こんにちは、今日も寒いっす( ̄▽ ̄;)
ヤマハからでているPSR-210について知りたいことがあるんですが・・・(HP探したけど210がなぜが見つからん)
え~と、これはステレオですか?
あとMIDI端子はついてるでしょうか?
おまけにも1つ 鍵盤数は61ですよね?(自信なさげ)
ではでは「そんなことも知らんのか。しゃーない、教えてやる!」という方是非回答お願いしますm(_ _)m

A 回答 (2件)

YAMAHAの製品は、参考URLでユーザー登録(無料)するとかなりの数のマニュアルをpdfとして入手できます。



で、今PSR-310/210のマニュアルをダウンロードしてみております。

鍵盤は61(C1~C6)で、MIDIはPSR-310のみですね。
アンプ,スピーカーは二つ内蔵されているので、
一応ステレオと思われます.

参考URL:http://www2.yamaha.co.jp/manual/japan/menu_f.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

YAMAHAのサイトでマニュアルが入手できる!?
いい情報をありがとうございます~(^ ^)
しかもわざわざダウンロードして見てくださるとは・・・
う~ん、やっぱりMIDIはついてないんですね(残念)
でもステレオなのでちょっと嬉しい(ノ^^)ノ
たった半日で全ての答えが分かってすっきりです。
URLも参考にさせていただきますm(_ _)m

お礼日時:2002/01/06 02:46

こんにちは



googleで"yamaha"、"PSR-210"を検索キーにすれば10件以上検索出来ました。

それによると、鍵盤数は61ですが、MIDI端子はついていないようです。
ステレオかどうかはわかりませんでした。

参考URL:http://www.google.com/intl/ja/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!
素早い回答ありがとうございます(^ ^)
さっそくgoogleで検索してみたところなにやら英語のサイトばかりで頭がパンク( ̄▽ ̄;)
日本語でも検索してみましたがなかなか詳しいサイトってないものですねぇ・・・
鍵盤数・MIDI有無が分かってよかったです。
わざわざ調べていただいてどうもですm(_ _)m

お礼日時:2002/01/06 02:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキーボードとシンセサイザーの違い

初歩的な質問ですが、キーボードとシンセサイザーの違いとはどういったものなんでしょうか?

出来ればシンセサイザーを使ったらどういったことができるのか具体的なことを教えていただくと助かります?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
しかしどんな音色でも作ることができるわけではなく、ピアノの音を作ってもそれは所詮”ピアノっぽい音”でしかなく、完全シミュレートは不可能でした。

と、ここで「あれ、シンセサイザーってピアノの音出せるはずじゃ…?」と思ったと思います。
そうなんです。現在では上記の波形に実際の楽器の音を録音したものを選べる機種がシンセサイザーとして一般的になっています。
なので定義では音色を合成する装置なのに、初期搭載されている波形の充実により「音色を合成して作り出す」というニュアンスが薄れてしまい、それゆえに定義と実際のあり方にズレが生じ、シンセサイザーというものを理解しづらくさせていました。

前書きが長くなりましたが、質問の本題に戻ります。
電子キーボードとシンセサイザーの違いは定義的にいえば「音色を合成できるのがシンセサイザー、できないものが電子キーボード」です。
しかしもう少し現実的な説明をすると「多機能高性能で本格的な音楽製作・鍵盤演奏に特化したキーボード」であり、フィルターが付いており
、DTMの音源(後記)として使用できればシンセサイザーであるといえます。

またA No.1の方がおっしゃるようにシンセサイザーは鍵盤が付いているものが広く認識されているためキーボードの一種と思われがちですが、実際は音を作る音源部のことをシンセサイザーといいます。
なぜ鍵盤なのかというと音を出すにあたってのコントローラーに最も適していたのが鍵盤だからというだけの話ですね。
ですから音楽製作用に”鍵盤のないシンセサイザー”というものも実在します(例えばコレhttp://www.roland.co.jp/products/jp/Fantom-XR/index.html)。

