スノーボードを4年ぶりに買い換えようかと思って、店に行きました。
そこで、気がついたのが、ソールがツルツルのものとガザガサしているものが
ありました。昔はツルツルのものしか、なかったような・・・?
この二つの違いを教えていただけないでしょうか?
また、ワックスのかけ方は、同じなのでしょうか?
お店の人に聞いても、分からなかったのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ども。



>ソールがツルツルのものとガザガサしているもの

ということですが、ソールに細かい溝が入っているものと
入っていないものということでしょうか。
溝が入っているのは「ストラクチャー加工」という加工がしてあり、
ストラクチャー加工してあるほうが抵抗が減り、滑走しやすいといわれて
います。
 ワックスのかけ方ですが、私もストラクチャー加工してあるものと無いもの
それぞれ数枚ずつホットワックスしてますが、基本的に同じです。
ただ、ストラクチャー加工の場合、溝にワックスがつまり、加工していない
物に比べブラシの時間がかなりかかります。そしてスクレイパーを力を入れすぎるとせっかくのストラクチャー加工の溝が小さくなってしまいます。ですからストラクチャー加工の板にワックスをかけるときは、
スクレイパーは力をあまりかけずにし、ブラッシングを長めにするのがよいでしょうね。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく分かりました。ワックスのかけ方も、大変参考になりました。
また、何かありましたら、よろしくお願いします!!

お礼日時:2002/01/09 01:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滑走面の研磨は毎年するのが理想なのか?

ボーダークロスレースにはまってる者です。
チューンナップについてなのですが、
滑走面のワックスの浸透性を高める為には、何度も繰り返しホットワックスすることが重要だと聞いています。オフシーズンの間は滑走面を保護する意味でホットワックスを剥がさずに保存しておきました。滑走面の傷はほとんど無いです。
この場合は、わざわざチューンナップ屋に持っていって、滑走面研磨してもらう必要は無いのでしょうか?
当然、研磨してしまえば、ホットワックスを繰り返して、ゼロから下地作りをすることになってしまいます。理想的には大きな傷を付けないように、ワックスを切らさないようにだけ管理すれば、滑走面の研磨はずーっとしなくてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ども。6年目ボーダーです。
板の古さと、前回研磨してもらってからどれぐらい経つかが問題だと思います。
滑走面の傷がなければ、それほど気にすることはないはずです。
ホットワックスをかけて滑れる状態にしてから、水を少したらして
指で伸ばして見てください。そのとき水玉が丸くなっていれば、
ワックスはきちんとされています。もしベチョーとなってれば、滑走面
研磨を考えても良いかもしれません。
毎回ワックスされていれば、滑走面はおそらく大丈夫でしょう。
それよりも、エッジ研磨をピンピン(89°-88°)にしたほうが、
バンクでやられなくていいですよ。

滑走面の研磨は、ストラクチャー加工として板を買って1番最初にしとくのが
ベストです。次はそのストラクチャー加工が取れてきたときにするのがお薦めです。

頑張って勝っちゃって下さい。
参考まで。

Qスノーボードのソールの保護目的でホットワックス

今年、初めてスノーボードを買いました。

スノーボードを滑りやすくさせるために、何度もホットワックスを掛けて剥がすというのを繰り返すと思うのですが、
私は、ただ滑って楽しめれば良いと考えており、何度もホットワックスを掛けて剥がすというのは手間が掛かります。

なので、ソールの保護目的でホットワックスを掛けたいと思っております。そこで質問です。

(1)ホットワックスを1回掛けただけでも、ソールの保護はされますか?
(2)ワックスを何も掛けないのと、ホットワックスを1回だけ掛けるのとでは滑りやすさに差がでますか?
(3)ワックスを厚く塗るのと、薄く塗るのでは、どのような差がでますか?

