私は、英語を勉強し始めてかれこれ、10以上経つのですが、英検(準1級)は、1次試験ですら、なかなか合格できず(過去3回受験)、就職の採用試験で英会話の試験があると、しどろもどろになるわで、試験になると全く点数が取れないのです。自分の勉強の仕方が悪いのだと自己嫌悪に陥っています。(いろいろと勉強はしているのですが・・・成果が出ません!)
 そこで、英語を勉強している皆様からの意見をうかがいたいと思います。あなたが、英語が分かるようになった[または、理解できるようになった]と実感するのどんな時ですか?
 リーディング・スピーキング・リスニング・ライティング・英語力全般においてなど、回答していただくのに、こちらでこの5つの分野を想定しておりますが、ざっくばらんに思ったことをお書き下さってもかまいません。 
 よろしくお願い致します。
 

A 回答 (11件中1~10件)

英語を本格的にやろうと思い始めて春で2年たとうとしてますが、


最近あることに気がつきました。

というのは、私は英語力をつけるためにはやはり4つの分野で
まんべんなくやっていくことが近道だと実感していますが、
リスニングにはスピーキングが一番効く!ということです。

TOEICで去年の春に600点を越えてからリスニングは聞いても聞いても
それ以上の成果は見られず(まず一定のところまでいくと伸び悩むってよく
言いますよね)あとは語彙力を強化すれば少しレベルアップできるかと
思い、せっせと覚えていたのですが、ちょうど会社の面接で英語面接が
あることから、しばらくはスピーキングに力を入れようと思い数週間
ずっと「話す」ことに力を入れてた時期があったんです。(もち、一人でですよ)
そして、その時に今まで聞いてたVOAをちょっと聞いてみようと思い、
聞いてみたところ、今までは早すぎてちんぷんかんぷんだったVOAが
ちゃんと一語一語、いつもよりとてもゆっくりに聞こえたんです。

ご経験はあるでしょうか?私は、普段は英語を「使わなければならない」
状況にはいないため、やはり自分で時間を見つけてやっていくしか
ないのですが、英語を話した時間が長ければ長いほどその後に聞く
英語は格段に聞き取れるようになることにき気付きました。
だから、リスニングと言ってもただ聞いてりゃいいってもんじゃないなと
実感してます。しかも、その時に聞き取れるようになってもそれは
持続はしないので、やっぱりずっと話す→聞くを継続してくことは必要ですが。

あと、英語をとりあえず話せるようになりたいからと、文法なんてそっちのけ
でとりあえず「話す」ことに力を入れる人がいますが、それは言語道断だと
思ってたんです。最近まで。もちろん文法がちゃんと頭に入ってる上での
英会話の方がきちんと身に付くし覚えも早いと思います。でも、英語圏の国への旅行を重ねてるうちに、英語には文法では理解しにくい口語でもう決まり文句に
なってるものってけっこうあると思うのですが、そのようなものを「暗記」して
しまうのも一つの手ですね。いちいち考えて話してたんじゃコミュニケーションも楽しくないですからね。覚えてしまうとスラッとでてきて会話がはずみます。話言葉を暗記するなんて自分の言葉で話していない
ようで嫌だったのですが、何事も見よう見まねというか、覚えて身に付くって
こともあると思います。
ぜひ試してみてください。
    • good
    • 0

私は気に入った本や映画は繰り返し楽しむ方なんです。

これが結構自分の英語力の指標になります。

好きな映画(英語)のビデオを久しぶりに見て、以前何を言ってるのか分からなかった部分で楽に意味が頭に入ってくるとき、リスニング力が上がったことを実感します。

そして英語で本を読むとき、それぞれの単語の意味は知ってるのに文章として意味が分からないときはその行の横に「?」マークを付けておくのですが、しばらくして読み返したときにその「?」マークの部分であっさり意味が分かったりすると、リーディング力が上がったことを実感します。

スピーキングやライティングのような自分が発信する側の場合は、レベルが低いときは低いなりの、高いときは高いなりのしゃべり方、書き方をするので、あまり実力アップの実感というのは抱いたことがない気がします。

