以前、京都駅でDDかDEに引かれた南海電車「ラピート」を見ました(「甲種輸送というらしいですね)。
先頭車両には連結器がついていないらしく、機関車に2両目をつないで、先頭車両は最後尾の先頭車両と頭をつき合わせてつないでありました。
この先頭車両同士は、何か、連結する装置がついているのでしょうか。まさか、ワイヤーということはない(ブレーキかけるたびにゴツンゴツン)と思うのですが・・。

ところで、やっぱり、ラピートを自走させて運んじゃいけないのでしょうね。(ジャンボの輸入は自分で飛んでくるしかないけど)いかに、関空まで同じ線路(橋)を走っているにしても。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 ちょっと補足します。


 甲種輸送の様子が載っているHPを見つけました(参考URL上段)。京都からはDLで和歌山市まで運ばれたようですね(奈良経由)。東急車輛のある逗子から京都までは、これまでの例から考えるとEL(当然パンタあり)が牽引してきたと考えられます。

 また先頭の連結器が出ている状態の写真がありましたので、参考URL後段をどうぞ。
 

参考URL:http://www.dd51.com/kanka-kosyu.htm,http://www.m …

この回答への補足

すみません、参考写真を見ると、まさに「逆」で走っていましたね。

ところで、わざわざ付け替えるのは、京都近辺にはDDが余っているのでしょうか。(山陰線の電化などで)

補足日時:2002/01/05 19:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。
「奈良経由」ですか。
たしか、京都駅では「8番ホーム」にとまっていました。現在、8番からは奈良線の快速電車が発着しているのですが、当時は、本数が少なかったのであいていました。(奈良線は単線ですが、天理教の団体列車がよくとおるので、甲種輸送の臨時列車が通るダイヤは楽勝で組めますね。そのあと、和歌山線・・?)

 ところで、東海道線から奈良線に入ろうとすると、進行方向が「逆」になります。京都でディーゼルに付け替えるとき、「後ろ」から連結することになると思うのですが、最後尾に連結していた先頭車両が一番前になってしまいます。空気管などのことは問題ないのでしょうか。

 向日町の操車場まで持っていって向きを変える、なんてことをするぐらいなら、そのまま東海道線・大阪環状線で運ぶかなあ。「はるか」もまだ走っていなかったのだから、ダイヤの余裕はあるはずだから。

お礼日時:2002/01/05 19:10

 ちょっと日がたちましたが、補足します。


 まず#7のURLが引っ付いてしまっていますが、
http://www.dd51.com/kanka-kosyu.htm
http://www.mmm.or.jp/kame/photo/50003.jpg
ということで。

>そのあと、和歌山線・・?
 関西の方は疎いのですが、上のURLの写真で王寺~法隆寺間の写真がありますから、関西本線~久宝寺~阪和貨物線~杉本町~和歌山方面ではないでしょうか。
 形式は違いますが、こんな感じだったんですかね。
http://isweb7.infoseek.co.jp/photo/kunihisa/syas …
http://www.mirai.ne.jp/~ken-k/top_phto/itifuji.h …
>ところで、わざわざ付け替えるのは、京都近辺にはDDが余っているのでしょうか。
 単に入れ替え用にはDLが適しているからか運用上の理由が主な要因ではないでしょうか。和歌山の方にJR貨物の事業所があるかわかりませんが、京都でつなぎかえた方が手っ取り早いということになりそうですし。また兵庫の川崎重工で製造した車両を関東方面に甲種輸送で運ぶ場合も、DLで吹田まで運んだ後ELに付け替えたりしているようです。
>東海道線から奈良線に入ろうとすると、進行方向が「逆」になります。京都でディーゼルに付け替えるとき、「後ろ」から連結することになると思うのですが、最後尾に連結していた先頭車両が一番前になってしまいます。空気管などのことは問題ないのでしょうか。
 京都で空気管等の調整をしたり、一部車両を入れ替えたりしたのではないでしょうか。DLが西側についていたというのもそうした入れ替えのためだと思います。
    • good
    • 0

