1日の飲酒量を減らすのと、週1回の休肝日を設けるのとではどちらがより効果的でしょうか。ちなみに私は1日にワインをボトル半分と、ビール350ml缶を1本程度飲みます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

shu sさんkawakawaさんのあとでお答えしにくい気分ですが...........。


私(女)の場合3ヶ月に1回肝機能検査しております。まったくの正常です。ちなみにビール1日1本焼酎2合365日飲んでます。休刊日まったくなしです。検査値はまったくの正常です。もちろ中性脂肪、コレストロールなどの臨床検査値もまったくの正常値です。

先生に尋ねるところ「問題ない今のままでいいよ!」とのこと。一般論で言えば節酒が良いとされていますが、それは肝臓の代謝能力の個人差がありますので一概に言えないのでは?と思います。

個人の肝機能能力の差でビール350CC飲んだだけで異常値が出るような方はそりゃやめるべきでしょう。ですがそうではない私などは大丈夫なのです。

一日の終わりにお酒を飲みというのは、ストレス発散に絶大な効果をもたらします。たばこもしかりです。

そこで提案なのですが、3ヶ月毎に血液検査に行き正常値出なければ我慢するでいいじゃないですか!たった1回きりの人生です!ただ異常値でしたら自粛しましょうね!主治医のお許しを得て酒飲んでるkuaainaでした。
結論は異常値でなければ休肝日うんぬんでなく飲みたいときに飲むです

ALOHA HUI HOU !    byクアアイナでした♪
    • good
    • 0

patapata1さんはどれ位の年数,その量を飲みつづけられているのでしょうか?


15年以上続いているのでしたら,そして,現在でも肝機能の障害が起こっていないのでしたら,潜在的な肝臓障害のリスクは低い体質だと考えてよいとは思いますが‥
それでも,毎日肝臓の機能をフル回転させ続けているというのは,あまり,好ましいとは言えませんよネ(一般論)。自覚されているから,こうしてご質問に及ばれたのでしょうが‥。
ワインをグラス一~ニ杯分減らし,更に,shu_s先生も書かれておられますが,一週間に一回以上の休肝日を設けられるということをお勧めします。
今の状況では,何かあったときに麻酔も効きにくい状態(肝臓の酵素活性が高くなっていて,麻酔や薬が直ぐに分解されてしまい,効果を示さなくなる状態)になっているかもしれませんからネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにアルコールには強いほうだとは思いますし、現在は何も自覚症状がありません。検査の結果も悪くないし....。でも、麻酔が効きにくいっていうのはドキッとさせられますね。これで決心が固まりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/04 17:32

どちらが効果があるか?ではなくて、どちらも必要だと…そう考えてください。

ただ、一週間の総摂取アルコール量に換算して少ない方がより効果的とはいえると思います(←自信なし)…というのはたいていの統計がアルコール総量/時間で統計的な処理をしているからです。

休肝日を設けても摂取総量が変わらなければ効果は少ないと思いますよ。ですが、ここに書かれている量であれば減らすよりも休肝日2日/週の方がお勧めかなあ(個人的に)

○アルコール性肝障害
http://www.osaka.med.or.jp/health/family/47/47.h …
○休肝日
http://www.gekkeikan.co.jp/databank/data/00065.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正月はどうしても多量に飲みがちで、気にしておりました。昔に比べればずっと酒量は減ったのですが、飲まない日はありません。正直言って毎日飲みたいのですが、そのためには随分量を減らさないといけないようですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/04 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング