初めて質問させていただきます。
トヨタって、この不況の中でも連結経常益1兆円(2001年3月期)を越え、
日本企業で最高となっています。国内外での新車発売の好調と徹底したコスト削減によってこの様な結果になったのだと思いますが、みなさんはトヨタの経営の強みってなんだと考えますか?
トヨタの奥田会長は人間尊重の経営が必要と言ってますが、みなさんが感じる
トヨタの経営の強み、もしよかったら教えてください。
またトヨタの経営でこのような点を改善していけばよいのでは、と思う所もあったらよろしくお願いします。
*トヨタの人間ではないので、深追いはしたくないので率直な意見だけで結構です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

忘れましたが、トヨタの経営方針?のなかで、必要数しか在庫は


持たないってのがあるんですよね。
作ってる途中の商品が残ると、結局それは在庫で残るだけだから、
作る段階から「必要なだけの材料を集め」集めた分しか作らない
ってやつ。
takknさんの『カンバン方式』だったかなあ?
色んな企業で活用してる方法らしいですけど。
今日作る分のみしか材料は入荷しないという、徹底したやりかた。

私もトヨタ車に乗っていますが、営業さんは良いですよ。
たまたまかもしれないけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。(-^〇^-)
カンバン方式 これは、いたって単純のようだけれども最も素晴らしい
やり方ですよね。このような徹底したコスト削減も成功してる要因なのかも
しれませんね。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/05 03:16

カンバン方式、ジャストインタイムなどの効率化努力がよく取りざたされますが、私は高級車分野でのデザインやマーケティングに成功していることが大きいのではないかと思ってます。


セルシオ、クラウン、マジェスタ、アリストなどの高級車は利幅がとても大きいそうですね。国産のこの分野では「いつかはクラウンに」というコピーが流行りだしたころからトヨタの独壇場になってますね。
製品の利幅が大きい、この分野での成功が全体の競争力を高めているのが大きな強みになっているように思います。
製造業はやっぱり製品の魅力が一番重要ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。高級車分野での成功も大きいと自分も感じました。新型セルシオが発売される時に、デザインがまだ発表されていないのに、セルシオなら安心!というユーザーがたくさんいて予約が殺到したのもやはり
トヨタの強み並びに、ここなら安心というブランドネームがあるからなんでしょうね。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/04 23:23

会社経営の面はmiDumoさんがほぼパーフェクトに答えられているようなことと私も思います。

ここに販売面をつぎたしたいとおもいます。
トヨタ車は、過去にさかのぼっても、じみちなファンがやはり多いのも少しあるかと思います。
あと日産などがやっている長く安心して乗ってもらうためのマイレージサービスとは正反対に買い換えをスムーズにさせるためのリースサービスなど3~4年おきに新車に乗り換えさせるサービスなどが売り上げにかなり貢献しているのではないでしょうか。
と言うのも中古車ディーラーを見て回ると分かると思いますが。取り扱い車種が断然トヨタ系の車両でほとんどです。それだけトヨタ車の乗り換え率が高いと考えられないでしょうか。
買い換え時期にちょ~どやってくる、マイナーチェンジやフルモデルチェンジもユーザーに飽きさせない企業努力でもありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
やはりファンが多いというのはわかる気がします。
”トヨタ”というブランド名で車を選んでいる人もいるのではないでしょうかね。
3~4年で乗り換えられるリースサービスは、かなり売上アップに効果ありですね。
ほんとうにありがとうございました。(‐^▽^‐)

お礼日時:2002/01/04 23:17

やっぱり人員管理と作業効率の研究とかじゃないでしょうか?



