『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

クッキーにレーズンを入れる時、レーズンをお湯でふやかした方がいいのでしょうか?

クッキーを作る時にそのままレーズンを入れていたのですが、出来上がりのレーズンがいつも固いんです。
特に、生地表面から飛び出るレーズンが。
良い方法ご存知ないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

レーズンは、加工する際に油脂が使われています。
なので、使う際には、その表面の油脂を洗い流す必要があります。
お湯を使うのはその意味があります。(さっとくぐらすだけだとおちない
ものもあるので、私は少し時間をかけて、ふやかすくらいにぬるま湯につけます)

そのようにお湯にくぐらせても、焼くときに生地の表面から
出て熱気にあたると、どうしてもその部分は硬くなります。
なので、私はいつも、表面に出ないようにします
1)スプーンで落としたり、手で丸めるタイプ →上から軽く生地を少しかぶせる
2)アイスボックスクッキーのように、切り分けたり、型で抜くタイプ →上下を返すなど、なるべく表面に出ないように
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事遅くなり申しわけありません!
そうなんです・・・表面に出てるレーズンだけが固くなってるんです。
回答者さんのように対処して作ってみようと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/12 07:07

レシピ次第だと思いますがやはりお湯にくぐらせるのが良いと思います


焼き加減やレーズンの量によっては、表面のレーズンが多く、かたくなる部分の割合も増えるのではないでしょうか。

参考URLにレーズンクッキーのレシピがありますのでレーズンの量など参考になさってください

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cef54160/cook11.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事がおそくなり申しわけありません。
サイト、参考にさせてもらいますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/12 07:05

以下私がレーズンをフルーツケーキに使う時のやり方です。



(1)レーズンをひたひたの水につけ、固まっている粒を一つずつばらす。
(2)ラップをし、2~3時間置く。
(3)レーズンをざるに上げ、水を固く絞る。

その後ラム酒につけるのですが、クッキーならば上記(1)~(3)で十分かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事がおそくなり申しわけありません。
回答者さんは水に漬けるのですね。
今度、試してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/12 07:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーンスターチ入りの粉糖について

お菓子作りに粉糖を使う場合、コーンスターチ入りのものと100%粉糖がありますが、「コーンスターチ入りの粉糖は、これを作るのにオススメ」というようなものがあるのでしょうか。

たとえばシガールやマカロン、タルトなどの焼き菓子をコーンスターチ入りの粉糖で作った場合、時間がたつと表面がベタついたり硬くなったりする気がします。
(100%の粉糖の時には同じ作り方で、良い感じで仕上がります)

そんな訳で100%の粉糖のほうが使いやすく、コーンスターチ入りのものを使う気がしなくなりました。
大量に購入したため、使わないのも勿体無くて困っています。

コーンスターチ入りのものと100%のものを上手に使い分けてお菓子作りをされている方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

粉糖には
 (1)100%粉糖
 (2)コーンスターチ(2-3%)でコーティングしたもの
 (3)油脂でコーティングしたもの(プードルデコール)
などがありますが、

通常市販されているのは(2)、
しかしながら、お菓子作り(パティシエ的世界?)では
(1)が使用されることがほとんどという状況だと思います。
その理由は、質問者様のおっしゃるとおり仕上がりに違いがあるからです。

粉糖の特徴をおおざっぱにいうと
 (1)100% 味においても仕上がりにおいても上品
 (2)コーンスターチ 乾きが早い
 (3)油脂 水分に強い
なので

理論上、コーンスターチ入りは
アイシングなど乾きがよい必要のあるものに使用するのがよいということになります。

一般的に(上白糖もしくはグラニュー糖ではなく)粉糖を使用する理由は
 ・加熱しないクリームや水分の少ない生地
 (↑微粒子なので溶けやすい)
 ・例えば栗などの素材の味を引き立たせたい時
 (↑グラニュー糖に比べて甘みが少ない)
などですが

実際のところ、コーンスターチ入りのものは
 ・加熱しないクリーム→味に影響
 ・水分の少ない生地→焼き上がりに影響
 ・素材の味を引き立たせたい時→味に影響

という結果になりますので、

 ・気軽なお菓子(フレンチトーストなど)
 ・お菓子ではなく料理に使用する。

のがよいと思われます。

粉糖には
 (1)100%粉糖
 (2)コーンスターチ(2-3%)でコーティングしたもの
 (3)油脂でコーティングしたもの(プードルデコール)
などがありますが、

通常市販されているのは(2)、
しかしながら、お菓子作り(パティシエ的世界?)では
(1)が使用されることがほとんどという状況だと思います。
その理由は、質問者様のおっしゃるとおり仕上がりに違いがあるからです。

粉糖の特徴をおおざっぱにいうと
 (1)100% 味においても仕上がりにおいても上品
 (2)コーンスターチ 乾きが早い
 (3)油脂...続きを読む


人気Q&Aランキング