生徒に、過去問題二年分を解いてくれと頼まれたのですが、この問題だけ解けません。解答がないので考え方も分かりません。
その問題とは、
『要素の個数が100である集合Uと、集合Uの部分集合A,B,Cを考える。集合A,B,Cの要素の個数は、それぞれ、48,10,38である。このとき、集合B∪(Cのバー)の要素の個数をnとすると、nの取りうる値は、□□≦n≦□□である。また、集合(A∪B)∩(Cのバー)の要素の個数をmとすると、mの取りうる値は、□□≦m≦□□である。ただし、(Cのバー)は、Uに関するCの補集合とする。』
という問題です。日本社会事業大学の問題だった気がします。出来だけ早急にお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、議論を簡単にするため、以下の表記を使用します。


・#(S):集合Uの部分集合Sの要素数
・~C:Uに関するCの補集合
・max(a,b):数値aおよびbのうち大きい値

すると、Uの部分集合RとSに対して以下の式が成り立ちます。
#(R∪S)=#(R)+#(S)-#(R∩S), …(1)
#(~R)=#(U)-#(R) …(2)
したがって、
#(R∪S)≦#(R)+#(S)、等号はR∩S=φのとき …(3)
となります。
また、R⊃Sのとき、
#(R∪S)=#(R)+#(S)-#(R∩S)
    =#(R)+#(S)-#(S)
    =#(R)
となります。S⊃Rのときも同様にして#(R∪S)=#(S)となります。ここで、R⊃Sなら#(R)≧#(S)ですし、S⊃Rなら#(S)≧#(R)ですから、
max(#(R),#(S))≦#(R∪S)、等号はR⊃SまたはS⊃Rのとき …(4)
となります。
(3)と(4)を合わせて、
max(#(R),#(S))≦#(R∪S)=#(R)+#(S)-#(R∩S)≦#(R)+#(S) …(*)
が出てきます。

ここで、以下に何回か登場する#(~C)の値をあらかじめ計算しておきます。
#(~C)=#(U)-#(C)
   =100-38
   =62

(a)(*)をnの場合に当てはめると、
(*)の左辺=max(#(B),#(~C))
      =max(10,62)
      =62、
(*)の右辺=#(B)+#(~C)
      =10+62
      =72
となります。(3)および(4)の等号条件が成り立つ可能性はありますので、
62≦n=#(B∪~C)≦72
となります。

(b)(*)をmのA∪Bの部分に当てはめると、
(*)の左辺=max(#(A),#(B))
      =max(48,10)
      =48、
(*)の右辺=#(A)+#(B)
      =48+10
      =58
となります。(3)および(4)の等号条件が成り立つ可能性はありますので、
48≦#(A∪B)≦58
となります。#(~C)=62ですから、#(A∪B)=48の場合でも#((A∪B)∩~C)は10未満になることはありません。 …
∵)#((A∪B)∩~C)<10と仮定すると、(1)より、
 #((A∪B)∪~C)=#(A∪B)+#(~C)-#((A∪B)∩~C)≧48+62-#((A∪B)∩~C)>110-10=100
 となり、集合Uの部分集合である(A∪B)∪~Cの要素数が集合Uの要素数よりも多くなるという矛盾が発生する。
 この矛盾は#((A∪B)∩~C)<10として発生したため、背理法によって#((A∪B)∩~C)≧10となる。
一方、要素数の差から(A∪B)⊃~Cとはなりえませんが、~C⊃(A∪B)とはなりえます。この~C⊃(A∪B)のときが#((A∪B)∩~C)が最大になる場合で、この時は
#((A∪B)∩~C)=#(A∪B)≦58 …(6)
となります。
(5)と(6)を合わせると、
10≦m=#((A∪B)∩~C)≦58
となります。
    • good
    • 0

余事象を考えるようにその生徒に言ってください。

この程度の問題は自分で考えないといつまで経っても上達しません。chemoさんもこの程度の問題をあっさり解けないと生徒になめられますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正の数a,b,c(ただし、a≦b≦cとする。)に対して、BC=a,CA

正の数a,b,c(ただし、a≦b≦cとする。)に対して、BC=a,CA=b,AB=cとなる△ABCが存在するための必要十分条件はa+b>cである。

a+b>cの条件のもとで
「a=b」は「a^2cosAsinB=b^2cosBsinA」が成り立つための「(1)」であり、
「∠B=60°」は「a^2cosAsinB=b^2cosBsinA」であるための「(2)」。


上の問題がわかりません。
(1)、(2)を求めていただきたいです。
説明を加えて教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

a^2,b^2は二乗を表しています。

Aベストアンサー

http://questionbox.jp.msn.com/qa6214361.html

(1)はa=1、b=1、c=√2の直角二等辺三角形

(2)はa=1、b=√3、c=2の直角三角形

あとは、教科書をみれば解るよ。

重複して立てないほうがいいよ

Qabc=a+b+c (1≦a≦b≦c) を満たす整数a,b,c

タイトルの通り、

1≦a≦b≦c かつ abc=a+b+c を満たす整数a,b,cの組を求めよ。

という問題なのですが…
(a,b,c)=(1,2,3) しかありませんよね?
それはわかるのですが、この答えはぱっと見で思いついただけで、実際に文字を使ってそれが正しいことが証明できません。
どのようにやるのでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

