こんにちあ。私はアメリカに留学生しています。いままで学校の用意する保険に入っていたのですが、もうすぐそれも切れてしまうので、また新しく入らないといけません。そこで、出来るだけ安く上がるようにしたいのですが、お勧めの保険会社などがあれば教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

現在、アメリカに居られるのでしょうか。

日本に帰国中ですか。
日本の損害保険会社が販売している留学生や海外長期出張社員が加入する傷害保険は、加入の時点に国内にいることが前提になっています。

出国後の新規加入はできませんので、もしすでに出国しておられるのなら、アメリカで探されたらどうでしょうか。

この回答への補足

現在帰国中です。もし今回間に合わなくても、学校で加入できる保険の期間は六ヶ月なので、今後の参考にもなるだろうと思って質問させていただきました。ありがとうございます。

補足日時:2002/01/05 00:08
    • good
    • 0

長期の留学なのでしょうか?また、どのような形態で留学されていますか?


期間や形態によって、日本のもの、あるいは現地のもののいづれかがお得な場合があります。
イザというときの保険とはいえ、期間によっては数万円から十数万円もザラじゃないですしね。
もう少し補足いただければアドバイスできると思います。

この回答への補足

留学は長期の予定です。あと4年は留学することになると思います。同じ留学をしている友達は日本の保険に入ったそうですが、アメリカで入ったほうが安いよと言われました。ですが、何かあったときはやっぱり日本語でというほうが良いかと思いまして・・・。アドバイスよろしくお願いします。

補足日時:2002/01/05 00:10
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留学生の海外保険に関して(アメリカ在住)

こんにちは。
現在、アメリカ(NY)の大学に通っており次の学期で最後となります。
最後の学期ということで、学校の留学生オフィスから了承を得てステータスをフルタイム から パートタイム・スチューデントに切り替える予定です。パートタイムになることで学費を2000ドルほどセーブできるためです。

とはいえ、フルタイムのときは、学校の健康保険*に加入しておりましたが、今から自分で加入しないといけません。

*学校の保険は400ドルで、パートタイムスチューデントになって別付けすると一気に1500ドルにまで。

今月中はまだ、フルタイムというステータスなので学校の保険でカバーされますが、今後のためにもすぐに任意で保険に入らないと少々不安が残ります。

そこで、みなさま、「ここが良い」などおすすめの留学生保険がありましたら、お教えください。(困ったことに今月日本へ帰国する予定はなく、アメリカから何か入れる日本の保険などあったらお教えください。)

Aベストアンサー

私も学生の頃、日本でAIUの保険に入っていました。AIUは日本にご家族か誰かいらっしゃれば本人が加入手続きをしなくても代わりに加入手続きしておいてもらうことは出来ると思います(昔の話なので、今は分かりませんが、私は自分が日本に帰れないときは、そうしてもらってました)。でも、自分の学生の頃の経験(15年前)からすると、AIUは此方のBlueCross BlueShieldsと提携でやっているだけで、実際に保険を使ったときには病院も「何この保険?」という感じで、実際のクレーム処理も物凄く面倒だったことを記憶しています。また、BCBSも此方のBCBSに入っていてもクレーム処理が面倒だったり、ガタガタ言われることがあり、個人的にはあまり好きではありません。留学生が入る個人保険ならば、学校のに入るのが一番良いのではないかと思います。個人で保険に入ると、年齢にもよりますが、20代前半で過去に病歴がなくても月に約$150くらいは取られます。これはDentalとVisionなしで、Deductibleも$500くらいでです。アメリカの場合は個人で入る保険は物凄く高くつき、その為、皆会社や学校でまとめてグループ保険に入ります。グループ保険のほうが過去の病歴も関係なく一律でカバーしてもらえるからです。学校の保険が$1500というのは恐らく1セメスターで、ということだと思いますが、内容がどの程度の保険かは分かりませんが、一番無難な線だと思います。でなければ、日本で誰かにAIUの旅行者保険に加入してもらって、保険のカードを送ってもらうことをお勧めします。

私も学生の頃、日本でAIUの保険に入っていました。AIUは日本にご家族か誰かいらっしゃれば本人が加入手続きをしなくても代わりに加入手続きしておいてもらうことは出来ると思います(昔の話なので、今は分かりませんが、私は自分が日本に帰れないときは、そうしてもらってました)。でも、自分の学生の頃の経験(15年前)からすると、AIUは此方のBlueCross BlueShieldsと提携でやっているだけで、実際に保険を使ったときには病院も「何この保険?」という感じで、実際のクレーム処理も物凄く面倒だったことを記憶...続きを読む

Q帰国中にアメリカの運転免許が切れ、自動車保険の更新ができません

日本に一時帰国中にカリフォルニア州の運転免許証の期限が切れてしまい、有効な免許証が無いと自動車保険の更新ができないとのこと。渡米後に免許を取り直し保険に再加入しようと思いましたが、無保険のまま車を所持していると違法になるといわれました。無加入でいるとどのような事になるんでしょうか?ビザ取得にも何か影響があるんでしょうか?あと数ヶ月は渡米できません。ご存知の方おられましたら教えていただけないでしょうか、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