3度目です


>向日町の操車場まで持っていって向きを変える、なんてことをするぐらいなら、そのまま東海道線・大阪環状線で運ぶ

にしの方の地理がよく解らないのですが、たぶん引き込み線の関係で、方向転換する必要があるのだと思います。

一般の人はわからないと思いますが、先頭車の設備は、「上り」・「下り」で違い、逆向きでは走行出来ないのです。(関東の「内房線」・「外房線」は例外でどっちが先頭車でも走れますが→両方の機器を積んでいるため高価)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。
地理の関係ですが、(関東方面から)東海道線は東側から京都駅に入ってきて、奈良線は東向きに出て行きます。ここで向きが変わらざるを得ない。線路は並行から合流・分岐しているので、同じ向きで出発しようと思えば操車場まで行くしかないのですね。
向日町操車場は、京都から大阪よりに京都市外まで出て行くので、Uターンのためにそこまで往復(13km)はしないだろう、大阪まで40kmほどなんだから。という意味です。

走行方向の点でいうと、最初っから出庫の段階で向きを決めておけば問題はないですよね。(私は一般人なので、上下の融通が利かないのを初めて知りました。)

ところで、私の記憶では、京都駅のDDはラピートの「西側」についていました。
東海道もDDだったのかな?
また、奈良線は「貨物」の取り扱いがないのですが、甲種輸送は別格ですか?

お礼日時:2002/01/06 10:14

新車を甲種回送する場合は、機関車と連結する部分や最後尾の連結器を交換する必要があります。


機関車についているのは自動連結器ですから、運ばれる新車には自動連結器を仮に取り付けて連結します。
また新車側のブレーキをきかせるために空気管も仮設で連結され、車内にも空気管を仮設しブレーキがきくようにします。

そして先頭車の連結位置ですが、get-miyakoさんの仰るとおりパンタグラフからの汚れを防いだり、損傷を防ぐためにあのように連結されているそうです。

ちなみに南海50000系登場時の資料によると、先頭車についているのは密着自動連結器とありました。中間車は棒連結器のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっとの間にたくさん回答いただき、ありがとうございます。申しあけありませんがまとめてのお礼とさせていただきます。

パンタグラフについては、機関車がディーゼルですから、問題ではないように思います。排気ガスの汚れは仕方ないにしても。(そのためにEFをつかわずDDなのか・・)

どうせ連結器を交換しなければならないのなら、値段のことさえ考えなければ、「先頭車両が先頭」でも構わないようなものですが、空気管などのことまで考えなければなりませんね。最後尾にまわった先頭車両だけは空気管が繋がっていないのでしょうか。

お礼日時:2002/01/04 14:21

2度目の書き込みです。


他の方々の回答を見て、少し感じました。
連結器の形が違うのではないでしょうか?
「ラピート」の先頭車だと容易に交換出来そうにないですね。
最近の中間車は直結の物が多いですから、そこだけ機関車の物と合う連結器を取り付けて、回送しているのでは無いでしょうか????
    • good
    • 0

 補足します。


>先頭車両には連結器がついていないらしく、機関車に2両目をつないで、先頭車両は最後尾の先頭車両と頭をつき合わせてつないでありました。
 確か機関車のすぐ後ろですと、機関車のパンタグラフの架線屑(銅の金属片)が飛んで傷がつくからだと聞いたことがあります。ですので先頭車を編成の中ほどにつなぐか、前面マスクをビニールで覆う(参考URL)ようにして気を遣っているようです。

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~doctrine/313-8500/8500-1. …
    • good
    • 0

 ラピートってスカートの下に連結器があったと思うのですが(引っ張り出して使うはず。

切り込みがありますよね)・・・。
 
 電車なのにわざわざ機関車で運ぶのは、自走させるとなると保安装置などや各種機器類をJR仕様のものを設置しなければならず、JRの乗務員の訓練等も必要だからだと思います。それでしたら甲種輸送で貨物扱いで運んだ方がはるかに手間がかかりません。なお甲種輸送には法令で様々な制限があります(速度など)。ちなみにJR貨物の担当です。

参考URL:http://www.nankai.co.jp/traffic/rail/museum/muse …
    • good
    • 0

ラピートの先頭車両にはカバーの中に「密着自動連結器」が装備されています。


というわけで回送時、先頭車同士は連結器で連結してきたことになります。


>先頭車両は最後尾の先頭車両と頭をつき合わせてつないでありました。
これは新車を甲種回送するときはどの会社の車両でもこのような形で回送されてきます。
理由は連結する機関車と衝突したときに、先頭車だと損傷した場合に修理費が多くかかるけれど中間車だと修理費が少なくなるからということです。

以下のページにその回送時の写真がありました。先頭車連結もバッチリ写ってます。
http://www23.tok2.com/home/airportsorae/nankai50 …
    • good
    • 0

輸送されていた線路はJRですか?


一般的に列車は運行可能区間(営業免許のある区間)以外では、自走出来ないようです。
又、JRと南海電鉄では、ATCなどの列車制御方式が異なりますので、走れません。

20年ほど前に国鉄が小田急のロマンスカーをレンタル(運転手込み)して、大船-小田原間を運行したことがありますが、これは特殊な例です。
→新型特急の設計のため連接台車方式の運転データ取得のため。(このときは小田急とJRの運転手が両方運転台にいました)
遠くから見ただけですが・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q101系と205系の運転台の違い

101系の運転台と205系の運転台ってどこがどうちがうのですか?

Aベストアンサー

全部違います。

構造的な一番の差は、運転台の高さです。205系は客室座席より高い位置
に運転手が座りますが、101系は客室座席とほぼ同じ位置に座ります。
関連して運転室の前後幅も205系の方が広くなっています。

機械的な一番の差は制御機の形態で、205系はノッチ方向が前後なのに
対し、101系は縦方向に軸がありそれを回転させる形になります。また
ブレーキも空気配管のある101系に対し、電気的に操作している205系と
言う差もあります。

これら2つの「根本的な問題」に関連して、各種機器の配置や有無が
変わって来ます。そこらへんを注意しつつ、#1さんのリンク先を確認
して下さい。

Q1両目と最後尾の車両なんですが・・・

通勤電車車両におおく見られる、電車を動かす車両の上に
(パンタグラフの前あたりに)進行方向とは逆を向いた、
L字型を反対にしたようなマークというか、車両自体についてるものがありますが、あれは何ですか?何か象徴を意味することなど、あるんですか?お解かりになられる方
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 運転席の上部あたりの屋根にある、Γ型の物でしたら、アンテナだと思
います。
 上部が丸棒を直角に曲げたような形状の物は、交流電化区間を走る電車
が架線の電圧を検知するアンテナだと思います。
 幅のある、前縁がちょっと傾いた板状(灰色が多い)は、列車無線のア
ンテナのはずです。

 なお、列車無線のアンテナの形状や位置は、会社や路線によっていろい
ろあるので、Γ型とはかぎりません。
 また、先頭車(最後尾も逆行する時は先頭になりますね)以外にも、編
成中で運転席のある車両には付いていることが多いです。1両で走る車両
の場合、両端にある物と片方だけの物があります。相互乗り入れの関係で
1両に2つ付いている(大阪市交60系)物もあります。

QDD51の運転台について

お世話になります。

ディーゼル機関車DD51の運転台は横向きなんでしょうか?

今から20数年前、DD51の運転台に乗せてもらったことがあります。記憶が定かじゃないのですが、正面を向いてなかったような気がしますがどうなんでしょう?
前・後がすばやく行えるようにそうなっていると覚えてます。
飛んだ勘違いでしたらすみません。

オハフやスハフ、ヨを牽引していた時代が懐かしいな~っと思い出してました。ドアはジャバラで手動なんですよね。

Aベストアンサー

ずいぶんと珍しい体験をされていますね。今では考えられないことです。

さて、本題に変わりますけれど、DD51に関しては、正面側に運転台は向いているタイプだと記憶してます。
でも、DE10やDE11やDE15やDD16は、入換作業を主体とする設計をしていたので、横向きの運転台になっています。

ドアは、一枚ドアです。

次の方のホームページに、DD51の運転台の写真が掲載されていたので参照してください。

RED LOCO web page
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/r28/
「磐越西線 東新潟機関区/開区40周年記念イベント」にあります。
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/r28/bansai/tohshin/index_01.html

Q221系先頭車両

以前、221系が東海道・山陽本線の新快速で走っていましたが、さいきん、ローカル線に乗り入れてきました。
東海道線では6両や8両で走っているのですが、ローカル線では2+4とか2+2で走っているのを見ます。休日の早朝など2両で走るようなのです。
乗る方からすれば、貫通車両でないと、車掌は回ってこないし移動も出来ないのが不便なのですが、

103系や117系が「2+2両」で走っているのは見たことないけど、なんで221系だけそういう不便な事をするのか。クハ、クモハを作り過ぎ、ってことは、最初の新快速で使った事からは考えにくいけど・・・。
ご存知の方ありましたら、ご教授を。

Aベストアンサー

もともと、221系は新快速だけではなくJR西日本各線で使うことを考えて作られた車両です。
ですから、新快速だけではなくローカル線の低い需要にも対応できるよう、2両編成を組めるようになっています。

確かに新快速では6両や8両、6+6両で走っていたのですが、大和路快速は新製時から4+2両や6+2両で走っており、2両編成が桜井線や和歌山線などのローカル線を走ることも結構前からありました。

ローカル線の需要を考えればラッシュ時などは2+2両、休日の早朝など需要の少ないときは2両というのもそれほどおかしくは無いと思います。
ただ、貫通できないのは失敗だったような気がします。

なお、103系や117系が「2+2両」で走らないのは、もともと10両および、6両の固定編成を組むために作られた車両なので、短編成同士組んで両数の調節を行う必要が無かったからではないでしょうか。

参考URL:http://www.rail.ac/jr/car/221/table.html

Q両運転台付きに改造された「クモハ119」は何両いて、どの列車に運用され

両運転台付きに改造された「クモハ119」は何両いて、どの列車に運用されているのですか?
 全てワンマン運転ですか?
 車両番号は元のままですか?
 もう廃車になりそうなのですか?

Aベストアンサー

元々3両編成の中間にいたクモハが、
100番台として両運転台化されました。

後にインバータ・クーラー化改造され+5000され、
現在はクモハ119-5101~5109の9両が存在します。

JR東海は313系への置き換えを発表しているものの、
現段階では具体時期は発表されていません。
どのみち、2013年度までには置き換えられることになります。

Q架空の自衛隊車両の車両番号について

架空の陸上自衛隊所属の車両に相応しい車両番号についての質問。
陸上自衛隊の知識が皆無ですので、どなたかご協力ください。

映画ゴジラに出てくる90式メーサー殺獣光線車という兵器があるのですが、
その兵器というのが、メーサー光線を備えた車両と、それを牽引するキャタピラ車両で構成されたもです。
そこで、もしこれが実在していたら、この牽引車(キャタピラ)の前面の装甲に、
こういう車両番号(左、二桁-四桁と、右(漢字が入る番号))が相応しいというのをご教授願えませんでしょうか。
左は97-XXXX 右は1特-XXみたいなものにしようと思っています。

みなさんにとってはどーでもいいことだと思いますが、
陸上自衛隊好きの方々が納得いく番号を知りたいので、
本当にお暇な時にご返答ください。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>右は1特-XXみたいなものにしようと思っています。

漢字を含む方の番号は、通常「師団/旅団名」+「隊名」+「番号」になっています。

例えば、11師団第2特科連隊所属の車両は「11特2-xxx」など。

自衛隊の師団、旅団は、各方面隊に所属しているので、師団が嘘だと「あれ?なんで東京に北海道の北部方面隊の師団の車両が?東京なら中央即応集団か東部方面隊の師団じゃないと変だろ?」なんて事になります。

Q200系の運転台は見れるのか

上越新幹線で運用されている200系は、運転席すぐ後ろのデッキから運転台はのぞけるのでしょうか?
またのぞけなかったとしても、ATC現示変化の音はデッキから聞こえるのでしょうか?

