサー

>僕はお互い様だと思ってたんですが、あまりにもそっちが悪いそっちが悪いと言うもので何だか腑に落ちなくて。
あなたの考えの通りお互い様の事故です。

任意保険加入のようですから、後は保険屋に丸投げ 一切係わらない態度で良いでしょう。

書き込みからあなた4:6相手 譲歩したとしても5:5のケースです。
すべて保険屋に対応して貰えば問題はありません。
ところで車両保険加入?
加入なら、いくら長引いても困ることはありません。示談なくとも先行して修理代は支払いされます。

謝罪の件は日本人としてのマナー 気にする必要はまったくありません。
謝罪したからすべての過失を認めてる、という解釈は相手の都合の良い得手勝手な受け取り方 このような解釈をする日本人、若者も多くなりましたね。
恥ずべきことです。

Q信号のある交差点での自転車と車の事故で、同一方向の直進自転車と左折車と

信号のある交差点での自転車と車の事故で、同一方向の直進自転車と左折車との事故について質問があります。
自転車側が私で被害者なのですが、初めての体験で対応に問題が無いか確認していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

・事故が起きたのは、晴れた日の16時頃
・左折車は一時停止して、先行していた電動三輪車が通過するのを待っており、その後方を走っていた私の自転車には気付いていなかった
・私は左折車が気付いていると思っていたので、徐行及び一時停止はしなかった
・電動三輪車が通過し、左折車が動き出した際に、私の自転車の後輪に接触した
・左折車のスピードがあまり出ていなかったので、転倒せず怪我はなかった
・双方怪我がなかったので、警察・救急・保険会社には連絡していない
・左折車側に自転車の修理費用(後輪交換等、約8000円)を負担してもらうことで双方了解した
・双方の連絡先を確認した

Aベストアンサー

>左折車側に自転車の修理費用(後輪交換等、約8000円)を負担してもらうことで双方了解した

事故の発生日時・場所、当時者双方の住所氏名(相手車は登録番号も)と、上記示談内容を記した示談書を2通作成し、当事者双方が自署押印(実印)して双方が1部ずつ保管しておきましょう。

直進自転車と左折四輪車の一般的な過失割合は、左折車90:自転車10となりますが、左折車は一時停止して電動三輪車の通過待ちをしているところから、自転車側に10~20%程度加算修正される可能性が高くなります。

相手車がほんとうに無傷であれば心配ありませんが、バンパーは衝突時に変形したのち復元しますから一見無傷のようであっても、バンパーの内側やボディとの接合部などが変形していることもよくあります。
もし、自動車に損傷があると、修理費用の20%~30%を質問者様が賠償しなければなりません。車種にもよりますが、バンパー交換で5~10万円かかるケースもありますし、ボディに波及しているとその倍以上かかることもざらです。

質問者様に有利な条件で示談できるのですから、法的な根拠を得るためにも示談書の取り交わしが何よりも重要です。

なお、示談書の押印については、認印には法的根拠がありません。本人の自署、または実印の押印は必須です。

>左折車側に自転車の修理費用(後輪交換等、約8000円)を負担してもらうことで双方了解した

事故の発生日時・場所、当時者双方の住所氏名(相手車は登録番号も)と、上記示談内容を記した示談書を2通作成し、当事者双方が自署押印(実印)して双方が1部ずつ保管しておきましょう。

直進自転車と左折四輪車の一般的な過失割合は、左折車90:自転車10となりますが、左折車は一時停止して電動三輪車の通過待ちをしているところから、自転車側に10~20%程度加算修正される可能性が高くなります。

