将来コンピュータに関する翻訳で身を立てて行こうと思っているので、まずは広く浅く知識をつけてそれから専門分野を決めようと思っています。今はネットサーフィンをしてエクセルやワードのごく基本的な操作ができるくらい、プログラムはBASICを昔ちょっとやっていたのと、FORTLAN、PASCALを大学の教養科目でやったくらいの知識しかありません。基礎から丁寧に解説してくれる本を探しています。OS本体、各種アプリケーション、プログラム言語などのソフトウェア、PCの構造、各パーツの役割、自作の知識などのハードウェア、MacやLinuxなどのPC/AT以外のマシン、ブロードバンドの普及に関する問題ややPCの廃棄処分の問題といったことまで、全てに関してです。
もちろん1冊の本でこれらすべてをカバーできるとは思いませんから、「この辺りの分野ならこの本がお薦め」といった感じで教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人によりけりだと思いますけど、僕は大学時代にナツメ社の「わかりやすいコンピュータ用語辞典」を通読しました。

一通りの知識はこれで手に入ったと思います。ひとつひとつを覚えているわけではありませんが、何かいわれたときに「あぁ、こんな感じの」という程度にはわかります。
あと、当時で言う「波動用語辞典」も一通り目を通しました。どっちかというと、コンピュータ用語というかパソ通用語の辞典でしたが。今はもっとグレードアップして「通信用語の基礎知識」になっています。
http://www.wdic.org/
辞書を読むというやり方が好きな人じゃないとできませんけどね。辞書はひくものだ! というのは、正論ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そしてお礼が遅くなって申し訳有りません。
他のスレッドで出ていた推薦書を一通り読んでみて、少し足がかりができた感じがしますので、次は辞書を読むというのを試してみたいと思います。

お礼日時:2002/05/04 18:44

 私なら、ということでお勧めしますと、もちろんご質問の分野の全部をカバーしているわけではありませんが、



 中村正三郎「インターネットを使いこなそう」岩波ジュニア新書283

 がいいと思います。ただこのサイトにこれだけ正確な文章をあげていらっしゃるほどですから、すでに内容は物足りないかもしれません。

 あとネット関連なら同じく

 中村正三郎著「ウィルス伝染(うつ)るんです」廣済堂

あたりでしょうか。ネットセキュリティに関して系統だった理解に役立つと思います。

 サイトでいえば「パソコン大魔神の質問コーナー」ですが、親サイトの「シバケンの天国」ともども勉強になります。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shibaken/paso …

 パソコンの自作に関しては、その陳腐化が出版のスピードより早い世界ですので、市販のマニュアル本で少し前の枯れたテクノロジーのものを、実際に組んでごらんになると理解が早いと思います。私の手元にも数冊ありますが、これも例によって内容は古くなっていますので紹介は控えますが、なるべくBIOSの設定の内容まで踏み込んだものをお選びになるとよいでしょう。

 個人的な感想ですが、OSやハードの知識は本よりネットで収集された方がいいかもしれません。高い本を買うと内容が古くなっても捨てるに捨てられないといことになりかねないからです。

 ご質問からはそれますが、もう一つ忘れてならないのが英語力だと思います。ハードのマニュアルや、サイト上のより実質的な情報にアクセスするには欠かせない知識です。私も大きなことは言えませんが、少しのトレーニングで実用には差し支えないレベルまでは上がると思います。翻訳ソフトはほとんど役には立ちませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。それとお礼が遅くなって申し訳ありません。
確かに、進化のはやいこの分野では、マニュアル本は使い捨てのような状態になっていますね。モニター上で文章を読むのにまだ慣れず、紙の本に頼りたくなってしまいますが、それだけではだめですね。ご忠告ありがとうございます。

お礼日時:2002/05/04 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステロイドについて

さまざまな疾患でステロイドを内服されている方がいますが、恥ずかしい話し、ステロイドって???
きっと奥が深く、一言ではいえない薬だと思うのですが、知識をつけたく質問しました。
特にステロイドの薬効が知りたいです。
変な質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.

