I had to do that at twelve because one day in 1975, my leg collapsed beneath me; I lost my leg to bone cancer.


My tenth-place finish did a great deal to encourage people to understand“disabled”athletes as athletes first.

A 回答 (3件)

私は、それ(前の文章に書いてあるはず)を12歳のときにしなければなりませんでした。

なぜなら、1975年のある日、足がだめになるということが、私の身の上におこったのです。私は、骨のガンで足を失いました。(注:単数なので片足だと思います。)

私が10位でゴールしたことは、「障害を持った」陸上選手をはじめて陸上選手として理解することを人々に奨励することに多いに役立ちました。
    • good
    • 0

う~ん、難しいですね。

。だいたい、

私はそのことを12歳でするはめになった。というのも1975年のある日のこと、私の脚はおれてしまったのです。つまり、わたしは骨ガンのために片足をなくしたのです。
私が10番目にゴールしたことは人々が「傷害を負った」陸上選手としてやっていけることを人々に理解わからせるのにおおいに貢献した。

みたいな意味になるのかなぁ??
参考程度に、いい(?)翻訳サイトを紹介しときます。

お役にたてると光栄です。

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/text/
    • good
    • 0

私は1975年のある日、ちょうど12歳のときに、両足を骨のガンで切断しなければなりませんでした。



(それゆえ)私が10着でゴールしたことは、多くの人々が、障害を持った運動選手を運動選手としてはじめて理解するのに大いに役に立ったのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