どなたか、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

基本的に運転台は見えません。ドアはありますが、ココから見えるのは
前方の壁(?)だけで前は全然見えませんし、そもそもブラインドが
降りている場合も少なくありません。
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_200renew.html

ただ、ATC現示の切り替えベル(チーン)は聞こえたと思います。

QNゲージで自己のバッテリーで自走するのってあります?

通常鉄道模型はレールから電気を取得して走りますが、自分で電池を持ってレールから電気を供給されることなく自走するモデルってありますか?

Aベストアンサー

 子供の頃(もう30年くらい昔)、そういうタイプのプラモデルを持っていました。先頭車両がタンク式蒸気機関車(多分C11かC12)で、2両目の有蓋車の中に単5電池を1本積んでその電気でプラ製のレールの上を走行するようになっていました。もう現物が残っていないので100%断言はできませんが軌間は9ミリだったと思います。
 もし『ふるさとの駅と汽車』(誠文堂新光社、初版1977年ごろ)という本を目にすることができたならば、いろいろな鉄道模型に触れた巻頭記事を読んでみてください。その中に乾電池で動く汽車の模型の写真が載っていますが、それが私の持っていたのと多分同じものです。
 なお今から10年以上も前に、私自身そのプラモをもう一度手に入れたいと思って模型屋さんに問い合わせたことがありますが、とうの昔に生産終了とのことでした。残念ながら現在入手できる見込みは(メーカーが「復刻版」でも出してくれない限り)全くないと思います。

Q運転台の撮り方について

僕は215系の運転台を撮りたいのですが、車掌さんに撮ってもらってもいいんですか?お願いします。

Aベストアンサー

JR某社社員です。
時と場合によります。
例えば、雑誌社などから事前に申し込みがあり会社がそれを許可した場合。
ただ、業務中の車掌にお願いをされてもまず撮ってはもらえません。例えそれが運転中以外の出発待ちであっても変わらないと思ってもらったほうがよろしいかと思います。

前例を作ると後で困るというのも理由としてはあるでしょうが、車掌には運転中も待機中であってもお客様の動向や異常に迅速に対処しなければなりませんので、何かあった時に「写真を撮ってました」では済まされなくなります。しかし、その辺も踏まえて一度お尋ねになるのは問題ないかと思います。

Qライブスチームの機関車模型。

去年、父が他界しました。
父の形見として残されたライブスチームの機関車模型があるのですが、
使い方を伝授されておらず、(レールもない)ちょっと困っています。

飾っておくだけでも迫力満点なのですが、父は時々シュポシュポ
動かしていたし、やはり「動かしてナンボ」の物だと思います。

が、鉄道模型の愛好家は多くても、ライブスチームは滅多におらず、
どうしたら良いのかわかりません。

ど素人の私には手におえない様な代物なら欲しい人に譲ろうか?
とも思いましたが、父が大切にしていた事を考えると
それも出来ません。

どうか鉄道愛好家の皆さん、私に良いアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

軌道は何ミリゲージでしょうか?
127mmとかになると、何も知らない人が運行するのは危険過ぎます。
ライブスチームの愛好家は通常クラブに所属して運行運転会で動かしたり、クラブ内で車検のようなものを行って安全を確保しています。
このようなところでお手軽簡単に運転の仕方なんて教えられません。

新装 ライブスチーム 模型機関車の設計と製作
  
 渡辺精一  誠文堂新光社  22000円
 
 1982年11月25日発行
 2001年5月30日第3刷

まずこの本を読むことをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報