私は、英語を勉強し始めてかれこれ、10以上経つのですが、英検(準1級)は、1次試験ですら、なかなか合格できず(過去3回受験)、就職の採用試験で英会話の試験があると、しどろもどろになるわで、試験になると全く点数が取れないのです。自分の勉強の仕方が悪いのだと自己嫌悪に陥っています。(いろいろと勉強はしているのですが・・・成果が出ません!)
 そこで、英語を勉強している皆様からの意見をうかがいたいと思います。あなたが、英語が分かるようになった[または、理解できるようになった]と実感するのどんな時ですか?
 リーディング・スピーキング・リスニング・ライティング・英語力全般においてなど、回答していただくのに、こちらでこの5つの分野を想定しておりますが、ざっくばらんに思ったことをお書き下さってもかまいません。 
 よろしくお願い致します。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

英語を本格的にやろうと思い始めて春で2年たとうとしてますが、


最近あることに気がつきました。

というのは、私は英語力をつけるためにはやはり4つの分野で
まんべんなくやっていくことが近道だと実感していますが、
リスニングにはスピーキングが一番効く!ということです。

TOEICで去年の春に600点を越えてからリスニングは聞いても聞いても
それ以上の成果は見られず(まず一定のところまでいくと伸び悩むってよく
言いますよね)あとは語彙力を強化すれば少しレベルアップできるかと
思い、せっせと覚えていたのですが、ちょうど会社の面接で英語面接が
あることから、しばらくはスピーキングに力を入れようと思い数週間
ずっと「話す」ことに力を入れてた時期があったんです。(もち、一人でですよ)
そして、その時に今まで聞いてたVOAをちょっと聞いてみようと思い、
聞いてみたところ、今までは早すぎてちんぷんかんぷんだったVOAが
ちゃんと一語一語、いつもよりとてもゆっくりに聞こえたんです。

ご経験はあるでしょうか?私は、普段は英語を「使わなければならない」
状況にはいないため、やはり自分で時間を見つけてやっていくしか
ないのですが、英語を話した時間が長ければ長いほどその後に聞く
英語は格段に聞き取れるようになることにき気付きました。
だから、リスニングと言ってもただ聞いてりゃいいってもんじゃないなと
実感してます。しかも、その時に聞き取れるようになってもそれは
持続はしないので、やっぱりずっと話す→聞くを継続してくことは必要ですが。

あと、英語をとりあえず話せるようになりたいからと、文法なんてそっちのけ
でとりあえず「話す」ことに力を入れる人がいますが、それは言語道断だと
思ってたんです。最近まで。もちろん文法がちゃんと頭に入ってる上での
英会話の方がきちんと身に付くし覚えも早いと思います。でも、英語圏の国への旅行を重ねてるうちに、英語には文法では理解しにくい口語でもう決まり文句に
なってるものってけっこうあると思うのですが、そのようなものを「暗記」して
しまうのも一つの手ですね。いちいち考えて話してたんじゃコミュニケーションも楽しくないですからね。覚えてしまうとスラッとでてきて会話がはずみます。話言葉を暗記するなんて自分の言葉で話していない
ようで嫌だったのですが、何事も見よう見まねというか、覚えて身に付くって
こともあると思います。
ぜひ試してみてください。
    • good
    • 0

私は気に入った本や映画は繰り返し楽しむ方なんです。

これが結構自分の英語力の指標になります。

好きな映画(英語)のビデオを久しぶりに見て、以前何を言ってるのか分からなかった部分で楽に意味が頭に入ってくるとき、リスニング力が上がったことを実感します。

そして英語で本を読むとき、それぞれの単語の意味は知ってるのに文章として意味が分からないときはその行の横に「?」マークを付けておくのですが、しばらくして読み返したときにその「?」マークの部分であっさり意味が分かったりすると、リーディング力が上がったことを実感します。

スピーキングやライティングのような自分が発信する側の場合は、レベルが低いときは低いなりの、高いときは高いなりのしゃべり方、書き方をするので、あまり実力アップの実感というのは抱いたことがない気がします。

