関西で中古の戸建ての購入を検討している者です。
昨日不動産屋さんの紹介で、間取り・価格・立地とも条件にぴったりの物件を案内していただいたのですが、現地を見ると、建物の一部が隣家と繋がっていました。資料の段階では気付かなかったのですが、それぞれの階段部分を中央に挟んで、2棟を左右対称形で建築して建売されたものと思われます。
不動産屋さんによると、いわゆるタウンハウスのようなものではなく、敷地も分筆されて所有権となっているとのことですが、将来の建替えや、もし転勤で売却しなければならなくなったときなどのことを考えると不安が残ります。どなたかアドバイスや注意点をご教示いただけませんでしょうか?
(物件は築10年、1階がRC、2・3階が木造とのことでした。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

率直な意見として、やめた方が良いと思います。


隣家とくっついているのはマンションのようなものですが、木造であるということは、防音性に劣りますのでプライバシーなどの問題があります。また、たとえば、隣家が火事を出したり、当方が火事を出した場合の責任の所在が難しく、もめる原因になります。
たとえば、30年を建替えサイクルだと考えていたのに、隣家が20年で建替えを考えた場合、もめますよ。逆のケースの場合もしかりです。半分だけ解体してというのは道理的にも強度的にも、安全上にも配慮が必要ですし、切り離した部位の補修費は誰の負担かなどももめますよ。
また、建替えの場合、まさか接続しませんので、隣地から50センチ以上離さなくてはならなくなります。その場合、敷地の広さ的に問題が発生しませんか?
世代交代したとき、問題は更に大きくなりかねません。慎重に検討なさってください。
    • good
    • 0

現実問題として、建て替えの可能性がドレくらいなのか?ということが非常に重要だと思います。



私の実家は昭和50年代はじめに分譲された団地で、2戸連・4戸連というような『つながった』建物の1つです。RC造りですので切り離すのは非常に難しいのですが、それよりも切り離した結果生じる、相手家屋の影響を見込むことが不可能であることから「同時に壊すのでなければ」改築は現実的に不可能なんです。
内装や部分的な補修だけで目的とする生活が可能な物件であれば、購入することも構わないと思いますが、物件は1FがRCで2・3Fが木造ということは増築後の物件であるということでしょうから、基本構造の状況や今後の雨漏りの状況など不確定な要素が多くあると思います。

建築士を同道されて物件の評価・判定を受けられて、現状の確認をしてください。その上で購入を考えられるのが良いと思いますよ。

>将来の建替えや、もし転勤で売却しなければならなくなったときなどのことを考えると不安・・・

これは当たり前のことで…だからこそ値段がピッタリなわけですからね。その物件は当然売りづらい物件で、急な売り払いはできないものと覚悟するべきですよ。

個人的な意見を書くならば…買いません。中古物件が損だとは思いませんが、状況の揃った物件でないと損をするのが中古物件だとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございました。
ご指摘いただいた内容をよく考え、判断したいと思います。
確かに、そういうマイナス要素があるからこそ、価格が手ごろなんですね。

お礼日時:2002/01/05 19:12

いずれにしても、大きな買い物です。



建築業者は、法令等をクリアするため、いろんなテクニックを使います。

とにかく役場の建築関係担当課に、見取り図など、用意できる資料を持って、「事情を言って」建物の現状や将来的に法令違反がないか聞いてみるべきだと思います。建築士に聞いてみるのも言いとおもいます。(有料かもしれませんが・・)

古い長屋式の建物なども自分の土地の上のみ立て替えることもあるようですから、段取りを踏めば、できないことでもないようです。RCは工事が大変そう。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
法令関係につきましては、何らかの形で確認してみます。
自分の土地の上の建物のみ建替えることも可能なんですね。
(全く不可能と思っていました。)
でも、隣家との調整など、結構大変そうですね。

お礼日時:2002/01/05 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐用年数を過ぎた建物の減価償却費の計算

平成25年1月1日から個人事業主となりました。これに伴い現居宅を事務所兼住宅として使用します。
将来、青色申告する際に経費として建物の償却費を計上することを考えていますが、
問題は建物の法定耐用年数が今年で終了することです。
以下の内容について教えていただけませんか。

前提条件
(1)建物の内容     建物構造  軽量鉄骨ALC造3階建
(2)建築年月      1986年1月(27年経過)
(3)建築費        4000万円

教えていただきたい内容
 1.来年確定申告時(青色申告)に建物の減価償却費を計上するための税務署への申請
  手続きその他。
 2..上記の条件で計算される減価償却額の実額と計算過程。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐用年数、法定耐用年数の1.5倍とし、1年未満の端数は切り捨て。
非業務用期間の1年未満の端数は、6か月以上は1年とし、6か月未満は切り捨て。

