様々な論文で、astrocyteのマーカーとしてGFAPの抗体を用いているのをよく見かけます。ある細胞がastrocyteかどうかを知るには、GFAPの抗体で免疫染色するしかないのでしょうか? そもそも、GFAP発現=astrocyteはどの程度確かなのでしょうか?

A 回答 (1件)

今手元に文献がないので、経験上で書き込んでいますので、ちょっと正確には自信がないのですが、回答がすぐに得られていないようだったので、どなたかgliaご専門の方が覗いていただけるのを期待して…。



私もastrocyteの染色の際にマーカーとして当然のように抗GFAP抗体を使用していましたが、文献上ではGFAPは通常、astrocyteの他に末梢神経組織のシュワン細胞や網膜の一部の細胞(ごめんなさい。名前忘れました)に存在するとされます。しかしマーカーとして使用するにはこれ以上ないというほど特異性に秀でている物質でしょう。中間径フィラメントファミリーの一つで、ビメンチンやデスミンと類似性を持つ蛋白であり、astrocyteの胞体から突起の先端にわたって形態が明確に染色され、非常に汎用性が高く、説得力のあるマーカーであることは確かです。

しかし、Alzheimer病等で検出される神経原線維変化(最終段階のghost状のものは特に)等の異常構造物にGFAP陽性物質の沈着が認められます。これはgliaの反応の痕跡と言われたりしていますが、神経原線維変化の場合、その細胞体の全体にベタッと陽性に染色されます。GFAP自体の存在意義はノックアウトマウス等の実験によってもまだ完全に解明されている訳ではない(GFAPノックアウトマウスでも特に神経系、生殖系の異常はなかったらしいですが、ちょっと古い情報ですので参考までに)ので、どうしてそのようなフィラメント蛋白がそのように沈着するのかはあまり明確に説明されていないのが現状です。(このような神経の異常構造物にはglia由来の多種の蛋白や免疫グロブリン、サイトカイン、補体成分等も検出されますが、免疫反応に関与する物質についてはそれなりに納得のいく説明ができるのですけど)

しかし、astrocyteであっても、神経原線維変化のように完全に変性したもの(glial fibrillary tangles)では、GFAPが陰性化してしまうことがあります。
この場合、GFAPの他にもastrocyteの生存を示す物質(CD44等)も共に陰性化したりしますし、これらは神経原線維変化と同様に細胞骨格関連蛋白のタウ蛋白が変性してしまいます。

価格的にも、また論文でastrocyteの存在や関与を説明する際にも、非常に扱いやすく、説得力のあるマーカーであることには違いありません。その他の物質は他のoligodendrogliaやmicrogliaにも共通して分布したりすることが多く、GFAP以外をマーカーとして使用することは却って難しいかも知れません。

だらだら長く書きましたが、私自身はgliaの専門家ではないので、どなたかgliaについて知識を持たれている方がこの質問を覗いていただいていたらいいのですが、PubMedで一度検索されてみるか、glia関連の専門書(これだけでもかなりの厚さの本があったりします)を参照していただけたら、ki-mさんの望まれている詳細な情報が得られるかも知れませんね。

いまいち参考にならない回答でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実際に抗GFAP抗体を使ったということで、大変勉強になりました。
glia関連の書籍にもあたってみたいと思います。

お礼日時:2002/01/08 03:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラバーについて

今度ラバーを変えようと思うんですけどどんなラバーいいと思いますか?

僕が今、使っているラケットとラバーは、Rフィルメア FスレイバーEL BヴェガPROです。

ラバー候補は、Fレナノスホールド、レフォーマ、ハモンドX、レナノスブライドハード Bレフォーマ、ハモンドプロベータ、レナノスブライドソフトです。

厚さとかも教えてください。 長文ですいません。

Aベストアンサー

どうゆう特徴のラバーを求めているのか分からないので、回答はこないと思いますよ。
詳細をしっかり書きましょう

Q免疫染色時の1次抗体・2次抗体の濃度

免疫染色初心者です.よろしくお願いします.
血管内皮細胞,線維芽細胞,心筋細胞の特異的タンパクを染めるのに,Von Willbrand factor(rabbit),DDR2(rabbit),α-actinin,2次抗体としてgoat anti-rabbit IgG等の抗体を用います.こういう場合の1次・2次抗体の濃度はやはりある程度100倍,1000倍なり自分で希釈してみて決めるしかないのでしょうか?他の方の質問も拝見して,自分で調べるしかないのかなとは思いましたが,どの濃度で一番反応が出やすいというのはないのでしょうか.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