結局英語力は「比較」ですよね。「英語が出来る」と「英語が出来ない」の2つの世界があって、ある日「出来ない」から「出来る」への壁を乗り越えるのでなく、延々「以前より出来るようになった」を繰り返すのみです。お互いがんばりましょう。
    • good
    • 0

わかるようになった、と実感するのは、って考えると、相手の言うことに反論できるようになったときは実感できるんじゃないですかね?同意は楽だけど、「ちょっと待って、それはちがうじゃん」と思って言えるようになるってのは、分かって初めてできることなので。


何かアドバイスができればと思ったのですが、リーディングは分からない単語があってもその場で辞書をひかず、全部読み通すのを数回こなすと分からない単語の推測ができるようになります。これを繰り返すと俗に言うスキャニングができ、長文問題で時間をとらないようになります。スピーキングは、これ私留学から帰って来てからトレーニングの意味を兼ねてやってたんですが、車通勤でラジオなど聞いている時に、ニュースに対してのコメント(独り言)を英語でする、自分が人と話していることを想定して話す練習などしてました。 今リスニングはおしゃべりな外人の同僚がいるために否がおうにもしてるのですが、話す機会は与えられないためスピーキングの練習にはなりません…
下記はTOEICの勉強方法についてですが、私はこの理論は好きです。良かったらご参照ください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand/5675/
    • good
    • 0

私の英語学習方法というご要望のようなので、僭越ながら。

。。
はじめに申し上げますと、学校の英語の成績は悪かったです。

私が中学生の時から続けていることは、NHKのラジオの英語講座を毎日欠かさず聞くことです。基礎英語1から初めて、今は英会話を聴いています。毎日20分でよいので、欠かさず英語を聞くことです。それにはNHKラジオ講座がお勧めです。

次に、英文を「暗記」することです。中学や高校の英語の教科書を意味もなく(単語の意味は調べて、発音はなるべく正しく。)何度も声に出して読み、自然に覚えてしまうことです。それから、NHKの英語講座のテキストの会話も、繰り返し声に出して読んで覚えてしまいます。

基本的にはこれで英語の基礎力はつくと思います。
(一番安上がりです)
ラジオの英会話が自然に聞き取れて、テキストを見ないでも役割練習ができるようになると、自然の会話もできるようになります。

とにかくこの繰り返しをしていました。
英会話教室とかはいったことないです。
(見学に行きましたが、ネイティブの先生がいる一方、いくら小人数でも、まちがった英語を話す日本人の中に身を置くわけで、危険だと思いました。)
留学はもちろん、海外旅行も1回しかいったことないです。

後は、タイムや英字新聞を読むようになりましたが、全部読もうとすると挫折するので、興味のあるところだけ読んでいます。知らない単語は、前後の文脈から想像して読みますが、後から辞書で意味を確認します。

「辞書はとにかく頻繁に引く」

というのは、鉄則だと思います。

リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの力は、ばらばらに向上しては行かないと思います。一時的にリーディングが上手くできるようになったりすることはあります。そうしたらチャンスで、他の力も上昇する前触れだと思います。

英検やTOEICといった試験は、またこれはこれで「独特」なので、日常の英語力をつけた上で、試験特有の「くせ」を参考書などでちょっとチェックしてみてください。
    • good
    • 1

No.5の者です。

補足に対しての回答として書かせて頂きます。

昔は、自分の知らない単語や熟語は参考書を見て憶えようとしていたのですが、その方法は私には合わないらしく、すっかりスランプに陥りました。実は、私は詰め込み式、暗記式といった勉強方がまるで駄目なのです。しばらくの間悩みましたが、『自分にあった勉強法でやっていくしかない』と思い立ち(なかば諦めの境地で)、単語集などを丸暗記していく方法をすっかりやめてしまいました。最初は、それは非常に勇気の要ることでしたが・・・。

それでも何もしないよりはマシだろうと思い、とりあえず英会話は続けました。(ごめんなさい!英会話といっても英会話教室のようなきちんとしたものではないんです。実は、私の主人は英語圏の人なのです。つまり、主人との会話を毎日一生懸命しているだけなんです。)また、英語版の漫画本を読んだりもしました。とにかく、「勉強する」といった感覚からできるだけ離れて、楽しみながらできることをしてきました。字幕スーパー版のビデオをいくつも借りてきて観たりなどもしました。そんなことを十数年間繰り返してきただけです。

お恥ずかしいことに、ただ本当にそれだけではありますが、現在は通訳、翻訳の仕事をさせていただいてますし、去年はTOEIC初挑戦でスコア870が取れました。このことから考えても、今までの積み重ねが無駄ではなかったのだと信じております。

以上、いかがでしょうか?
ほんの少しでもenngelさんのお役に立てたなら本当に嬉しく思います。他にも質問等ございましたら、できる範囲で回答させていただきます。
    • good
    • 0

はじめまして、enngelさん。


“英語ならまかせて!”というほど知識はないのですが、自分の経験をひとつ。

私はアメリカに留学していたときがあったのですが、留学当初は
全くと言っていいほど、英語が聞き取れませんでした。
しかも、自分の言いたいことも伝わりませんでした。

しかし、そんな私でも少しずつ理解できるようになりました。
その時の実感ですが、そのまま“英語”で頭に入ってくるという感じでした。
今までは、英語を聞いたら頭の中で日本語に訳し、その答えを日本語で考え
英語に訳してから話すと言うことをしていたのです。
今思うと、めんどくさいことをしていました。(^_^;)

この経験は、スピーキング・リスニングにしか通用しないかもしれませが、
参考になればと思い回答します。

私も今、就職活動に向けて英語の勉強中です。お互い頑張りましょうね。
    • good
    • 0

こんばんは、enngelさん。



私が英語ができるようになったなあ、と初めて実感したのは、留学先で英語でのコミュニケーションが思うようにできるようになった時でした。

学生の頃から科目としての英語は嫌いではありませんでしたが、英会話ができるようになってからは、英語の教科書に載っているようなことにはほとんど目を通していません。英検の準一級も持っておりますが、その為の勉強は特にせず、もっぱら英語のTV番組を観たり、英字新聞、雑誌等を読む程度でした。

また、私にとっては英会話が一番勉強になっていると思います。英検で出題された問題の多くも、実際に以前英語で話したことのある事柄などが出てきたりしました。
英会話ができるようになると、不思議と自信もわいてきて、英語力全般に力がつくように思われます。

enngelさんが今まで勉強なさってきたことも、無駄なことはひとつもないはずです。必ず今までの積み重ねが結果となって表れることでしょう。応援してます。

この回答への補足

 英語の勉強がスランプに陥ったときは、どうそれを乗り越えましたか。Sweetbeans様の体験談をさらにうかがえたら幸いです。

補足日時:2002/01/05 00:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答及びご支援まで頂きありがとうございます。試験で結果が出ないとつい、今までやってきたことがすべて無駄に思えてつい投げやりになってしまうことがある今日この頃です。

お礼日時:2002/01/05 00:34

準1級の試験がどんなものかは、中学校の時に3級を受けてそれ以来の僕に


はちょっと分からないのですが、「英語ができる様になったと感じる時」は
説明できます。

やはり理論が分かった時ですね。一見、適当に作っているかの様な英語です
が、やはり根底に流れているのは「数を決定しなければ気が済まない」とい
った理論的な血ですよね。その理論の一端が見えた時、それが英語ができる
様になったという瞬間ですね。

例えば、倒置が何のために起きるか、なんて普通は「主語が長いから」とか
目的語や補語を強調している、なんていう理由で片付けていますが、本当は
英語の情報構造に基づいたものであると知った時には本当に感動したもので
す。

英語は理論が分かれば飛躍的に楽しくなりますし、読解が楽になりますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。私も結構理屈を考えるのが好きです。リーディングの精読の際に参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2002/01/05 00:39