結局英語力は「比較」ですよね。「英語が出来る」と「英語が出来ない」の2つの世界があって、ある日「出来ない」から「出来る」への壁を乗り越えるのでなく、延々「以前より出来るようになった」を繰り返すのみです。お互いがんばりましょう。
    • good
    • 0

わかるようになった、と実感するのは、って考えると、相手の言うことに反論できるようになったときは実感できるんじゃないですかね?同意は楽だけど、「ちょっと待って、それはちがうじゃん」と思って言えるようになるってのは、分かって初めてできることなので。


何かアドバイスができればと思ったのですが、リーディングは分からない単語があってもその場で辞書をひかず、全部読み通すのを数回こなすと分からない単語の推測ができるようになります。これを繰り返すと俗に言うスキャニングができ、長文問題で時間をとらないようになります。スピーキングは、これ私留学から帰って来てからトレーニングの意味を兼ねてやってたんですが、車通勤でラジオなど聞いている時に、ニュースに対してのコメント(独り言)を英語でする、自分が人と話していることを想定して話す練習などしてました。 今リスニングはおしゃべりな外人の同僚がいるために否がおうにもしてるのですが、話す機会は与えられないためスピーキングの練習にはなりません…
下記はTOEICの勉強方法についてですが、私はこの理論は好きです。良かったらご参照ください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand/5675/
    • good
    • 0

私の英語学習方法というご要望のようなので、僭越ながら。

。。
はじめに申し上げますと、学校の英語の成績は悪かったです。

私が中学生の時から続けていることは、NHKのラジオの英語講座を毎日欠かさず聞くことです。基礎英語1から初めて、今は英会話を聴いています。毎日20分でよいので、欠かさず英語を聞くことです。それにはNHKラジオ講座がお勧めです。

次に、英文を「暗記」することです。中学や高校の英語の教科書を意味もなく(単語の意味は調べて、発音はなるべく正しく。)何度も声に出して読み、自然に覚えてしまうことです。それから、NHKの英語講座のテキストの会話も、繰り返し声に出して読んで覚えてしまいます。

基本的にはこれで英語の基礎力はつくと思います。
(一番安上がりです)
ラジオの英会話が自然に聞き取れて、テキストを見ないでも役割練習ができるようになると、自然の会話もできるようになります。

とにかくこの繰り返しをしていました。
英会話教室とかはいったことないです。
(見学に行きましたが、ネイティブの先生がいる一方、いくら小人数でも、まちがった英語を話す日本人の中に身を置くわけで、危険だと思いました。)
留学はもちろん、海外旅行も1回しかいったことないです。

後は、タイムや英字新聞を読むようになりましたが、全部読もうとすると挫折するので、興味のあるところだけ読んでいます。知らない単語は、前後の文脈から想像して読みますが、後から辞書で意味を確認します。

「辞書はとにかく頻繁に引く」

というのは、鉄則だと思います。

リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの力は、ばらばらに向上しては行かないと思います。一時的にリーディングが上手くできるようになったりすることはあります。そうしたらチャンスで、他の力も上昇する前触れだと思います。

英検やTOEICといった試験は、またこれはこれで「独特」なので、日常の英語力をつけた上で、試験特有の「くせ」を参考書などでちょっとチェックしてみてください。
    • good
    • 1

No.5の者です。

補足に対しての回答として書かせて頂きます。

昔は、自分の知らない単語や熟語は参考書を見て憶えようとしていたのですが、その方法は私には合わないらしく、すっかりスランプに陥りました。実は、私は詰め込み式、暗記式といった勉強方がまるで駄目なのです。しばらくの間悩みましたが、『自分にあった勉強法でやっていくしかない』と思い立ち(なかば諦めの境地で)、単語集などを丸暗記していく方法をすっかりやめてしまいました。最初は、それは非常に勇気の要ることでしたが・・・。

それでも何もしないよりはマシだろうと思い、とりあえず英会話は続けました。(ごめんなさい!英会話といっても英会話教室のようなきちんとしたものではないんです。実は、私の主人は英語圏の人なのです。つまり、主人との会話を毎日一生懸命しているだけなんです。)また、英語版の漫画本を読んだりもしました。とにかく、「勉強する」といった感覚からできるだけ離れて、楽しみながらできることをしてきました。字幕スーパー版のビデオをいくつも借りてきて観たりなどもしました。そんなことを十数年間繰り返してきただけです。

お恥ずかしいことに、ただ本当にそれだけではありますが、現在は通訳、翻訳の仕事をさせていただいてますし、去年はTOEIC初挑戦でスコア870が取れました。このことから考えても、今までの積み重ねが無駄ではなかったのだと信じております。

以上、いかがでしょうか?
ほんの少しでもenngelさんのお役に立てたなら本当に嬉しく思います。他にも質問等ございましたら、できる範囲で回答させていただきます。
    • good
    • 0

はじめまして、enngelさん。


“英語ならまかせて!”というほど知識はないのですが、自分の経験をひとつ。

私はアメリカに留学していたときがあったのですが、留学当初は
全くと言っていいほど、英語が聞き取れませんでした。
しかも、自分の言いたいことも伝わりませんでした。

しかし、そんな私でも少しずつ理解できるようになりました。
その時の実感ですが、そのまま“英語”で頭に入ってくるという感じでした。
今までは、英語を聞いたら頭の中で日本語に訳し、その答えを日本語で考え
英語に訳してから話すと言うことをしていたのです。
今思うと、めんどくさいことをしていました。(^_^;)

この経験は、スピーキング・リスニングにしか通用しないかもしれませが、
参考になればと思い回答します。

私も今、就職活動に向けて英語の勉強中です。お互い頑張りましょうね。
    • good
    • 0

こんばんは、enngelさん。



私が英語ができるようになったなあ、と初めて実感したのは、留学先で英語でのコミュニケーションが思うようにできるようになった時でした。

学生の頃から科目としての英語は嫌いではありませんでしたが、英会話ができるようになってからは、英語の教科書に載っているようなことにはほとんど目を通していません。英検の準一級も持っておりますが、その為の勉強は特にせず、もっぱら英語のTV番組を観たり、英字新聞、雑誌等を読む程度でした。

また、私にとっては英会話が一番勉強になっていると思います。英検で出題された問題の多くも、実際に以前英語で話したことのある事柄などが出てきたりしました。
英会話ができるようになると、不思議と自信もわいてきて、英語力全般に力がつくように思われます。

enngelさんが今まで勉強なさってきたことも、無駄なことはひとつもないはずです。必ず今までの積み重ねが結果となって表れることでしょう。応援してます。

この回答への補足

 英語の勉強がスランプに陥ったときは、どうそれを乗り越えましたか。Sweetbeans様の体験談をさらにうかがえたら幸いです。

補足日時:2002/01/05 00:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答及びご支援まで頂きありがとうございます。試験で結果が出ないとつい、今までやってきたことがすべて無駄に思えてつい投げやりになってしまうことがある今日この頃です。

お礼日時:2002/01/05 00:34

準1級の試験がどんなものかは、中学校の時に3級を受けてそれ以来の僕に


はちょっと分からないのですが、「英語ができる様になったと感じる時」は
説明できます。

やはり理論が分かった時ですね。一見、適当に作っているかの様な英語です
が、やはり根底に流れているのは「数を決定しなければ気が済まない」とい
った理論的な血ですよね。その理論の一端が見えた時、それが英語ができる
様になったという瞬間ですね。

例えば、倒置が何のために起きるか、なんて普通は「主語が長いから」とか
目的語や補語を強調している、なんていう理由で片付けていますが、本当は
英語の情報構造に基づいたものであると知った時には本当に感動したもので
す。

英語は理論が分かれば飛躍的に楽しくなりますし、読解が楽になりますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。私も結構理屈を考えるのが好きです。リーディングの精読の際に参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2002/01/05 00:39

私の場合 英検5級しかありませんが 仕事場がアメリカ人だけ


なので自然と使ってます 文法とかは結構あとで覚えました
 はっきり言って外国人でも英語が完璧な人はいない気がします
日本人の国語といっしょで専門に特化すればそのつど単語から
覚えるしかないと思います 私の場合ですが 寝てる時の夢の会話が
全部英語だったりすると 染まった気がして嫌になります
    • good
    • 0

