ウィルス感染が最近話題になっていますが、ウィルスに感染する過程はどうなっているのですか?メールで感染するとよく聞くのですが。 また、ウィルスに感染すると目に見える症状がパソコンなどに表れるのでしょうか? もし、目に見えない症状を示すウィルスがあるのでしたら、どのように対処すればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Q/ウィルスに感染する過程はどうなっているのですか?



A/そうですね。まず、誰かがウィルスを作りますよね。まあ、最近は誰でも作れる物で、誰でも配布できる時代ですから、もしかしたらあなたの回りにもいるかもしれませんが・・・・
それを、インターネットやFD、CD、などで意図的に頒布します。
最近の多くのウィルスは、トロイの木馬・ワーム機能を兼ね備えている物もありますから、後は放っておけば次々に宿主を変えていきます。
もう少し詳しく書くと、例えばメールで不特定多数に最初のウィルスを配布します。すると誤ってそのウィルスを開く。
もしくは、トロイの木馬型であれば、特定の命令(パケット)をセキュリティ対策(ファイアウォールやルータの導入)をしていない木馬型のウィルスやトロイの木馬を知らずに受け取ったPCにインターネット接続を利用して送り込むと動作して感染となります。特に、トロイの木馬(これはウィルスではない、トロイの木馬はトロイの木馬型のウィルスとは異なる)は攻撃性が高く感染すれば、OSをすぐに破壊し起動ができなくなる物もあります。

他にも、いろいろなソフトのセキュリティホールを狙った物、これはIE(インターネットエクスプローラ)
を上げる方が多いですが、実際にはどのソフトにもあり得る物で実際に知られていないが、不正侵入やウィルスの侵入に利用されているセキュリティホールもあるようです。

その後、感染が完了して、ウィルスの始動ができる状況となったら、次のステップとしてウィルスを外部に送り出す作業が発生する物があります。子供を次の宿主に送りつけるわけです。
後は、どこで感染者が気づくかですね。
ウィルスにOS(windowsやMAC)が動作しなくなるまで浸食されて気づくか、それとも最低限で気づくか・・・その違いです。

Q/また、ウィルスに感染すると目に見える症状がパソコンなどに表れるのでしょうか?
A/そうですね。たいていは現れることが多いですが、それは強力なウィルスや末期的な症状などの場合が多いです。
良く気をつけないと感染したことに気づかないと言うことも多いです。
だから、対策ソフトが必要で、対策ソフトを持つだけでなく定期的にパソコン全体をスキャンする必要があるのです。

Q/目に見えない症状を示すウィルスがあるのでしたら、どのように対処すればいいのでしょうか?
A/DATの更新をするというのがたいていの人が答えますが、それだけで不足です。大事なのは定期的な検査をすること、ウィルス対策ソフトを導入して定期でパソコンのハードディスク全体を総検査することが大事です。DAT(ウィルス定義ファイル)の更新は当然な行為です。あとは、どこまで、危機意識があるかでしょう。決して安全はないわけですから、ソフトのセキュリティホールがあるなら、すぐに対策ツールを導入するなど、対策を日常として行っていれば、必ず何か変化が合ったときに見逃すことはないはずです。
また、感染時にあわてることも少ないでしょう。

結局は、日頃から対処を心がけていれば、目に見えて変化がないウィルスに対しても適正な対処ができると言うことです。
    • good
    • 0

 


  現在のウィルスの大きさは、大体10キロから20キロぐらいです。もっと小さなものもあるかも知れません。
 
  感染経路は、基本的には、PCに情報が入ってくる場所はすべて感染する可能性があると考えるのがよいと思います。例えば、こんな話はあまり聞きませんが、3.5インチ・フロッピとか、CDドライヴ、DVDドライヴ、サウンド・インプットなども、PCに情報を入力して来るので、ウィルスの感染経路たりえます。例えば、雑誌の付録にCDやDVDが付いていますが、たくさん出ていますので、メーカーで管理チェックしているはずと云っても、付録のCDなどに、ウィルス・ソフトが入っている可能性もあります(潜伏型で、こんなウィルスは、一番厄介だと思います)。
 