なにしろ製造ロットによっても力価がばらつくし、抗原の量や濃度
によっても見えやすかったり見え難かったりなので、ある程度は自
分で決めてくしかないと思います。まぁ、とりあえず100倍くらいで
染めてみて、不満がなければそのままGo!ってのもアリでしょうね。

それか、DAKOあたりの「順番にかけるだけで、医者でも染められ
る」と豪語しているヤツを使うんですね。あそこはカタログに、推
奨希釈率を載せています。第VIII因子なら、50倍くらいで使えって
親切に書いてありますよ。とりあえずそれに従ってれば、大コケは
しません。本当はもっと薄くても染まるんですが。

Qカットマン初めての粒高ラバー

中一で現在B面に一枚ラバーを使用しているカットマンなのですが
粒高ラバーでのカットに挑戦してみようと思っています。
そこで候補に挙がったラバーが
フェイントロングII、フェイントロング、カール P-1R
の3つなのですがどれがいいと思いますか?
粒高は初めてなのでカットが切れてカットが安定するものがいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分もカットマンをしているので回答させていただきます。

≫粒高ラバーでのカットに挑戦する。そこでどんなラバーが良いか。
lkjjhさんの候補の中から選ぶのであれば自分も他の二人と同様にフェイントロングIIをお勧めします。僕は候補にあがった3つのラバー使用経験があるのでちょっとお話しさせていただきます。
フェイントロングII:自分はいつもフェイントロングIIIを使用しているのですが、フェイントロングIIはIIIよりカット、ツッツキの安定性が高く良いラバーだと思います。ちなみに自分の先輩のカットマンが愛用しており、その先輩は部内のカットマンの中で一番バックカットが切れており、安定性が高いと評判です。

フェイント:とにかく使いやすいです。切れ味を求めず、安定性が欲しいという方には良いラバーだと思いました。しかし、僕には合いませんでした。

カールP-1R:安定性はそこそこなのですが相手の球に威力がないと切れません。プロのカットマンには良いかもしれませんが自分たちのレベルには使うのは難しいと思います。

また、候補に挙がってませんが、フェイントロングIIIも良いと思います。
フェイントロングIII:上にも書きましたが、自分が普段愛用しているラバーです。カットはかなり安定性も高く切れます。ツッツキは切り方さえわかればかなり切れます。また、このラバーの良い点は攻撃がしやすいことです。自分は時々遊びで粒高バックハンドドライブをしますが、そこそこかかっているといわれました(笑)。

あくまで、これは自分の使用感想であり、感覚などは人それぞれ違います。なので、あまり真に受けず、頭の隅にでも置いておいていただければ幸いです。
自分に合った良い用具を見つけられるといいですね。

自分もカットマンをしているので回答させていただきます。

≫粒高ラバーでのカットに挑戦する。そこでどんなラバーが良いか。
lkjjhさんの候補の中から選ぶのであれば自分も他の二人と同様にフェイントロングIIをお勧めします。僕は候補にあがった3つのラバー使用経験があるのでちょっとお話しさせていただきます。
フェイントロングII:自分はいつもフェイントロングIIIを使用しているのですが、フェイントロングIIはIIIよりカット、ツッツキの安定性が高く良いラバーだと思います。ちなみに自分の先輩のカ...続きを読む

Q液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか?
またそれは考え方として一般的ですか?