誰も回答しないようなのでアドバイスします。
1)自動車の保険の更新には免許証の有無は関係ありません、現在契約している保険会社またはその代理店を通じて保険を更新しましょう。
2)自動車免許証は直近の免許証の期間内に特に事故や違反を犯していなければインターネットや郵送で更新できます。もし違反などあればアメリカに戻り次第DMVに行き長期旅行中と云えば有効期限が切れていても更新できます。そのときに筆記試験はやらなければいけないかもしれません。免許証失効以後の期間に従属します。

Qどこの保険入ってますか?

10/18に初の海外旅行にパリへいきます。8日間です。
保険なんですが、対応がよくて、航空機寄託手荷物遅延、航空機遅延費用、携行品この3点が充実しているところにしようかと思っています。
お勧めなどあればアドバイスお願いします。HISでAIUの申込書は頂いたのですが。。
あとネットで申し込んだ方が安いのでしょうか?ネット申し込みでも対応はだいじょうぶですよね・・・
加入は母親と私の二人です。生計を共にしないにあてはまり(私は会社の寮)そう?なので個人プラン二人分になりますよね?
どなたか教えてください><

Aベストアンサー

こんにちわ、
海外旅行が大好きなので海外旅行保険とかによく加入するのですが…基本的にネット申し込みが一番安いです。その中で一番安いのが…損保ジャパン かな?っていつも思います。店頭や空港などにおいてある端末での加入になるとネットで申し込んだ内容と一緒なのに1.5~2倍の料金を取られたりします(ネット申し込みが半額ぐらいなだけですが)。

航空機寄託手荷物遅延、航空機遅延費用、携行品の充実ですが…基本的にはオプション扱いで加入することになると思います。確か一項目あたり1週間で100~500円ぐらい値段が高くなった思い出があります。

ネット申し込みは一週間ぐらい前に契約しないと証書やパンフレットが郵送で送られてきませんので…その点だけは注意してください。

Qアメリカでの外貨の用意

初めてアメリカに行くのですが、海外にいくのも初めてです。そこで、円をドルに換金することについて質問があります。アメリカではクレジットカードが使える店が本当に多いようなので、ほとんどの買い物などはそれを使おうと考えています。しかし、ドルを現金でも持っておきたいものです。しかしどこでどのようにして換金すればいいのかわかりません。。。  
今は為替取引では1ドル106.6円ぐらいの値がついていますが、たとえば10万円を換算したら、単に100000÷106.6で938ドルくらいになるのでしょうか?それとも、そういった換金してくれるところでは為替取引でのレートより円安になったり円高になったりするのでしょうか?また、手数料なども取られたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

チップなどはキャッシュが必要ですし、いくらかは現金が必要でしょうね。アメリカ人は、あまり現金を持ち歩きません。日数にもよりますが、数日程度の観光旅行なら、100~200ドルくらいで十分でしょう。100ドル札などは、アメリカ国内でもあまり使う人はおらず使いにくいので、20ドル以下の小額紙幣20ドル、10ドル、5ドル、1ドルあたりをとりまぜて用意しておくと便利です。

為替レートについてですが、通常ニュース等で言っているのは、インターバンクの仲値と呼ばれるもので、ドル/円の場合は、上下に1円の差をつけたレートが実際の取引レートになります。それぞれTTS,TTBと呼びます。
例えば仲値が105円の場合、TTBは106円、TTSは104円となります。
銀行取引では、円をドルに換えるときは、TTBを使い1ドル106円で取引され、ドルを円に換える時は、TTSで1ドル104円となります。この1ドル当たり、2円が銀行にとっての外貨交換の手数料ということになります。

キャッシュの場合、通常ニュースで見るレートより、顧客側にとってもう少し悪いレートになります。これは、現金で外貨を持つことは、銀行にとっては在庫を持つということになり、リスクになることが理由です。ドルは、外貨としては一番需要が多いので、比較的差が少ないですが、需要の少ないマイナーな通貨になるほどこの差は広がります。

為替レートというのは、常に変動していますが、実際に外貨両替するときは、その日の換金レートを銀行などが自社で決めて、その日の両替はそのレートで行われます。

ドルの現金は、日本国内だと郵便局、銀行(外貨の取り扱いがない支店もあります)で換金できますし、空港の銀行でもできます。私は利用したことがないのですが、金券ショップの中にはドルの外貨両替を扱っているところがありますが、意外とレートが良いという噂は聞きました。

現地では、到着地の空港の両替所、町中の銀行、両替所で交換することができます。ギフトショップ等でも両替できることがありますが、レートは良くない場合が多いです。

正直に言えば、多少レートの良い悪いはありますが、両替する金額は、それほど多くないはずですので、好きなところで両替すればいいかと思います。ただし現地に着いたら早速現金は必要になりますので、遅くとも現地の空港を出る段階では、ある程度の現金を替えておく必要があります。