  しかし、いま話題になっているのは、インターネットを通じてのPCへの情報入力です。インターネットに繋ぐということは、PCから情報を送り、PCで外からの情報を受け取ることを意味しています。外からの情報受け取りの場合、ウィルス感染のリスクがあるのです。
 
  電子メールは、インターネットのどこかから、メールサーバーという場所にメールが送られて来て、メールサーバーから、貴方のマシンが、メールを受信します。しかし、途中のサーバーは、ウィルス・チェックなどほとんどしていません。従って、電子メールの受信というのは、「外からの情報をPCに受け入れること」になります。現在、「添付ファイル」という形でウィルスが、どこかから送られて来ますが(送信人不明の場合と、知人・友人が知らずに送ってくる場合があります)、メール本文自体も、ウィルス・プログラムのリスクがあります。
 
  電子メールと原理的に同じことなのですが、インターネットのウェブを、ブラウザーで見ていると、知らないあいだに、ウィルスを受信している場合があります。インターネットでブラウザーでサイトを見るということは、PCから、情報を送ってください、という信号を相手に送り、相手から、分かりました、情報を送りますというやりとりで、情報の送受信が必ず伴っています。
 
  変なサイトで、画像を見ようと「拡大」とかのボタンを押すと、画像も拡大して出てくるが、同時に、ウィルスも送信されて来るという場合もあります。ウィルスでなくとも、国際電話や99に勝手に繋ぐプログラムを、知らないあいだに、送信されて、受信してしまっている危険性があります。
 
  ウィルスは、何か記事やニュースを見ると、「自然発生」しているような感じですが、そんなはずはないので、誰か愉快犯か、悪質な人か、具体的に思考力を持ち、状況判断できる人間がプログラムを作り、配布方法(流行方法)を考え、タイミングなどを狙ってインターネットなどに送り出すものです。
 
  最新のウィルス情報とかニュースとか、ワクチンとか、対処法とかは、ウィルスが流行して、つまり、顕在化して初めて分かるし使えるので、いまだ発見されていない、いまハッカーやクラッカーが造っていたり、構想中のウィルスは、そういうセキュリティをくぐりぬけ、あるいは欺く方法で出てくるはずです。
 
  一番安全なのは、インターネットとの一切の接続を行わない、また、付録のCDやDVDや、その他市販の製品も、PCには一切近づけないということですが、そんな訳にも行かないのです。
 
  電子メールの場合は、自分のPCに受信する前に、サーバーのなかを覗いて(そういうフリーやシェアのソフトがあります。ベクターなどで捜して見てください。見つかります)、知らない人の変なメールとか、知っている人でも疑わしいメールは、PCに受信しないで、サーバー上で削除・消してしまうのが、安全です。無論、その上で受信したメールも、先の人が言っているように、ウィルス検査をしてみるのが得策です。
 
  インターネットの場合は、ブロードバンドを使っている場合は、20キロぐらいのウィルスは、あっというまにダウンしてしまいますから、「変なサイト」には近寄らないことです。「変なサイト」とは、どういうサイトかは、例えば、ポルノ系サイトはリスクが大きいです。しかし、ウィルス仕掛け人は何をしているのか分からないので、考えるとどこもかしこも危ないということにもなります。
 
  変なサイトで、次のページに行こうとボタンをクリックすると、即、ウィルス・ダウンロードとかになる危険性があります。また、画像が出るというので、ボタンを押すと、上で述べたように、ウィルスか、そうでなくとも、訳の分からないソフトを勝手にダウンするリスクがあります。
 
