プロピレンカーボネート(PC)の蒸気圧が分かる方教えてください。
常温ではおそらく0.03 KPa だと思うのですが、できるだけ広い範囲の
温度で知りたいのです。もし、詳しいことの載っている書籍や雑誌などが
ありましたら、それを教えていただけるのが一番です。
 このほかにもPCの分極率やその他の物性値もわかるとうれしいです。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

deg」に関するQ&A: 極座標表示のdeg

A 回答 (1件)

Propylene carbonate CAS No. 108-32-7


他の名称
4-methyl-1,3-Dioxolan-2-one; 1,2-Propanediol cyclic carbonate; PC; 1,2-Propylene Carbonate;
化学式 C4H6O3
分子量 102.0896
Vapor Pressure: Value : 0.045 mm Hg
_Temp : 25 deg C
_Type : EXP
_Ref : DAUBERT,TE & DANNER,RP (1996)
(0.03という記述もありました。)

さらに詳しいことは、下記を見て探してみてください。ここはかなり便利ですよ。

あと、CASがわかっていると、見つけやすいですよ。

参考URL:http://chemfinder.camsoft.com/result.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考URLのほうもいってみました。これは参考になりますね。
あとは0℃から100℃の範囲ぐらいで蒸気圧がわかると助かるんですけど…。
詳しいデータをご存知の方よろしくお願いします。

お礼日時:2000/12/19 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境分析でGC-MSを使っていらっしゃる方

環境分析でGC-MSを使う仕事、しかも前処理が必要と言うとどんなものを取り扱う事になるのでしょうか?
私自身はGC-MS使用経験、ダイオキシンの取り扱い等は経験がありません。
今度仕事でGC-MSを使うらしくて・・・知り合いに話したら、ダイオキシンの分析やっ!て言われたもので不安になり、お尋ねしてます。
一応会社にはダイオキシンなら仕事をやらない旨を伝えているので他の分析だとは思いたいのですが・・・

Aベストアンサー

なかなか珍しい番号?の質問No.ですね。(^^)

GC-MSを使わせてもらえるのはラッキーですね。
一生懸命勉強してください。
知識がないと壊しかねませんので
最低限の知識をインターネットを使って仕入れておいてください。

さて。
VOC(揮発性有機化合物)は前処理がありませんが、
GC-MSを使って環境測定する場合、
前処理がないものはほとんど無いと思ってください。
MSでの環境分析といえば、メジャーな線で、
農薬か環境ホルモン辺りでしょうか。
室内空気環境(シックハウス)やPCBもあるかな。

新水道法に掲げられている項目ですと
多くがGC-MS分析指定ですが、
環境分析では、GC-MS指定のものはそれ程多くありません。

まぁ、なにかと分からないことだらけだと不安かとは思いますが、
あまり気負いせずに頑張ってください。
分からなければ先輩やメーカーに聞けば教えてくれますよ。

前処理操作は測定値の誤差に直結しますので
ポイントを押さえて分析を行うようおすすめします。


経験や知識が全くない者に
ダイオキシン分析はさせないと思いますのでご安心下さい。

なかなか珍しい番号?の質問No.ですね。(^^)

GC-MSを使わせてもらえるのはラッキーですね。
一生懸命勉強してください。
知識がないと壊しかねませんので
最低限の知識をインターネットを使って仕入れておいてください。

さて。
VOC(揮発性有機化合物)は前処理がありませんが、
GC-MSを使って環境測定する場合、
前処理がないものはほとんど無いと思ってください。
MSでの環境分析といえば、メジャーな線で、
農薬か環境ホルモン辺りでしょうか。
室内空気環境(シックハウス)や...続きを読む

Q液圧が飽和蒸気圧以下になると沸騰するのはなぜ?

