I had to do that at twelve because one day in 1975, my leg collapsed beneath me; I lost my leg to bone cancer.


My tenth-place finish did a great deal to encourage people to understand“disabled”athletes as athletes first.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は1975年のある日、ちょうど12歳のときに、両足を骨のガンで切断しなければなりませんでした。



(それゆえ)私が10着でゴールしたことは、多くの人々が、障害を持った運動選手を運動選手としてはじめて理解するのに大いに役に立ったのです。
    • good
    • 0

私は、それ(前の文章に書いてあるはず)を12歳のときにしなければなりませんでした。

なぜなら、1975年のある日、足がだめになるということが、私の身の上におこったのです。私は、骨のガンで足を失いました。(注:単数なので片足だと思います。)

私が10位でゴールしたことは、「障害を持った」陸上選手をはじめて陸上選手として理解することを人々に奨励することに多いに役立ちました。
    • good
    • 0

う~ん、難しいですね。

。だいたい、

私はそのことを12歳でするはめになった。というのも1975年のある日のこと、私の脚はおれてしまったのです。つまり、わたしは骨ガンのために片足をなくしたのです。
私が10番目にゴールしたことは人々が「傷害を負った」陸上選手としてやっていけることを人々に理解わからせるのにおおいに貢献した。

みたいな意味になるのかなぁ??
参考程度に、いい(?)翻訳サイトを紹介しときます。

お役にたてると光栄です。

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/text/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI haven't had to や I'd had to は間違い?

I haven't had to や
I had had to は英語として認められた言い方でしょうか?間違い?

Aベストアンサー

文法的に認められています。

Q"on my way" toはいつも必要なのでしょうか?"on my way home" vs "on my way home to school"

「家への帰り道」で
on my way home

と習った記憶があります。

「学校へ行く途中」は
on my way to school

とういうように"to"が必要となるのですが
home自体に家へ問う言うような意味が
含まれるため、homeの時は"to"が必要
ないのでしょうか?

homeだけ"to"がなぜつかないのか
疑問に思っています。

Aベストアンサー

おはようございます。
homeは場所を示す副詞なので
to がつきません。
朝で時間がなくて例文を挙げられなくてすみません。

QIt takes me an hour to finish my homework.の“it”の解釈について

It takes me an hour to finish my homework.の文の“it”は“to finish my homework”を指す仮主語ではなく、特殊構文として覚えるというふうに書いてある参考書が多いのですが、それはどうしてでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

参考書、特に文法書は、その著者の解釈し方を示したもの、と考えてください。

つまり、そう書いてある「多くの参考書」はそう解釈しているだけ、と言うことであり、そう書いていない参考書はそうは解釈していない、と言うことに過ぎないのです。

逆を言えば、結局試験文法の弱点でもあるわけですが、一貫した解釈がない、と言うことなのです。 つまり自称文法学者さんがひとつの解釈をそうだと言ってもそれはその人の解釈であり、絶対的なものではない、と言うことを認識しないと、これからもどんどんこのような違った解釈を目にすることになり、「目の毒」となるのです。

この文章の意味をしっかり感じ取っており、自分がその意味を言いたいときに必ず使える文章の選択種となればいいのです。

文章の分析を体系付けているように説明できてもその知識を使うべきときに使わないのであれば、その文法書の著者は結局詳しいその文法知識(偏見的知識かもしれませんが)を使わない、使えない、頭に浮かばない、と言う事実をさらけ出しているのであれば、結局、その文法書の著者の英語力は口先(筆先、ペン先、キーボードだけの)物と実力者から批判されるわけです。

It take me xxxと言う表現があるからそれに基づいて解釈すれば確かに特殊・別個のもの、と言うかもしれませんね。 それはそれでいいでしょう。 しかし、仮主語とも解釈できる、と言う融通性をもたせた文法解釈が出来れば余計いいと思いますよ。

つまり、どっちでも解釈としては正しいでしょうが、そのひとつだけが正しいとするのはもうひとつの解釈を十分に理解していないのかもしれないと言うイメージを受ける人は少なくないと思います。

そして更に結局「だからどうした?」「だからどうだって言うんだ?」と言う人も結局出てくることになるし、その知識がどのような形で自分の英語力向上への糧となるの?と聞かれて納得がいける回答はまず出てこないでしょう。

この表現方法を使って、~するには「人に」どれだけ時間がかかる、と言う言うことを言いたいときに使う表現方法だと自分のものにしてしまえばいいと言うことなのではないでしょうか。 そうすれば、ほとんどどんな文章が出てきても、It takes me 2 days to finish this. It takes me only 2 minutes to complete this.と言うような表現が出てきても、まったく問題なく訳せるし、何を言いたいのかもわかるわけです。 それで十分以上だと思いませんか?

