63歳の母が、「光彩炎」という病気になっています。
光彩に炎症を起こし、腫れてかなり痛みがあり、とりあえずステロイド?で炎症を
おさえても、3ヶ月から4ヶ月程度で、再発します。
先日も再発し、正月だったため、いつもの病院ではなく、休日の総合病院へいったところ、「光彩炎は単独で発症することはなく、他の病気の可能性がある。また検査に来るように」と言われて帰ってきました。

教えてください。他の病気とは、なにが考えられるのでしょうか。
上記以外の現在の母の状態は、以下のとおりです。

眼底は、きれいだと言われた
3年ほど前に、臍ヘルニアで手術を受けている(全身麻酔)
麻酔の後遺症?なのか、ひざが痛む
(これ以外に、特に悪いところはありません。)

これだけでは、回答は難しいのかもしれませんが、わかる範囲で結構ですので、
どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

眼科専門医です、業務再開致しましょう。

(笑)

shu_sさんのおっしゃる通り正しくは虹彩炎=虹彩毛様体炎という病名になります。
このうち特に眼底にまで病気が及んだ場合は、ブドウ膜炎と呼ばれ、全身病の一部というとらえ方をされます。
現在眼底に病変は出ていないと言うことですが、長い経過の中で出てくることもありえますので、虹彩毛様体炎を繰り返している場合は、ブドウ膜炎の項目で検索されて良いと思います。

そのブドウ膜炎の説明は、shu_sさんのご紹介されたサイトによく出ていました。
他に私が外来で患者さんにお渡ししている日本眼科医会発行の小冊子と同じ内容が下にご紹介するサイトで読むことが出来ます。

この中の一説にも
『ぶどう膜炎のなかで確定診断がつくのはおよそ半分ぐらいでしょうか。しかもこれらの診断も、様々な眼科的検査に全身検査を行い肉付けし、長い時間をかけて経過を観察することによって総合的に行われる場合が多いのです。

 ぶどう膜炎の診断は眼と全身に残されたヒントから病気の犯人を探す旅であり、眼科疾患のなかで最も内科的要素の強い根気のいる作業です。正しい診断のためには特に詳細な経過を医師に話すことが重要です。』
とあります。
つまり、これまでの経過をよく知っている眼科主治医に相談の上、場合によっては大きな大学病院クラスの眼科へ紹介状を書いて貰って、各種の検査等を進めて行くのがベストです。

治療方法は眼科的には、幸か不幸か(原因がはっきりしてもしなくても)大差はありません。
ステロイドを効果的に副作用を出さないように注意しながら使用する事になります。
ステロイドの点眼薬や内服薬、あるいは白目に直接するお注射、腕からの点滴等色々な方法がその炎症の程度によって用いられています。

高齢な女性であることから、ベーチェット氏病は考え難いです。
既往歴からもはっきりしたものは判りませんが、特別に臍ヘルニアとの関連は無いと思われます。
糖尿病やリウマチ等は関係があります。

ここで悩んでいてもしょうがないでしょう。
かかりつけの眼科主治医とまずは十分なご相談をと、お勧めします。

参考URL:http://www.gankaikai.or.jp/health/19/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。病名すら間違えている状態でしたので、なかなか検索できませんでした。考えていたより、色々な病気が潜んでいるのかと、心配になってきました。
早速、母と話しまして、主治医と相談していきたいと思います。ありがとうございました。
(ポイントのつけ方がわかりません。後ほど確認いたしましてから、また参ります。unyakoさん・syu sさん ありがとうございました)

お礼日時:2002/01/06 17:33

誤字です。


正しくは『虹彩炎』です。
コレならば検索URLで情報が得られますよ。

参考URLは簡潔に説明がなされています。
眼科専門医のかたが業務(?)再開されたら適切な補足があるものと思います。

参考URL:http://www.jutoku.com/gannka_sikkann_budou5-5.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。参考URLを早速読ませていただき、うわさの(?)眼科専門医の方にもご回答いただけましたので、大変助かりました。
まったく知識がなく、病名すら間違えているような状態でも回答がいただけるというのはとてもありがたいものです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 17:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリル絵の具で銀色の炎を表現したい