  ウィルスについて、もっと詳しくなるまで、とりあえず、電子メールの「プレビュー」は、「なし」に設定し、添付ファイルは「開かない」こと、また、インターネット・サーフィンは、有名な場所だけに限られることです。(例えば、このGOOやOKWebは大丈夫だと思いますが、どこで何が起こるか分かりません)。かなり事情が分かって来るまで、自制されることです。
 
  感染するとどうなるのかは、これまでのウィルスの例だけでも、千差万別で、これは、ウィルスが自然発生ではなく、人が、隙を狙って造っているからです。いま安全だという対策を、破ることを、ウィルスを造っている人は、真剣にか、遊びでか、ともかく、相当な頭脳で研究しているので、「現在の安全基準」を破る方向にウィルスは新しく造られているのだと言えます。
 
  これほど騒いでいるのは、ウィンドウズも、IEもバグだらけだからからです。侵入路や方法が限られているのなら、一定のパターンのウィルスが制作されれば、それを確認し対処法を立てれば終わりですが、そうはならないのは、まだまだ、どれだけ穴というか、セキュリティの欠陥があるか知れないからです。新製品のPCやハードやアプリをどんどん造るので、セキュリティの欠陥が何時まで経っても、どこかに必ずあるということになり、騒いでいるのです。
 
    • good
    • 0

メールで感染する場合


送られてくるメールに、ウィルスが添付されており、その添付ファイルを実行することにより感染します。最近では、OutlookExpressなどのバグを利用し、メールのタイトルを選択し、プレビューウィンドウに表示した時点で感染する場合もあります。

症状
はっきりいってウィルスによってまちまちです。
特定の日時にメッセージが表示されるだけのものから、パソコン内でデータを破壊するものまであります。
最近のものは、アドレス帳から選び出して自分をコピーしたものを勝手に添付して送りつけたりもします。

対処
最低でもインターネットに接続する場合、ウィルス駆除ソフトを導入し、週に一度は更新されるワクチン定義ファイルをダウンロードし感染した場合速やかに対処できるように備えましょう。
    • good
    • 0

目に見えようと見えまいと対処法に違いはありません。



こういった物を利用します。
http://www.trendmicro.co.jp/hcall/scan.htm

同じ所に「ウィルスの基礎知識」というコーナーがあります。
ここを読むと その種類や感染経路などにどんなものがあるのか 文字通り「基礎的なこと」が分かると思います。
    • good
    • 0

とりあえず、下記HPを参考にされると良いと思います。



ウィルス対策スクール
  ↓
http://www.ipa.go.jp/security/y2k/virus/cdrom/in …

参考URL:http://www.ipa.go.jp/security/y2k/virus/cdrom/in …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手マン、クンニでの性病感染

初めまして、単刀直入に質問させていただくのですが、いわゆる手マンやクンニで性病に感染することはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

手マンした手で自分の性器を触るとコンジローマならうつる可能性が高いらしいです。というか、昔ゴムしてたのにそれが多分原因でうつりました。
他の病気は可能性は低いかもしれませんがうつらなくはないです。
手マンした手で目をこすると結膜炎になります。

精液など濡れた状態を保ってるとよくないみたいです。

クンニはHIVを初めとした全ての病気に感染する可能性があります。
クンニした口とキスすると、病気が移ります。

Q警告音がなり音声でウィルス感染を知らせる 警告音がなり、ウィルスに感染しました!以下の連絡先に電話し

警告音がなり音声でウィルス感染を知らせる
警告音がなり、ウィルスに感染しました!以下の連絡先に電話して、サポートを受けるように言われました。
マイクロソフトのソフトウェア専門家
画面もマイクロソフトのロゴ入りのサポートセンター画面に切り替わり、画面がかわらなくなります。
びっくりして直ぐに電話をしてしまいました。電話はすぐにつながり、遠隔操作で、ウィルスを除去しますと言われそのまま遠隔操作をしてもらいすごいウイルスに感染してるので有料のソフトを購入すれば解決すると言われ一旦考えますと言って切りました。スマホから電話をしたので、電話番号を通知しとまいました。電話番号からスマホとパソコンの情報を取られてしまうことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