私の場合 英検5級しかありませんが 仕事場がアメリカ人だけ


なので自然と使ってます 文法とかは結構あとで覚えました
 はっきり言って外国人でも英語が完璧な人はいない気がします
日本人の国語といっしょで専門に特化すればそのつど単語から
覚えるしかないと思います 私の場合ですが 寝てる時の夢の会話が
全部英語だったりすると 染まった気がして嫌になります
    • good
    • 0

私は高校生なのでどれだけお役に立てるかわからないのですが…


英語の力をつけたい時はまず“耳”を鍛えるといいそうです。
◎CDやテープがついてる英語の本を用意し、まずは何も見ないで音だけ聞く。
◎そしてだんだん慣れてきたら今度はディクテーションをする。
完璧に聞き取れるまでには時間がかかるけれども、
耳を鍛えるコトによって英文の区切りや、細かい部分までわかるようになり、絶対に英語の力は伸びるそうです。
って塾の先生に言われました。
あと、上達したなーって思うのはやっぱりスラスラと難しそうな英文が読めたり作文ができた時、でしょうか。
英語でコミュニケーションできた時は超嬉しいです☆
長くなってしまいましたが、こんな感じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語のスピーキング力を上げたいです。TOEICの勉強などをスピーキング

英語のスピーキング力を上げたいです。TOEICの勉強などをスピーキングにいかすためには、どんな勉強をすればいんでしょうか?

Aベストアンサー

こういう場ですからはっきり言ってしまいますが、TOEICはTOEIC、スピーキングはスピーキング、全然別物です。
TOEICの勉強をスピーキングに生かすなどと考えない方がいいですよ。

TOEICで高得点を上げたい人はVocaburaryの強化ということで、どんどん新しい単語やイディオムを増やそうといます。そうやってVocaburaryを強化しリーディングで理解力を高めれば、スピーキングにも役に立つという立場の人もいますが、大抵ウソです。

スピーキングは、「すでに知っている単語だけで如何に自分の言いたいことを表現するか」という方向の練習をしなければなりません。
知らない単語や難しい単語、ど忘れして出てこない単語を上手に避けて、知っている単語・場合によっては相手の記憶も利用しながら(これって何て言うんだっけ?って聞いちゃいます)、相手に言いたいことを伝えなければなりません。

話している最中に、知らない単語が必要にならないよう、ずっと英語で考えつづけます。そしてやさしい単語だけで自分の考えを組み立てて相手に伝えていきます。結果的には中学校で習った単語だけでほとんどのことが言えるなという境地に達します。

ですからスピーキングの強化に時間を割きだすと表現力は豊かになりますが、Vocaburaryはなかなか増えなくなります。リーディングやリスニングで知らない単語に出会っても、「自分の会話じゃこんな単語使わないし」と判断してフィルタがかかり、興味がないので覚えなくなります。

逆にmakeやtake, haveといった中学校のときに習った動詞の用法をもう一回復習したり、発音を確認する等々基本的な表現の深堀に時間を割く必要が出てきます。abandonedとabundantをちゃんと言い分けられる必要がありますから。

ということでTOEICとスピーキングの勉強は両立しないのです。もちろんスピーキングの実力が十分な人がTOEICの勉強をすればすごいことになるでしょうけど、逆はありません。

私はTOEIC900超えても話せるようにならなかったので、もうTOEICは受けないことにしました。でもスピーキングの練習は続けたので今は大体のことは言えるようになりました。一日中英語で考え続けることも苦ではありません。リスニングもリーディングも必死さがなくなり日本語と同じように自然にできるようになりました。ようやく英語が身体の一部になりはじめているような気がしています。まだまだ成長の余地はたくさんありますが、ここまで長かったなと思います。

自分の経験から、他にTOEIC900あります、という人を見ても、「でどのくらい話せるの?」といちいち確認します。「いや実はあまり」という人も多いです。困ったものです。

こういう場ですからはっきり言ってしまいますが、TOEICはTOEIC、スピーキングはスピーキング、全然別物です。
TOEICの勉強をスピーキングに生かすなどと考えない方がいいですよ。