私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、
自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。

これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、
著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

Aベストアンサー

私は、液性免疫はB細胞による抗体産生、
細胞性免疫はT細胞による働きだと思ってました。
つまり、獲得免疫のなかに液性免疫と細胞性免疫が
含まれるということです。

ただ、液性免疫系とか細胞性免疫系って
言葉になると意味が違って、
自然免疫・獲得免疫関係なく、
液性のもんなら液性免疫系で、細胞が関わるなら細胞免疫系
って使い方をしてると思います。
自然免疫の液性免疫系のものだと、抗菌物質とか補体とか
があると思います。

一般的かどうかはわかりませんが・・・。

Qラバーについて

今度ラケットを買おうと思います

R:クリッパーCR WRB

B:VO>101

↑に合うフォアラバーを教えてください。

・ヘキサーデューロ

・ブーストTX

・マークV HPS soft

などを考えています。

他にも良いラバーがあったら教えてください。

またラケットにバックのラバーが合っているかどうかも教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クリッパーウッドを使っています
どんなラバーとも合いますので、ご自分に合ったのを貼ってください
因みに私はヴェガヨーロを使っていますがいいですよ

Q免疫について正しいものを全て選んでください。 1、細胞性免疫とはキラーT細胞が直接異物を攻撃する

免疫について正しいものを全て選んでください。


1、細胞性免疫とはキラーT細胞が直接異物を攻撃することを指す。

2、液性免疫とはB細胞が抗体を産生して異物を攻撃することを指す。

3、自然免疫は原始的な免疫と言われ、昆虫も自然免疫を持つ。


1番の「キラーT細胞」が間違えていることは確かなのですが、2番と3番、どちらが正しいのか、或いは両問題とも正しいのか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

いずれの質問も表現が微妙な言い回しなのでちょっと意地悪な言い方ですが…
1.2.も”…だけ”ではないのでバツですね。
1. は例えばマクロファージの貪食作用なんかもあるし、2.は補体なんかもあるでしょ。
3.は”原始的な免疫と言われ”って部分が正しいのかどうかは意地悪な言い方をすれば主観的だからバツかもしれないけど、昆虫も自然免疫をもつことはまるでしょ。自然免疫に重要なレセプターのtollはハエでみつかったんだっけ?

Q安定性のあるラバー

中級程度のドライブマンに合うバックのラバーはありますでしょうか?
とても安定していて、よく回転のかかるものがいいです。
一応ラケットとフォア面のラバーは決まっています。下の通りです。
R:ティモボルALC
F面:カタパルト・ハード

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

柔らかいラバーがいいなら、バタフライの「ソルシオン」をお勧めします。相手コートに安定して、綺麗な弾道を描いて返ります。
また、固めのラバーがいいなら、同じくバタフライの「スレイバーG2」が良いと思います。ドライブをすると、回転もまずまずかかり、それでいてスピードもなかなかです。
あと、ニッタクの「レナノスソフト」も、回転がかかり、なおかつコントロールもいいです。ただ、球離れがやや早めです。

参考程度にどうぞ。お役にたてば嬉しいです。

Q免疫染色について(抗体)

免疫染色に用いる抗体において同じ物質に用いるものでも、エピトープがC末端のものとN末端のものがありますが、どのように使い分ければいいのでしょうか?ペプチドの合成系を見たいのであればC末端のものを使用すればいいのでしょうか?抗体作成をしたりするラボではないため、そもそもポリクロでこのような違いがあることが充分に理解できておりません。初歩的なことかもしれませんがどなたか教えてください。

Aベストアンサー

例えば、タンパク質の一部を削った変異体を使った実験をして、
それを検出したいというときに、N末端を削った変異体を用いているのにN末端をエピトープとして作った抗体を使うのはまずいですよね。

そんなときは、C末端をエピトープとした抗体を使います。

後、自分がある細胞に導入した一種類のcDNAから、思ったよりも小さな分子量のタンパク質ができているとN末端を認識する抗体で確認されたとします。
その時に、C末端を認識する抗体を用いて確認しても同じ分子量で確認されるのであれば、完璧に証明してわけではないですが、
「分解されて分子量が小さくなっているわけではない」と予想することはありました。

それ以外では、特に使い分けをすることはないと思います。
少なくとも私はしたことがありません。
検出できる抗体を探していて、たまたまC末端を認識する抗体ではダメで、N末端のほうは使えたということはあります、その逆もあります。
結局、使えることが重要ですので。

>ペプチドの合成系を見たいのであればC末端のものを使用すればいいのでしょうか?