転用時の未償却残高=取得価額-非業務期間の減価の額。

国税庁>質疑応答事例>非業務用資産を業務の用に供した場合
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/17.htm

軽量鉄骨ALC造・住宅用の法定耐用年数が27年の場合、
非業務用の耐用年数、法定耐用年数27年×1.5=40.5年(1年未満の端数は切り捨て) → 40年、
旧定額法40年の償却率は0.025。
非業務用期間は取得年月1986年1月~転用年月の前月2012年12月=27年0か月 → 27年。

非業務期間の減価の額=40,000,000×0.9×0.025×27年=24,300,000円、
転用時の未償却残高=40,000,000-24,300,000=15,700,000円。


2.旧定額法の計算 (平成19年3月31日以前の取得に適用)
償却費=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×使用月数÷12。
本年分の必要経費算入額=償却費×事業専用割合%。(←事業用と家庭用に兼用する時は、按分比%を入れ計算)
期末残高=取得価額又は転用時の未償却残高-償却累積額。

取得価額の95%に達する迄は上記の計算式で計算します。

前年の期末残高-取得価額の5%の金額が前年の償却費を下回る年が95%に達する年です。

償却累積額が取得価額の95%に達する年の、
償却費=前年の期末残高-取得価額の5%、
期末残高=取得価額の5%。

95%に達した翌年より、残り5%より1円を控除した金額を5年間で均等償却します。
尚、5年間の均等償却時の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%の金額です。

均等償却費=(取得価額の5%-1円)÷5年≒取得価額の1%、
均等償却5年目の期末残高に1円(備忘価額)を残します。

国税庁>タックスアンサー>No.2105 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2105.htm


1986年1月に4千万円で軽量鉄骨ALC造・住宅用・法定耐用年数27年を家庭用として取得し、
平成25年1月に事務所兼住宅用・事業専用割合?%に転用した時の償却額の計算例。
旧定額法27年の償却率0.037。

H25年~H34年の償却費=40,000,000×0.9×0.037×12か月÷12=1,332,000円。(10年間同一金額)
H25年~H34年の本年分の必要経費算入額=1,332,000×?%=?円。(10年間同一金額)

H25年の期末残高=15,700,000(転用時の未償却残高)-1,332,000=14,368,000円、
H26年の期末残高=15,700,000-1,332,000×2=13,036,000円、
H27年の期末残高=15,700,000-1,332,000×3=11,704,000円、
H28年~H33年の期末残高は計算して下さい、
H34年の期末残高=15,700,000-1,332,000×10=2,380,000円。

H35年、前年の(期末残高:2,380,000円-取得価額の5%:2,000,000円)が前年の償却費:1,332,000円を下回り95%に達する年です。

H35年の償却費=2,380,000-2,000,000=380,000円、
H35年の本年分の必要経費算入額=380,000×?%=?円、
H35年分の期末残高=2,000,000円。

尚、H36年分~H40年分の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%:2,000,000円です。

H36年~H39年の償却費=400,000円、(1%均等償却、4年間同一額、摘要欄へ「均等償却」と記入)
H36年~H39年の本年分の必要経費算入額=400,000×?%=?円、(4年間同一額)
H36年~H39年の期末残高=160万円(H36年)、120万円(H37年)、80万円(H38年)、40万円(H39年)。

H40年の償却費=400,000-1円=399,999円、(摘要欄へ「均等償却」と記入)
H40年の本年分の必要経費算入額=399,999×?%=?円、
H40年の期末残高=1円。

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐...続きを読む

Q物件は近いのに不動産屋が遠い

最近お家の購入を考えだした未熟者です。
気に入った物件は徒歩圏内なのですがその物件を出している不動産屋(仲介)の地域が全然違って電車で行くほど遠いです。

ネットでしか調べていませんががこの物件を他で扱っている情報がありません。

そこで質問ですが近所の不動産屋がこの物件を扱っていないか調べたり出来ますか?近所の不動産屋に物件の住所を言って調べたり・・・していいの?

あと物件と不動産屋が離れている理由って特別に何かあるんでしょうか?(訳あり物件で近所の不動産屋は手を引いてるとか・・)

お手数ですがどなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>今度その遠い不動産屋に内覧お願いしてるのですが、その後近所の不動産屋に乗り換えたらマズイですよね・・?