アクリルのリキテックスで絵を描いています。

銀色の炎を描きたいと思っているのですが、うまくいきません。

いつものように銀色を表現するとメタリックになってしまいますし、メタリック調を押さえると、銀色ではなく単なるグレイになってしまいます。

パール系の絵の具かメディウムを使うことも考えたのですが、私の力量では「ごまかし」に見えるような気がしてしまいます。

どなたか、お知恵を拝借できないでしょうか?

Aベストアンサー

「銀色」というものは本来メタリックな質感そのものを差すもので、メタリック感を無くすと「銀色」ではなくなってしまうと思います。

ですから、一つの手段としては、「いつものようなメタリックで、炎を表現する」という手。まぁ可能性の一つです。グレーやその他のカラーなんかの通常色で、いつも「メタリック」を表現出来ているのなら、それも出来るはずです。

あるいは、グレーをベースに、光り輝く感じ(まんま炎の光)を出せれば、そのまんま「銀色の炎」ということになりませんか? いかがでしょう。

あるいは、銀色というのは(銀が鏡でも使われるように)周囲の色を強く反映しますから、その炎が周囲のモノの色を鏡のように部分部分反映していれば、より銀色っぽさは出るかもしれませんね。(勿論そんな炎は存在しないのですが、それを表現したいのなら、です。)

Q口内炎?頬の内側が2センチぐらいの黄色いような炎症で頬まで腫れている。

口内炎?頬の内側が2センチぐらいの黄色いような炎症で頬まで腫れている。

2歳の子供なのですが、昨日の昼ごろに頬の内側をすごく痛がるので見てみると、
黄色いような黒いようなまだらの炎症がありました。
それも、結構大きい範囲でした。私自身もよく口内炎はできますし、
似たような色の炎症もあったので、すぐに治るとは思っているのですが、
傷の部分ほすごく痛がってつつくので、夕べは血が出ていました。
一晩寝て痛みは少しは落ち着いたようですが、頬が腫れています。
傷をつついたせいだとは思うのですが、これは口内炎でしょうか?

Aベストアンサー

口内炎で化膿し傷が大きくなって手術した事があります!

簡単な手術でしたが、ちゃんと部分麻酔して何針か縫いました。痛かったです・・・
早く病院にお連れするのが良いと思います!
お大事になさってください!

Q炎を表現したい

今度、文化祭で劇をします。
登場人物が、炎に巻かれるシーンがあるのですが、何かいい演出方法はあるでしょうか。

炎の効果音に、赤のスポットライト、というのを考えたのですが、観客に上手く伝わるでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえずこれは照明さん音響さんのウデの見せどころ♪でしょう。

炎に巻かれる登場人物は、一人でしょうか?それとも舞台上の全員でしょうか?

一人であれば、「単サス」で役者の真上から一人分のスペースだけを赤く照らすのではいかがでしょ?
SEも同時にならしちゃいましょう。

舞台上の全員であれば、ロアーホリゾントライト、サイドスポット、コロガシ(照明を床置きして役者の顔の下から照らす。舞台センターの前ツラに置く場合もあれば、舞台両端の前ツラに置いて斜めに照らすのも有効です)
等を駆使して、舞台全体を炎に染め上げるかんじにしちゃってはどおでしょ?
このときの色は、全部同じ赤にしてはぺたーっとなって芸がないので、
オレンジや黄色っぽい色等をうまく織り交ぜましょう。舞台奥が濃い赤にするのがよろしいかと。
少しブルーも足すと、赤が引き立つ場合もあります。
SEには、リバーブ(残響)のエフェクトをちょこっと使うとよいです。

ライトの数も限られてるでしょから、どこまで出来るかわかりませんが…。

ご参考まで。

Q病院で他の病気をうつされる?

