『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

先日、あるメタルのお店で取り寄せ注文していたSix Magicsというバンドのセカンドアルバムを取りに行きました。
その時、店長にこう言われました。

『このCDね~国内版もあるんだけど、輸入版と国内版の違いは、国内版は詩の日本語訳とバンドの少しの説明の紙付き、CDのジャケットにある説明紙(こんな表現はしていませんが忘れました)が付いているだけで、輸入版より値段が高いのよ。国内版にありがちなボーナストラックもこれはないしね。
だから安い方の輸入版を取り寄せておいたから、はいこれね』と言われたんです。

その時は、『なるほど!』と、確かに中身が同じなら(音)得したな~ありがとうございます!と言ったんですが、ちょっと不安に思ってきたんですが、本当に音は同じなんでしょうか?
国内版のほうが音が良かったりとかしませんか?
調べたところ、レーベルが輸入版と国内版は違うみたいなんですが、これはぜんぜん関係ないでしょうか?

私は結構音質にこだわるほうなので、実際人間の耳でわからなくても、なぜか嫌なんです・・・

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

映画音楽が好きなのですが、まったく同内容のCDで欧州盤と日本盤とを何点か持っていますが、よく聴き比べなくても音の違いがはっきりしているものもあります。



以前、音楽雑誌でCDプレス工場の最終的なチェックをする技術者の記事を読んだことがありますが、
録音スタジオで録音を済ませ、それを元にミックスダウンするためのスタジオ作業があり、最後の最後に工場内のスタジオ作業という工程があるようです。


知らないとミックスダウンしたスタジオで聴いたものがCDになると考えちゃうんですけど、その技術者によると音にうるさいアーチストは工場のスタジオにも来るんだそうです。で1曲あたり1時間程度の作業をするんだとか。

ということだと海外からCDプレス用のマスターテープをもらっても、日本の各工場の技術者が、その工場でプレスするために最適な音?に変えてしまうってことも考えられますよね。


またスタジオによって使用している機械も違うし、チェックするスピーカーも違うわけですから、そういった点を考えると、違ってこそ当然なのかもしれません。
アナログ録音にこだわっているアーチストはいまだに2インチテープで録音してますし、PCM3348などの録音機も使わずに、テープレスで全行程を済ませるなんてこともあるでしょうし。


比べたことはないのですが初回プレスと二回目三回目でも違うんじゃないかと思います。
それこそCDの元となる盤そのものを会社の取引関係でそっくり変えてしまうとこうこともあるでしょうし。


ですので可能ならば国内盤と輸入盤と聞き比べた上で買うのがいいんでしょうけど、大手のショップでもそんな試聴させてくれませんもんね。
音にもうるさい専門店だとやっているんかな?
    • good
    • 0

すいません!


#2の方がミックス作業のことをかかれてますが、マスタリングとミキシングは違います。
以下のURLをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9% …
海外メーカーから送られてくるのは、おそらくマスターテープ(この表現が紛らわしいのですが、これはミキシングが完了したテープのことです)なんですが、これをさらに全体調整するのがマスタリング作業です。
これに金をかけたり、腕を振るったりすればするほど、いい音になります。
ですので、日本人の耳に合うように全体のトーンレベルを調整したりする場合もあるので、若干、日本盤の方が音がよい(と日本人は感じる)場合もあります。
ただ、海外の現地の人は、ひょっとしたら、日本盤を聴いて、「違う」と思うかもしれないので、実はなんともいえません。
メタルの場合、向こうではインディレーベルなんだけど、日本ではメジャー配給という場合もあるので、マスタリングに金がかけられる日本盤の方が音がよいと感じる可能性もありえます。
なので、両方を聞き比べられるなら、聞き比べて決めても、よいかもしれませんね。
    • good
    • 0

通常、CDを作る際には音を録ってから、ミックス(加工)という作業をします。

音を録った時点での音源は、その後もあまり録り直したりすることはなく、いわゆる「リマスター」と言われているバージョンも、ミックスを変えているという意味です。
レコード会社にも違うでしょうが、わざわざミックスを変えているということは希ではないかと思います。
海外版と日本版で音が違うと感じるとしたら、それはCDのプレス工場が違う、プレスされた時期の差、などによる微妙な差ではないでしょうか。
いずれにせよ、自分で好きなものを選んで楽しめればいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

なるほど!安心しました。今アマゾンでCDを買おうとしていて、輸入版にするか、国内版にするか、迷っていたんです。
これで音について安心したので、安い方の輸入版を買うことにします!

本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/01/27 11:48

こんにちは。



私は旅行が好きで欧米に良く出かけるのですが、
必ずと言って良いほど現地のCD屋に出かけます。

そして日本版と海外版を聞き比べたりしています。
「SADE」が好きなので、例としてお話しすると、
旧作ではEPICから出ているオリジナル(日本で言うと輸入盤)のほうが、日本で出してる同じアルバムより音が良いです。
マスターをプレスする人の趣味趣向だと思うのですが、現地で買ったものの方が深みがあって聞きやすいです。

ベスト盤は(ソースが解らないので)論外ですが、
リマスターしていない新譜を購入するのであれば、結構侮れないですよ^^。

私はヲタク体質なので「矢井田瞳」や「倉木麻衣」の向こう版を買いにロンドンのお店に行ったりしていますが、「倉木」に関しては、後に日本で発売されたものより聞きやすいです。
最後は個人の趣味ですけどね。

日本製が一番だと思わないほうが良いです^^。
ご参考まで。

この回答への補足

回答本当にありがとうございます!

なるほど!その行動力凄いです。私もそういう風に旅をしてみたいものです、羨ましい。。。

メタルCDだとかなりメジャーで売れていても、日本と違って音が極端に悪かったりする場合があるんですが、日本のメジャーバンドは、どれも今の音はほとんど良質と感じていたので、日本製が一番だと正直思いがちでした。気をつけます。


質問なんですが、音というのはバンド作者の腕にもよると思いますが、やはり会社(レーベルと言えばいいのでしょうか?)の影響をもろに受けるものなんでしょうか?
さきほども言いましたが、外国のメタルバンドだとそれがハッキリとわかるぐらい極端なんです。
これはなぜなんでしょうか?日本だとメジャーとしてデビューして、販売されたCDはどんなバンドでも音がいい、少なくとも極端な差はないと感じるのですが・・・
気のせいでしょうか^^;

それと、元々は外国でしか販売していなかった輸入版を国内版として販売するとき、日本側が音に関して手をいれたり、変えたりすることもあるんでしょうか?
具体的にそこらへんのことを是非知りたいのですが><


補足願いたいです。よろしくお願い致します。

補足日時:2006/01/27 11:07
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国内盤と輸入盤の違い(CD)

このコーナーでよかったのかな?

私は洋楽が好きでオークションでよくCDを買うのですが、国内盤と輸入盤、どうしても国内盤のほうが人気がありますし、自分でもなぜか輸入盤の方は避けてしまいます。(理由は分かりません)

さて、入手経路の問題は別として、この二つの違いは何でしょうか?
例えば

音質が違うとか、ジャケットの中が簡素だとか、使っているメディアの質が悪いとか、再生できないプレイヤーがあるとか。

詳しい方教えてください。
自分の欲しいCDが輸入盤しかないのが多いので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国内盤派が多いので、ここで輸入盤派の意見を。

輸入盤というと語弊があるのですが、たとえば、アメリカの音楽家のCDですと、アメリカ盤が原盤になります。ヨーロッパの音楽家のCDですと、EU盤が原盤です。

この原盤という考え方が大切なのです。

音楽家は、個々の曲だけではなく、ジャケット、裏ジャケット、ライナーノート、そして、収録されている曲順、曲目、すべてを通して一つの作品に仕上げます。

たとえば、裏ジャケに日本語が書いてある、それだけでもう、原盤とはかけ離れた別物です。ライナーノートに解説があるなんてもってのほか。

一番悪いのは、ボーナストラックです。

音楽家が、1曲目から最終曲までを通して聴いたときに一つの大きな作品になるように仕上げているのに、これに、音楽家ではない、別の人が手を加えて別のトラックを入れてしまうなんて、もう原盤の名残すらなくなっている、全く別物であると考えることができます。

CDは曲の集合体ではないのです。ひとつが作品として成立しているのです。ボーナストラックが欲しければ、シングルを買う、これが正しい姿勢です。(私はヒップホップしか聴かないので、12インチシングルはよく買います)

このように、輸入盤・国内盤という概念ではなく、「原盤か各国カスタマイズ盤か」という視点で見てください。後者に価値がないことが分かります。

ちなみに、音質については、やはり原盤は、元のプレス・マスターCDそのままからCDをプレスしているので、プリマスタリング後のデータに最も近い形でプレスされますが、各国カスタマイズ盤は、それに手を加えてからプレスするということで、一段階経る工程が多い分、音質の低下の原因になると考えることもできます。

国内盤派が多いので、ここで輸入盤派の意見を。

輸入盤というと語弊があるのですが、たとえば、アメリカの音楽家のCDですと、アメリカ盤が原盤になります。ヨーロッパの音楽家のCDですと、EU盤が原盤です。

この原盤という考え方が大切なのです。

音楽家は、個々の曲だけではなく、ジャケット、裏ジャケット、ライナーノート、そして、収録されている曲順、曲目、すべてを通して一つの作品に仕上げます。

たとえば、裏ジャケに日本語が書いてある、それだけでもう、原盤とはかけ離れた別物です。ライ...続きを読む

Q国内盤と輸入盤はどう違うの?

最近、洋楽に興味をもち始めて、ネットでCDを買ってみようかなと考えているのですが、国内盤と輸入盤があり、どっちを買ったらいいか迷っています。

そもそも、国内盤と輸入盤はどう違うのでしょうか?
曲の中身は同じですか?
輸入盤も日本製の一般的なプレーヤーで再生できますか?
一般的に輸入盤のほうが国内盤より安いのですが何故でしょうか?変に安いと警戒してしまいます(笑)

また、ネットでCDを買う時の注意点・おすすめのショップなんかもあれば教えてください!!
やっぱりAmazonやHMVが安全でしょうか。

Aベストアンサー

まで出ていない国内盤と輸入盤の違いを。

ずばり音質が違います。
どちらがイイかは好みの問題なのでなんとも言えないんですけど、国内盤の場合はレコード会社から届いたマスター音源を、日本でCD化するために改めてマスタリングをし直すのだそうです。
その際に、マスタリングの担当者(プレス工場の技術者)が日本人好み?って言ったらおかしいですけど、音質をいくらか改善するんだそうです。

以前、こういった音質の違いの質問があった際に他の方の書き込みを読んだのですが、J-POP系のアーチストなのに国内盤を買わずにわざわざ輸入盤を買っているという方もいました。輸入盤の音質の方が好みなんだそうです。
ボクもアーチストによっては日本盤と輸入盤の両方を買うこともあります。日本盤は歌詞や解説が細かいのでありがたいのですが、音質はメリハリがはっきりした輸入盤の方がいいときもあるんで。

その他にはCDメディアそのものの盤の質も違うようです。
誕生して20余年のCDですが、盤によっては発売から20年経過したCDで再生が出来なくなっているものもわりとあるようです。
はっきり調べていないのでわかりませんが、ボクのまわりででイタリア盤など欧米のCDで再生不可になったものが何点かあるという方がいました。
接着に使っている薬剤に空気が混入してCDの中にカビが派生したとか、反射剤の反射率が経年劣化して再生できなくなったとか、いろんな例があるようですが、この点はたぶん日本製の方が勝っていると思います。

どのショップで買うかは、タワー、HMV、amazonなど有名な通販だったらまず問題はないと思いますよ。
値段は発売直後だったらアメリカ盤はamazonが安いことが多いですけど、HMVは数点まとめて買ったら○○%オフなどのキャンペーンをよくやってますし、タワーはポイントが二倍になるなど、こちらはこちらで得なときもあるので、取りあえず同じ商品の値段を比較するといいと思います。
他には送料がそれぞれ違うのと、○○円以上は送料無料になっている場合がほとんどなので、それも考慮した方がいいんじゃないでしょうか。

あとは日本盤は輸入盤よりも高いので、ボーナストラックがある場合も多いです。場合によっては米盤、欧州盤、日本盤で収録内容がちょっと違うなんてこともあるので、よく調べてから買った方がいいと思います。

まで出ていない国内盤と輸入盤の違いを。

ずばり音質が違います。
どちらがイイかは好みの問題なのでなんとも言えないんですけど、国内盤の場合はレコード会社から届いたマスター音源を、日本でCD化するために改めてマスタリングをし直すのだそうです。
その際に、マスタリングの担当者(プレス工場の技術者)が日本人好み?って言ったらおかしいですけど、音質をいくらか改善するんだそうです。

以前、こういった音質の違いの質問があった際に他の方の書き込みを読んだのですが、J-POP系のアーチス...続きを読む

QCDの音質

質問です、宜しくお願いします。
以前、「音楽ソフトであるレコードの場合、
音質的には比較すればヨーロッパの輸入盤(特に英国盤)が最高で、
米盤、日本盤はその次とされていますが、
CDの場合もやはりヨーロッパの輸入盤の方
が音は良いのでしょうか?」
という質問を他所でした所、
「 電圧が違うから厳密に言えば欧米の媒体
(輸入盤とかそうゆう事ではなくマスターテープの録音を行なっているスタジオが欧米かどうか)
の方が音質は良い筈。
電圧が高い方が音声の波形の振れ幅が広いため、Dレンジが感じ取り易い」と言う回答を頂きました。
しかし、現実に、レコードの場合同じ海外録音の輸入プレスと国内プレスで音が違うのは私には感じ取れます。
(自慢するわけでは有りませんが装置には30万位、最盛期には50万位掛けていましたからその位の差は出ます)
現在の所、輸入CDと国内CDとではどちらが
音質は上なのでしょうか?
LPは現在約100枚有り、比較しやすいのですが、
CDは恥ずかしながらまだ10枚強なのでまだよく判りません。
今後のCD購入の際の参考にさせて頂きたいのですが・・・

質問です、宜しくお願いします。
以前、「音楽ソフトであるレコードの場合、
音質的には比較すればヨーロッパの輸入盤(特に英国盤)が最高で、
米盤、日本盤はその次とされていますが、
CDの場合もやはりヨーロッパの輸入盤の方
が音は良いのでしょうか?」
という質問を他所でした所、
「 電圧が違うから厳密に言えば欧米の媒体
(輸入盤とかそうゆう事ではなくマスターテープの録音を行なっているスタジオが欧米かどうか)
の方が音質は良い筈。
電圧が高い方が音声の波形の振れ幅が広いため、Dレン...続きを読む

Aベストアンサー

>よく見ると皆輸入CDの方が安いんですよね・・・  円高のせいですか?

そうではありません、国産がUS盤やEU盤(含むUK盤)に比べて高いのと、
彼の地では、再販する度に価格が下がります。
レコードでもカット盤なんて、廉価盤がありました。そんな感じです。

国内盤はサービストラックが付いていたり、ライナー(訳詩など)が有りますから
それなりにコストが掛かるのでしょうが、それでもちょっと高過ぎだと思います。

何を持ってアナログが一番と云うかがありますが、
私はボーカルものを主に聴きますが、声の質感やタメなどがCDでは難しいのです。
(おなじCD&レコードで聴き比べるとよくわかります)
しかも機器的に良い音を求めると、CDはアナログの2~3倍コストが掛かります。(-_-メ)
但し、定位感やサウンドステージはCDの方が上かも知れません。
また、新譜は一部を除いてレコードで手に入れられませんから~新しい音楽も聴きたいですしね。

PS:エンヤはレコードで持っております、ネットで探せる時代ですから。。

Q海外アーティストのCDの日本版と海外版の違いは??

アマゾンドットコムなどで日本版と海外版が両方うられていますよね。
値段が結構違うのですが、内容に違いがあるのでしょうか?
海外版の方が安いのはなぜなんでしょうか?
 知っているかたいましたら
教えてください!!

Aベストアンサー

まったく違いのないものもありますが、日本版では、特典として下記のようなものをつけることが多いようです。

・日本語訳歌詞カード付属
・ボーナストラック収録
・CDエクストラ仕様でパソコンに入れるとプロモなどが見られる

輸入の方が安いのは単純に海外でCDが安く売られているからです。

Qなぜ、古い音楽CDは音量が低いのですか?

氷室京介さんの1988年のデビューアルバムと、最新の2010年発売のアルバムを同時に聴いてみたところ、音量が1.5倍くらい違いました。

また、それに伴って音の重厚感や解像感が違います。88年の方でも音量を上げれば音質は良いのですが、やはり最新の方が迫力があるというか、音にキレがあります。ただし少しうるさい感じもします。

なぜ、CDは時代によって音量が違うのでしょうか? コンポとか再生機器が変化したことが関係ですかね?

また、上のタイトルは2003年のリマスタ盤だとさらに音質は良いとのことです。88年当時でもCDはデジタル制作だったと思うのですが、そのあたりの技術上での進化について簡単に教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

ラウドネス・ウォーと呼ばれるものです。
簡単に言えば『音を大きくすれば良い音に聞こえる』ってことです。質問者さんも書かれているように、音圧の高いCDの音は、ぱっと聞いたところ音が良く感じますが、昔の音圧が高くないCDも、ボリュームを上げれば同様の良い音になります。

『音を大きくすれば良い音に聞こえる』というのは人間が持っている特性ですので、その事自体が悪いことではないのですが、それを逆手に取ってCD(録音)の音圧を上げて音を大きくすることで、音の良いCD(録音)だと消費者に思わせようとする業界のトレンドがあり、これをラウドネス・ウォーと呼びます。

2つのCDの違いは何かというと、普通に音圧を上げるだけだと大きかった部分が録音の最大値を超えてしまい割れた音になってしまいますので、音圧の大きい部分の上げ幅は小さく、音圧の低い部分の上げ幅は大きくするように音圧を上げます。編集でコンプレッサなどと呼ばれている技術です。すると録音された音は小さい音も大きく大きい音も潰れず大きく、全体的に大きな音になり、大きい音は良い音だということになるのです。
ところが上記のように小さい音と大きい音との差が小さくなってしまうので、ダイナミックレンジが小さくなっている訳です。平坦な音とも言えます。

本当に耳の良い人なら、昔のCDをボリュームを上げて聞いたほうが、ダイナミックレンジが大きい良い音であることが分かるのですが、普通の人はでかいだけの音が良い音だと騙されているわけです。
昔の音源のリマスターなんていうのは、大抵こういうことをやっているモノです。

一部のミュージシャン(私は吉田卓郎しか知りません(彼のCDは持っていませんし聞いていませんが))は、そのような編集をしないようにしてCDを出しているようですが、多くは無いようです。またyoutubeなどの上げられているボレロというクラシックの曲なども、曲の最初はpppのドラムスネアから始まるのですが、いきなりフォルテッシモのドラムスネアが聞こえてくる編集のものが沢山あがっていますので、探して聞いてみると分かりやすいかと思います。

ラウドネス・ウォーと呼ばれるものです。
簡単に言えば『音を大きくすれば良い音に聞こえる』ってことです。質問者さんも書かれているように、音圧の高いCDの音は、ぱっと聞いたところ音が良く感じますが、昔の音圧が高くないCDも、ボリュームを上げれば同様の良い音になります。

『音を大きくすれば良い音に聞こえる』というのは人間が持っている特性ですので、その事自体が悪いことではないのですが、それを逆手に取ってCD(録音)の音圧を上げて音を大きくすることで、音の良いCD(録音)だと消費者に...続きを読む

Qハイレゾ音源とレコードはどちらが良い音?

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅広い音域を有するという事は、ハイレゾ音源とレコードには共通性があると思うのですが、それでもやはりレコードと比べてもハイレゾ音源の方が良い音質なのでしょうか。もしレコードよりもハイレゾ音源の方が良い音質の場合、具体的に数値上で言うとどのくらいの差なのでしょうか。微々たる差なのでしょうか。それとも圧倒的な差なのでしょうか。

またこれとは別に、数値上はCD<レコード<ハイレゾ音源の順に音が良いとしても、音声信号の種類はCDとハイレゾ音源は「デジタル音声」なのに対しレコードは「アナログ音声」ですが、聴こえ方と言いますか、聴いていて快感に感じるのはハイレゾ音源とレコードのどちらなのでしょうか。もちろんこれには個人差もあると思うので一概に言えないと思いますが、この点も併せて御回答お願いします。

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅...続きを読む

Aベストアンサー

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIFで再生音をPCに取り込み、波形編集ソフトで表示してみると、波形がものすごく汚れています。音に歪みが載っている証拠です。

しかしその歪みこそが、生々しさ、迫力、温もり、潤い等々、物理特性では説明できないLP独特の味わいの秘密のようです。こうなるともはや、良し悪しではなく好き嫌いの問題でしょうね。

ただ、LPで困るのはCDと違って製品ムラが多いことです。

ベテラン技師が細心の注意でマスタリング~カッティングしたLPは天上の音楽かと思うほどの美音を奏でますが、雑に製作されたLPの音は雑音でしかありません。

また、ていねいに製作されたLPも、レコードプレーヤーの性能が不十分だったり針が摩滅していたりすると、スマホやガラケーのスピーカー以下の音しか出しません。

CD&ハイレゾ=デジタルの再生音は平均してそこそこいい音だが、極端にいい音はない。LP=アナログは、いいものは極端にいいが、悪いものは極端に悪い。これが結論です。

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIF...続きを読む


人気Q&Aランキング