TOEICで高得点を上げたい人はVocaburaryの強化ということで、どんどん新しい単語やイディオムを増やそうといます。そうやってVocaburaryを強化しリーディングで理解力を高めれば、スピーキングにも役に立つという立場の人もいますが、大抵ウソです。

スピーキングは、「すでに知っている単語だけで如何に自分の言いたいことを表現す...続きを読む

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q英語(スピーキング)勉強方法

こんにちは^^
今回、これからの英語の学習方法について質問があります。
ご回答いただけるとうれしいです。

私は、今大学2年生で
TOEICスコア(去年の12月頃に受けました)が715点あります。
3月に英語圏にも短期ですが留学しました。
そのときに実感したのは、7割程度はなんとなく聞き取れるけど、喋れない・・・!
っていうことです。
将来の夢はまだ具体的には決まっていませんが、今は海外で企業をするか、企業の海外支店のようなところで働きたいなぁとあやふやですが思っています。

そして今シャドーイングをしたり、ハイスクールミュージカル(英語)を読んだりしていますが、
スピーキング力を上げるには、他にはどうすればいいでしょうか?
日本の英語学校などは、金銭的な面で通うことは難しいです。

また、シャドーイングは一日どの位の量をこなしたほうがいいのか、他にもお勧めな学習法などもアドバイスをいただけるとうれしいです!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

聞き取りは非常に大切ですね。 相手の言っていることが分からなくては「話にならない」の始まりになってしまいますね。

スピ-キングとは「英文を作る」という事だと知って欲しいのです。 確かに聞き取りを練習して、それによって、そこから聞き取れた文章を自分でも言えるように更に勉強すると言う事は大切だと思います。

しかし、それ以上に、自分で自分の言いたいことを日本語で言うのではなく英語で言ったらどういう風に言うだろうか、と考え始めて欲しいのです。 スピーキング上達練習の土台となります。

つまり、今これを読んで、何か独り言を言いましたか? それとも、何か言いたくなりましたか? 突っ込みの質問を作りましたか? これらがあったときに「じゃ、それを英語でなんて表現するんだろう?」と自己質問する「癖を作って欲しい」と言う事なのです。

また、友達に何か言った時、友達がアメリカ人だったらどう英語で言うだろうか、と自然に思うようになって欲しいのですね。

文法が出来ても英語表現が出来ない、文章を考える時間があると言うのに通じる英語表現が出来ない、と言う事実を見ると、英語表現を作る機会があまりないんだな、あまり英語を使う人との交流がないんだな、と結論を出してしまうわけです。 

書く表現力がないとしたら、しゃべる(とっさに英語表現を作る)のはもっと難しいだろうな、と思ってしまうわけです。 何で知っている文法を使わないんだろうと。

これが始まりです。 とにかく英文を作る、機会を自分に与える事です。 

そして、自信がなければこのカテで聞けばいいのです。 できるだけ多くの人からの回答をもらってください。 別に今必要としている表現ではないですね。 自分の英語表現力を向上させたいと言う事なのですから、適切な表現を身につけることで、鵜呑みにしてしまった表現を一生懸命覚えてそれが結局分かってもらえない、通じない表現だったと後で分かったら(初学者の多くはその犠牲者になっていると思います)もったいないですからね。

発音は「完璧さを求めない事」。 今は相手に通じる英語を作り相手に通じるレベルの発音を身につけることが最初です。 正しい発音を求めるのは後でいいのです。 イギリス人なんか、半分ジョークですが、アメリカ人には聞き取れないほどおかしな発音をしているんですからね。 <g> 通じない英文を完璧な発音で言うのと、通じる英文を日本語訛りで言うのとどっちが「しゃべれると言える」と思いますか。

そして学校文法にこだわらない事。 文法用語を覚える暇があったらアメリカ人が使っている表現を覚えなさい、と私は言います。 文法については後になってもちゃんと分かります。 かえって本当の意味での文法を知る事になるでしょう。

突っ込んでください。 私の書いたことを鵜呑みにしないで、本当なぜそうなの?と聞いて欲しいのです。 なぜなら私はあなたにスピーキングが出来るようになって欲しいからです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