ちょっとの風邪で病院に行くとかえって他の病気や強力なインフルエンザなどをうつされそうで市販薬に頼りがちです。変ですか?

Aベストアンサー

風邪程度では医者に掛からないとの質問者の考え方は世界の常識で正しいです。

特に体が疲れていて急に寒さが増し、底冷えのする時などに腹巻やマフラー等衣服で体の暖かさを保つようにし、バランスの良い栄養のある食事を取ったり、昔から言われている生姜湯やゆず湯、玉子酒などを活用して免疫力を高め、風邪に負けないようにするのが一番ではないでしょうか。

医者で処方されるタミフルは世界の出荷量の70%程度が日本で処方されているとの事です。

言われている効果は半日から1日解熱が早くなる程度ですし、単に細胞内で増殖した風邪ウィルスが細胞外に飛び出すのを妨害する程度で、実際にウィルスに対抗して治すのは自己免疫力の力です。

しかし最近は耐性を持つ風邪ウィルスが増えたりして効果が落ちてきているし、異常行動などの副作用を考えると服用しない方が良いと思われます。
リレンザ等でも同様ではないでしょうか。


外国で市販薬としてよく使われているエキナセアや天津感冒片、銀翹散、板藍根等は抗菌抗ウィルス作用を持っており、エキナセアや板藍根は風邪の流行する季節に予防薬としても使われたりしています。

これらは日本でも市販されていますので使ってみて下さい。


その他、次等も参照下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7434332.html
風邪を治す薬は無いと言いますが

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7602257.html
風邪の直し方

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7778014.html
インフルエンザの予防注射について

風邪程度では医者に掛からないとの質問者の考え方は世界の常識で正しいです。

特に体が疲れていて急に寒さが増し、底冷えのする時などに腹巻やマフラー等衣服で体の暖かさを保つようにし、バランスの良い栄養のある食事を取ったり、昔から言われている生姜湯やゆず湯、玉子酒などを活用して免疫力を高め、風邪に負けないようにするのが一番ではないでしょうか。

医者で処方されるタミフルは世界の出荷量の70%程度が日本で処方されているとの事です。

言われている効果は半日から1日解熱が早くなる程度ですし、...続きを読む

Q脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)の洗顔石鹸について

脂漏性皮膚炎用の洗顔剤を探してるんですが、そもそも脂漏性皮膚炎の肌っていうのはどういうのになるんでしょう。
乾燥肌、敏感肌、というような表現をよく聞くのですが、脂漏性皮膚炎の場合は、

・脂ぎってるから、「乾燥肌」ではなく「オイリー肌」
・すぐに炎症をおこすので「敏感肌」

という感じで考えていいでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

脂漏性皮膚炎はカビの一種です。
簡単に言うと油分の多い肌にカビが繁殖した状態です。

脂性肌の人がなりやすいようです。

油分を控えること、ファンデはなるべくしないようにする方がいいようです。

お医者様に相談するのが得策だと思いますが、界面活性剤の入っていない石鹸が
いいと思います。

私もなってしまってクリームをつけたら悪化しました。お医者様曰く、菌に栄養を与えているような
ものなのでやめなさいと言われましたw

お大事になさってくださいね。


http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/life/96

http://www.acseine.co.jp/shop/g/g4900421048055/

Q細菌性胃腸炎?虫垂炎?

1週間ほど、下腹部の痛みに苦しんでいるものです。
最初、それなりに大きな病院を紹介され、そこでは外科に案内されました。しかし、CTやレントゲンでも特に悪いとこは見られないということで、細菌性胃腸炎を疑われ、内科に回されました。内科では、4日間ほど抗生物質の点滴を受けたのち、検便の結果、最近は陰性ということで、もう一度外科に回されました。戻ってきた外科では、虫垂炎の可能性があるといわれ、翌日、様子を見て、手術で入院と言われました。ここまで、同じ病院内の話です。一週間ほど、痛いのが治らず、確かに虫垂炎なのかもと思うようになりましたが、同じ病院内で、とにかくたらいまわしにあってる感があり、どうも納得がいかず、仕事の上司が勧めてくれた内科医(開業医)の先生に診てもらいました。そこでは、血液検査と触診で、虫垂炎ではなく、細菌性胃腸炎と診断されました。CRPという数値がさがっているということと、お腹を押したときの痛み方が違うが、虫垂炎ではないと思うという判断でした。

