「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉の出典を詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 続報です。


 東海道中膝栗毛の二編下(享和三年、1803年)、蒲原宿の木賃宿で六部さん(六十六ヶ国霊場巡礼をする人)から、やたらと風が吹いた年に箱屋を始めたという話を聞いた弥次郎兵衛は「ハテ風がふいたによって、箱屋とはどふいふあんじだの」と訊ねます。すると六部さんは、風が吹くと砂ぼこりが立って目にはいり・・・鼠が箱をかじるので箱屋が儲かるという例の話をします。
 しかし膝栗毛は、それ以前の洒落本や狂言などに取材しその内容を利用しているようです。この箱屋の話も、世間学者気質の巻三(明和五年、1768年)に、「したがけふの大風で土ほこりが立ちて人の目のなかへはいれば、世間にめくら(ママ)が大ぶん出来る。そこで三味線がよううれる。さうすると猫の皮がたんといるによって、世界中の猫が大分へる。さうなれば鼠があばれ出するによって、おのづから箱の類をかぢりおる。ここで箱屋をしたらば大分よかりさうなものぢやと思案は仕出したも、これも元手がなうては埒明かず」とあるそうで、こちらの方が古いですね。
 さあ、こうなるとどこまで溯ることができるのか、原典にあたって調べるしかなさそうですね。御伽衆による醒睡笑(寛永五年、1628年)、きのふはけふの物語(寛永十三年、1636年)くらいまで遡行する必要があるのか。あるいはそれ以上か。うーん、こりゃ大変ですぞ。(^o^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「やじきた」より古いものもあったんですね。
となると、江戸時代初期に原典があり、そこから色々な話に派生していったということでしょうか。
それほど色々なところで使われたということは、よほど人々の興味をひいた話だったんでしょうね。
これは本格的に調べていかなくては判りませんね。

ご協力いただいた皆さんありがとうございました。
もし、決定的な事が判りましたら質問者宛てにメールいただけると幸いです。
とりあえず、この場は終了とさせていただきます。

お礼日時:2000/12/20 15:09

おそらく、TCMさんの回答がありますように東海道中膝栗毛ではないかと思われますが、興味があるので、もっと以前に使用例があるかどうか調べてみましょう。


この言葉の解釈にも幾つもの説がありますネ。Nakaさんが書かれているのが一般的ですが、実は大風(台風)で死人が沢山でると棺桶屋が儲かるというのが原点で、そこから、いろいろな複数論法に発展したという説もあります。ヤマタノオロチ伝説が豪族であるとか、川であるとか諸説あるように、この故事(?)にも諸説あるようですネ。
ただ、無関係に思えることを強引にこじつけているような、この言葉ですが、カオス理論てきには正しいこととも言えます。気象学のバタフライ効果(北京でチョウチョが羽ばたけば、メキシコかどこかでハリケーンが発生する)といったものと同列の理論とも言える、不確定因子の存在に関しての名言なのかもしれません。
なんだか、屁理屈をこねたような回答ですが、もう少し調べたくなりました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
kawakawaさんも東海道中膝栗毛で見たことがあるんですね。
この言葉ってよく使われる(そうでもないか..笑)のですが、自分なりに調べようと思ってもなかなか判らなかったんですよ。
意味や桶屋が儲かるまでのシステムは知っている人は多いと思うのですが、その元になる話となると身近に知っている人がいなくて...
これが判れば、ちょっとした自慢になるかもしれませんね。

お礼日時:2000/12/16 14:57

 東海道中膝栗毛の蒲原宿でのエピソードに出てくるそうです。

話の流れは現在我々が知っているものと同じですが、最後にねずみがかじるのは桶ではなく箱です。つまり「風がふくと箱屋がもうかる」。箱屋がいつのまにか桶屋に転じたようですが、このあたりの変遷についてはよくわかりません。
 手元に書籍があればもっと詳しいことが書けるのですが、今日はこんなところで勘弁してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
東海道中膝栗毛は読んだことがありませんので、今度調べてみようと思います。
元々は箱だったんですね。

お礼日時:2000/12/16 14:52

古典落語が原典であることはわかっています。



詳しくは下記URL記載の古典落語の本を参照されれば、原典も書いてあるかと思います。

参考URL:http://www.kayanet.com/rakugo/syoseki2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いやはや、すごい数の落語の本があるんですねー!
こりゃ、図書館に行って調べるしかないですね。
でも、もう数日間締め切るの待たせて下さい。
すみません、往生際が悪くて・・・(^^ゞ

お礼日時:2000/12/16 04:07

タイトルがわからないんですが……もとは古典落語の


ネタですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も古典落語みたいな言葉だなとは思っていたんですが、やはりそうなんですね。
うーん、こうなるとタイトルを知りたいですね。(^○^)

お礼日時:2000/12/16 04:04

既に回答が寄せられていますので以下は補足或いは蛇足です。

48年前に習った歌詞を覚えています。メロディは単純です。

風が吹く、風が吹く
あの町この町風が吹く

砂ぼこり、砂ぼこり
あの町この町砂ぼこり

にわかめくら、にわかめくら
あの町この町にわかめくら

しゃみの稽古しゃみの稽古
あの町この町しゃみの稽古

猫が減る猫が減る
あの町この町猫が減る

チューチューチュー、チューチューチュ
あの町この町チューチューチュ

桶が漏る桶が漏る
あの町この町桶が漏る

風が吹いて喜ぶのは
あの町この町桶屋だけ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
こんな歌があるとは知りませんでした。
まさしく「風が吹けば桶屋が儲かる」を歌っている物ですね。
まあ、適切でない単語が含まれているので現在では歌われることは無いでしょうけど、貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 17:58

◆Naka◆


「こじつけの三段論法」を表す慣用句で、江戸時代頃が発祥ではないか、と言われています。(benjaminさんご紹介のページは見てないのですが、恐らく同様のことが書いてあると思います)

つまり…

風が吹く(強い風です)

砂埃が舞い上がる

表を歩いていて、失明する人が増える。。

目がつぶれた人は、三味線弾きになる。

風が吹くほど三味線弾きも増える。

三味線弾きが増えると、三味線がたくさん売れる。

三味線がたくさん売れると、たくさん作る。

三味線には猫の皮を使うので、猫がたくさん捕獲される。

猫の数が減ると、天敵のいなくなったネズミの数が増える。

ネズミが増えると、米びつなどの桶がネズミにかじられる被害が増える。

よって桶屋が儲かる。

三段論法どころではありませんね。 (^^;)
もちろん、砂埃が舞い上がったからと言って、みんな失明するわけではありません。また、失明したからと言って、みんな三味線弾きになるわけではありませんよね。(あんまさんになる人だっているし、琵琶法師になる人もいるかもしれない…)
ですから、実際問題として、風が吹いたから桶屋が儲かる、などどいう図式は成り立たないのですが、それをこじつけたところが面白いんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「江戸時代頃が発祥ではないか、と言われています」ということは、その出典は明らかでないという事なんですね。
しかし、誰が使い始めたんでしょうねぇ?(^^ゞ

お礼日時:2000/12/15 17:55

こんなところでいかがでしょうか。



参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/%7Eokuh/Littlediff/1. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
わたしの質問の仕方が簡単すぎたのかもしれませんが、この言葉の意味と風が吹いてから桶屋が儲かるまでのシステムは知っているんです。
何かの作品中に出ている言葉だとか、誰かの言った言葉だとかといった事が知りたかったのです。

お礼日時:2000/12/15 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風が吹けば桶屋が儲かる

よく商売か経済のことわざみたいな感じで「風が吹けば桶屋が儲かる」というのがありますよね。どういう意味なんですか?あと例えばどういう時の事をいうのですか?

