Windows98、のパソコン
100BASE-TX/10BASE-T、のハブ を使っています。

1週間接続できたのですが、次の日うまく接続できなくなりました。
説明書による注意点は
LANボードの通信モードを全二重を半二重に設定するとのことです。
とりあえず10BASET(Twisted-Pair)にしてみましたが、
他にも値がいろいろあるのでどれにしてよいのか分りません。
教えてください。
他の値
100BaseFX
100BaseFX Full_Duplex
100BaseT4
100BaseTx
100BaseTx Full_Duplex
10Base2(BNC)
10Base5(AUI)
10BaseT Full_Duplex
10BaseT No_Link_Test
AutoSense
があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考になるかと思いますので、回答を書きたいと思います。


2台のパソコンは1週間接続できたんですよね?
つながらなくなった日、もしくは前日に、何か(例えばドライバーの更新とか、通信モードの変更とか)しませんでしたか?
原因はそこにあると思います。
解決策ですが、2台それぞれの環境に依存しますけれど、一番無難なのがAutoSense(10M/100Mの切り替えを自動でお任せ)にするのがいいと思います。
LANボードの設定をそのまま当てはめると、100BaseTxになります。(本当は10BaseT Half_Duplexか10BaseTがあればベターなんですけどね。)
2台とも、それぞれにいえることなのですが、最速を求めるなら100BaseTx Full_Duplex(100Mbpsの全二重通信)にするのがいいのですが、AutoSenseにしてお任せするのが楽でいいです。
参考にしていただけると幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10mbps/half Duplexや100mbps/Full Duplexとはなんでしょう?

少しでもインターネット環境を速く設定したいのですが、ランカードの設定で10mbps/half Duplexや100mbps/Full Duplexとはなんでしょうか?今まではautonegotiationとなっていました。たいして変わらなくても一応100mbps/Full Duplexを選んで固定しておいた方が良いのでしょうか?またその他設定にあるoptimal performanceとは何のことでしょうか?enableにした方が良いのでしょうか?
ちなみにランカードは
Realtek RTL8139/810x Family Fast Ethernet NIC
でルーターを使っています。ADSLのPPPoe接続で2mくらいの速度です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にはまぁ別にAutoNegotiation、自動選択でいいです。
下手に固定する必要は無いでしょうし、固定すると場合によっては障害が出るかもしれません。

10Mbps/HarfDuplexとは、10Mの測度で、半二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E58D8AE4BA8CE9878D.html
要するに、上りか下りしか一度に通信を扱えません。
100mbps/FullDuplexとは、100Mの測度で全二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E585A8E4BA8CE9878D.html
上りも100M、下りも100Mです。

じゃ、FullDuplexで固定でいいじゃん、と思うかもしれませんが、機器が対応してないと通信できなくなります。AutoNegotiationなら、自動的に対応機器側に合わせてくれますから、いちいち設定する必要は無いでしょう。
「optimal performance」は、パフォーマンス最適化という項目です。現在Enableですか?Disableですか?Enable(有効)でいいと思いますが、場合によって障害が起きることがあるので、その場合は無効にするのが良いでしょう。まぁ試してみればいいんじゃないかと。おそらく、その速度ではあまり変化は無いんじゃないかと思いますが。

しかし、LANカード側であんまり弄っても多分速度大して上がんないと思いますよ。ボトルネックが何処にあるのかをきちんと調べて、そこを集中的に改善しないと速度が上がる効果は見込めません。手当たり次第にいじってもしょうがないので、勉強しながら「自分の場合は何処が原因なのか?」というのを探るのが良いと思います。

今回の場合は、触る必要はまったく無い部分についての質問だと思います。おそらくは、そのネットワークでの最大の速度低下要因は、電話局からモデムへの経路か、モデム自身か、ルータの可能性が高いと思います。まぁ、構成書いてないんでちょっとカンですけど。

ちなみに、ADSLモデムって安定動作のために速度を落としても上げる事は無いらしいんで、時々再起動してあげると少し速度上がったりします。

基本的にはまぁ別にAutoNegotiation、自動選択でいいです。
下手に固定する必要は無いでしょうし、固定すると場合によっては障害が出るかもしれません。

10Mbps/HarfDuplexとは、10Mの測度で、半二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E58D8AE4BA8CE9878D.html
要するに、上りか下りしか一度に通信を扱えません。
100mbps/FullDuplexとは、100Mの測度で全二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E585A8E4BA8CE9878D.html
上りも100M、下りも100Mです。

じゃ、FullDuplexで固定...続きを読む

Q10BASE/100BASE混在の速度変化は?