ステロイドとはステロイド骨格という構造を持った物質のことです.
人間が産生するホルモンの一部(全部ではありません)には,この構造を持っているものがあり,それらをステロイドホルモンとも呼んだりします.ちなみに血糖値を上げるグルカゴン,下げるインシュリンはホルモンですがステロイド骨格を持っていません.

体内で生合成されるステロイドの代表としては,コレステロール(これがホルモンの材料になります),性ホルモン(男性及び女性ホルモン),副腎皮質で産生されるホルモンのすべて(副腎皮質ホルモン)です.

ご質問のステロイドとは副腎皮質ホルモンを指していると思いますので,副腎皮質ホルモンに限定して書き込みたいと思います.

副腎皮質ホルモンの作用には,電解質,糖質,タンパクの代謝にかかわる作用,抗炎症作用,抗リウマチ作用,抗アレルギー作用などがあり,いろいろある副腎皮質ホルモン(コルチゾン,ヒドロコルチゾン,コルチコステロンなど)によってどの作用が強いか微妙に違います.
中でも,抗炎症作用,抗リウマチ作用,抗アレルギー作用は非常に強力ですが,体内で生合成される量には限界がありますので,これらの効果を期待して人工的に大量に合成して医薬品として用いるわけです.
また,医薬品には,生合成される副腎皮質ホルモンの構造を少し替えたものを合成ステロイドとして用いています.

薬効は非常にすばらしいのですが,使用するにあたっていくつかの注意点があります.
数年前,環境ホルモンという言葉が世間をにぎわし,ダイオキシン問題がクローズアップされました.ステロイドを使用するということは,人間の体としてはホルモンを体内に入れるわけですから,ホルモンバランスを崩すおそれがあります.
このことに関連して,副腎皮質ホルモンを服用すると,副腎自体が萎縮し働きが抑制されてしまうため,副腎機能を回復する治療が必要になります(脱ステロイドの問題といわれるのはこれです).また,消化管障害(潰瘍など)が誘発されることもあるようです.これらの副作用は,外用として皮膚に少量塗る分には発現しにくいとされていますが,塗るのをやめるとまた症状が現れることがあります.

ステロイドをやめると症状がぶり返すアトピー性皮膚炎,関節リウマチ,喘息の場合,治療に用いるステロイドは表面的な炎症などを抑えるだけで,疾患の根本的な治療に用いていないことがご理解いただけるでしょうか.

このように,ステロイドは強力な作用を持つ反面,副作用も強力なため諸刃の剣のような存在です.ですから「炎症を抑えるにはステロイドしかない」という最後の手段的な薬物と思われます.

こんにちは.

ステロイドとはステロイド骨格という構造を持った物質のことです.
人間が産生するホルモンの一部(全部ではありません)には,この構造を持っているものがあり,それらをステロイドホルモンとも呼んだりします.ちなみに血糖値を上げるグルカゴン,下げるインシュリンはホルモンですがステロイド骨格を持っていません.

体内で生合成されるステロイドの代表としては,コレステロール(これがホルモンの材料になります),性ホルモン(男性及び女性ホルモン),副腎皮質で産生されるホルモン...続きを読む

Qパソコンに関する知識について

昔のことですが、アメリカ航空宇宙局(NASA)のトップクラスが5人くらいテーブルに並んでインタビューを受けたことがありました。その5人くらいをさして、「この5人がいれば複雑、巨大なアポロ・ロケットのすべてがわかる」と評されていました。

質問です。家庭用PCについては、専門家の「この○○人がいれば、PCのすべてが説明できる」という言い方が可能だとしたら、何人くらいが必要でしょうか。

できる人が3人もいれば説明可能ですか? Windowsの中身だとかCPUの素材だとか考えたら、10人でも足りないと言えますか?

「すべてが説明できる」という言葉の定義で回答も変わってくると思いますが、よろしく、お考えお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

コンピュータを形作る各部品はこうやって出来ていて、Windowsを含むOSやドライバーはこいう働きをしていて、特にOSの中身は一般にこんな役割分担になっていて、それらがどう連携していて、その上で様々なアプリケーションプログラムはこのように動いて、、、といった説明なら1名で十分です。
それが出来る人は世の中にたくさんいます。

なお、Windowsをはじめとする商用OSはソースコードを一般に向けて公開していません。技術資料も限定的です。ですので外部の物が厳密に「こうなっている」とは言えませんが、機能構成や動作状況、インストールフォルダ以下のファイル等を見ると概ねの想像は出来ます。

あと、蛇足ですが「PCの全ての説明」にパソコンがどのように生まれたかという歴史的視点も含まれる場合は、6年以上前のIT関連情報サイトの連載ですが以下を参照されるとよいです。書籍にもなっていたかと思います。

http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/index/index_genesis.html

参考まで。

Qステロイド剤ってからだにどういう影響があるの?

アレルギーがひどく、フケ症です。最近症状が悪化して、かゆみがひどすぎるため病院にいきました。エクラーローションというステロイド剤らしいものを処方してもらったのですが、いろいろなサイトでみてステロイド剤はからだによくないと知りました。かゆみはこの薬のおかげで少し治まった気がしています。が、ステロイド剤についての知識が少なく少々不安です。どういうものなのか、教えていただけないでしょうか・・・。

Aベストアンサー

NHKためしてガッテンのアトピー特集で詳しく説明がありました。そちらのHPで読まれるとわかります。

息子はやはりアトピーでステロイド入りの軟膏を極わずかながら塗っていました。ここ最近はちょっと悪かったです。
それとは全く関係なくイボを切除し、縫合したのですが、1週間後の抜糸の際、再度傷口が開いてしまいました。ステロイドの副作用により皮膚の再生能力が弱くなっていたからだそうです。
患部に塗ったものが皮膚を通して、全身に回ります。アトピーの患部と傷口は直接近くなくても、このような事が起こります。
使用を止めれば、副作用も収まってきます。

怖いかも知れませんが、アトピーを治すには有効な薬なので、使い方を守ればこんなに心強いものは有りません。お医者様と良く話し合って下さい。(手術を受ける事があった際には気をつけて下さいね)

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2003q2/20030521.html

Qコンピューターの深い知識を得るための本

今はコンピューターに関しては初心者なんですが、パソコンなどがどこがどうなってどのようにして動いているのかを根こそぎ理解したいと思っています。
そのために何かいい本を買おうとしたのですが本が多すぎてどれを買えばいいのかわかりません。コンピューターの勉強の第一歩となるような、いい本知っていれば紹介していただきたいと思っております。

ちなみに
コンピューターに関する知識は一般的な大学生ぐらいです。
学校で習う簡単なプログラムをちょこちょこやったり、
家ではゲームかネットぐらいです。
目標はパソコンがどのようにして動いているのかということを根底から理解することです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアについては、この本が一番初めから説明していると思います。
一度軽く立ち読みしてから判断してみてください。

「プログラムはなぜ動くのか」
矢沢久雄著、日経ソフトウェア監修、日経BP社、2520円。
ISBN4822281019

Qニキビ治療で ステロイド を処方されてしまった(怖)

ニキビ治療目的で皮膚科を訪れ、処方箋をもらいました。
処方箋の欄をチェックしたら、
「パルデス軟膏0.05% ステロイドホルモン剤」と書いてありました。
ステロイドという名前を聞いただけで、何か怖いイメージです。
副作用が強いとか酷いとか、使うの止めたらもっと酷くなるとか‥‥
アトピーの方の怖い体験談や噂を沢山聞きます。
それを聞くと、ステロイドって怖いというイメージがあります。