20世紀に入って2度目の産業革命はフォードに代表される”流れ作業”の
確立ですが、日本型企業の多くは高度経済成長後バブル崩壊後も、この
産業フォーディズム(流れ作業至上主義)の欠点に気がつかなかった。

流れ作業は生産過剰による在庫過剰という欠点と、それ以上に、
「人間の機械化」という大きな失敗を含んでいたということです。

人間は機械じゃない。単調な仕事に飽きてくる。そうすればいずれ作業効率は
落ち、会社は崩壊する。

だけど、早い段階でトヨタは流れ作業の「単能工方式」
(一つの作業しかしない)の持つ危険性に気づいて、
あらゆる部署で、各人に責任を持たせ任せる多能工方式を取り入れていた。
この単能-多能転換期に社の効率は一時期下がったけど、すぐに、
時間:生産性の割合は以前より良くなった。

そして空いた時間に社員の精神的開放プログラムを宛てて、社の原動力の維持を
推進していた。そうすることで社のモチベーションも上がり開発、生産、販売、
全部の部署で効果が上がるというわけ。

退屈な押しつけられた流れ作業より、責任有る多様な生産方式。
人間って、機械じゃないですから評価されないと伸びないです。
イイ職場体制と福利厚生。

やはり個人の開放的精神の集合がイイ企業体質を作るって事でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明けましておめでとうございます。
早速のお返事ありがとうございました。空いた時間に社員の精神的開放プログラムを宛てて、社の原動力の維持を推進していたなんて全く知らなかったです。
すごく勉強になりました。
”人間は機械じゃない”すごくいい言葉だと感じました。
やはり人員管理は大切ですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/04 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろある

みなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろあると思いますが。

Aベストアンサー

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があると考えがちですが。
しかし労基法などの法律上は、むしろ正反対であって、「労働者の権利を手厚く保護し、経営者には重い責任を課している」と考えるべきなんですよ。

ほかにも商法や税法など、経営に関わることは、法律でがんじがらめです。
経営学とかマーケティングなども重要ながら、そう言うのは、スポーツで言えば技術,テクニックであって。
そう言うものを習得する以前に、そのスポーツの「ルール」を知らなければ、競技資格が無いと言えます。

経営者は監督であり選手でもあって、審判ではないです。
従い、経営者が法律家である必要はないものの、審判的な考え方などは知っておかねばならないし。
少なくとも選手(一般的な労働者)と同レベルの知識では、話にならず。
まして監督が選手以下の知識,知恵だと、そんな監督が率いるチームは、勝負になりません。
実業の世界で言えば、必ず問題を引き起こしたり、経営する企業や店を潰すことにもなりかねません。

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があ...続きを読む

Qみなさんが経営上役に立つ!と思ったサイトをご紹介ください

経営についてはまだまだの者です。
いろいろ情報収集しているのですが取りこぼしているものも多々あるように感じられます。みなさんが役に立つ!とお考えのサイトがございましたら教えてくださいませんか。よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

会社経営者ではありません。 あしからず。
一応、ココ。(参考URL上段) 検索エンジンみたいな感じに、たまに使って
おります。

下段はお勧め新聞のPRトップページ。 週3回でページが少なく薄い新聞ですが、
写真やカラーグラフなどをふんだんに取り入れわかりやすくなっています。
「流通」に関することがメインなんですが、雑学の知識も身につきます。
私も、休日に図書館へ立ち寄り読んでました。 経営に直接役には立ちませんが、
商談において、話題づくりのネタ元にはなります。 これをお勧めします。 

参考URL:http://nikkei.goo.ne.jp/,http://www.nikkei.co.jp/rs/top/

Q経営者と経営会社間の取引

どういう風に質問すれば良いのかイマイチわからないのですが、経営者が経営している会社に自分の開発したシステムを売るということはできるのでしょうか?
(経営者はプログラマーで、システムは会社経営を始める前に作ったもの)
ちなみに、そのシステムには既に一般不特定多数の顧客が付いているため、会社側はシステムを購入すればすぐにでも利益をあげることが可能ですので、経営者による不当な取引にはならない気がするのですが。