質問に対する回答だけでなく、理由等も書いていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)されます。ただ通常3・4回滑りに行けばワックスは全部剥がれてしまいます。全部剥がれたあとに滑るとソールが痛みます。

(2)もちろん出ます。雲泥の差です。ワックスを塗ってない人は斜面の緩いところで止まってしまい大変な思いをしているかたをよく見かけます。

(3)スノーボードのソールにはストラクチャーと言われる溝が掘ってあります。ワックスを削らないということは、この溝を埋めたままなうえ、デコボコな状態になるため、やはり滑走性能は落ちます。単純に保護目的だけなら良いかもしれませんが、少し本末転倒な感じがします。

質問者様のような方でしたら無理してホットワックスをかけずに、簡易ワックスを行くたびに塗ったほうが良いのではないでしょうか?
私もめんどくさがりなので、ホットワックスはヤル気が出た時だけで基本簡易ワックスを毎回塗っています。

Q(スキー関連)三段滑走とは?

http://www.nicer.go.jp/guideline/old/s26jhp/chap6.htm の中学校(男子)や高等学校(男子)のスキーの部に見える
「三段滑走」とは、どんな滑走法をいうのでしょうか。別名はありませんか。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

記憶違いでしたらごめんなさい。^^;
ノルディックでは大きく分けてスケーティング走法とパスカング走法があったように思います。
スケーティング走法はその名の通り、足をV字に開いてスケートのように進む方法、パスカング走法は推進滑走と段滑走とに分かれます。
さらに段滑走は1~3段まであります。

推進滑走はストックのみで進む方法。
1段滑走は歩くようにスキーに体重を乗せ滑る感覚を養う方法。
2段滑走は1段滑走に推進滑走を組み合わせる方法。
(滑り出した足と同じ方のストックをついて滑る。)
3段滑走は右足で段滑走、左足で段滑走、両足をついて推進滑走。
を繰り返し進む方法。
だったと思うのですが…

Qスノーボード ベースワックス後のスプレーワックス

昨年からベースワックスを始めて、今ベース作り真っ最中です。
知人からベースワックスを頼まれて、ボードを預かっています。

もうすぐベースが終わるのですが、滑走ワックスをかけようか迷っています。
知人にボードを引き渡す日から1~2週間程度してから初滑りするらしいので、その時期まで滑走ワックスの効果が持続するかわからないからです。
そこで思いついたのですが、ベースワックス後のスプレーワックス(例えばガリウムのフッ素入りの物)は意味があるのでしょうか?
自分の経験上、すぐ取れてしまう気もするのですが、ベースが入っていれば持続力が違うのかとも思ったり・・・。

ご回答お願いしますm(_ _)m

ちなみに・・・プロでもないし、仕事が忙しすぎてベースもそんなに気合入れれない現状・・・。
少ないと思いますが、ガリウムの白3回、紫3回程度です(時間があればもう少し頑張ります)。

Aベストアンサー

プロでも競技者でもない週末ボーダーですが、
当方の経験から

基本、ベースワックスの硬い(各社白のやつ?)がしっかり入っていれば、
滑走ワックスはベースワックスの寿命延長みたいなもので、
あえて固形の滑走ワックスをホットワックスしなくてもよいかと。
というか、メーカーのマニュアル通りだとどんだけワックスかければいいのかとw
滑走ワックスまでホットワックスしたらカス出すぎ無駄に金が飛ぶw

かといって、スプレーだと薄すぎて数回も滑走すれば体感できないくらい。

そこで、固形の滑走ワックスを紫あるいは赤、青あたりを生塗して、
コルクで延ばし、軽くブラシで慣らしたあとに、
ペーストワックスを生塗してコルクし、最後のブラッシングしてます。
なぜ最後にペーストかというと、固形分を溶かす成分が入っているので、
少し表面が溶けて全体がなじむ感じがします。
固形ワックスだけだとコルクしてブラシしても艶がありませんが、
最後にペーストすると艶が出て馴染むような。

少なくともスプレーよりはよいし、
ホットワックスほど手間とお金もかからない。
赤、青あたりの固形だと十分生塗できると思います。

ちなみにベースワックスも新しい板、あるいはリームバーしたあとは、
柔らかい色から数回重ねて、白のベースにしますが、
毎回のベースだとかなり負担なので、紫あるいは赤、青なら、
よく生塗してから白にしています。
これだと手間と金も節約。

当方の個人的なやり方です。ご参考までに。

プロでも競技者でもない週末ボーダーですが、
当方の経験から

基本、ベースワックスの硬い(各社白のやつ?)がしっかり入っていれば、
滑走ワックスはベースワックスの寿命延長みたいなもので、
あえて固形の滑走ワックスをホットワックスしなくてもよいかと。
というか、メーカーのマニュアル通りだとどんだけワックスかければいいのかとw
滑走ワックスまでホットワックスしたらカス出すぎ無駄に金が飛ぶw

かといって、スプレーだと薄すぎて数回も滑走すれば体感できないくらい。

そこで、固形の滑走ワックス...続きを読む

Q「滑走ワックス」と「ベースワックス」の見分け方について。

先シーズンに、スノボ用の「滑走ワックス」と「ベースワックス」を購入しました。

今シーズンも使用しようと思ったところ、どっちが「滑走ワックス」か「ベースワックス」か、見分けが付かなくなってしまいました。

というのも、両方ともピンク色をしているので、見た目では全く区別をつけることが出来ないのです…。

どんな方法でもいいので、見分ける事が出来る方法を教えてください。

Aベストアンサー

ガリウムでしたらベースのSS Pinkも滑走用のSSF49も100gありますので、大きさも一緒かと思います。触った感じがぬるっとしているのが滑走用かと思います。見た目は同じピンクでもフッ素が入っている分ちょっと白っぽいかと思います。(くもったピンク色)ベースワックスは本当のピンク色って感じです。

Qスノーボードのソールについて

スノーボードのソールの種類で、エクストルードベースとシンタードべースとシンタード・グラファイトの価格の目安や、特徴についておしえてください!

Aベストアンサー

素材は全てポリエチレンです、シンタードとエクストリュードは製法の違いです。
http://www.geocities.jp/hijikawastorm/sub29.htm

シンタード・グラファイト(単にグラファイトソール、若しくはエレクトラ)はシンタード製法のソールにグラファイトを添加しています。

IMS社のソールだと
エクストリュード製法(P-TEX N-100、P-TEX Dura、P-TEX 1000 等)
シンタード製法(P-TEX 2000、P-TEX 4000、P-TEX 6000 等)
モンタナ社のisoの方は解りません、まあどちらにせよ数字が大きいほど高級品です。
価格の目安はありません、知りたければカタログの隅っこ見るかメーカーに直接聞いて下さい。

エクストリュード
安いソールなので基本的に安物の板に使われる。
ワクシングの有無による滑走性の変化が少ないのでワクシングいくらやっても効果は薄い、全くのノーワックスでも意外と滑る。

シンタード
それなりに高いソール、初心者や初級者用の板に使われることは少ないが無論例外という物はいくらでもある。
ワクシングの有無による滑走性がの変化が大きい為、毎回ホットワクシングしてやる必要がある。
ホットワクシングしない人間には豚に真珠猫に小判。
グラファイトワックスを塗りたくれば簡易グラファイトソールに出来る・・・あまり意味はないけど。

グラファイト
シンタード同様、抜けていくグラファイトを補うために定期的にグラファイトワックスを塗ってやる必要がある。

素材は全てポリエチレンです、シンタードとエクストリュードは製法の違いです。
http://www.geocities.jp/hijikawastorm/sub29.htm

シンタード・グラファイト(単にグラファイトソール、若しくはエレクトラ)はシンタード製法のソールにグラファイトを添加しています。

IMS社のソールだと
エクストリュード製法(P-TEX N-100、P-TEX Dura、P-TEX 1000 等)
シンタード製法(P-TEX 2000、P-TEX 4000、P-TEX 6000 等)
モンタナ社のisoの方は解りません、まあどちらにせよ数字が大きいほど高級品です。
...続きを読む

Q滑走で速度違反すると

郊外の国道をカブ70で走っていたら、たまたまロードスポーツの自転車の練習走行と出くわしました。
下り坂ですが何キロ出ているのか追走したら60キロも出ています。
その国道は50キロ制限です。 私は完全に速度違反になりますが自転車は速度違反にも何にもならないのでしょうか。
カブのエンジン止めてもきつい下りなので滑走だけでも60キロぐらい出そうですが、滑走でもやっぱり違反ですよね。

極端なハナシで、もしカブのエンジン外して登録も抹消して同じ様に滑走して下って60キロ出てもやっぱり違反になるのですか。

Aベストアンサー

こんにちは。
自転車は「軽車両」に当たりますので、当然「速度違反」ですよ。

No.4の方も仰っていますが、本当に細菌の自転車・・・特に「ロードレーサー」と呼ばれる「見た目は正統派」の人達の運転マナーは最低ですね。
おそらくは一部だとは思いたいのですが、見かける時はたいてい」「団体」です。
どこかの個人的、若しくはショップの「クラブ」か、大学の「クラブ・サークル」としか思えません。
みんなの「模範」となるべき人達が、こんな状態では「フリー」の人達も真似をしますよね?

スピード違反は当たり前。信号無視も当たり前。交差点での合図も出さない。
「道交法」を守れないのなら、公道で練習して欲しくないですし、迷惑です。
私の家の近所では、年に一回「こんな連中」の為に、道路封鎖をしてまで「ロードレース競技会」を開催しています。もちろん警察も協力しています。
正直言って、腹立たしいです。普段「道交法」を無視して走っている連中を取り締まりもせず、競技会に協力している警察にも「なんだかなぁ~」って感じですね(ーー;)

Qスノーボードのソールのチューンについて・・・

先日ソールが酸化してきた為にメンテナンス専門のショップにフルチューンをお願いしました。
その後1回滑りに行ったのですが、1日(約15本くらい)滑って帰り際にソールを見ると既に白くケバ立っていました。
チューンしても1日滑っただけでこのような状態になるものなのでしょうか?
それともショップがいまいち?
もうチューンに出しても回復しない程、板が弱っているのでしょうか?

雪質は雪が降っていたせいもあり、フカフカの状態でした。
現在使用中の板はBURTONで4年目です。

Aベストアンサー

チューニング後ホットワックスを重ね塗りしておかないとすぐワックス切れでケバ立ますよ。

TOKO WAX
シーズン前とシーズン中に行うワックスマニュアル (動画)を参考に。

参考URL:http://www.tokowax.co.jp/103.htm

Qシリコーン滑走剤のことについて

シリコーン滑走剤の使い方について教えて下さる方、居ませんか?グリススプレーを使っていたのですが、切らしてしまいシリコーン滑走剤のスプレーがありましたので使えるのなら使いたいと思いましたので。宜しく御願いします。

Aベストアンサー

 鍵穴へグリススプレーをご使用になっているようですが、その鍵穴はシリンダー錠じゃないでしょうね?
 もしシリンダー錠でしたら、注油してはいけませんよ。
 シリンダー錠は鍵の側面のギザギザで、内蔵されている何本もの細いピンを上げ下げして、施錠開錠する構造になっています。
 そこへ注油すると、油の粘り気でピンが動きにくくなり、開け閉めが出来なくなってしまうことがあるのです。
 シリンダー錠の潤滑には黒鉛の粉末がよいそうです。
 

Qソールの傷について(スノーボード)

レールを今年始めたばかりのパーク初心者ですが、ソールに傷がたくさんついてしまっています。毎回、ホットワックスするとある程度傷が消える(?)というか目立たなくなるので、念入りにかけているのですが、それは傷の解決になっているのでしょうか?みなさんはソールの傷はどのように解消していますか?ショップにリペアを出さないで自分でなんとかしたいと思っています…。

Aベストアンサー

私も擦りモノを愛好しております。結果、ソールはもちろんのこと、エッジもひどいことになってます。
私も最初の頃は、ソールの傷が気になり、シーズンオフに自分でいろいろしてましたが、現在は、傷は気にしないことにしてます。
ソールの傷により、何か問題が生じるのであれば、直す必要もあるのでしょうが、実際のところ、見た目の問題以外は、特に問題は無いのではないでしょうか?
体感できるほど、滑走スピードが落ちるわけでもないですし、気にしないのが一番だと思います。
エッジにバリが出るのは、板を持ち歩きする時にウエアに引っかかることもあるでしょうから、ヤスリでバリ取りをした方が良いとは思います。

私の場合は、エッジが破断するまで乗って、買い替えという感じですね。高いお金を出してチューンに出しても、1ヶ月でボロボロになっちゃうじゃないですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報