経験上、作りかけのタンパク質が検出されることはないと思います。
例えば、100アミノ酸残基のタンパク質の作製途中の50残基のタンパク質や20残基のタンパク質を検出することはほとんどないです。

例えば、タンパク質の一部を削った変異体を使った実験をして、
それを検出したいというときに、N末端を削った変異体を用いているのにN末端をエピトープとして作った抗体を使うのはまずいですよね。

そんなときは、C末端をエピトープとした抗体を使います。

後、自分がある細胞に導入した一種類のcDNAから、思ったよりも小さな分子量のタンパク質ができているとN末端を認識する抗体で確認されたとします。
その時に、C末端を認識する抗体を用いて確認しても同じ分子量で確認されるのであれば、完璧に証明し...続きを読む

Q来月頭か今月末にラバーを変えようと思います。

来月頭か今月末にラバーを変えようと思います。
今使っているラバー、ラケット、戦型は
R:ティモボルT5000
F:ヴェガプロ 2.0
B:テナジー64 厚
シェーク裏裏ドライブ主戦型(スマッシュ主戦型かも)
です。
次に変えるバックのラバーはプライド30で決まっています(というよりもう買ってしまったw)ですがフォアのラバーが決まっていませんがスピンアートがいいかな~と思っています。

どうですか?スピンアートを使ったことのあるドライブ主戦型の人に解答を頂けると尚更嬉しいです。


ちなみにフォアでスピンをバックでスピードを出したいのでスピンアートです。


そして打ち方は基本的には食い込ませる打ち方で擦る打ち方はあまりしません。

Aベストアンサー

先ずですね、ラウンデルハード以外は全てドイツラバーです。
ドイツラバーの特徴は概ね軟らかく、食い込ませるドライブに最適です。
ジーニアスは流行りのテナジー系の気泡の大きいスポンジが特徴。
プラウディット二種は軟らかめと更に軟らかめ(笑)
その観点から言えば、硬め好きな質問者さんには合わないかもですね。
また、軟らかいラバーは曲線を描く特性が強いのです。(ヴェガプロはちょい違う)
それと寿命。
ドイツラバーはハッキリ言って短い(笑)
私が週一で使っていたヴェガプロなんて、2ヶ月で白くなりました。
軟らかいラバーは概ね、耐久性は低いですね。
バタはあんまり誉めたくないんだけど、ラウンデルハードは秀逸だと素直に思いましたね。
結構直線的に飛びますし、天下のバタフライ、品質的(耐久性)には文句無し。
四ヶ月前の無印ラウンデルは何とか使える範疇です。
実際のトコ、ドイツラバーは好きではないので使った事ないのですが、値段や性能、品質のバランス考えたらラウンデルハードじゃないでしょうか?
名前の通り硬いですし。

実はヴェガプロ、ドイツ製(笑)

先ずですね、ラウンデルハード以外は全てドイツラバーです。
ドイツラバーの特徴は概ね軟らかく、食い込ませるドライブに最適です。
ジーニアスは流行りのテナジー系の気泡の大きいスポンジが特徴。
プラウディット二種は軟らかめと更に軟らかめ(笑)
その観点から言えば、硬め好きな質問者さんには合わないかもですね。
また、軟らかいラバーは曲線を描く特性が強いのです。(ヴェガプロはちょい違う)
それと寿命。
ドイツラバーはハッキリ言って短い(笑)
私が週一で使っていたヴェガプロなんて、2ヶ月で白...続きを読む

Q免疫染色 抗体の動物種・・・

こんにちは。よろしくお願いします。

免疫染色を行っています。

一次抗体、二次抗体をのせて、発色させて抗原の位置を観察する原理は分かるのですが、動物種をどうそろえるのかが、イマイチ分かりません・・・

一次抗体と二次抗体の動物種を別にする理由はどうしてでしょうか?

また、ブロッキング剤は、全く関係ない動物種にすれば良いのでしょうか?

すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 目的のタンパクがラットのタンパクXの場合、その抗体を作るには、ラット以外の動物種に免疫します。例えば、ウサギにラットタンパクX(抗原)投与して、抗体を作ります。こうして出来た抗体は、抗ラットタンパクXのウサギ抗体です。これが一次抗体。
 この一次抗体(ウサギ)と結合する二次抗体は、当然、ウサギでは作れないので、例えばヤギで作ります。よって、当然、一次抗体(ウサギ)と二次抗体(ヤギ)は、動物種が異なるものになるわけです。
 ブロッキングは、BSAで十分だとと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報