忘れてた。。。。w

(a、b)=(1、3)、(1、2)の他に、(a、b)=(1、1)があった。

(3) (a、b)=(1、1)の時、abc=a+b+cよりc=2+cで 不適。

Q(a-b)(a-c), (b-c)(b-a), (c-a)(c-b)の最小公倍数が分からなくて困っています

答えは(a-b)(b-c)(c-a)となるみたいなのですが、
どうしてそんなに綺麗な答えになるのかが分かりませんっ
回答お願いします。

Aベストアンサー

問題の写し間違いやa,b,cに関する条件(例えば「互いに素」など)の記入漏れはないですか?
a=12
b=4
c=8
としてみると,
a-b=8
b-c=-4
c-a=-4
なので,
(a-b)(a-c)=32
(b-c)(b-a)=32
(c-a)(c-b)=-16
となります.ですが,
(a-b)(b-c)(c-a)=128
で,これは最小公倍数ではないですよね?

ただ,大雑把に言えば,次のようなことから説明できます.

Lを求める最小公倍数とすると,
(a-b)(a-c),(b-c)(b-a),(c-a)(c-b)
はそれぞれLの約数になります.
つまり,Lは次の3通りの方法で書くことが出来ます.

L=p*(a-b)(a-c) = p(a-b)(a-c) =  (a-b) p (a-c)
L=q*(b-c)(b-a) = -q(a-b)(b-c) = -(a-b)(b-c) q
L=r*(c-a)(c-b) = r(a-b)(b-c) =    r (b-c)(a-c)

この3つの等式を成り立つように,
しかもLが最小になるようなp,q,rは,
p=(b-c)
q=(c-a)
r=(a-b)
ということになります.
つまり,最小公倍数L=(a-b)(b-c)(c-a)となるわけです.

正確な説明ではないですが,雰囲気は伝わるでしょうか?

問題の写し間違いやa,b,cに関する条件(例えば「互いに素」など)の記入漏れはないですか?
a=12
b=4
c=8
としてみると,
a-b=8
b-c=-4
c-a=-4
なので,
(a-b)(a-c)=32
(b-c)(b-a)=32
(c-a)(c-b)=-16
となります.ですが,
(a-b)(b-c)(c-a)=128
で,これは最小公倍数ではないですよね?

ただ,大雑把に言えば,次のようなことから説明できます.

Lを求める最小公倍数とすると,
(a-b)(a-c),(b-c)(b-a),(c-a)(c-b)
はそれぞれLの約数になります.
つまり,Lは次の3通りの方法で書くことが出...続きを読む

Q数学についてです。 自然数全体の集合を S、その部分集合をU={3m+7n|m,nはSの要素}とお

数学についてです。

自然数全体の集合を S、その部分集合をU={3m+7n|m,nはSの要素}とおく。
このとき、U はある整数 k 以上のすべての整数を含むことを示せ。また、そのような k の最小値を求めよ。

このときmとnは自然数ですよね
だから mとnは1以上であるから
3m+7n 代入して 10になるから kの最小値は10ではないのですか?
わかる方がいれば詳しく教えてもらえるとありがたいです。
回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

答えは22です。

n=1とすれば、
 3m+7=3(m+2)+1となり、10以上で、3で割った余りが1であると数は含まれることがわかる。

同様に、
n=2とすれば、17以上で3で割った余りが2である数は含まれ、
n=3とすれば、24以上で3で割った余りが0である数は含まれることがわかる。

したがって、22以上の全ての自然数は含まれることがわかる。
この22が最小であることを示すには21になるようなm,nが存在しないことをいえばよい。

QU^cが閉集合ならばf^-1(U^c)が閉集合になるのは何故?

連続の問題です。

[問]E⊂R:実数体,f:E→Rとする時、
R⊃∀F:閉集合に対しf^-1(F)はEの閉集合⇒fがEで連続

を解いています。
∀U⊂Rを開集合とするとU^cは閉集合となる。
x∈f^-1(U^c)
⇔f(x)∈U^c
⇔¬(f(x)∈U)
⇔¬(x∈f^-1(U))
⇔x∈(f^-1(U))^c
よって(f^-1(U))^c=f^-1(U^c)は閉集合である。f^-1(U)は閉集合だからfは連続。

という証明を見つけました。

ところで
(f^-1(U))^c=f^-1(U^c)となる事は分かったのですが

U^cが閉集合ならばf^-1(U^c)が閉集合
になるのは何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

>U^cが閉集合ならばf^-1(U^c)が閉集合
>になるのは何故なのでしょうか?
問題文を読み返して下さい。それがf に対する前提です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報