私は高校生なのでどれだけお役に立てるかわからないのですが…


英語の力をつけたい時はまず“耳”を鍛えるといいそうです。
◎CDやテープがついてる英語の本を用意し、まずは何も見ないで音だけ聞く。
◎そしてだんだん慣れてきたら今度はディクテーションをする。
完璧に聞き取れるまでには時間がかかるけれども、
耳を鍛えるコトによって英文の区切りや、細かい部分までわかるようになり、絶対に英語の力は伸びるそうです。
って塾の先生に言われました。
あと、上達したなーって思うのはやっぱりスラスラと難しそうな英文が読めたり作文ができた時、でしょうか。
英語でコミュニケーションできた時は超嬉しいです☆
長くなってしまいましたが、こんな感じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何回も聞き取る勉強法は効果的?

英語のリスニングで聞き取れない文を何回も聞くのは、とてもいい勉強だと聞いたのですが、
その例として100回聞き取るぐらいのいきおいで・・・
と書いてありました。
100回は何が何でも多すぎる気もするのですが、やはり何回も聞くことはリスニング力アップの秘訣ですか?

聞き取れないのに無理して何回も聞いた所で、結局は聞き取れず無駄な時間を過ごしてるようにも思えるのですが・・・
(何回も聞いたら、もちろんある程度、聞こえる文は増えるとは思いますが、たとえ100回聞いても全文は聞き取れないと思うのですが)

それよりも数をこなしたほうがいいとも思えますが、リスニングの教材は数少ない上に高いので、できるだけ何回も聞くという勉強法をやってみたいと思ってますが、効果があるのか感想を聞きたいです。

Aベストアンサー

No.2です。誤解があるといけないので、補足します。

全く勉強したこともないような言語の場合は、ただただ繰り返して聞いてもほとんど意味がない無駄な作業だと、私も思います。大人の場合、繰り返し聞くことで効果があるのは、基本的な文法や構文、単語などは、理論として勉強し、理解していることが前提条件です。

そして、聞き方もその人の英語のレベルによっても異なるはずです。文字を読めば理解できるけど音として聞き取れないとしたら、できるだけ正解は見ないで我慢して繰り返して聞いた後に、答え合わせをする方が、かえって短期間で音を聞き分ける耳ができるように思います。(最近の流行言葉で言えば、a-ha体験に通じる考え方です。)

もし、ゆっくりなら聞き取れるけど、スピードについていけないとしたら、英語の即解力が足りないので、正解を見た上で何度も繰り返して聞いたり、音読したりするのが良いと思います。

私は、語学はスポーツや楽器の習得と同じで、何度も繰り返すという「練習」は年齢に関係なくどうしても必要な作業だと思っています。子供の場合は、理論を理解できないので、ただひたすら繰り返すしかできませんが、大人は理論を理解できる分、繰り返すものを自分で選んでできるので、子供よりも賢く効率的にできることは確実です。

No.2です。誤解があるといけないので、補足します。

全く勉強したこともないような言語の場合は、ただただ繰り返して聞いてもほとんど意味がない無駄な作業だと、私も思います。大人の場合、繰り返し聞くことで効果があるのは、基本的な文法や構文、単語などは、理論として勉強し、理解していることが前提条件です。

そして、聞き方もその人の英語のレベルによっても異なるはずです。文字を読めば理解できるけど音として聞き取れないとしたら、できるだけ正解は見ないで我慢して繰り返して聞いた後に、答え...続きを読む

Q帰国子女でもないのに英語の発音が良い。なぜ?

はじめまして。英語の話なのですが、単純な発音能力についてなので外国語のカテゴリで質問させていただきます。
私は20歳で、アメリカに大学生として滞在してから一年ほどたちます。

なぜかよく英語の発音が褒められることが多いです。ただ発音いいね、ってだけではなく、発音だけではネイティブに間違えられることも多々あります。(深い会話をしてしまうと語彙のなさやスピード等のせいでESLだと察されるのですが。)
日本出身だと言っても、「小さいころからアメリカに住んでるよね?」「アメリカで生まれたの?」等…