聞き取りは非常に大切ですね。 相手の言っていることが分からなくては「話にならない」の始まりになってしまいますね。

スピ-キングとは「英文を作る」という事だと知って欲しいのです。 確かに聞き取りを練習して、それによって、そこから聞き取れた文章を自分でも言えるように更に勉強すると言う事は大切だと思います。

しかし、それ以上に、自分で自分の言いたいことを日本語で言うのではなく英語で言ったらどういう風に言うだろ...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q英検準一級のスピーキング対策に瞬間英作文ってどう思いますか? またほかのスピーキング対策ってどんなの

英検準一級のスピーキング対策に瞬間英作文ってどう思いますか?
またほかのスピーキング対策ってどんなのがいいと思いますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>英検準一級のスピーキング対策に瞬間英作文
良いと思います。

http://mutuno.o.oo7.jp/
森沢洋介さんの『英語上達完全マップ』のサイトです。

http://mutuno.o.oo7.jp/05_training/05_training02.html
ここに瞬間英作文のトレーニング法が書かれています。
まさかの「目から鱗」でした。私は、本は持っていますし、練習しましたが、そのサイトの内容は、まったくイメージと違いました。ここで書くのはなんですから、直接お読みください。

>ほかのスピーキング対策
『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング 』
http://amazon.co.jp/dp/4860640489

これは、英検1級対策の本ですが、結局、準1級は、1級をある程度のカバーする力がないとうまくいかないと思うのです。

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q想定内・想定外 (´・ω・`)

「想定外です」はout of my expectations でオッケー?
「想定内です」は?

Aベストアンサー

「想定内」なら、、、、within my expectation でもイイですが、

expectation は、、、第三者的に見て当人に状況が不利な場合は一寸おかしくなるので。「あんたは、こう状況が悪くなることも(期待)していたのか?」となるので。

assumption or suppostion を使われるのがよいかも知れません。

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Qリスニングとスピーキングの勉強方法

 こんにちは。私は社会人で、今年のはじめから英語をがんばるぞ!と思い、某英会話学校に通っています。
 じっくり取り組もうと思ったのは学生の時以来で、始めた当時は少しですが上達を感じていました。
 でも最近は、英語のこう・・なんと説明したらよいのでしょう?はっきり聞こえる単語と単語の間の音(きっとBE動詞とかその他・・・)が聞こえず、聞こえた単語だけで自分の中で「こう言ってるんだな」と思って聞き流してしまうのです。わかったふりをしてしまう・・・。
 そのハザマの音がわかるようになるには、どんな勉強方法がよいのかわからず迷っています。
 現在の英語力は、TOEIC600点くらいです。ちなみに仕事もあるので時間がたっぷりあるわけでもありません。もちろん、自分に合った方法は自分でみつけるしかないのはわかっているのですが、みなさんはどのようにして上達されたのか参考にしたいです。
その他にも、スピーキングについてもこんな方法がおすすめ!というものがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も某英会話学校で勉強中です。
間の語を差っ引いて、文全体の意味を聞き取る。
まさに、理想じゃないですか!
私はその間の語を「何言った、今?」と反芻してしまうため(アホ)、話が先に進んでしまい、肝心な意味がすっかりわからん・・・ということが日常茶飯事。
「○○と××の間になんて言いました?of?with?」なんて、あとから聞いたりして「え~。そんなの忘れたよ~」なんて煙たがられています。
意味はわかるけど、いった文をそのまま繰り返して言えない、っていうのがすごくイヤなんです。
そしたらアドバイスしてくれた人がいて、「CDなどをワンスレーズずつ聞いて(テキストなどを見ずに)、繰り返して言ってみる練習をしなさい」ということでした。
聞く、話すが同じ脳の使い方でできるような気がして期待大だと思います。
前置詞も、所詮フレーズの反芻で、口で覚えるものだと思いますし。
私も、やろうやろうと思っていたところですので、今日、いや、明日から頑張ります・・・。
質問者さんも頑張ってください!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報