できることは、鍵盤のあるものは鍵盤演奏です。
ただ演奏するだけではなく、あらかじめセットを組んでおけばスイッチひとつで音色を変えることができる(ピアノ→オルガンなど)、フィルターで音色を変化させながら演奏するなど、上げればきりがありませんが、いずれもただの電子キーボードでは不可能なものです。
他にはDTMの音源としての使用ですね。
簡単にいえばPCで「この音をこういうタイミング、長さで出せ!」という命令を組み、それをシンセサイザーに送って自動演奏させるいわゆる打ち込みという行為です。
現在プロの楽曲の中でも打ち込みは多用されており、ギター以外の楽器は全部打ち込みだったなんてこともザラです(クレジットに演奏者の名前がないパートがあるなどはドラムやベースであっても打ち込み)。
そう考えると音楽業界へのシンセサイザーの貢献は計り知れないものがあります。

あと最後になりますが、現在シンセサイザーと呼ばれる装置にも2種類あります。
ひとつは最初に紹介した音色を作り出すことに特化したアナログシンセサイザーです。
後記する実際の楽器の音色を波形に持ったデジタルシンセサイザーに圧されて一時期消えかけますが、最近では音色を作り出すということに再び注目が集まり、2000年ごろからデジタルの力でアナログシンセサイザーを再現したヴァーチャルアナログシンセサイザー(またはデジタルアナログシンセ)が登場しています。
アナログシンセといっても必ずしもアナログとは限らず、現在では音色を作り出すことに特化したものを便宜上アナログシンセサイザーと呼んでいます。

もう一方はデジタルシンセサイザーですね。
こちらはシンセサイザーというより多機能キーボードという認識をしたほうがわかりやすいかもしれません。
実際の楽器の音色を録音したものを波形に選ぶことが出来ます。

と、かつての自分と同じ疑問を持った方を拝見したのでつい長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
...続きを読む

Q電子ピアノとキーボードの違い

電子ピアノとキーボードの違いは何でしょうか?キーボードのほうが安価なためキーボードの購入を考えています。
もし1,2万円台で電子ピアノが買えるようでしたら教えてください。

Aベストアンサー

私もエレクトーン→ピアノ経験者です。

キーボード→ピアノはたいへんですよ! 指から作り直さなければなりません。やはり、鍵盤の重さが重要なのですね。
ですから、ピアノを習う気が少しでもあるのならばキーボードを買うことはおすすめしません。
”しっかりしたタッチの”電子ピアノをおすすめします。軽々弾けるものでは意味ありませんヨ。

ですが、ピアノを習う気が全くないのであれば、逆にキーボードをおすすめします。また、弾かれる方のお歳はいくつくらいなのでしょうか?
もし、幼児の導入用に、とお考えならば、キーボードにされるのもひとつの手かと思います。
これは大勢の子供たちを見ていて思うことですが、最初からピアノを持ってピアノを習う子は半分以上が小学生のうちに習うのをやめてしまいます。
エレクトーンを習う子にももちろんやめる子はいますがピアノに比べれば続く子が圧倒的に多いです。
何が違うのか??? 楽しさが全然違うのでしょうね。
やっぱり音が変わってリズムが鳴るのがいいのでしょう。
幼児期は指をつくると言っても無理がありますから、それよりも楽しさを感じさせることの方が後々のために大切でしょうし、また、大人の方でも、ピアノを習う気がなくて持つなら同じ理由でキーボードの方がよろしいでしょう。
まあ、グレードの高い電子ピアノであれば、音が変わってリズムも鳴るものもありますけれど、1・2万円では買えないでしょうね。
但し、幼児の導入用に使用されるのであれば、小学校に上がる頃には本物のピアノorエレクトーンを与えてあげてくださいね。

私もエレクトーン→ピアノ経験者です。

キーボード→ピアノはたいへんですよ! 指から作り直さなければなりません。やはり、鍵盤の重さが重要なのですね。
ですから、ピアノを習う気が少しでもあるのならばキーボードを買うことはおすすめしません。
”しっかりしたタッチの”電子ピアノをおすすめします。軽々弾けるものでは意味ありませんヨ。

ですが、ピアノを習う気が全くないのであれば、逆にキーボードをおすすめします。また、弾かれる方のお歳はいくつくらいなのでしょうか?
もし、幼児の導入用に...続きを読む


人気Q&Aランキング