私は今、10BASEのハブしか持っていないので、今度100BASEに変えようと考えています。

そこで悩みなのですが、
100BASE環境の中に一個でも10BASEの機器が混じると、LAN全体が10Mに合わせて落ちてしまう、ということを聞きました。

実はLANの中に古いマックやNECのPC98があります。
これらは100BASEにできないのであきらめていますが、ここからが質問の本題です。

新しい100BASE環境で快適に100M接続中(ファイル転送中)に、LANの中で誰かが古い10BASEのMACやPC98を起動してしまったら、その途端にがたん!とLAN全体の速度が10分の1に減速してしまうのでしょうか?
(その瞬間に、100Mで転送途中だったマシンに障害が起きるでしょうか?)

Aベストアンサー

現在入手可能なハブはほとんどスイッチングハブですから、混在しても問題ありません。全体が落ちてしまうことはありません。

10Mの機器と通信を行う機器の間の通信は10Mに落ちますが、それ以外の機器間の通信は100Mで行われます。

Q10Baseと100Baseが混在する環境での障害、注意点を教えてください

デュアルスウィッチングハブを利用して10Baseと100Baseが混在する環境を作っています。
その混合環境での注意点とか障害報告があったら教えていただきたいです。(そういった情報が多いサイトも紹介してほしいです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり細かい話になりますが。

デュアルスピードハブには
・オートセンス方式
・オートネゴシエーション方式
の2種類があります。

この2つが混在するとかなり厄介です。最悪の場合はネットワークにつながら
ないというような障害がでます。

出来ればこのような混在は避けるべきです。しかし、すでに導入されていてど
うしようもないこともありますので
・オートセンス式は自動検出にしない
ことが重要となります。まあ、このような場合はNICの設定でハブの速度に合
わせてしまうのが一番です。

また、ハブにも細かい設定が出来るものもあるのですが、設定する際はハブの
設定とNICの設定をあわせておくことが重要です。

Q10BASEtについて

 10BASEーtは100Mまでリピータ(など)なしに通信することを保証しているそうですが、実際はどのくらいまで出来るのですか?
 つまらない質問ですがお願いします・・・

Aベストアンサー

環境やケーブルの品質によって、限界がより短くなるケースはあります。

ただ、理論的にそれ以上長くなる事はありません。
といっても、より長くなったから急に繋がらなくなるとかそういう物でも無いんですけどね。

リピータは減衰した信号を増幅しますが、この増幅無しに信号が届く(読み取れる)距離の限界という意味合いですね。
まあ、多分110Mくらいのケーブルが例えばあったとして、それを挟んでPC同士が通信したとすると、多分繋がらない事は無いでしょう。
ただし、本来出るはずのスループットは出ないでしょうね。
伝送路品質が非常に悪くなる為に、エラーによる再送などが頻繁に行われるからです。

100Mまでは保証しているとはいえ、一般にケーブルは短いほどいいと言われます。
限界まで長く伸ばすのは、あまり良いケーブリングとは言えません。

ん~、もう少しきちんとした説明が出来る方、いらっしゃたらフォローお願いします。

Q100BASE-TXと10BASE2について

質問させていただきます。
当社のネットワーク(社外とは接続しない)は2Fと4Fを10BASE2で接続し、それぞれのフロアーにHBUをつけ、PCへは10BASE-Tで接続しています。この度、PCを入れ替えることになったのですが、最近は100BASE-TXが標準になっています。そこで、HUB、10BASE2、10BASE-Tケーブルはそのままで、100BASE-TX搭載のPCが利用できるのでしょうか?それともケーブルを張り替えなければダメでしょうか?ちなみに、ネットワークのトラフィック量は非常に少ないので、スピードは重要視しておりません。

Aベストアンサー

No.3の回答者です(ハイフンのつく方の-boya-です)

ハブにオートネゴシエーションの機能が無い場合、100Mbpsの
PCがハブに認識されない可能性があるということです。
(Linkランプがつかないです。)
10Mbpsで通信するのであれば、カテゴリー3のケーブルでも
可能だとは思いますが、、、最近はあまり見ないので試した事はありません。

ハブはスイッチングじゃないものでもオートネゴシエーションが
ついていれば使えるはずです。ただ、スイッチングも最近は
かなり安いので、私もスイッチングハブをオススメしますね。

例えば、、、2階は2階の人同士、4階は4階の人同士で通信をする場合、
フロアまたぎの部分(10BASE-2の部分)に余計なトラヒックが
流れないので、使い方によっては早くなるかもしれません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報