処方箋を貰っても、まだ薬局に行ってません(汗)。

でも‥‥ただの噂話?どこまで本当の話?という正確な情報が分かりません。
ステロイドについてちゃんとした知識がほしいです。

Aベストアンサー

ステロイド薬には軟膏の他に喘息を治療する吸入薬、全身のアレルギー疾患を治療する経口薬(飲み薬)などもあり、ステロイドの濃度、強さはさまざまです。
あなたの場合、ニキビによる皮膚の炎症が激しいため、すぐに確実に治療するステロイド系の軟膏を処方されたようですね。医師が処方しているのであればそう間違った選択はされてないと思いますが、炎症が治まっているようであれば使用する必要はありません。普段から洗顔を心がけ、食事も改善すればニキビはかなり軽減できます。
ステロイドを使用して皮膚炎がより悪くなる事は考えられません。使用方法を誤れば別ですが。また普段から清潔な環境を維持するようにしてください。あなたのおっしゃるアトピー性皮膚炎の怖い体験談の話、本当であればどこに掲載されているのか教えてください。
ステロイドについての誤解を解いていただくために参考URLをご一読ください。
どうしても心配であれば、もう一度医師に相談し、非ステロイド系の薬を処方いただくか、正しい薬の使い方についてきちんと説明を受けるといいでしょう。

参考URL:http://www.atopymanual.com/steroid/

ステロイド薬には軟膏の他に喘息を治療する吸入薬、全身のアレルギー疾患を治療する経口薬(飲み薬)などもあり、ステロイドの濃度、強さはさまざまです。
あなたの場合、ニキビによる皮膚の炎症が激しいため、すぐに確実に治療するステロイド系の軟膏を処方されたようですね。医師が処方しているのであればそう間違った選択はされてないと思いますが、炎症が治まっているようであれば使用する必要はありません。普段から洗顔を心がけ、食事も改善すればニキビはかなり軽減できます。
ステロイドを使用して皮膚炎...続きを読む

Qコンピュータの基礎知識を学びたい。おススメの本など教えて下さい。

コンピュータの基礎知識を学びたい。おススメの本など教えて下さい。


こんにちは。ご覧頂いてありがとうございます。

私(24歳)は文系なので、コンピュータは文章作成やネット程度を使うだけで、ほとんど知識がありません(ちなみに、使っているマシンはMacBook Airの初期モデルです。全くもって外見だけで選びました)。
そこで、コンピュータの基礎的なことを学べる本など、何かお薦めのものがあればご紹介頂ければと思い、投稿致しました。

もっとも、コンピュータを学びたいと言っても、専門的な学習がしたいとか、プログラミングができるようになりたいという訳ではありません。
例えば、電気屋さんやネットの情報でスペックを見たときに、そこに欠いてあることの意味が解る(プロセッサとかメモリの辞書的な意味だけでなく、大体の仕組みも含めて)とか、そこから「こういうことをやるにはスペック不足だが、この程度なら十分」などの判断できるとか、インターネット接続の仕組みが説明できるとか、言ってみれば電気屋さんの店員さんがもっている類の知識が学びたいと思っています。

こちらが全く解っていない素人なので、質問自体が意味が解らないものになっているかもしれません。
ご面倒をおかけし申し訳ございませんが、何かアドバイスを頂けますと幸いです。

コンピュータの基礎知識を学びたい。おススメの本など教えて下さい。


こんにちは。ご覧頂いてありがとうございます。

私(24歳)は文系なので、コンピュータは文章作成やネット程度を使うだけで、ほとんど知識がありません(ちなみに、使っているマシンはMacBook Airの初期モデルです。全くもって外見だけで選びました)。
そこで、コンピュータの基礎的なことを学べる本など、何かお薦めのものがあればご紹介頂ければと思い、投稿致しました。

もっとも、コンピュータを学びたいと言っても、専門的な学習がし...続きを読む

Aベストアンサー

私は自作PCブームの前の時代から色々なPC関係本を読み漁りましたが、当時から下記のDOS/Vが唯一生き残った質問者さんの必要な情報が記載されている本と思います。

長年定期購読していましたが、光回線導入の前で今から4・5年前に定期購読を止め保存版の時のみ購入しています。
約1年ぐらい購読しているとほぼ原理や構造仕組みが完全に理解でき、その後は最新情報や新製品のスペックを比較するためにのみ購入していた記憶があります。

WEBに紙面の内容が公開されているので参考に読まれたら如何でしょう。
PCの構成に必要な情報が満載されていますので、約半年も購読されるとPC知識が身につくと思います。

DOS/V POWER REPORT ←おススメの本 で情報サイト
http://www.dosv.jp/
PC Watch ←最新の情報サイト
http://pc.watch.impress.co.jp/
ASCII x自作PC ←最新の情報サイト
http://ascii.jp/pc/
 

Q水溶性ステロイドの効き目及び副作用をどなたか教えてください

水溶性ステロイドの効き目及び副作用をどなたか教えてください
私はステロイドで散々酷い目にあってきたので正直怖いのです、
副作用がないと聞いたのですが本当でしょうか?
私は今脱ステロイド・脱保湿をやっています大変辛いのですが
ネットで見たhaseさんの言葉を信じてトライしてます、まだ
1月ぐらいですがもうしばらくやってみるつもりですが
色々な情報を知りたいので知識のある方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

病気になったら医者の治療、薬は必要ですが、
ただ、医者任せ、薬に頼るのはいかがなものでしょうか?

体を治すのは、3つ!
食事、運動、ストレスだそうです
健康を維持するにも、病気になるのも、この3つのバランスだそうです。
特に食事のバランス、内容に気を使ったほうが良いと思いますよ。
風邪薬ですら、風邪は治してません!症状を抑えてるだけで、
治しているのは自分の免疫力だそうです。
薬の使い過ぎは薬害の素だと私は思ってます。

ステロイドは、確かに効きますが、使っていくうちに、薬が効かなくなり
段々と強い薬になっていくそうです。
体内に入ったステロイドの薬害は酷くなるようです。

薬をやめる(ストレスがかかる)のではなく、治療、お薬を使用しながらも、同時に食生活の改善等で自ら免疫力を高めて、
病気を治すことをすれば、薬もいらなくなるはずですよ。(自分の体験より)

詳しくは、お医者さんの出してる本を読まれると良いと思います。
お勧めの本

三笠書房 なぜ粗食が体にいいのか
講談社  免疫革命(現代医学はなぜ病気を治せないのか) 新潟大 安保徹(アポ トオル)

参考にしてください。

病気になったら医者の治療、薬は必要ですが、
ただ、医者任せ、薬に頼るのはいかがなものでしょうか?

体を治すのは、3つ!
食事、運動、ストレスだそうです
健康を維持するにも、病気になるのも、この3つのバランスだそうです。
特に食事のバランス、内容に気を使ったほうが良いと思いますよ。
風邪薬ですら、風邪は治してません!症状を抑えてるだけで、
治しているのは自分の免疫力だそうです。
薬の使い過ぎは薬害の素だと私は思ってます。

ステロイドは、確かに効きますが、使っていくうちに、薬が効かなく...続きを読む

Q「パソコンやネットワークの知識に関する効率的な学習法」について教えてください。

「パソコンやネットワークの知識に関する効率的な学習法」について教えてください。 ほとんど知識がないので、基礎から徐々に高度な知識を得たいと思っています。 ツールや学習法等についてご教示願えればありがたいです。

Aベストアンサー

http://www.fujisan.co.jp/Product/1210020

ネットワークマガジン

Q漢方薬とステロイド

どなたか正確な知識を教えてください。わたしの息子です。
30歳の今日まで20年間ステロイド治療(皮膚炎)の後、あまりのステロイド副作用(外皮がなくなりました)のあと、民間の温泉療法を8年間続けて(効果はありませんでした)、2週間まえから漢方薬治療を始めました。もちろん外見的な効果は出ていませんが、かゆみが若干軽減したようです。長年のステロイド治療によるステロイドの副作用に苦しんできたため、上記漢方治療のわずかながらの効果が、<ステロイド混入疑惑>をうみました。漢方薬(外用塗り薬と内服薬)には、本当にステロイドは入っていないのでしょうか?。
処方された漢方は、黄柏(オウバク)、黄連(オウレン)、苦参(クジン)、黄ごん(オウゴン)、甘草(カンゾウ)、七葉一枝花(シチヨウイッシカ)、野菊(ノギク)、淮山(ワイサン)、女貞子(ジョテイシ)、薄荷(ハッカ)、などとのことです。ステロイド(副腎ホルモン)は動物性ホルモンと思いますので、植物(薬草)からは発生しないのではと素人判断ですが、自信がありません。
個人的に現物の持ち込み検査をしてくれる機関をご存知でしたら教えてください。この治療法に確信が持てたら、同じ苦しみのかたがたに教えてあげたいと思っております。重症患者にとってはほんの少しの症状の軽減が どれほどか精神的救いになるのです。
ステロイドさえ入っていなければ。

どなたか正確な知識を教えてください。わたしの息子です。
30歳の今日まで20年間ステロイド治療(皮膚炎)の後、あまりのステロイド副作用(外皮がなくなりました)のあと、民間の温泉療法を8年間続けて(効果はありませんでした)、2週間まえから漢方薬治療を始めました。もちろん外見的な効果は出ていませんが、かゆみが若干軽減したようです。長年のステロイド治療によるステロイドの副作用に苦しんできたため、上記漢方治療のわずかながらの効果が、<ステロイド混入疑惑>をうみました。漢方薬(外用...続きを読む

Aベストアンサー

■ステロイドを長期間使用すると表皮層が薄くなりますのでそれを「外皮がなくなった」と思われたのでしょう。

■さて漢方薬ですが、お書きになった成分の中にはステロイドは含まれていません。皮膚炎などの炎症にはステロイドの作用のうち「抗炎症作用」を期待して用いたわけです。漢方薬にもその「抗炎症作用」を持つ成分が含まれているものがあります。化学構造は明記されていませんがステロイドに類似した作用を持つ成分もあります。それらを含めて「ステロイド類似の成分が無い」ことを証明するのは医学的発見に匹敵しますのでこれは無理というものです。

■その漢方薬が「混ぜ物」であれば論外なのですが、お書きになった成分だけ、あるいはいわゆるメーカー品の漢方薬であればまずステロイドの混入はありません。

■けれども、漢方薬というとどうも「現代科学では解明できない作用」というのを期待して中国製品に手を出す方々が多いわけですが、少なくとも日本に輸入されている中国製の漢方薬は精製が不十分だったり成分にばらつきがあったりでやはり信用できません。正規に処方されたものを服用することがよいでしょう。

■お書きになった成分は一般的なものですので、きちんとした医療機関から処方されたものであればステロイドが加えられていることはありません。けれども、自称「漢方を知っている」薬局が勝手に処方したものだと、早い効果を出すために抗生物質やステロイドを混ぜることが実際にあるようですので、これは信用できませんし薬事法に抵触するものがあります。

■お書きになった成分はツムラやカネボウなどのメーカー品の組み合わせでも可能な調合に見えますのでそれらを医者から処方してもらうのもひとつの方法です。

■薬の成分検査は大変高額な費用と手間がかかります。一口にステロイドと言っても何十種類もありますので、一つのステロイドが陰性でも確証にはなりません。現在の漢方薬にステロイドが入っているかどうかを確かめるのではなく、現在の処方内容を「ステロイドの入っていない製品」で再現して服用するほうが現実的と考えます。

■ステロイドを長期間使用すると表皮層が薄くなりますのでそれを「外皮がなくなった」と思われたのでしょう。

■さて漢方薬ですが、お書きになった成分の中にはステロイドは含まれていません。皮膚炎などの炎症にはステロイドの作用のうち「抗炎症作用」を期待して用いたわけです。漢方薬にもその「抗炎症作用」を持つ成分が含まれているものがあります。化学構造は明記されていませんがステロイドに類似した作用を持つ成分もあります。それらを含めて「ステロイド類似の成分が無い」ことを証明するのは医学的発...続きを読む

Q流行り言葉やギャグなど、外国人や高齢の人が疑問や意味がわからない日本の言葉を、調べるサイトを探しています。

ってゆーか、茶碗蒸しのむし、アイーンなど、
流行り言葉やギャグなど、外国人や高齢の人が
疑問や語源、使い方、意味がわからない日本の言葉を、
調べるサイトを探しています。
日本語を勉強している人で、日本で、不思議に思う事柄など、

Tシャツやイレズミなど、それは、違うだろ、と思うものなど、

外国と日本のギャップ、誤解、カルチャーショックと感じられるものなど。

日本には、カタカナ英語というものがありますよね。
外国にも、あるのでしょうか。

Aベストアンサー

◎ギャグまでは難しいと思いますし、「今」の情報までは無理かもしれませんが(^^;)
毎年発行される、「現代用語の基礎知識」には、風俗・流行という項があり、ここで若者言葉などが解説されています。ある程度、広まっている言葉なら掲載されていますし、それに、購入しなくても、この本なら図書館でも所蔵していると思います。

◆「現代用語の基礎知識〈2002〉 」ISBN:4426101204
1,523p 26cm(B5)
自由国民社 (2002-01-01出版)
[AB変 判] NDC分類:031 販売価:\2,524(税別)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975239889



◎また、(異文化理解の視点から)日本文化を説明するのには、以下の本が参考になると思います。
この時期ですと、「賽銭」や「しめ縄」、「おみくじ」など。改めて聞かれると日本人でも答えられないような言葉も簡単な日本語と英語の併記で説明されています。

◆「日本文化を英語で紹介する事典 」
ISBN:4816326464
改訂新版
357p 19cm(B6)
ナツメ社 (1999-07-21出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9972623874

◎その他の類書です。

◆「外国人が日本人によく聞く100の質問 」
秋山宣夫著 秋山キャロル著 三修社
本体2000円  21cm 259p (ROM単 )
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=01035913


◆「ケリーさんのすれちがい100 日米ことば摩擦」
ポール・ケリー,カーティス・ケリー,エリ・ケリー著
260頁   1,359円
1990年発行 三省堂


◆「英語で説明する日本  外国人の日本印象論にどう答えるか」
水野潤一著  226頁   1,301円
1990年発行
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9900349075

◆「しきたり 」国際日本語研究所編 アプリコット
本体1381円  21cm 215p
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=996079699X



◎それから、「日本語ジャーナル」という月刊誌があります。
http://www.alc.co.jp/nj/

その中の連載「マンガで学ぶカタカナ語」で、「キャラ」「ハマる」といった用語解説があります。
日本語や日本事情を勉強するのに役立つ雑誌です。外国人が数多く居住する地域の図書館なら所蔵している場合もありますので、確認なさってみてはいかがでしょう?

◎ギャグまでは難しいと思いますし、「今」の情報までは無理かもしれませんが(^^;)
毎年発行される、「現代用語の基礎知識」には、風俗・流行という項があり、ここで若者言葉などが解説されています。ある程度、広まっている言葉なら掲載されていますし、それに、購入しなくても、この本なら図書館でも所蔵していると思います。

◆「現代用語の基礎知識〈2002〉 」ISBN:4426101204
1,523p 26cm(B5)
自由国民社 (2002-01-01出版)
[AB変 判] NDC分類:031 販売価:\2,524(税別)
http:/...続きを読む


人気Q&Aランキング