パソコン警告音で検索して下さい
番号だけで情報抜かれる事は無いですよ

Qフェラ、手マン、クンニの性病感染防止方法

質問を見ていただきありがとうございます。
27歳男性です。
妻とのセックスの際にフェラとしてもらい事があり、僕も手マン、クンニはしています。そこで気になったのですがペニスはコンドームで性病予防できますが、手や口はコンドームできないのでそちらの方が性病感染率が高くなるのではないかと考えました。


質問はここからです。
フェラ、手マン、クンニの性病予防はセックス後の念入りな手洗い、歯磨きで十分なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

愛し合う前に念入りに歯磨きやうがい、手洗いをしてから望む方が宜しいのでは? また、いきなりフェラやクンニをするよりも互いの性器が潤って愛液が流れ出てくるまでは我慢して、あふれ出た愛液を拭き取ってから試すようにすれば愛液が性器内にある雑菌を取り除いてくれる働きがある為、いきなり行なうよりも感染度は少なくてすむのではないかと思います。早い話、後で歯磨きをするということは、雑菌がはびこっている口でフェラやクンニをして、その雑菌が付着したまま性器結合すれば感染度は当然の如く高くなってしまいますからね。

Qこれはウィルスに感染している症状でしょうか?

こんにちは。約1年前に買ったHPのCompaqのノートパソコンを使っています。数週間前から、変な現象が起きています。

パソコンを使っていると、急に青っぽい画面になり、英語で「Harddrive error」なんとかなんとかと表示され、パソコンが再起動してしまいます。しかし、そのままふつうに再起動になればいいのですが、されないのです。

本来ならば、起動時に、Wordでタイプするときに出るポインタのようなものが画面の左上で少し点滅したあと、WindowsXPのロゴが現れるのですが、それが現れず、代わりにゲームのパックンのような形(ハートマークを横にした感じ)のものがずっと左上で点滅しつづけ、そのあと再起動さえなりません。

これはウィルスに感染しているのでしょうか。それとも、タダ単にハードドライブの調子が悪いのでしょうか?もしウィルスなのであれば、新規インストールするのがいいのでしょうか?

数日おきに起きるのでかなり困っています。この現象がどのような事態かおわかりになる方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

ウィルスにはさまざまな種類があって、どんな症状かは一概に言えるわけではないのですが、仰有る症状は極めて黒に近い灰色だと思われます。お手持ちのセキュリティソフトでスキャンして見られることです。その際、ワクチンが最新のものになっているかどうかを確かめることを忘れないように。
 それから、疑いのあるコンピュ-タはインターネットから遮断しておくのが安全です。回りの人々に迷惑をかけるおそれがあるからです。

Q怪我をした手で生肉をさわると病原菌に感染しますか?

料理中に指を切ってしまったりした場合そのままの手で料理したら怖い病気に感染することはあるのでしょうか?バンドエイドをしてもすぐに水が染みてきます。バイ菌が心配ですが、ついそのまま料理を続けてしまいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

http://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2006_07/2006_071.htm
↑こちらのサイトなど、黄色ブドウ球菌の産生するエンテロトキシンという毒素について書かれていますのでご参考下さい。読んでいただくと分かるのですが、この毒素は通常加熱しても先ず壊れないと言うやっかいな毒素です。雪印の事件でも有名になったので記憶に残っている方もいるかもしれません。

私も以前食品会社の管理職をやっていたので質問者さんの回答がどうしても気になってしまい、しつこいと思いましたが再度書き込ませて頂きました。スレ汚しで申し訳ありません。

Qウィルス感染の症状?

