後鳥羽上皇の
 鶯の鳴けどもいまだ降る雪に杉の葉白き逢坂の山
という歌に用いられている修辞を教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 修辞は? ということになると「本歌取り」「体言止め」ですね。


 この歌は、「古今集」巻1春上にある「梅が枝に来ゐる鶯春かけて鳴けどもいまだ雪は降りつつ」を本歌としているとされています。今回話題になっている歌と本歌とでは「鶯が鳴いている状況(春が来た)」と「まだ雪が降っている状況」が共通しています。ところが、「梅と鶯」の組み合わせ、「杉と鶯」の組み合わせが大きな違いとなっていますね。この歌のキモはここにあります。「梅と鶯」という日本古来の美意識から脱却し、「杉と鶯」という新たな美を発見したということなのです。
 「本歌取り」という修辞は、歌を鑑賞するに当たって「本歌を意識し、本歌の情景や心情を重ね合わせる」ということで、今回の場合は、「鶯といえば梅なのにそうではなく杉と鶯なのか」と鑑賞する事になるのです。色彩を思い浮かべて見ると「杉と鶯」のほうが「梅と鶯」より、ピンク色が見える分暖かさを感じますね。要は色彩において「まだ寒いんだ」と感じさせているということにもなるのです。
 この歌に関して言えば、鑑賞の要点は「体言止め」よりも「本歌取り」だと思われますので、「体言止め」については省略します。もし「体言止め」の何たるかについて関心がおありでしたら補足をいただければ、ご説明いたします。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても役に立つ回答をありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/07 15:39

 No.1の方がおっしゃるように、掛詞等は見られないように思います。


 修辞というなら、最後の「山」が「体言止め」というあたりでしょうか。
 杉の葉の緑とその上に積もった雪の白という色彩の対照、さらに、あえて言えば、鶯の声という聴覚と、雪の白という視覚の対照等も指摘できなくないと思いますが……。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても役に立つ回答をありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/07 15:38

 


  浅学にしてこの歌が詠まれた背景が分かりません。従って、字句の通りで読んでみますと、この歌の意味は次のようになるでしょう:
 
  鶯が鳴き、春が訪れたが、しかし、関所のあるあふさか(逢坂)の山の杉には、いまだ降り続ける雪が積もり、山も関所も銀の雪に閉ざされている。
 
  「逢坂の関」は、京都と東国のあいだを隔てる関所です。東国には、武士たちがいる訳で、この歌が、後鳥羽上皇が都にいた時に詠んだものなら、春が訪れているのに、東国との連絡はうまく行かず、かたくなに隔たりはあるものだ、という意味になります。
 
  歌の技巧というと、何を指すのか分かりませんが、「鳴けど」は「無けど」にかけることがあり、「降る」は「ふる=時が経過する」にかけることがあり、「雪」は「行き」にかけることがあり、「杉」は「過ぎ」にかけることがあるのですが、どれもかかっていないように思えます。「逢坂」は、出会いと別れの場所ですが、それは歌に詠み込まれています。
 
  しいて、技巧というなら、「鶯の鳴けども」は、「春が訪れたが」という意味だということだというぐらいです。春が訪れたにもかかわらず、逢坂の関は、降り続ける雪になお覆われている、というのは、「鶯の鳴けども」で、「春が訪れたが」という意味になるからです。(あるいは、「鶯の無けども」と取って、「鶯はいないが」とも読めますが、こう読むと、後の言葉と意味が繋がらなくなります)。
 
  浅学にして申し訳ありません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても役に立つ回答をありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/07 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新古今和歌集の訳

新古今和歌集の短歌の訳を知りたいのですが、全部の現代語訳がのっているサイトなどはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 サイトは知りませんが、書籍なら。

「古今集・新古今集」学習研究社¥520
「尾崎左永子の古今和歌集・新古今和歌集」集英社文庫¥667
「古今集・新古今集評釈―語釈・文法・鑑賞」清水書院¥720

 他にもいろいろありますが、お手ごろな価格のものだけをあげてみました。
 図書館に行けば、同様の書籍がいくつかあるかと。

Qなぜ藤原定家のこの歌に後鳥羽上皇が激怒したの?

藤原定家は順徳天皇の内裏歌会で「野外柳」という題を述懐ふうに取り成して、禁忌の詞を含んだ歌を詠みます。

道のべの 野原の柳 したもえぬ
あはれ嘆きのけぶりくらべに

この歌が後鳥羽上皇の逆鱗に触れたそうですが、「禁忌の詞」とはこの歌のどのことばをさすのでしょうか?なぜ上皇がお怒りになったのでしょうか?

Aベストアンサー

下記サイトの説明からすると、ご質問の歌には「常に禁忌とされる言葉が含まれている」と
いうわけではなく、「以前からの確執」があったところに、「恨みを強く込めた歌」を出したことで
怒りを買い、しかもそれが「道真の歌の本歌取」だったことで処分を下せる理由を与えてしまった、
ということのように思われます。


参考(いずれもCtrl+Fで「したもえぬ」を検索して下さい):
http://www.econ.hit-u.ac.jp/~makoto/ninnajiharu.html
(検索位置の数行前、「上の歌は」の辺りからを参照)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~monadon/books212.htm
(同じく、「後鳥羽上皇・藤原良房・定家の時代となり」の辺りからを参照)
http://dokushin.hp.infoseek.co.jp/teika-1.htm
(同じく、「承久二年(一二二○年)」の辺りからを参照)

Q新古今和歌集 939番歌

月曜日に宿題で和歌新聞というものを作らなければならないのですが、
(1)語釈。文法の説明(品詞分解など)。
(2)通訳(現代語訳)
(3)作者の解説。
(4)和歌の修辞法についての説明。
(5)その他、歌集、時代背景、裏話など
上記の解説がされているサイトはないでしょうか?
新古今和歌集 939番歌です。

Aベストアンサー

まず単純な宿題に答える訳にはいかないので、方法を。

新古今和歌集 939番歌というもは無いので、質問に歌を入れるべきですよ。番号は後から付けたので本によって番号が違いますから。
(1)まず一語一語古語辞典を調べてみる事。10回も引けば済みますよ。ただし、「なれや」は、「なりや」で調べた方が良いかも。
(2)通訳というものは、無いので、それぞれの解説本によって違います。その一つを探すには、明日図書館に行って新古今和歌集という本を探す。
その下調べとして、Yahoo!やgoo、Googleで歌で検索を掛けてみる。ゑはweと入力すれば出てきます。
(3)壬生二位(この人のあだ名。本名は違います)は、百人一首にも撰ばれていますから、検索を掛ければ直ぐに出ますよ。忠義に熱く、性格のとても良い人です。
(4)修辞法は特にない。「や」は係り結びではないので注意。句切れはある。
(5)老若五十首歌合については、情報が極端に無くなるので、歌合というのを辞書で調べる。新編国歌大観という積み上げると約2mの本の中から探すのは、ちょっと無理でしょう。
羇旅歌というも辞書で調べましょう。

ここまで調べてからどうしても分からないところがあったら聞いてください。

この歌は、マイナーだけどとても良い歌です。是非好きになって憶えて欲しいので。

まず単純な宿題に答える訳にはいかないので、方法を。

新古今和歌集 939番歌というもは無いので、質問に歌を入れるべきですよ。番号は後から付けたので本によって番号が違いますから。
(1)まず一語一語古語辞典を調べてみる事。10回も引けば済みますよ。ただし、「なれや」は、「なりや」で調べた方が良いかも。
(2)通訳というものは、無いので、それぞれの解説本によって違います。その一つを探すには、明日図書館に行って新古今和歌集という本を探す。
その下調べとして、Yahoo!やgoo、Goo...続きを読む

Q年を経て頭の雪は積もれども、しもと見るにぞ身はひえにける

年を経て頭の雪は積もれども、しもと見るにぞ身はひえにける

この短歌には、掛詞が仕組まれているそうです。どれなのか是非教えてください。

Aベストアンサー

古語の知識がないとちょっとしんどいですね^^;
「しもと」は、ムチのことです。
「霜」と「しもと(ムチ)」の掛詞です。
老人が、頭に雪は積もった(すっかり白髪頭になった)が、そんな自分でも、「霜」を見ると体が寒々と冷えるように、「しもと」を見ると、恐ろしさにぞっと身がすくむ、と言っているのです。