Aベストアンサー

風が吹けば土ぼこりが立つ。
そうすると土ぼこりが目に入って目の病気が流行り、盲人が増える。
盲人は仕事ができなくなり、昔は三味線弾きは盲人のできる数少ない仕事だったので、三味線弾きが増える。
三味線弾きが増えると三味線を買う人が増える。
三味線を買う人が増えれば三味線に張るための猫の皮が必要になり、猫が殺される。
殺される猫が増えれば猫がいなくなり、猫が天敵のねずみが増える。
ねずみが桶をかじるから桶の需要が増え、桶屋が儲かる。
と言う落語だったと思います。
風と桶屋は何の因果関係もありませんし、実際に風が吹いたことでその通りになるとは考えにくいですが・・・・
思わぬ所に思わぬ影響が出る事を例えた話だと思います。

Q“風が吹いたら桶屋が儲かる”について

“風が吹いたら桶屋が儲かる”という言葉がありますよね。風が吹いてから桶屋が儲かるまでの過程を知りたいのですが…。誰か教えてください。よろしくお願いします。 m(_ _)m

Aベストアンサー

落語の笑い話しですね。

風が吹いたら、砂埃が立ちます。

砂埃がたつと、砂が目に入って目の不自由な方が増えます。

目の不自由な方はだいたい、アンマさんになられます。

アンマさんは三味線を持ってるので、三味線が沢山作られます。

三味線が沢山作られると、三味線の材料である猫が減ります。

猫が減ると、天敵が居なくなるので鼠が増えます。

増えた鼠が桶をかじるので、結果的に桶屋が儲かるという仕組みです。

言葉の意味は、
あることが原因となって、意外なところに影響が出てくることのたとえ。
また、当てはまらないことを期待するたとえです。

Q風が吹けば桶屋が儲かる

「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味を韓国語で表現
したいのですが上手く行きません。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

韓国の諺に<원님 덕에 나팔 분다(郡守のお陰でラッパを吹く)>というのがあります。意味は、「他人のお陰で思わぬ待遇[利益]を受ける」です。で、

故事ことわざ辞典の用例の、
「風が吹けば桶屋が儲かるで、あの企業が一部上場したときは他人事のように思っていたが、今はその影響もあって自分の会社も黒字になった」 の訳は、
원님 덕에 나팔 분다고, 그 회사가 1부에 상장되었을 때는 남의 일인 줄 알았는데 지금은 그 영향을 받아[그 덕분에] 우리 회사도 흑자가 났다.……この用例では、日韓共に同じ意味ですよね。(^_-)-☆では。

Q風が吹くメカニズム

 唐突ですがどうして風は吹くのですか? 
また、山は風がきついイメージがあるのですが何か風が強くなる原因はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと、書き忘れがありました補足です。

Q/唐突ですがどうして風は吹くのですか? 

A/ここの真相を書き忘れてました。空気は暖かくなると上昇する。冷えると下降すると書きました。ということは、日が良く当たる場所(温度の高い場所)では空気が上昇しやすく、逆に寒い北極や南極では暖かい空気も冷やされ下降します。しかし、均等な量の空気が全体になければ、少ない場所に多いところから空気が流れ込んできます。空気が下降する寒い場所では上から下に下がる風(下降気流)が、逆に空気が上昇する暖かい場所では上昇する上昇気流が発生します。これが、理由。

これが、一番の風の流れの理由です。それに、自転や地形の変化が加わり、風の流れに変化が発生するため、風の向きや強さに多様性が発生します。

Q風が吹けば桶屋が儲かる…のか?

「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺がありますが、
これの根拠を知りたいです。
風が吹く→桶屋が儲かる……
なぜ儲かるのか?
("→"の部分を補完する要素がどこにも無い!(笑。)

1)風が吹く → 2)寒い! → 3)銭湯体制に入るぞ!
→ 4)桶が必要! → 5)桶を購入! → 6)桶屋最高!

…って感じだと面白いのですが(笑

Aベストアンサー

風が吹く→ほこりが舞う → 目がやられる → 盲人が増える → 三味線ひきが増える → 三味線の需要が増える→ 猫(三味線の皮に使われる)が捕獲される → ねずみが増える → ねずみにかじられる桶が増える →桶屋が儲かる。

ってことです。

Qニュートンの言葉の出典

アイザック・ニュートンの有名な言葉
(自分の発見を、海辺で美しい小石や、貝殻を見つけて喜んでいる少年にたとえる話)
の、出典を教えてください。

「小石 ニュートン」で検索して、たくさんにヒットするのですが、
(晩年の言葉という説は何件か、臨終の言葉というのが1件)
出典が出ていません。
検索の仕方が悪いのかもしれませんが…

Aベストアンサー

siegmund です.

私も興味があるのでちょっと調べてみましたところ,
大学の図書館で Brewster の本の復刻版を見つけました.
本の正式の名前は
Memoirs of the Life, Writings and Discoveries of Sir Isaac Newton
で,表紙や背表紙には.Memoirs Sir Isaac Newton と書かれています.
1855年の版を Johnson Reprint Corporation というところが1965年に復刻したもので,
ついでに解説も付いています.

で,この本の Chapter 27 (p.407)に質問の話が載っていて,
......; and s short time before his death he utterd this memorable sentiment:
"I do not know what I may appear to the world,
but to myself I seem to have been only like a boy playing on the sea-shore,
and diverting myself in now and then finding a smoother
pebble or a prettier shell than ordinary,
whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me."
と書かれています.
晩年とも臨終間際ともとれますが,
私は臨終間際のニュアンスを感じます(私の英語力はあてになりません).
この原資料については Brewster の本には何も書かれていないようです.

なお,ネットで出典をみるなら,
Newton Brewster boy ocean
とでもキーワードを入れて,英語ページを含めて検索すればいろいろ出てきます
(google で 1000 件以上).
例えば,
http://quantum.karlov.mff.cuni.cz/skala/quota.html
http://www.bartleby.com/66/19/41419.html
http://www-gap.dcs.st-and.ac.uk/~history/Quotations/Newton.html
http://www.coolavenues.com/coolcorner/cool_quotes.htm
など(他にもいっぱい出たので,ほんの一部です).

私が簡単に調べられるのはこの程度です.

siegmund です.

私も興味があるのでちょっと調べてみましたところ,
大学の図書館で Brewster の本の復刻版を見つけました.
本の正式の名前は
Memoirs of the Life, Writings and Discoveries of Sir Isaac Newton
で,表紙や背表紙には.Memoirs Sir Isaac Newton と書かれています.
1855年の版を Johnson Reprint Corporation というところが1965年に復刻したもので,
ついでに解説も付いています.

で,この本の Chapter 27 (p.407)に質問の話が載っていて,
......; and s short time before h...続きを読む

Q風が吹けば桶屋が儲かるって?

「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉の出典を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 続報です。
 東海道中膝栗毛の二編下(享和三年、1803年)、蒲原宿の木賃宿で六部さん(六十六ヶ国霊場巡礼をする人)から、やたらと風が吹いた年に箱屋を始めたという話を聞いた弥次郎兵衛は「ハテ風がふいたによって、箱屋とはどふいふあんじだの」と訊ねます。すると六部さんは、風が吹くと砂ぼこりが立って目にはいり・・・鼠が箱をかじるので箱屋が儲かるという例の話をします。
 しかし膝栗毛は、それ以前の洒落本や狂言などに取材しその内容を利用しているようです。この箱屋の話も、世間学者気質の巻三(明和五年、1768年)に、「したがけふの大風で土ほこりが立ちて人の目のなかへはいれば、世間にめくら(ママ)が大ぶん出来る。そこで三味線がよううれる。さうすると猫の皮がたんといるによって、世界中の猫が大分へる。さうなれば鼠があばれ出するによって、おのづから箱の類をかぢりおる。ここで箱屋をしたらば大分よかりさうなものぢやと思案は仕出したも、これも元手がなうては埒明かず」とあるそうで、こちらの方が古いですね。
 さあ、こうなるとどこまで溯ることができるのか、原典にあたって調べるしかなさそうですね。御伽衆による醒睡笑(寛永五年、1628年)、きのふはけふの物語(寛永十三年、1636年)くらいまで遡行する必要があるのか。あるいはそれ以上か。うーん、こりゃ大変ですぞ。(^o^)

 続報です。
 東海道中膝栗毛の二編下(享和三年、1803年)、蒲原宿の木賃宿で六部さん(六十六ヶ国霊場巡礼をする人)から、やたらと風が吹いた年に箱屋を始めたという話を聞いた弥次郎兵衛は「ハテ風がふいたによって、箱屋とはどふいふあんじだの」と訊ねます。すると六部さんは、風が吹くと砂ぼこりが立って目にはいり・・・鼠が箱をかじるので箱屋が儲かるという例の話をします。
 しかし膝栗毛は、それ以前の洒落本や狂言などに取材しその内容を利用しているようです。この箱屋の話も、世間学者気質の巻三...続きを読む

Q風は一体どこから吹くの??