あまり深く考えず、事前に時間があれば、日本で銀行などで両替しておいてもいいし、時間がなければ、日本の空港か現地の空港で両替すればいいでしょう。

なお現地で、日本円からドルに換えるときは、換算レートが書かれている表のBUYのところを見て下さい。自分から見てではなく、銀行から見た表現になっていますので、Buyは日本円を銀行が買う時のレートという意味になります。逆にSELLは、銀行が日本円を売るレート、つまりドルから円に両替する時のレートになります。通常は、現金の両替で、別に手数料をとることはありませんが、たまに手数料を取られることもあります。手数料が必要かどかは、窓口に明記してあります。

私自身は、ここのところずっと、海外では、シティバンクか新生銀行のキャッシュカードを使って、ATMでキャッシュをおろすことがほとんどです。、アメリカに限らないのですが、海外はどこもATMが24時間稼働している場合が多く、しかもあちこちにあるので、キャッシュカードで必要な金額のキャッシュをその都度引き出した方が便利なので。

もし海外に今後よく行かれるようであれば、シティバンクや新生銀行に口座を開けば、日本で使っているキャッシュカードで海外のATMがそのまま使えて、日本の自分の口座から直接引き落とせるので便利ですよ。国によっては、レートがキャッシュの交換より悪い場合もありますが、便利さには勝てません。

ちょっと書いていて気がついたのですが、記憶が曖昧ですが、アメリカでは町中の両替所というのはあんまり、なかったような気もします。違ってたらごめんなさい。

チップなどはキャッシュが必要ですし、いくらかは現金が必要でしょうね。アメリカ人は、あまり現金を持ち歩きません。日数にもよりますが、数日程度の観光旅行なら、100~200ドルくらいで十分でしょう。100ドル札などは、アメリカ国内でもあまり使う人はおらず使いにくいので、20ドル以下の小額紙幣20ドル、10ドル、5ドル、1ドルあたりをとりまぜて用意しておくと便利です。

為替レートについてですが、通常ニュース等で言っているのは、インターバンクの仲値と呼ばれるもので、ドル/円の場合は、上下に1円の...続きを読む

Q海外旅行に用意すべき通貨

初めての海外旅行で、1週間旅行社ツアーでカナダへ行く予定の老人です(バンクーバー・ロッキーの国立公園・トロント)。

その時持参する通貨はどうすべきでしょうか。
現地での支払いの基本はアメリカン・エクスプレス又はVISAカードで支払う予定ですが、レストラン・土産物・チップ等に小銭を含めてカナダ$の現金も必要になります。

そこで次の方法が考えられますがどうしたらよいかわかりません。参考意見をお聞かせ願えればと思います。
1.日本円で持ち出し、現地でカナダ$に変えて使う。(日本国内のカナダ$交換は手数料が高過ぎるそうのため)

2.出発前に米$に交換して行き、現地でカナダ$に再交換する。

3.その他にもっと良い方法がありましたら是非お願いします。

Aベストアンサー

クレジットカード支払いOKの店なら、AMEXはNGという店はありますがVISAまらまず支払可能です。
ツアーで行かれるということなので、現金が必要な可能性は

A.ツアーについている食事での飲み物代
B.自由時間中のカード払いNGのタクシー代
C.カード払いNGの店舗での買い物代
この位です。

ホテルへのチップは、ツアーの日程表に「ホテル代にサービス料が含まれていません」と
明記されていない場合、基本不要です。よほど何かお世話になるようなことを頼んだら渡すスタンスです。

北米はクレジットカード社会なので、案外なんでもカード払いできます。飲食店ならチップもカード払いできます。
たまに外国発行のカードが使えないことがありますが、ツアーならそれを心配する必要はあまりなさそうな気がします。

ご質問への回答は、その中なら1.か3.です。
クレジットカードのキャッシング枠か、インターナショナルキャッシュカードがあれば、現地ATMで現金を下ろせます。
大した金額を両替しないと思うので、どこの為替レートが得とか(日本国内はご指摘の通り止めたほうが良いです)、
キャッシングの繰り上げ返済云々考えるほど利息や手数料がかかるかな?とは思いますが。気になるならしてください。

クレジットカード支払いOKの店なら、AMEXはNGという店はありますがVISAまらまず支払可能です。
ツアーで行かれるということなので、現金が必要な可能性は

A.ツアーについている食事での飲み物代
B.自由時間中のカード払いNGのタクシー代
C.カード払いNGの店舗での買い物代
この位です。

ホテルへのチップは、ツアーの日程表に「ホテル代にサービス料が含まれていません」と
明記されていない場合、基本不要です。よほど何かお世話になるようなことを頼んだら渡すスタンスです。

北米はクレジットカード社会なの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報