相手車がほんと...続きを読む

Q先週木曜日、社用車に乗っていたところ、交差点で信号が赤になったので停止

先週木曜日、社用車に乗っていたところ、交差点で信号が赤になったので停止したところ、数秒後に後部から追突されました。
(こちらはライトバン。三車線の真ん中で一番先頭。相手は自家用車・セダン)
目撃者者もいたので、通常ならすぐ相手の保険会社から、代車の手配、修理代等が支払われるはずですが、追突してきた車の持ち主が持病を持っていて、心神喪失状態での追突の疑いがあるので(ノーブレーキで追突して、その後意識混濁)すぐに損害に
対して対応出来ないと言ってきてます。
確かにその大手損保のHPで約款を見るとそのように書いてあるのですが・・・。
自身の治療費は自賠責保険で支払われるようですが・・・。
最悪車両に対しての損害は支払われない、ということに成りうるのでしょうか?
大手損保のあまりにの勝手な約款のために、泣き寝入りするはめになったら悔しくてたまりません!

Aベストアンサー

心神喪失状態でも民事は別ですから、損害賠償の請求自体は問題ありません。ただ、それを理由に保険会社が賠償を拒否した場合は、加害者に直接請求することになります。
法的には損害賠償は被害者と加害者の間の問題であり、保険会社は加害者の代理です。保険会社がそれを拒否することは加害者と保険会社の間の問題であり、被害者が口を挟む余地はないのです。

過失割合が0:100でしょうから、会社が保険に入っていても、その保険会社は手を出せない事例ですね(弁護士特約があれば別)。会社とつきあいのある弁護士にまかせないと難しい事例だと思います。加害者の経済状況によっては泣き寝入りもあり得ます。

Q右折矢印車と直進車(黄色信号?)の過失割合について

右折矢印車と直進車(黄色信号?)の過失割合について
十字交差点での、車対車の交通事故です。信号は(1)直進・左折矢印⇒(2)黄色⇒(3)右折矢印⇒(4)黄色⇒(5)赤の順に点滅します。当方は、「右折矢印」の信号を確認し右折したところ、猛烈に走ってきた直進車と接触し、車が破損しました。当方が危険を察知して交差点の途中で停車したので、物損だけで済みましたが、停車していなければ、人身事故になるところでした。ところが、先方は「黄色」信号だったと主張し、過失を認めようとしません。保険会社に説明しても、証人はいないのかと言うだけで信用してもらえません。当方は「右折矢印」を確認して右折しているので、先方の信号も「右折矢印」のはずであり、直進は信号無視になると思います。先方が少しでも避けておれば、当方は停車したので接触しなくて済んだはずですが、猛烈に走っていた(ずいぶん前で、黄色を認知し、それでとおりぬけようとした?)ため、避けるのは無理だったと思われます。右折信号の無い交差点であればともかくとしても、当方は「右折矢印」を確認しているので、先方に100%過失があると思いますが、先方の誠意が感じられません。当方の主張を納得してもらう為には、どの様に対応すべきかお教え願います。
なお、その場に警察を呼びましたが、過失割合を警察は教えてくれませんでした。ただ、当方の主張を聞いて、両方の信号の変わるタイミング(直進車線の信号がいつ黄色になるか?)を検証していました。それで、私の方には「気持ちをいれかえて帰りなさい」とのことで帰宅しましたが、先方はしばらく残されていましたが、それの説明は無く、その意味するところは不明です。

右折矢印車と直進車(黄色信号?)の過失割合について
十字交差点での、車対車の交通事故です。信号は(1)直進・左折矢印⇒(2)黄色⇒(3)右折矢印⇒(4)黄色⇒(5)赤の順に点滅します。当方は、「右折矢印」の信号を確認し右折したところ、猛烈に走ってきた直進車と接触し、車が破損しました。当方が危険を察知して交差点の途中で停車したので、物損だけで済みましたが、停車していなければ、人身事故になるところでした。ところが、先方は「黄色」信号だったと主張し、過失を認めようとしません。保険会社に説明しても、...続きを読む