ここで、仮主語だ、いいや違う、と言ったところでなんの役に立つことでしょう。 この文章を使えるようになるという保障はまったくありませんね。 この40年間、6年間英語を勉強させられているにもかかわらず、文法問題は解ける人がいても、トイレに行きたいのですがどこか教えてくれませんか、と言える卒業生がどれだけいると言うのでしょう。アメリカ人がびっくりするのも当然だと思いませんか?

個人主張も交えて回答しましたが、参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

参考書、特に文法書は、その著者の解釈し方を示したもの、と考えてください。

つまり、そう書いてある「多くの参考書」はそう解釈しているだけ、と言うことであり、そう書いていない参考書はそうは解釈していない、と言うことに過ぎないのです。

逆を言えば、結局試験文法の弱点でもあるわけですが、一貫した解釈がない、と言うことなのです。 つまり自称文法学者さんがひとつの解釈をそうだと言ってもそ...続きを読む

Q(?) I have lost my pen which my father gave to me on my birthday last year.

次の問題は、中高一貫の学校用に編集された教科書に準拠するように作られているワークブックにある問題で、関係代名詞のいわゆる制限用法を習っている課のものです。

次の2つの文を、関係詞を用いて1つの文にしなさい。
1.I have lost my pen. 
2.My father gave it to me on my birthday last year.

この課は制限用法のみをターゲットにした課で、非制限[継続]用法はまだこの課では習っておらず、次の課で習うことになっています。よって、きっとこのワークブックの著者は正解を次のものと考えているように私は思います。
3.I have lost my pen which[あるいはthat] my father gave to me on my birthday last year.

しかし、上の文3のように関係詞節の先行詞に人称代名詞Iの所有格my がつく場合は、少なくとも学校文法ではいわゆる制限用法ではなく、次の文4のように非制限[継続]用法にすべきような気が私はします。
4.I have lost my pen, which my father gave to me on my birthday last year.

上の文3(whichの前にカンマなし)も正しい英文なのでしょうか?

次の問題は、中高一貫の学校用に編集された教科書に準拠するように作られているワークブックにある問題で、関係代名詞のいわゆる制限用法を習っている課のものです。

次の2つの文を、関係詞を用いて1つの文にしなさい。
1.I have lost my pen. 
2.My father gave it to me on my birthday last year.

この課は制限用法のみをターゲットにした課で、非制限[継続]用法はまだこの課では習っておらず、次の課で習うことになっています。よって、きっとこのワークブックの著者は正解を次のものと考えている...続きを読む

Aベストアンサー

my pen というのは,「私が持っている一本のペン」という意味に加え,「一本しか持っていない」ことが暗示されます。
a pen of mine や one of my pens と比較して言われることが多いです。

そういう意味では my pen という表現で,もともと一本しか持っていなかった,すなわち一つに限定されているものですので,限定用法で修飾することはない,
ということがおっしゃりたいのだと思います。

一文だけとらえるとその通りだと思います。
ただ,すでに my pens について述べられた後であれば,
その中のある一本を my pen と言うことができ,
それを限定用法の関係代名詞節で修飾することは可能になります。

あるいは,いろいろな人のペンをなくした話の中で,
「私の場合は,父に誕生日にもらったペンをなくした」のような場面では
my pen だけで一本に限定されず,「私の場合」という意味合いで用いることになると覆います。

あと,pen のようなものを一本しか持っていないはずがない,という一般常識を考えても,my pen which/that ~という限定用法は許容されるのではないかと考えます。

よく言われることですが,文法で例文にあげられる英文は一文だけで,前後の文脈が度外視される点で気をつけないといけないと思います。

my pen というのは,「私が持っている一本のペン」という意味に加え,「一本しか持っていない」ことが暗示されます。
a pen of mine や one of my pens と比較して言われることが多いです。

そういう意味では my pen という表現で,もともと一本しか持っていなかった,すなわち一つに限定されているものですので,限定用法で修飾することはない,
ということがおっしゃりたいのだと思います。

一文だけとらえるとその通りだと思います。
ただ,すでに my pens について述べられた後であれば,
その中の...続きを読む

QDo not say a little in many words but a great deal

Do not say a little in many words but a great deal in a few.

解読お願いします

Aベストアンサー

『沢山の言葉で小さなこと(些細なこと)を言うのではなく、少しの言葉で大きな事(大切なこと)を言おう』


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報