よくわかりませんが、細菌性胃腸炎と虫垂炎って似ているんですか?とりあえず、一週間通った病院はあまり評判も良くないので、後に行った内科医の先生の言うとおりに、投薬で治していこうと考えてますが、他のお医者さんにも意見を伺ったほうがいいのでしょうか?

1週間ほど、下腹部の痛みに苦しんでいるものです。
最初、それなりに大きな病院を紹介され、そこでは外科に案内されました。しかし、CTやレントゲンでも特に悪いとこは見られないということで、細菌性胃腸炎を疑われ、内科に回されました。内科では、4日間ほど抗生物質の点滴を受けたのち、検便の結果、最近は陰性ということで、もう一度外科に回されました。戻ってきた外科では、虫垂炎の可能性があるといわれ、翌日、様子を見て、手術で入院と言われました。ここまで、同じ病院内の話です。一週間ほど、痛い...続きを読む

Aベストアンサー

普通は、CTで診断できます。CTと理学所見を加味すると虫垂炎に対する感度98%、特異度95%という報告があり、ほぼ絶対的な診断法です。細菌性腸炎においても、CTならば診断は容易です。
一方で理学所見だけなら、虫垂炎に対して感度92%、特異度85%という報告でした。

感度・特異度において劣る検査法を選択するのは、?です。

ただ、細菌性腸炎としても虫垂炎としても明確な所見がCTででていないなら、他疾患も考える必要があるかもしれません。

Q虫垂炎破裂後の処置について質問があります

友人が虫垂炎破裂により入院しています。医者は炎症が起きているので手術はできないと言い(腹膜炎のようなものと あいまいな表現) 抗生剤の点滴と痛み止めの点滴による治療を行っております。症状は度重なる腹痛が起きており お腹がはって息がしずらい状況です。(おそらく腹水によるものではないかと・・・?)また 状況からみて 腹膜炎を発症していると思うのですが、いろいろ調べてみると虫垂炎破裂にせよ腹膜炎にせよ 早急な手術が必要的なことが書いてあるのですが このまま医者の言うとうり炎症が治まるのを待ってていいのか不安でたまりません。病院は大学病院で大きなとこらしいので しっかりと治療していただけるものと思っていますが先ほども書いたように抗生剤で様子をみているだけで治るとは思えません。なにかアドバイスがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炎症が起きているから手術ができないと言われているのですよね?
ならば抗生剤を用いて炎症を抑えないと手術は不可能です。

>抗生剤で様子をみているだけで治るとは思えません
腸に穴が空いている状態なので手術は必要です。
しかし今手術ができる状態ではないということなのではありませんか?

医師の言うことを信用できなければ転院するだけです。
しかし、大学病院より上の治療ができる病院はありません。

Q眼底検査の結果の見方、判断の仕方、対処法について

眼底検査の キースワグナー分類と、シェイエ分類S、Hについての詳細を教えて下さい。

家族の眼底検査の結果に、キースワグナー分類と、シェイエ分類S、Hに異常がありました。
今まで、眼底検査で異常がなかったのですが、この結果に異常がある場合、

その出た数値が それぞれどのレベルがあり、どの程度になった時に、診察に行き、治療をしたらいいのか等、詳細を教えて頂けないでしょうか? また 眼科と高血圧の薬を処方してもらっている所とで どちらの科に行けばいいのでしょうか?

家族の診断の結果の通知を見、医師に相談と記載があったので、家族にすぐ再検査に行ってもらえるよう何度も言ったのですが、大丈夫とのことで、不安になってしまっています。
診断結果を受け取った時に、何も言われなかったからなのかもしれないのですが、どんな事を言われたのか聞いても何も教えてくれず、不安が募るばかりです。

眼底検査の上の結果の数値が、どういう物があり、どの程度から、きちんと病院に行き、治療をしないといけないのか等、教えて頂けないでしょうか? 所見で異常が出ても、この程度なら 経過を見ましょうというレベルは どの程度なのでしょうか? (その程度だったから、特に何も言われなかったかもしれないのですが、高血圧の薬を貰っている所とは違うため、家族としてどう考えていいかわかりません)

分かる方がいましたら、教えて頂けないでしょうか?

眼底検査の キースワグナー分類と、シェイエ分類S、Hについての詳細を教えて下さい。

家族の眼底検査の結果に、キースワグナー分類と、シェイエ分類S、Hに異常がありました。
今まで、眼底検査で異常がなかったのですが、この結果に異常がある場合、

その出た数値が それぞれどのレベルがあり、どの程度になった時に、診察に行き、治療をしたらいいのか等、詳細を教えて頂けないでしょうか? また 眼科と高血圧の薬を処方してもらっている所とで どちらの科に行けばいいのでしょうか?

家族...続きを読む

Aベストアンサー

それらは、どれくらいになったら医者に行け、という目安の数値ではありません。所見をみて、様子をみていいかどうかを判断するのは医師です。

普通は健康診断でこんなのが出たんで詳しく診て下さい、と眼科に行くものでしょう?内科に行くつもりですか?

はっきり言えば、高血圧持ちでその所見が出てるならさっさと眼科の検査を受けた方が良いと思いますけどね。動脈硬化が進行しているのでそのうち血管の閉塞や網膜症といったイベントに繋がる危険性があると思いますけど。

Q頻繁に膀胱炎に・・・隠れている病気?

20代の女子です。
先日、腎盂腎炎にかかりましたが、完治しました。
しかし、1ヶ月も経たないうちにまた膀胱炎になってしまいました。
(今回は早めに病院に行き、今は薬を飲んでいます。)
これまで膀胱炎にかかったことはなかったのですが、立て続けにかかり不安になっています。
最近の生活で変わったことといえば、性行為をするようになったことです。
露骨な表現で申し訳ありませんが・・・
2ヶ月ほど前に初めての経験を彼として(するようになって)
その後、約1ヵ月後に腎盂腎炎にかかり、完治後2週間ほどでまた膀胱炎です。
腎盂腎炎になってからは清潔にするように特に気をつけていたつもりなのですが。
何かの病気(性病?)など隠れていないか心配です。
経験者の方などいらしたら、回答お願いします!

Aベストアンサー

はじめまして!私と同じ表情ですね。性行為するようになったら、膀胱炎に、二回もなりました。相手に病気持ってるかもしれませんので、一緒に病院に行った方がいいかもしれませんね

Q大きな病気/小さな病気

よく病院の問診などで「過去に大きな病気したことありますか?」と聞かれますよね? 単に「大きな病気」だとその程度がかなりアバウトで、どれだけ大きい病気だと大きな病気と判断していいものなのかと気になったことがあります。感覚には個人差もあるだろうし。
自信満々ではありませんが、例えば何らかの病気で入院や手術したことがある場合、これは多分大きな病気の部類に入るんじゃないか…と思います。
つまり本当に動けないくらいひどい鬱病で入院したことがある場合は多分…というかほぼ確実に大きな病気と言えそうですが、軽い鬱としか診断されない鬱病の場合は大きな病気には入らないんじゃないかと思います。ちなみにこれは具体例であり、私に鬱病歴があるわけではありません。動けないくらいひどい風邪をひいたことならありますが。
でも入院歴や手術歴だけが大きな病気の基準か? と言われると「うーん…」とうなってしまいます。
「大きな病気」と言うだけじゃえらいアバウトだな…と思うことがありますので、皆さんの問診の「大きな病気」の基準を教えて下さい。または私はこのような病気にかかって「大きな病気にかかったことがありますか?」と聞かれてそのように答えたことがあるというものでも構いません。

よく病院の問診などで「過去に大きな病気したことありますか?」と聞かれますよね? 単に「大きな病気」だとその程度がかなりアバウトで、どれだけ大きい病気だと大きな病気と判断していいものなのかと気になったことがあります。感覚には個人差もあるだろうし。
自信満々ではありませんが、例えば何らかの病気で入院や手術したことがある場合、これは多分大きな病気の部類に入るんじゃないか…と思います。
つまり本当に動けないくらいひどい鬱病で入院したことがある場合は多分…というかほぼ確実に大きな病気と言...続きを読む

Aベストアンサー

内科の医師です。
仰る通りです。アバウトで分からないですよね。反省させられます。
Minako-chanさんへの回答を一概に言うことはできません。なぜならその状況その状況で「大きい病気」が差す内容が異なるからです。
質問の目的は、これからしようとしている検査や治療に対して、関連した有用な情報を得たいというところにあります。
一般に回答の幅が狭い質問はあまり良しとはされていません(最たるものはyes/noで答えられる質問)。だからなるべく多くの回答を得るため、最初はアバウトな質問から始めるのだということはご理解下さい。しかし「大きな病気」で一まとめに言ってしまうと確かに何を答えて良いのか分からなくなりますよね。特に患者さんが答えに窮している場合などはもっと質問の内容を明確にしていく必要があると思います。
#1の方が回答されている、通院程度の胃潰瘍であっても、例えば吐血などして病院に担ぎ込まれた場合、その既往を申告して頂くことは診断する上でたいへん重要な情報になります。
同様に「ご家族で誰か病気をお持ちの方はおられますか?」という質問もされた経験があるかと思いますが、これだって癌家系かどうかを知りたいのか、血縁に肝炎ウイルス保有者があるか否かを知りたいのか、はたまた糖尿病の素因があるかどうかを知りたいのか、質問者の意図は様々です。これを「家族の誰かに何かの病気」で片付けては、勿論答えるほうも困るだろうし、質問した側も期待した回答が得られない可能性が高くなります。
少し余談になりますが、Minako-chanさんの質問にある「軽い鬱病」などは、最悪の場合、下手にこの既往を申告してしまうことで、病気を過小評価されてしまう可能性だってあります。本当はその症状を生じる器質的異常があるのにも拘らず、精神的なものとして片付けられてしまうなどのように。本当はあってはならないことですが、こうした先入観が診断を誤った方向に導くことは、「可能性としてあり得る」のだということを、医療者も患者も共に肝に銘じておく必要があると思います。
明確な質問、的確な回答、これは患者と医療者の良好な関係を築き、治療を成功に導くための重要な鍵の一つであると思います。
とりわけ医療者は専門家として、先入観にとらわれず正確な診断を下すにはどのような情報を得る必要があるのか、現在自分にとって必要な質問は何なのか、よく考えて質問を行うべきですね。
だからMinako-chanさんが「何て答えたらいいのかな?」と悩む必要はないと思いますよ。自己判断で適当に答えるよりは、迷ったら「例えばどういった類の病気について答えれば良いですか?」とか「風邪をこじらせてひどい目にあったことがあるのですがこんなのも関係ありますか?」等と遠慮なく質問されると良いと思います。それが逆に医療者を助けることに繋がるかも知れません。

内科の医師です。
仰る通りです。アバウトで分からないですよね。反省させられます。
Minako-chanさんへの回答を一概に言うことはできません。なぜならその状況その状況で「大きい病気」が差す内容が異なるからです。
質問の目的は、これからしようとしている検査や治療に対して、関連した有用な情報を得たいというところにあります。
一般に回答の幅が狭い質問はあまり良しとはされていません(最たるものはyes/noで答えられる質問)。だからなるべく多くの回答を得るため、最初はアバウトな質問から始めるのだ...続きを読む


人気Q&Aランキング