友人のPCの出来事です。

悲鳴が聞こえて、急にモニターが真っ暗になり、そこに血液がポタポタ落ちてくる画面になってしまいました。
その後は、マウスを動かしても画面に変化は無く、強制終了を行ったら2回目で終了したのですが、終了する時のアラートが変だったらしいのです。
その後、PCは起動しなくなりました。

この症状がでる以前にも、画像を開くと必ず撮ったり落としたりしてPCに入れたという覚えの無い女性の写真が開くようになっていたということです。

これはウィルスに感染したのでしょうか?
もし、そうであるならウィルス名を教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

はじめまして。
 少し検索してみました。
 多分、ウイルスのようです。
 2チャンネルに書き込みされていました。
 
 ウイルス名は「Antinny.B」というようです。
 掲示板の書き込みには下記の内容で書かれています。
 自信はないですが、、(^-^;)
 同じではないでしょうか?

<症状>

 ・デスクトップ撮影機能(一日一回?)
・自動nyうp機能
・レジストリの改変
・メール送信
・メッセ等のパス抜き機能
・デスクトップに置いてるファイル2GBまで勝手に
 zipかlzhに圧縮してうp(2GB以上あっても2GBまでの分をうp)
・ファイル属性変更機能(upfolder.txtを読み取り属性にしても無駄。)
・血しぶき表示
・悲鳴WAV再生機能

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?u=perape.hp.infoseek.co.jp/column/f00/colm_f42.htm&w=pc+%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9+%E7%97%87%E7%8A%B6+%E6%82%B2%E9%B3%B4+%E8%A1%80+%E7%94%BB%E9%9D%A2&d=949FB217F3&c=465&yc=10253&ou=%2fbin%2fquery%3fp%3dPC%2b%25a5%25a6%25a5%25a4%25a5%25eb%25a5%25b9%2b%25be%25c9%25be%25f5%2b%25c8%25e1%25cc%25c4%2b%25b7%25ec%2b%25b2%25e8%25cc%25cc%26hc%3d0%26hs%3d0

 ウイルス名で検索しましたらワームのようです。
 参考アドレスを貼っておきますね。。
 
 追伸・・でも、こんな症状が出ると怖いですよね

参考URL:http://chiakis-web.hp.infoseek.co.jp/kintama-v/

はじめまして。
 少し検索してみました。
 多分、ウイルスのようです。
 2チャンネルに書き込みされていました。
 
 ウイルス名は「Antinny.B」というようです。
 掲示板の書き込みには下記の内容で書かれています。
 自信はないですが、、(^-^;)
 同じではないでしょうか?

<症状>

 ・デスクトップ撮影機能(一日一回?)
・自動nyうp機能
・レジストリの改変
・メール送信
・メッセ等のパス抜き機能
・デスクトップに置いてるファイル2GBまで勝手に
 zipかlzhに圧...続きを読む

Q尋常性疣贅に感染している手での自慰行為について

少しお恥ずかしいのですがお尋ねします。

現在手に尋常性疣贅が出来ています。
また、ヨクイニン、ピルのオーソMを服用しております。

どうしてもどうしても我慢できなく本日夕方頃自慰行為をしました。
手には使い捨てのゴム手袋、バイブには何度もアルコール除菌や
除菌シートでふき挿入し、自慰行為をしました。

ゴム手袋をしてからバイブを除菌していました。


した後にやはり感染が気になりまして相談いたしました…。
すぐに風呂に入り洗ったりしたのですが、膣や子宮に 尋常性疣贅が
出来てしまったのかと不安です。

産婦人科に相談に行こうと思うのですが、
感染していたらどのタイミングで行けばいいのか、
また何か検査をしてもすぐに結果が分かるようなのでしようか?
疣の発症をしてからではないと意味がないのでしょうか…

もし検査などあるなら明日の朝にでも行こうと思います。

皮膚科にも相談すべきでしょうか…

物凄くお恥ずかしくて申し訳ございませんが
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
尋常性疣贅(イボ)は、ヒトパピローマウイルスによってできます。
ヒトパピローマウイルスは色々な種類があり、100種類ほど見つかっているそうです。