Aベストアンサー

経営者といえば「取締役」になっていると思いますが、取締役が自社と取引することは商法(の265条?)で禁止されています。
ただし、取締役会の承認があれば許されますから、「取締役会」の議案に挙げて承認された旨の議事録を残してから、売買してください。

Qユニークな経営、優秀な経営

市場評価、戦略のユニークさ、経営者の優秀さなどから
考えられる、ユニークな経営、優秀な経営をしていると
考えられる企業を探しています。
メジャーな企業よりはマイナーな企業の方がよいのですが
何かお薦めな企業などありますでしょうか?
参考URLなども教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして。
私のお薦めは「株式会社武蔵野」さんです。
社長小山氏の経営力というか発想にはよく驚かされます。
有名な方なのでご存知かもしれませんが、参考までに。

株式会社武蔵野HP
http://www.musashino.co.jp/

↓ここに小山社長のコラムが掲載されています。(お薦めです!)
http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/

Q経営品質に関する文献(デミング賞、ISO、日本経営品質賞)

 アメリカのマルコム・ボルドリッジ賞が国家的な産業構造の改革につながったことがよく言われますが、MB賞は元はデミング賞をモデルにしたと聞きます。
日本ではなぜ経営品質の同様の効果があがらなかったのか、短期間で(付け焼刃的でも)学びたいと思っています。

 参考になる文献を教えてください。
 ちなみに英文は読めません。
 日本の文献は、どうしても日本経営品質賞などに参画している人の著書が多く、日本に対して甘い目で見ているので、多少批判的なものが書かれている物がいいのですが、、、

Aベストアンサー

 1980年代に日本企業がJAPAN AS NO,1といわれたのには、デミング賞を獲得するための品質管理(QC)、全社的品質管理(TQC)を行ったことが大きな要因であるといわれています。
 TQC(全社的品質管理、現在はTQM)は、終戦後、GHQによって品質の不良を軽減する統計学の応用として導入されたことが始まりです。60年代の日本企業の<安かろう悪かろう>のイメージを覆すために多くの企業で活用されました。
 しかし、オイルショックによる、生産の効率化が求められるようになり、利益確保のためのQCという意味合いでも使われるようになり始めました。品質のためのQCから、コストも削減できるQCへと変化し始めたのです。
 競争が激化し始めた1980年代においては、品質だけでなく低価格化も問われた時代だったため、コスト削減が必要となったのです。
 その後、コスト削減の要因の方が強くなりすぎて、本来の品質のためのQCではなくなったのではないでしょうか。
 また、もう一つ考えられるのは、デミング賞の存在です。日本という国は、いい大学に入ってしまえばそれでいい!というイメージがありますよね。このように、一度○○をしてしまえば、そこで満足。というのが、デミング賞にとってもいえるのはないでしょうか?<デミング賞を受賞した>という肩書きを得ることに満足してしまい、その後、品質に関するアクションが薄れすのではないでしょうか。
 これに書いてあることなんか、どうでもいい!MB賞と日本企業について知りたい!と思われるのであれば以下の文献を参考にされてはどうですか。
 
SRIC REPORT 98 Vol,3 No,3(通巻第11号)
1~4ページの日本企業経営の特質と課題
 ~全米クエスト会議に参加して~ 松並英一著
 1998年6月10発行
編集・発行 株式会社三和総合研究所 
 電話番号03-3572-9030

 1980年代に日本企業がJAPAN AS NO,1といわれたのには、デミング賞を獲得するための品質管理(QC)、全社的品質管理(TQC)を行ったことが大きな要因であるといわれています。
 TQC(全社的品質管理、現在はTQM)は、終戦後、GHQによって品質の不良を軽減する統計学の応用として導入されたことが始まりです。60年代の日本企業の<安かろう悪かろう>のイメージを覆すために多くの企業で活用されました。
 しかし、オイルショックによる、生産の効率化が求められるようになり、利益確保のためのQCという意...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報