【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

下のトマス・ハーディの小説の中から、代表作を3つ挙げるとしたら、どれが代表作にあたるでしょうか?

ダーバーヴィル家のテス
ラッパ隊長
帰郷
恋の霊
カースタブリッジの町長
エセルバータの手
微温の人
塔上のふたり
日陰者ジュード
狂乱の群れをはなれて
青い瞳
緑樹の陰で
窮余の策
森林地の人びと

gooドクター

A 回答 (1件)

◆あなたが英文科の学生なら


・『狂乱の群れを離れて』(1874)・・・初期代表作
・『帰郷』(1878)…中期代表作
・『日陰者ジュード』(1895)…論争を巻き起こし、結果的にハーディが小説をやめることになった作品

◆あなたが一般人で有名なものから読みたいのなら
・『ダーバヴィル家のテス』(1891)…「テス」のタイトルでナスターシャ・キンスキー主演で映画化もされた。文句なく最も有名。
・『日陰者ジュード』
・『狂乱の群れを離れて』…「遙か群衆を離れて」のタイトルで映画化もされた

◆邦訳が手に入れやすい代表作なら
・『ダーバヴィル家のテス』…あるいは『テス』として岩波、ちくま、いろいろ文庫になっている
・『カスターブリッジの市長』(1886)…円熟期の長編。潮文学ライブラリーから出ている。
・『日陰者ジュード』…『日陰者ヂュード』というタイトルで岩波文庫から出ている。

◆おまけ
『青い眼』(1873)…「ただ、この素敵な本を読む機会がなかった方に一読を勧める意味で、論理的必然として彼女の脱衣行為が暗示されている、とだけつけ加えておこう」(デイヴィッド・ロッジ『小説の技巧』)

「代表作」というのをどう考えていいかわかりませんが、長編で有名なものといえばこの六つの作品でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
パターンに分けて解説して頂きありがとうございます。

英文科ではないのでまずは邦訳で、初期の「狂乱の群れをはなれて」を読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/01/27 20:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング