相続税について教えてください

相続税は、被相続人の総財産から
(5000万円 + 1000万円 × 相続人の人数)
の分だけ控除され、それを超える分について課税されるのだと思います。

相続人が3人いるとして、被相続人が生前に、
 相続人中のひとりに全てを相続させるという遺言を作成しておいたり、
 あるいは、被相続人の死亡を始期とする贈与契約をして始期付所有権移転仮登記をしておくと、
相続税の算出方法(5000万円 + 1000万円 × 相続人の人数)における「相続人の人数」は「1」でしょうか、「3」でしょうか。
ちなみに、3人の相続人は誰も相続放棄をしていないものとします。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

相続税は法定相続人が法定相続どおり相続したものとして相続税総額を計算し、


実際に相続人ごとに割り振りをする仕組みです。

したがって、相続放棄をした方がいても、法定相続人の人数で基礎控除額を求めます

詳しくは下記タックスアンサーHPをご参照下さい。

参照URL国税庁 タックスアンサーHP
相続税の計算
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4152.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。タックスアンサーを読んでみたら、別のことで誤解していたこともあることに気づきました。

お礼日時:2006/01/26 08:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の遺産相続を来年の確定申告で申告するのか?

今年3月に父親が亡くなり遺産相続を私長男と妹長女で受け取りました。法定相続人はこのふたりです。来年の確定申告でこの遺産相続に関して申告することになるのでしょうか?それならば何を用意し準備をしておくべきですか?

Aベストアンサー

>来年の確定申告でこの遺産相続に関して申告することになるのでしょうか…

所得税の確定申告時期とは限りませんよ。
死亡の事実を知った日の翌日から 10ヶ月以内です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4205.htm

>法定相続人はこのふたりです…

2人合わせて 7,000万以上を相続したのですね。
もし、それ以下だったら申告などしなくて良いですよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

>それならば何を用意し準備をしておくべきですか…

何を受け取ったのですか。
現金や預金なら難しくはありませんが、土地や建物なら評価額を調べることからはじめます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm
そのほか要点は、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4202.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>来年の確定申告でこの遺産相続に関して申告することになるのでしょうか…

所得税の確定申告時期とは限りませんよ。
死亡の事実を知った日の翌日から 10ヶ月以内です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4205.htm

>法定相続人はこのふたりです…

2人合わせて 7,000万以上を相続したのですね。
もし、それ以下だったら申告などしなくて良いですよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

>それならば何を用意し準備をしておくべきですか…

何を受け取ったのですか。
現金や預...続きを読む

Q遺産相続したとき、確定申告は必要でしょうか

母が亡くなり遺産を相続しました。
確定申告は必要でしょうか?
無職で他に収入はありません。

Aベストアンサー

NO.2さまが回答済みですが、補足。
贈与税ではなく相続税申告の可否判定をしなくてはいけません。
申告義務の判定は相続財産が基準額以上であるかないかで決まります。
基準額は、5千万円+(1千万円×法定相続人数)以上の相続財産がある場合です。
現金預金はそのままの額で評価。
不動産のうち「家屋」は固定資産税評価額をそのまま使用します。
不動産のうち「土地」は相続税評価額によって評価します。
株についても土地と同じです。
評価額の如何によって基準値を超えてしまう、つまり申告義務があるかないかの判定をします。
申告義務があっても特例適用で税額が出ない場合もあります。
土地・株の評価が「どう考えても基準額に届かない」場合を除いて、税理士に評価額算出してもらうのがベターです。


人気Q&Aランキング