その中で尋常性疣贅の原因になるヒトパピローマウイルスは2型・27型・57型で、
一般的には手、足、顔に出来るイボです。ヨクイニンが治療薬ですね。

性器や肛門付近に出来るイボは、尖圭コンジローマといって、
ヒトパピローマウイルス6型・11型の感染による性感染症です。

ですから、多分、尋常性疣贅が性器や子宮に感染し、発病することは少ないと思いますが、
気になるようでしたら、かかりつけの皮膚科か婦人科を受診し、
医師に聞いてみることをお勧めします。

Q『Blaster(ブラスター)』ウィルスに感染した時の症状は?

今騒がれているブラスターウィルスに感染するとどんな症状になるのでしょうか。パソコンがどんな不具合になるのでしょうか。先日、作業中のはずだったパソコンの電源がOFFになっていてびっくりしたことがありました。関係あるでしょうか。

Aベストアンサー

1 システムのシャットダウン

2 アプリケーションエラー

3 コピー&ペーストが出来ない

などの症状が現れているようですね。対策については、こちらをご覧ください。

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=%2fdirectory%2fworldwide%2fja%2fkblight%2ft009%2f7%2f00.asp

Q歯科医師が唾液付の手で周辺機器を操作してますが院内感染の原因ですよね

初めまして。歯科医師は治療の際に患者さん毎に手袋交換(あるいは消毒)されているようですが、唾液付の手袋でいろんな所を触ってますよね。ライトのスイッチ(手の甲を使う先生もいらっしゃいますが)、器械類、引出、椅子etc。これって院内感染の原因になると思いますが、先生方はどうお考えでしょうか。

Aベストアンサー

うちの医院では、患者さん毎に診療でさわったところや、ライトやイスなどさわった可能性のあるところは酸性水で払拭する様にしています。でも完璧ではないでしょう。患者さんの口の中に使用したものは滅菌するのが当たり前ですが、現状以上の管理は事実上ムリかも知れません。批判承知で語ると今以上に完璧にしないと院内感染が生じるなら医療従事者は皆死にます。

Qスパイウエア感染?ウィルスに感染?

昨夜、ブログサーフィンをしていたところ、
音楽と映像が流れているものがあり、何の曲だろうと
画像の下の英文をクリックしました。
すると、外国の音楽サイトのようなところへ飛び、
「何かをスキャンしないと見れません」というようなウィンドーが出て、
面倒なのでウィンドーはそのまま閉じました。
すると、システムドクターとかいうページに飛び、
何かの問題があるのでスキャンしてくださいとのこと。
スキャンを押すと、ウィルス検出の警告が出ました。
(私はノートンアンチバリュー2006を入れてます。)
怖くなったのですべてネットを終了して、
ノートンで「システムの完全スキャン」をしましたが、そのまま寝てしまいました。
朝、起きてPCを覗くとウィルスの検出はありませんでした。

それだけでは不安なので、
スパイボットのアップデートとスキャンを行ったところ、
[Linksynergy]
[Hitbox]
[Doubleclick]
[CNSMin]Aveuus A.inc]
[Windouws security Antivirus Disable Notity]
というスパイウエアが検出され、すべて削除してリカバリをしました。

PCを再起動し、ネットを立ち上げてみると
PC画面下に出るページの名前がいきなり文字化けしていたので
びっくりしました。
ネットの画面も真っ白でしたが
すぐにまたページも名前も戻りました・・・。

ノートンアンチバリューで
「免疫と復元」を表示してみると、
システムドクターと、
1月に検出されたとみる「圧縮ファイル」1個がありました。
この二つは削除していなくても、もう大丈夫なのでしょうか?