こんばんは。
風って自然と吹いてくるじゃないですか。
ふと思ったんですが、風はどこから吹くのでしょうか?
または、風はどうやってできるんでしょうか?
北風・南風という言葉がありますが、
北と南のどこから吹いてくるんでしょうか?
回答いただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

 おはよう

 科学の基本で説明します。難しい力に関する専門用語は使わないで。
 数学や力学は、自然の事実に合う様に後から具体的の計算できるように人間が作った物。必ず条件着きで、条件が変わると当てはまりません。近似的なものです。特別な考えや記号を使うので、大学などで特別理解の仕方を聞くことになります。

 風は空気層といわれる空間で生じています。風は、科学以前に、文字を考え付いた人類が、5感に感じるものにつけた名前です。原始人、未開の原住民も何とか名前を付けているでしょう。
 科学で正体を突き止めて行った結果、地球上の空気は、不純物(車、工場、吐き出されるCO2、酸化窒素類、ダイオキシン、料理、ごみからの腐敗の臭い・・)を含まない純粋の空気の場合は、窒素N2が78.1%、酸素O2が21%とされています。残り0.9%は、アルゴン、炭酸ガス、水素、He、ネオン(Ne)クリプトン(kr)等。

 これら空気の成分(粒子)が水蒸気、その他不純物ガスも含めて、重さにしたがって、丁度、水槽の中に小石がたまって層をなすように、地球の回りに重力に引きつけられて空気層を形成します。
 と言う事は、上空ほど空気が薄くなります。下ほど押しつぶされ、密度が濃くなります。
以上は静かな状態です。

 ところが、太陽からの熱(紫外線、赤外線、プロトンを主とする電子ニュートリノ・・の弾丸や磁力線の力を含めて5感用語で太陽風などと言う)で地球が熱せられ、赤道、南極、北極、日陰の夜になる部分で、温度が違ってきます。それに加えて地球が回転していますから(公転と自転)、空気層は、温度(含む工場の放熱)と、地球の回転と、地球の山や谷の凸凹でかく乱されます。
 結果的に、以上の様々な力が働いて、自然の事実として分っている事は、空気層は、水槽をかき回したり、水底に大小さまざまな石が転がっている川や海底の上を流れる水や潮流の様に、刻々渦を巻いて流れるという事です。
 つまり、N2、O2、水蒸気、CO2・・が太陽熱や工場の放熱、調理や暖房の放熱と赤道、と極地の温度差と地球の凸凹が自転する回転で、かく乱され、動かされ、絶えず左回転と右回転をする渦を巻いている事と、その境をうねって一方向の流れる空気分子の粒が風の正体と分ったわけです。
  
 もう一つ忘れがちな事は、風が流れているのでなく、地球の方が動いているから、人間の目から見ると、空気が流れて風に見えるわけです。
 その上で、かく乱される空気同志ののこまい部分を観察すると、かく乱された空気は密度の高い所(空気圧が重いから高気圧とも言う)から薄い方(低気圧とも言う)に流れて同じ密度になろうとするし、空気が右回転してしている中の空気の成分は地球に吹き付けるように動作しているので(自然現象を発見しただけ)、押し付ける事は圧力が高いから「高気圧」と名付け、隣り合って左回転して渦巻く空気粒子は上空に吸い上げられる様に動作しているのが自然の事実として分り、空気圧が低くなるので「低気圧」と呼んでいます。全て発見しただけ。
 理由付けは、赤道の温度と局地の温度差と自転が原因と考え、この自然の事実に合う様に、今まで分かっている数学や力学を使って計算式を組み立て、具体的に数値化出来るようにします。。
 これら力が複雑に組み合わさって刻々天気が変わり、台風、竜巻が起き、1瞬たりとも同じ瞬間はありません。
天気予報も、地震も結果の後説明しかありません。
 私たちの体内(健康も一生も知能も)、食事、体の動かし方、生活、精神的ストレスの組み合わせで、同じ人は何処にもいないし、1瞬たりとも同じ瞬間はありません。一生を有意義に過ごしましょう。
 科学は自然の後追いして、人間の言葉で理解し続ける努力をし、真似しようとしているもので、電気器具や物質が作られています。科学を除いたら、原始人や宗教弾圧で殺しあった古代宗教時代と同じ事をわきまえなければなりません。
 余分で失礼しますが、一言。科学を、基本を、勉強しましょう。
 人類が現在まとめた知識では、理解の基本は電気力と重力で、自然はこの2つの力で動いています。
 原子に90種類ほどの名前がついていますが、分ってみたら、結果的に、原子核の+と電子の-の電気の2つの粒子で出来た、電気的性質の違いにつけた名前だったからです。
 だから何でも電気装置で診断出来るし、観察し、治療し、コンピューターなど物づくりできるし、送受信して世界中のニュースを見聞できます。体の5感も電気で動いているのです。筋肉も。・・・・・。