既出でしたらすみません。
キャビテーションの説明であるのですが、液圧が飽和蒸気圧以下になると沸騰するのはなぜでしょうか?
原理的に理解したいのですが、いまいち理解できないのでご協力お願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
 キャビテーションと沸騰の関係。大気圧とかじゃなくて、「界面で何が起きているか」を理解しないとなりません。No.2で申しましたように(浸透圧も沸点上昇も凝固点降下)も同様です。
 液体の気化は沸点だけで起きているわけではなく、その界面が存在するところで常に起きています。
  気体(気相)    これは、濃度の異なる流体の境界、溶質の溶けている(気/液)界面
気化↑↓凝結     (固/液)界面・・・
 ̄ ̄液体 ̄ ̄ ̄(液相)

 境界に衝突する粒子の数は、濃度が高いほど増えます。気体側から衝突して凝結する数と液相側から気相に飛び出す粒子の数が平衡に達する圧力が蒸気圧です。
 No.2で説明しましたが、「沸騰とは蒸気圧が大気圧に打ち勝つ現象ではありません。」「沸騰を始めるときの圧力が飽和蒸気圧」でもありません。それらは沸点を示しているだけです。沸騰とは、液相内部に偶然にできた気相--泡--が成長し続ける状態です。
 ここを間違えている人はとても多い。そのためにキャビテーションが理解できない。

 水中の気泡 ○ を考えるとお分かりのように界面は大きく丸まっています。沸点はあくまで界面が平面な状態ですが、曲面です。当然、取り囲む数が多い分、液体分子からの引力のほうが多くなりますから、気泡はたとえ沸点を超えていても成長することはできません。
 この気泡は沸点に近い温度ではなく、より低い温度でもミクロ的には常に起きているのです。
 ここでこの気泡を押しつぶそうとする圧力が減少すると、気相液相間のバランスが崩れて泡が成長します。そして、圧力が元に戻ったら急激に潰れて==気体になった分子が液体に戻る==ために、激しく潰れる。その現象が繰り返されることがキャビテーションです。

沸点上昇:気液界面で界面に衝突する分子の数が減少するため
凝固点降下:固液界面で・・・
浸透圧:濃度の高いほうが衝突分子が少ない
沸騰:気<液 なのでそれに勝る温度が必要。沸点<沸騰温度

>容器内の圧力を下げる(液圧が下がる)ことは、
>周囲の圧力が下がることと同じと考えればよろしいでしょうか?
 そうではなくて、発生する気泡内の圧力(パスカルの原理)が、局所的に低下することと、その圧力が逆転することが要因です。その原因は液体の粘性・表面張力による減圧です。

No.2です。
 キャビテーションと沸騰の関係。大気圧とかじゃなくて、「界面で何が起きているか」を理解しないとなりません。No.2で申しましたように(浸透圧も沸点上昇も凝固点降下)も同様です。
 液体の気化は沸点だけで起きているわけではなく、その界面が存在するところで常に起きています。
  気体(気相)    これは、濃度の異なる流体の境界、溶質の溶けている(気/液)界面
気化↑↓凝結     (固/液)界面・・・
 ̄ ̄液体 ̄ ̄ ̄(液相)

 境界に衝突する粒子の数は、濃度が高いほど増えます。気体側...続きを読む

Q農薬の一斉分析とGC-MSについて

農薬の一斉分析について教えてください
野菜の農薬一斉分析をGC-MSで行いたいのですが、
検出限界は、第1のモニタリングイオンでS/N=3があれば検出限界といえますか?それともS/N比が3以下でも
目視で見れていれば、検出限界といえるのでしょうか?はたまたTICで3以上あればいいのでしょうか
GC/MSの検出限界について教えてください。

Aベストアンサー

添付しました日本電子殿の分析方法が参考になると思います。この場合は水。
早い話、S/N比を上げるにはマルチスキャンして積分(只の和だけど)をすればよい。しかしそうするとGCとの同時スキャン(同期)に間に合わない。そこで特定ピーク(特性ピーク)だけに注目すれば時間は節約出来る。というごく当たり前のことを装置(ソフトが主)の改良で成し遂げたと云うことになります。
お手持ちのGC-MSのメーカーに問い合わせてみて下さい。分析法/分析例を提供するのもアフターサービスの内です。

参考URL:http://www.jeol.co.jp/technical/ai/ms/mstips-029/

Qトルエン蒸気の物性

皆様、はじめまして。
トルエンの130℃の蒸気(大気圧)の比熱、粘性係数、熱伝導率を文献などで調べているのですが見つかりません。解析、もしくは測定なさった方、知っている方、いらっしゃいましたらご教示下さい。