また、スパイウエアによる被害の方は大丈夫でしょうか?
あのネット名の文字化けが始めてなので不安です。。

どうぞ宜しくお願いいたします。

昨夜、ブログサーフィンをしていたところ、
音楽と映像が流れているものがあり、何の曲だろうと
画像の下の英文をクリックしました。
すると、外国の音楽サイトのようなところへ飛び、
「何かをスキャンしないと見れません」というようなウィンドーが出て、
面倒なのでウィンドーはそのまま閉じました。
すると、システムドクターとかいうページに飛び、
何かの問題があるのでスキャンしてくださいとのこと。
スキャンを押すと、ウィルス検出の警告が出ました。
(私はノートンアンチバリュー2006を...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

>その後、ウィルススキャンしても何も出てきておりませんが、
>スパイボットだと[Doubleclick]が結構しつこく検出されます。
>その度に削除していますが、
>システムドクターと関連があるのでしょうか。。

DoubleClickは広告バナーに含まれるCookieです。広告バナーには広告配信企業のCookieが付属しているのが普通です。各ブラウザ上でCookie関係の受け入れに関して全く設定されていない場合には無条件で全てのCookieが受け入れられます。

Cookieの中でも広告バナーに含まれるものは、同一企業が配信する広告が貼られた複数のサイトを同一ユーザーが閲覧する履歴を追跡するために使われます。この情報はマーケティングの一環として収集されるものですが、一般的にスパイウェア対策ソフトでは広義のスパイウェアとして検出されるようになっています。

DoubleClickのCookieが検出されるのは、広告バナーが貼られたサイトにアクセスしているからである可能性が高く、もし何らかの別な感染に遭っていたとしても、そのことが直接の原因であるとは考えにくいです。

広告に含まれるCookieも含め、必要性のないCookieを無造作に受け入れることはネットセキュリティ上の見地からは好ましくないと言われています。次のページを参考にして、Cookieの受け入れをコントロールするようにしてください。
http://www.higaitaisaku.com/removevalueclick.html

私自身は、ファーストパーティ、サードパーティとも『ダイアログを表示する』ように設定し、全てのCookieについて初回受け入れ時に可否設定を行うようにしています。必要なCookieだけを選んで受け入れるためには、これが最良の方法だと思っています。

SpywareBlasterがインストールされていれば、問題があると見られる既知の広告Cookieをはじめとする多くのスパイウェアからの感染を防ぐことが出来ます。
http://www.higaitaisaku.com/spywareblaster.html

それ以外で、広告ポップアップが出現するなど明らかに異常な症状が出ている場合には、No.3で回答した通りhigaitaisaku.comの質問掲示板のご利用をお勧めします。

>ノートンアンチバリューで
>「免疫と復元」を表示してみると、
>システムドクターと、
>1月に検出されたとみる「圧縮ファイル」1個がありました。
>この二つは削除していなくても、もう大丈夫なのでしょうか?

ノートンアンチウイルス、ですね。
『免疫と復元』に表示されているものは、不用意に実行されないように『隔離』されているものですので、そのままでも当面心配はいりませんが、有害であることがほぼ確定済みで残しておく意味はないでしょうから、この際削除しておいたほうがよろしいかと思います。

>これだけで、請求書などが届いたら怖いですが大丈夫でしょうか?

幾らなんでも…ここまでの経緯からすれば、請求書が届く可能性は皆無だと思います。そもそも購入の手続きもなにもしていないのですから、万一その種のメールなど届いても無視すればよろしいのではないかと。

No.3です。

>その後、ウィルススキャンしても何も出てきておりませんが、
>スパイボットだと[Doubleclick]が結構しつこく検出されます。
>その度に削除していますが、
>システムドクターと関連があるのでしょうか。。

DoubleClickは広告バナーに含まれるCookieです。広告バナーには広告配信企業のCookieが付属しているのが普通です。各ブラウザ上でCookie関係の受け入れに関して全く設定されていない場合には無条件で全てのCookieが受け入れられます。

Cookieの中でも広告バナーに含まれるものは、同...続きを読む


人気Q&Aランキング