 おはよう

 科学の基本で説明します。難しい力に関する専門用語は使わないで。
 数学や力学は、自然の事実に合う様に後から具体的の計算できるように人間が作った物。必ず条件着きで、条件が変わると当てはまりません。近似的なものです。特別な考えや記号を使うので、大学などで特別理解の仕方を聞くことになります。

 風は空気層といわれる空間で生じています。風は、科学以前に、文字を考え付いた人類が、5感に感じるものにつけた名前です。原始人、未開の原住民も何とか名前を付けているでしょう...続きを読む

Q「風が吹けば桶屋が儲かる」の具体例は?

私が好きな言葉に「風が吹けば桶屋が儲かる」というのがあります。

ある事柄が思わぬ結果を生じたりする意味ですが、
ついこの間大騒ぎしていたサブプライム問題が世界経済に影響を及ぼしたのがこの「風が吹けば~」の具体例かと思います。

それ以外に具体例はありますでしょうか?
皆さんが経験したことでも社会問題でも何でも構いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは ( ^^

> ある事柄が思わぬ結果を生じたりする意味ですが、

この前提は、この諺本来の意味とは違うと思います。その意味で用いるのならば、むしろ当てはまるのは「瓢箪から駒が出る」でしょう。

「大風が吹けば桶屋が儲かる」というのは、いわゆる「こじつけ理論」を揶揄する意味のことわざです。つまり、言わんとすることは、
「そんな馬鹿な!」
ということです。

随分昔になりますが、駅のホームで電車を待っていた時に、次のようなサラリーマン同士の会話を耳にしたことがあります。

SマンA 「おい、ホームに吸殻を捨てちゃいかんだろ」
SマンB 「そんなことはない」
SマンA 「なぜさ?」
SマンB 「いいかい、もしホームを散らかす人間がまったくいなくなったら、掃除をする人間も不要になる。違うかい?」
SマンA 「うん、それはそうだな」
SマンB 「そうなれば、奴等はクビになって路頭に迷うだろ?」
SマンA 「まあ、そうかもしれん‥」
SマンB 「つまり、オレは煙草をポイすることによって、奴等を助けてやっているのさ。むしろ感謝して欲しいくらいだね」
SマンA 「ああ、なるほど♪」

こういうのが「大風 → 桶屋繁盛」理論の本質と言えるでしょう ( ^^;

こんにちは ( ^^

> ある事柄が思わぬ結果を生じたりする意味ですが、

この前提は、この諺本来の意味とは違うと思います。その意味で用いるのならば、むしろ当てはまるのは「瓢箪から駒が出る」でしょう。

「大風が吹けば桶屋が儲かる」というのは、いわゆる「こじつけ理論」を揶揄する意味のことわざです。つまり、言わんとすることは、
「そんな馬鹿な!」
ということです。

随分昔になりますが、駅のホームで電車を待っていた時に、次のようなサラリーマン同士の会話を耳にしたことがあります。
...続きを読む

Q「よき友を得ることは仏道の全てである」という釈尊の言葉の出典はどこでしょうか?

「よき友を得ることは、仏道の全てである」という釈尊の言葉あるそうですが、出典はどのお経からなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

「雑阿含経」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報