Aベストアンサー

このような物性データを国際化学物質安全性カード(#1)から辿ると、
引用文献を入手するのも大変そうですね。 丸善「化学便覧 基礎編 II」
に 50~100 K 刻みのデータ表がありました。403.15 [K] に内挿すれば、
定圧モル熱容量 140.1 [J/mol K]、粘性率 9.55 x 10^-6 [Pa s]、
熱伝導率 2.44 x 10^-2 [W/m K] くらいでしょうか。
化学便覧の利用は「経験者」 気体物性の扱いは経験も乏しく「自信なし」

Q質量分析計とGC、LCに関して

質量分析計で、複数混合している化学物質を調べる場合、ガスクロ(GC)、液クロ(LC)で分離した後、MSに通す場合がある様ですが、MSの原理から考えると、GCやLCで分離しなくともMS単独で、混合サンプルを検出できそうに思うのですが、間違っていますでしょうか?
GC、LCと組み合わせる理由な何でしょうか?
当方、実際に分析などは行ったことはなく、残念ながらNet上での知識程度しか御座いません。
ご回答のほど、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>MSの原理から考えると、GCやLCで分離しなくともMS単独で、混合サンプルを検出できそう
混合物の成分数が少なかったり、沸点が広く分離している場合等は結構うまくいきます。
でもガスクロは安価ですし、MSにサンプルを導入するには気化させる必要があるのでGCをつないだ方が圧倒的に便利です。

Q沸騰と蒸気圧

液体を加熱して温度を高くすると蒸気圧は大きくなるが、液体の蒸気圧が外圧(空気中では大気圧)に等しくなると、液体の内部からも蒸気(気泡)が発生し、液体は激しく蒸発しはじめる(沸騰)。

ここで、内部からも蒸気が発生することについてなんですが、大気と接してもいない液体内部がどうして蒸発を始めるのでしょうか?ちょっと変な言い方かもしれませんが、大気に接していない液体の内部は、大気圧が液体の蒸気圧と比べてどのくらいの大きさかを知ることはできないはずです。

にもかかわらず、蒸気圧と大気圧が等しくなったことをあたかも知っているかのように、液体の内部が蒸発を始めるのはなぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

 あなたが一行目に書いてある通り、液体の蒸気圧が「外圧」に等しくなると沸騰します。
 では、液体の中の「外圧」とは何でしょうか?
 外圧が大気圧なのは、あなたも書いたとおり「空気中では」です。液体の中と言う条件の時点で外圧=大気圧とは言えなくなってしまうわけです。
 故に、液体内の外圧は、大気圧+周りの液体による圧力になるわけです。とは言え、よほど巨大な容器を使って精密な測定をするのでない限り、周りの液体による圧力は大気圧に比べ非常に微々たる物で、無視できる大きさです。だから、「ほぼ」大気圧で沸騰を始めるのです。

QGC/MS分析の高圧注入について

GC/MS分析で高圧注入をすれば感度が上がると各種レポートに書かれていますが、どうして感度が上がるのでしょうか。原理を教えてください。どのような分析でも高圧注入にすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ガスクロマトグラフのカラムは内径がたいへん細いものです。そこにガス成分をインジェクタ(数mL容くらいの、それなりの容量がある)から注入するわけですが、圧力をかけることで細いカラム内にたくさんの成分が注入されます。

カラムに注入する試料量を増やせるので感度が上がります。

そういうわけですので、実際はカラムに注入される量は全量ではなく、(測定法次第ですが)それなりの量は注入されず捨てられています。

Q蒸気圧

NaHCO3 0.3gとHCl 4mlを反応させると74mlのCO2が生成した。T=22K,
P=1030hPa,R(気体定数)=0.082として気体の状態方程式を用いてNaHCO3の炭素含有率を求めよ。
このとき、水の飽和水蒸気圧を補正すること。22℃のときの飽和水蒸気圧を19.8mmHgとすること。※74mlは測定値

飽和水蒸気圧を考慮しないで、NaHCO3 0.3gとして計算すると74ml→85ml(理論値)となり、含有率は14,3%だと思うのですが、飽和水蒸気圧を補正するということがどういうことかわかりません。考え方を教えてください