Q新古今和歌集の現代語訳の質問です。 「道すがら 富士のけぶりも わかざ

新古今和歌集の現代語訳の質問です。 「道すがら 富士のけぶりも わかざりき 晴るるまもなき 空のけしきに」 という歌の現代語訳を教えてください。 お願いします。

Aベストアンサー

 自信はありませんが

 「道を歩いて行くと富士山の噴火は見えない(湧いてこない)、晴れる暇のない、曇った空模様なので(噴火する気にならないのだろう)」

 合ってますか。

Qある小説を探しています(雪が降る音)

15年以上前に予備校のテキストで見かけた小説を探しています。

内容は以下の通りです。

・登場人物は「主人公らしき男性」と「病に犯された女性」
 (二人の年齢は恐らく10代半ばから20代前半)
・女性はいろいろな音をテープレコーダーに録音し男性に聞かせる
・女性は主人公らしき男性に雪が降る音について説明し、
 いつか彼にその音を聞かせたいと言う

国語のテキストで使われていたため、小説の一場面しか描かれておらず、
探すにあたってあまりに情報が少なすぎて見つかりません。

こういった内容に近い小説を読まれた方がいらっしゃったら、
タイトルもしくは著者名を教えていただければ幸いです。
(「書籍・文庫」のカテゴリーで同じ質問をさせていただきましたが、
 どなたからも回答をいただけなかったので、こちらのカテゴリーで
 再度質問させていただきました)

Aベストアンサー

http://books.google.co.jp/books?q=%E9%9B%AA%E3%80%80%E9%9F%B3%E3%80%80%E9%8C%B2%E9%9F%B3&lr=&as_brr=0&sa=N&start=30

上記ページの上から5項目目に、それらしき文章の抜粋が載っていますがいかがでしょう。

Q新古今和歌集の現代語訳付きの原文を探しています

初めまして。
よろしくお願いいたします。
新古今和歌集を読破したいと考えているのですが、
原文だけのものだと心もとないので、原文と現代語訳の両方が載っている書籍を探しています。
できれば、文庫がありがたいです。
もし、ご存知の方がおられれば、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

補足を有難うございます、#1です。

そういえばあったような・・・と、昨晩、積読本をごそごそやっていたら、岩波文庫の「新訂 新古今和歌集」を見つけました。買ったはいいものの、どうもそそらないなぁ~と、開けてもいなかったのですが・・・パラパラめくってみると全巻掲載されていますし、注程度の語訳と注釈が載っています。先にオススメしたものに比べるとあっさりした内容になっていますが、その分「言葉」をしみじみ味わうにはこちらが良いかなぁ~と言う印象です。食わず嫌いして損したみたい(笑)私も今から読んでみたいと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003010116/qid%3D1117590615/249-4204841-5405123

Q鶯の掛軸の作者がわかりません

写真の鶯の作者がわかりません!
おわかりになられる方いらっしゃいましたら
ご教授お願いいたします!

Aベストアンサー

掛軸には作者名はありませんが
箱書に、梅と小鳥と題名があり別に
眞祐山坊題と書かれているようです。

Q新古今和歌集の訳・品詞分解

新古今和歌集で
「西行法師、すすめて、百首歌詠ませはべりけるに
見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ
                       藤原定家」
これについて「西行法師、すすめて、百首歌詠ませはべりけるに」の部分の訳がわかりません。 また、「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」の品詞分解、修辞を教えてください。

Aベストアンサー

品詞分解…宿題か何かですか?

見渡せ/ば 花/も/紅葉/も なかり/けり 浦/の/苫屋/の 秋/の/夕暮れ

単語わけだけしてみたので、あとは頑張ってください。

Q虫が鳴いているね あぁ虫が鳴いているね

こんにちは。
小学生の時、国語の授業で習った詩?だと思うのですが
タイトルと作者を思い出せないので、投稿しました。


「腹取ったら死ぬだろうね」
「あぁ、死ぬだろうね」
「死にたかぁないね」
「あぁ、死にたかないね」
「虫が鳴いているね」
「あぁ、虫が鳴いているね」

と、2人?が繰り返ししゃべるような形の詩なんです。
とても好きな詩でした。
ご存知の方いらっしゃいましたら、是非宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

草野心平

検索すればすぐ見つかりますヨ!


人気Q&Aランキング