ルール違反です

働かせておいて報酬を払わないのはダメです。

遠い不動産屋が管理会社ですと近所で契約してもばれます

今から近所の不動産屋へ話してもトラブルの元です

遠くの不動産屋で交渉しましょう。

どうしても近所の不動産屋で契約したいなら事前に遠くの不動産屋に了解を貰いましょう

Q青色申告の減価償却と耐用年数について

H25に店舗を建て、貸し始めました。
H26に白色申告にて、
建物と建物に付属するものの減価償却耐用年数を申告会場にて、教えてもらい申告しました。
建物に付属する物のうち、減価償却費を計上しないよう言われた物が4つありました。
今年も、その4つは減価償却費を計上しないよう言われましたが
なぜ計上できないのか、わかりません。
教えて下さい。今年は青色申告しようと思っています。


1.エアデッキ購入額¥1,010,000:耐用年数8年
2.長尺シート購入額¥345,000:耐用年数3年
3.パーテーション購入額¥175,000:耐用年数3年
4.網戸購入額¥34,000:耐用年数3年(こちらは10万未満なので、購入年に消耗品処理でしょうか)

Aベストアンサー

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化されているのでない限り、建物付属設備として建物本体とは別に減価償却することは、ごく自然なことです。
耐用年数も 8年と 3年で合っていると思いますよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/35.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化さ...続きを読む

Q不動産屋にならずして物件情報に強くなりたい。

 不動産やにならずして「この家の固定資産税はいくら」とか「この家は賃貸・分譲」など判別ができるようになりたいのですが、どうやったら物件情報に強くなれるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

その地域の路線価や地価に詳しくなり、不動産広告や
賃貸情報誌を熟読すれば、ある程度詳しくなれます。

>この家は賃貸・分譲
→分譲用に建てた建物でも、所有者が分譲賃貸に出す
場合もあるし、賃貸用に建てて、投資分譲されるものも
あり、その線引きはありません。

>この家の固定資産税はいくら
→固定資産税は地方自治体が一方的に評価し、請求して
来ますので、所有者ですら評価基準は不明です。
詳しくなりたいのでしたら、不動産屋ではなく、公務員か
税理士になると良いですが、それでも評価決定前には
予想の域を出ません。評価基準が曖昧ですから。

以下はちょっと話が逸れますが、ご不快でしたら読み
捨てて下さい。
-----------------------------------------------

ご質問の趣旨はtannsunigonn2004さんが不動産を購入する
為の用心ということでしょうか?
それ以外の目的は無いかと思いますが。

一つ留意していただきたいのは、不動産と言うのは個人の
資産で、これを全くの他人が詳しく調べてしまうことは
非常に危険だということです。
不動産屋さんは売主と何らかの契約を結び、秘密(言わ
なくてもよい部分)を守って営業活動をします。
素人が調べて簡単に資産の内情が知りえてしまう
ような事態は、所有者からすれば空恐ろしいだけです。
誰が知っているかわからないなんて…。

逆の立場(所有者)になれば、できれば素人に簡単に
嗅ぎ回られたくないと思いませんか。

物件を買いたいだけという場合には、回答部分でお勉強
なさって、正攻法で売買して下さい。
くれぐれも人様の財産を不用意に突付くようなことを
なさらないように…トラブルの元ですよ。

こんにちわ。

その地域の路線価や地価に詳しくなり、不動産広告や
賃貸情報誌を熟読すれば、ある程度詳しくなれます。

>この家は賃貸・分譲
→分譲用に建てた建物でも、所有者が分譲賃貸に出す
場合もあるし、賃貸用に建てて、投資分譲されるものも
あり、その線引きはありません。

>この家の固定資産税はいくら
→固定資産税は地方自治体が一方的に評価し、請求して
来ますので、所有者ですら評価基準は不明です。
詳しくなりたいのでしたら、不動産屋ではなく、公務員か
税理士になると良いで...続きを読む

Q耐用年数を経過しいた公用車の減価償却について

会社で使用している公用車が、耐用年数の6年を経過しました。減価償却費を計算する場合、耐用年数を経過したので減価償却費は計上しなくてもよいのでしょうか?それとも、使用している限り減価償却費を計上するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

95%まで償却できますから、実際には 6年よりもう少し長く償却できることになります。
その車を使っている限り「未償却残高」として、残りの 5%をずっと帳簿に記載しておくことになります。この間の減価償却費はゼロです。
廃車したとき、残っていた 5%は、「除却損」として経費になります。