似たようなトピで質問している人を何件か見てみたのですが、ほとんどの人が小さいころから英語を勉強しているという共通点を持っていました。ただ、私の英語学習経験は、ほとんど中学から学校の授業を受けていただけです。さらに中学は不真面目な生徒だったので授業をまともに受けていた記憶さえありません(文法に関しての話ですが、卒業までBe動詞ですら怪しかったレベル)。高校になってからはそれなりに真面目に勉強をしていましたが、それでも英語学習でのリスニングの比重は1,2割くらいだったと思います。会話学習はもっと少ないです。

ならば英語学習以外で英語と多く触れ合った経験が多いのかも、となりますがそれも大したことないです。英語圏の国へ旅行行ったことはあるのですが、通訳は全部親に任せてましたし回数もそんな多くないです。さらにぶっちゃけ英語の映画を見るときは半分以上日本語吹き替えでみてました。

別の理由候補として耳が良いのかもとなりますがそれもよくわかりません。当然絶対音感なるものも持っていません。小さいころから音楽はやっていません。音楽は聞きますが一般人が趣味として聞く程度です。(メインはポップミュージック)洋楽は有名どころしか知りません。好きな歌手は日本人で歌詞は日本語です…。

子供でもないのに言語習得が異常に早い方々がいますが、私はそれでもないと思います。発音は褒められるものの語彙言い回しスピード等肝心な部分はまだまだ勉強が必要です。あ!ちなみにシャイではないですが、積極的ってほどでもないです。

自慢したい、ってわけではないのです。正直発音なんて通じればいいから最低限でいいし、上であげたように深い会話や勉強をするためには語彙や言い回し等のほうがよっぽど大切だと考えています。
ただ純粋に、なぜ私の発音は良いのだろう、長所なら何かほかにつなげられる部分があるかなと疑問に思い質問しました。
可能性になりうる理由でもあったら教えていただけると嬉しいです。
よろしくおねがいします。

はじめまして。英語の話なのですが、単純な発音能力についてなので外国語のカテゴリで質問させていただきます。
私は20歳で、アメリカに大学生として滞在してから一年ほどたちます。

なぜかよく英語の発音が褒められることが多いです。ただ発音いいね、ってだけではなく、発音だけではネイティブに間違えられることも多々あります。(深い会話をしてしまうと語彙のなさやスピード等のせいでESLだと察されるのですが。)
日本出身だと言っても、「小さいころからアメリカに住んでるよね?」「アメリカで生まれたの...続きを読む

Aベストアンサー

周囲の英語がネイティブでない外国人(フィリピン人)に英語の上達に関して尋ねたことがありますが、真似が上手な人はうまくなると言う返事で、フィリピン人は日本のみならずいろいろな国に働きに出るので、中近東に行った人はアラブ訛りの英語になるし、日本に来た人は日本語を話せるように周囲の日本人の言葉を真似るので、地域によって大阪弁になったり博多弁になったりするという事です。
彼らは文法に関してはかなりアバウトで、時々翻訳を頼むと「こういうしゃべり方をする」と答えるだけで、いわゆる正当な文法とは外れた文章を書いてくることが多々あります。
嫁さんも英語関係の仕事をしており、私に関しては「耳が悪いから自分の発音がおかしいことが判らない人はだめだ」と一刀両断されています。
要するに、相手の言葉の訛りが判るなら、それを真似られますから上達するし、私のように判らなければ上達しません。
ちなみにうちの子どもたちは中学生の頃から学校の授業以外では、ラジオ英会話やCDで勉強しており、東南アジアに家族で行った時、現地の人にイギリス的な発音で、米軍基地が多いので、街にいるアメリカ人の発音とは異なると言われました、子どもたちは耳はよい方だと思う。
特別に英会話教室に通わせたとか、そういうことはなかったです。
ご質問者の場合も相手の言葉を「聴ける」能力があると言うことでは。

周囲の英語がネイティブでない外国人(フィリピン人)に英語の上達に関して尋ねたことがありますが、真似が上手な人はうまくなると言う返事で、フィリピン人は日本のみならずいろいろな国に働きに出るので、中近東に行った人はアラブ訛りの英語になるし、日本に来た人は日本語を話せるように周囲の日本人の言葉を真似るので、地域によって大阪弁になったり博多弁になったりするという事です。
彼らは文法に関してはかなりアバウトで、時々翻訳を頼むと「こういうしゃべり方をする」と答えるだけで、いわゆる正当な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報