Aベストアンサー

問題の前提条件がわかりませんので、意味がわかりませんね。
で、飽和水蒸気圧の部分だけ回答します。1030hPaの大気圧のうちの19.8 mmHgは水蒸気圧なので、CO2に由来する圧力は1030hPaから19.8 mmHgを引いたものだと言う意味です。したがって、二酸化炭素の圧力として、この計算結果の圧力を用いて、体積は74 mLとして計算すりゃあいいんです。

この日は、少々気圧が高いですな。冬の好天日でしょうか。まあ、どうでもいいことですが。

QGC/MS分析について

GC/MS分析のクロマトグラフのデータを整理しているのですが、サンプリングスパイクのピークがどれなのかわかりません。
サンプリングスパイクのピークはどこに出るものなのでしょうか?
また、サンプリングスパイクについて詳しく説明されているサイトなどないでしょうか?

Aベストアンサー

サンプリングスパイク法はダイオキシンの定量分析でよく用いられる手法のようですね。
以下に解説ページへのリンクを貼ります。

http://www.eritokyo.jp/independent/dioxin/pine2stack/index.html
https://www.env.go.jp/air/osen/manual/manual.pdf

サンプリングした試料中のダイオキシンが、
抽出操作中に揮発していないかどうかを確認するための内部標準であるようです。
具体的には2,3,7,8-TCDDを被検物質として分析する場合、
毒性が低めの13C標識した1,2,3,4-TCDDを採取した試料に加えて抽出操作を行い、
GC-MS分析にて被検成分が定量的に抽出できているかを確認するものであるようです。

そのため、リテンションタイムは被検物質とほぼ同じで、
サンプリングスパイクの有無を確認するには被検物質周辺のGCピークのMSを見て、
13C標識した成分がどれだけあるかを調べるのがよいでしょう。

ただし13C標識した内部標準ではなく、
沸点の近い別の化合物を内部標準として加えていた場合はこの限りではありません。

サンプリングスパイク法はダイオキシンの定量分析でよく用いられる手法のようですね。
以下に解説ページへのリンクを貼ります。

http://www.eritokyo.jp/independent/dioxin/pine2stack/index.html
https://www.env.go.jp/air/osen/manual/manual.pdf

サンプリングした試料中のダイオキシンが、
抽出操作中に揮発していないかどうかを確認するための内部標準であるようです。
具体的には2,3,7,8-TCDDを被検物質として分析する場合、
毒性が低めの13C標識した1,2,3,4-TCDDを採取した試料に加えて抽出操作を行い、...続きを読む

Q蒸気圧の計算

1.00kgのベンゼン(分子量78.1)に0.100kgのナフタレン(分子量128.2)を溶かした溶液について、(1)ベンゼンの沸点(353.3K)における蒸気圧、(2)この溶液の沸点、および(3)この溶液の凝固点を求めよ。純ベンゼンの凝固点は278.7K、モル沸点上昇定数は2.53kg・K/mol、モル凝固点降下定数は5.12kg・K/molである。

(2)と(3)はわかるのですが、(1)のベンゼンの沸点における蒸気圧をどうやって求めればいいのかがわかりません。どうかお願いします。

Aベストアンサー

難しく考えすぎているんじゃないかなあと思います。

溶液の蒸気圧は、一般には

 溶液の蒸気圧=溶媒の蒸気圧+溶質の蒸気圧

という式で表せます。いまの場合、溶媒がベンゼンで溶質がナフタレンです。(2)で溶液の沸点をモル沸点上昇定数で求めていることから、ナフタレンを不揮発性の溶質と考えてよいことが分かります。ですので、

 溶液の蒸気圧=溶媒の蒸気圧

となります。溶媒の蒸気圧をラウールの法則で求めるには、

 溶媒の蒸気圧=(溶媒のモル分率)×(純溶媒の蒸気圧)

より、溶媒のモル分率と純溶媒の蒸気圧が必要です。モル分率は、#2への補足にあるように 0.94 です。純溶媒の蒸気圧は、温度に依存する量ですけど、どんな溶媒でも沸点では1気圧になります。沸点とは、蒸気圧が大気圧に等しくなる温度だからです。よって

 溶液の蒸気圧=溶媒の蒸気圧= 0.94 × 1 atm = 0.94 atm

になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報