Q賃貸借で不動産屋と物件管理会社が絡む場合について

現在、物件を決める直前です。
今回は分譲マンションの賃貸なのですが、以下教えて下さい。

登場人物は
1.私2.地場の不動産屋3.個人オーナー4.マンション管理会社の4者です。

地場の不動産屋に、個人オーナーが賃貸用に所有している物件を紹介してもらいました。そのオーナーはマンション管理会社に業務の委託をしており、賃貸借契約はその管理会社とすることになります。
契約書を持ち帰りよく読んだところ斡旋手数料の表示があるのですが、これは管理会社の利益と考えてよいでしょうか?
不動産屋への斡旋手数料は既に不動産屋の口座に入金済みです。
もしそうなら斡旋手数料という名目のお金を2社に払うことになってしまうになるのですが、そういうケースはありえますか?
管理会社に直接確認すれば良いのですが、訳があって事前に知っておきたく質問させてもらいました。
すみませんがよろしくお願い致します。何かあれば補足します。

Aベストアンサー

 仲介手数料は、その物件を紹介してくれた不動産屋に払うものです。
 今回のケースでは、管理会社が契約上の家主ですから、家主に斡旋手数料を払うことはあり得ません。
 管理会社に支払うべきものでないので、契約書のその部分を抹消してもらいましょう。1つの物件で、手数料を二重取りするのは、宅建業法に違反しませんか?と言ってください。
 

Q減価償却 耐用年数

白色申告です。
収支内訳書で車を減価償却していますが、耐用年数とは、減価償却できる期間なのでしょうか?
13年2月取得の車は、耐用年数4年ですので、今年度の申告では2ヶ月分しか償却できないということなのでしょうか?
おわかりになるかた教えてください。

Aベストアンサー

そもそもは、耐用年数というか、償却率は、取得価額の9割に達するまで償却するように率が設定されていますが、税法上では、取得価額の95%に達するまで、償却できる事とされていますので、耐用年数を過ぎても、取得価額の5%になるまでは償却できます。

ですから、今回も、引き続き使用されている車であれば、月数は12ヶ月で計算して、その結果、未償却残高が、取得価額の5%を下回ってしまう場合は、前年からの繰越残高と、取得価額の5%の差額について、本年の減価償却費として計上して、結果的に、所得価額の5%が未償却残高となる事になります。
(もちろん、当たり前に償却しても、なお取得価額の5%に達しなければ、当たり前の金額で償却する事となりますし、もし5%まで達すれば、来年以降は、資産そのものは残しておかなければなりませんが、減価償却費は0円となります。)

Q荻窪あたりで、いい物件のある不動産屋について

この度、結婚する事になり2人暮らしで荻窪あたり(西荻窪、阿佐ヶ谷でもいいです)に住もうと思ったのですが、家賃8万位であるでしょうか?(1DK 1LDKでも可)この前不動産にいったらあまり無かったので・・・そのような物件を多くそろえてる不動産屋や、インターネットのサイトなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

その近辺だと↓の不動産屋さんが一番強く、親切かつ対応もベストですよ。

参考URL:http://www.daiko-rec.co.jp/

Q中古機械の減価償却(耐用年数)

こんにちは。
よろしくお願いします。

当方、法人にて町工場をしております。

・このたび中古の機械(NC旋盤1台・使用後12年経過)を購入いたしましたが、決算にあたり、減価償却費を計上する際に問題がおこりました。

・当方の考え
法定耐用年数12年を経過している機械なので、中古資産の耐用年数(簡便法・2年)で減価償却できるのでは?

・顧問の税理士さんの回答
機械については総合償却資産(一括して耐用年数が決められている)とされるので、法定耐用年数(12年)で減価償却しなければならない。

・疑問点
総合償却って?
1)プラントや生産レーンのように、全体として一つと考えられるものに適用されるのではないの?
今回は単品の機械、しかも中古。なのに総合償却なの?
2)総合償却は個別の減価償却費を計算しないやり方じゃないの?(グループとして計算するんじゃないの?)うちではちゃんと個別に計算しているのに・・・。

どうしても納得いきません。。。
誰か教えて下さいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用年数の全てを経過しているものにも法定耐用年数を適用することは実情にそぐわないとお考えになる気持ちも分かりますので、税理士さんを通して税務署に意見(耐用年数2年)を伺ってもらえばどうでしょうか。顧問であれば、納税者有利になるようお話だけはしていただけると思いますが。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sonota/700525/01/01_05.htm
1-5-8

http://nzeiri.sppd.ne.jp/syokyak/19/tutatu/taiyo/1-5-8.htm

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用...続きを読む

Q競売物件をリフォーム販売している不動産屋知りませんか?

マイフォームを購入しようと考えていますが、できるだけ安く購入したいと思っているので、以前テレビで競売物件を買ってリフォームして安く販売している不動産屋を見たのですが名前を忘れてしまい、そういうう不動産屋をご存知の方がいらっしゃったらおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらの会社だと思います。
株式会社やすらぎ
http://www.yasuragi-reform.com/

参考URL:http://www.yasuragi-reform.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報