Aベストアンサー

右直事故の信号相違は、揉めやすい事故形態です。

1.右折車・青矢印、直進車が赤なら、直進車が基本100%です。

質問者さまのご指摘の通りです。
ただし、修正があって、右折車がちょっと前方を見れば直進車の存在が見える
場合は、20%修正し、直進車80%:右折車20%となります。
過失の理由は、信号の変わり目では無理に直進する車があることは予見可能で、
右折車も前方を注意すれば、事故を回避できるからです。
質問者さまの言うとおり、障害物があって直進車が見えない場合は修正できませんから、
100%:0%となります。
もう一度現場を見て、直進車が本当に見えないものなのか、確認することを
お勧めしたく思います。


2.直進車の信号は停止線通過時の灯火色で判断します。

直進車が黄信号で停止線を通過した後に、信号が右矢印に変わり、右折発進した
右折車と衝突することはよくあるケースです。
交差点が大きいとこのようなことはよくあります。
保険会社でも正しい事故状況の把握ができずに、揉めることが多いです。

この場合、直進車は赤信号無視ではなく黄信号無視なので、過失は相対的に低くなり、
当然右折車にも基本的に過失割合がでてきます。
記憶はあいまいですが、確か直進車70%:右折車30%だったような気がします。

相手の方は黄信号と言い張っており、揉めに揉めるケースと思われます。
実際は相手の赤信号無視で、右折車から直進車が見えないような現場で、本来は
100:0とすべき事故であったとしても、質問者様も10~30%の過失をのまなければ、
解決までの道のりは遠くなるように思われます。

右直事故の信号相違は、揉めやすい事故形態です。

1.右折車・青矢印、直進車が赤なら、直進車が基本100%です。

質問者さまのご指摘の通りです。
ただし、修正があって、右折車がちょっと前方を見れば直進車の存在が見える
場合は、20%修正し、直進車80%:右折車20%となります。
過失の理由は、信号の変わり目では無理に直進する車があることは予見可能で、
右折車も前方を注意すれば、事故を回避できるからです。
質問者さまの言うとおり、障害物があって直進車が見えない場合は修正できませんか...続きを読む

Q原付バイクでの走行中に、交差点で右折して対向車線に入ってきた車と接触しそうになり、よけて転んでしまいました。

今日の朝、通学中におきたことです。
現場は信号のない十字路で、私が走行していた斜線以外は中央線もなく、車が2台ギリギリ通れる程度の幅です。
私が原動機付き自転車で走行中、十字路を見た時点では相手側の軽自動車は停止していまいた。
そのため直進しようとしたところに、相手の乗った軽自動車が十字路の左から15mほど離れた公民館に入るために対向車線に右折してきたため、あわててブレーキを握り右に回避したところ路面が雨でぬれていたため転んでしまいました。
転倒距離から車までは10メートルほど離れていて、接触はしていません。
相手側によると、まだ間に合うと思い発進して来たとのことです。また、その時私は時速50キロ程度出しており、相手もこちらが高速で走っていて事はわかっていたようです。
相手は警察や保険は入れずに話し合いたいと言っています。幸い怪我も軽傷でバイクの破損も擦った程度なので、それでも良いのですが、割合賭してはどのくらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

教習本に書いていませんでしたか
車からバイクを見たとき、かなり近づいているのに車のドライバーは
バイクが小さいために遠くにいると勘違いしやすいという事を…
意外なほど車は間近でも出てきます。

普通は8:2ですが原付で50km/hは出しすぎです。
原付のブレーキは普通のバイクと比べるとびっくりするくらい効きません。
まして雨、慎重に走るべきでしたね。
その分を引いて7:3。


ですが怪我をしているので、なるべくなら警察に事故証明を出してもらって
人身として処理すべきです。
後で思わぬ症状が出たときに、相手がそれを保障するかどうかは微妙です。
いえ、それどころか

「もう済んだ話だ」

と、突っぱねられる可能性大です。もしかしたら相手は任意保険に
入っていない可能性もあります。
もし変な症状が出たら、自賠責の120万円なんかあっという間に吹き飛びます。
後遺障害の場合でも自賠責で最高4000万円まで保証されますが、
いずれにしても相手の言い分を鵜呑みにするのではなく、万が一に
備えるべきと考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報